LibreOffice Android Remote を 4.0.1 で使うために

From The Document Foundation Wiki
Jump to: navigation, search
本ページはGlobal Wikiからの有志による翻訳ページです。未翻訳があることや内容が古い場合があります。最新化、翻訳にご協力お願いします。
日本語独自の情報についてまとめることを目的として、日本語コミュニティによって運営されているページとして 日本語コミュニティ独自ページ があります。
URLが wiki.documentfoundation.org/JA で始まっていて、カテゴリーがJAのページです。
そちらもご利用ください。

はじめに 4.0.1 をダウンロード

現在最もよい方法は、リリースされたばかりの 4.0.1 を利用することです。Impress リモートに関して重要な点が多数修正されていますので、4.0.0 に留まる理由はありません。

マルチプラットフォーム

Linux 版の bluetooth 接続だけがサポートされていた間に、Windows と Mac が十分にテストされました。今やすべてのプラットフォームをサポートしているはずです。不具合があったらぜひバグ報告を上げてください。


あなたのデバイスをペアリングする

最初に、あなたのノートパソコンと Android デバイスをペアリングします。Andoroid の bluetooth 設定パネルとホスト OS の Bluetooth 設定を用いるのが最も簡単でしょう。注意:ノートパソコンで先に Bluetooth を有効にした方がよいでしょう。

LibreOffice Impress からはじめに

ツール ▸ オプション ▸ LibreOffice Impress ▸ 全般 を選択し、 ☑ リモートからの操作を許可する にチェックをつけます。その後、 きちんと終了して、LibreOfficeを再起動する必要があります。初期設定ではこれはオフなので注意してください。再起動する時に、すべてのウインドウを閉じて、再度スプラッシュ画面を表示する必要があります。

The option should be here

もし、オプションがなければ、4.0.1 ではない可能性があります。上記のダウンロードの節を参照してください。


次にモバイルデバイスの設定

Android Play ストア内で"LibreOffice Impressリモート"を検索してインストールします。(これは素早く簡単なはずです。1.5MBかそこらです) ストアのアプリページはこちら

ImpressRemoteAppStore.png

Play ストアで Impress リモートが見つからない場合、Android のバージョンが古すぎることが考えられます。本アプリは Android 2.3 以上を必要とします(Android 端末の - 設定 - 端末情報 を見てください)。開発者向けな言葉でいうと、API レベル 9 - Ginberbread が必要ということです。Android のパッケージはここからも直接入手できます: http://downloadarchive.documentfoundation.org/libreoffice/old/sdremote-1.0.4/playstore/ImpressRemote.apk


モバイルデバイスで bluetoothを有効にする

Impress リモートは、自分で Bluetooth を有効にしようとしますが、その場合、PC 側でデバイスの検索に失敗してしまうこともあります。最初に Andoroid 側で Bluetooth を有効にしたほうがよいでしょう。


Impress リモートを起動する

ノートパソコンを Impress リモートが見つけるまで少し待ち、見つかったら選択して、(実行中の) LibreOffice が見つかるのを待ちます。「プレゼンテーションを開始」ボタンか、(プレゼンテーションがすでに開始されている場合) 現在のスライドやいくつかのスライドが表示されるはずです

ボリュームコントロールを利用してスライドを切り替えます(変更可能です)。「音量上げ」でスライドを1つ進めます。

その他ヒントとバグ

修正に取り組んでいますが、もう少しかかりそうないくつかのバグがあります。

  • 複数のリモコンを接続する。これはまずまずうまく機能しますが、二つのデバイスで表示するデバイスを取り合ってしまいループに陥ることがわかっています。ノートパソコン側で何度かスライドを切り替えてやれば復帰します。