Documentation/Install/Windows/ja

From The Document Foundation Wiki
Jump to: navigation, search
本ページはGlobal Wikiからの有志による翻訳ページです。未翻訳があることや内容が古い場合があります。最新化、翻訳にご協力お願いします。
日本語独自の情報についてまとめることを目的として、日本語コミュニティによって運営されているページとして 日本語コミュニティ独自ページ があります。
URLが wiki.documentfoundation.org/JA で始まっていて、カテゴリーがJAのページです。
そちらもご利用ください。
Audio-cassette.png This page (may) contain content that is old and/or out of date.

If you have experience in this area, please review this page for accuracy. Reason: Installation is talking about LibreOffice3.3; Better use generic terms for not need updating on every version. Dennis Roczek (talk) 2014-03-31T16:04:24 (UTC)

LibreOffice 3.3のインストール Windows編

注意事項

インストールプロセスを開始する前に、Windowsシステム上でのLibreOfficeをインストールするための前提条件を示すシステム要件のページを確認してください。 http://www.libreoffice.org/get-help/system-requirements/

LibreOfficeの以前のいずれかのバージョンがインストールされている時、アンインストールは必要ありません。もしLibreOfficeが既にインストールされている場合、すべての設定は保持され、古いバージョンは上書きされます。

ダウンロード

ダウンロードは以下のサイトから行ってください。 http://www.libreoffice.org/download/

日本語の場合、

LibO_3.3.0_Win_x86_install_multi.exe 

をダウンロードして下さい。 保存先ディレクトリを選んでインストーラを保存してください。例えば、デスクトップを指定することもできます。

インストール

  • 保存先ディレクトリを開き、インストーラをダブルクリックします。ダイアログボックスが開き、インストールプロセスの準備ができたことを教えてくれます。

「次へ」をクリック

インストールの準備
  • ユーザーアカウント制御の以下のようなダイアログボックスが表示されたなら、プログラム名を確認してダウンロードしたファイル名であれば、「はい」をクリックしてインストール作業を進めます。
ユーザーアカウント制御
  • 別のダイアログボックスが開き、インストールファイルを展開するフォルダの選択をを行ないます。デフォルトでは、デスクトップ上のサブフォルダが指定されます。

展開を開始するには「展開」をクリックしてください。

フォルダの展開
  • 展開処理が終了するのを待ちます。
フォルダの展開の進行状況インジケータ

お使いのファイアウォールがインストールファイルの実行を許可するかどうかなどを求めるプロンプトが表示されたら、質問されるたびに実行に同意します。

  • インストールを開始しようとしていることを示すダイアログボックスが表示されます。「次へ」をクリックします。
インストール開始
  • あなたの名前と組織を入力することを促すダイアログボックスが表示されます。この情報は、(LibreOfficeを使用して、そのオプションを有効にすると)作成者に関する情報としてファイルに含まれます。入力は完全に任意です。希望するなら名前をを記入しますし、空白のままにすることもできます。この情報は後で、「ツール」-「オプション」-「ユーザーデータ」から変更することができます。

大抵の場合このコンピュータを使用するすべてのユーザーに対してLibreOfficeをインストールするを選びます(これが既定の設定です)。選択を確認します。

準備ができたら、「次へ」をクリックします

ユーザ情報入力
  • 次のダイアログボックスが開き、「通常」インストールをするか、特別な場所やコンポーネントを選択するかを選べます。

デフォルトのインストールをしたい場合は、「次へ」を押してください。

もし特別な選択をしたい場合は「カスタム」をクリックして、「次へ」を押してください。

「通常」または「カスタムインストール」の選択
  • カスタムインストールを選択した場合、あなたはLibreOfficeコンポーネントをインストールするかを選択するためのダイアログボックスが表示されます。ドロップダウンボックスを開き、選択してください。

この時点で、インストールしたい言語パックを選択することができます。英語とオペレーティングシステムの言語がデフォルトで選択されてます。また、すべての辞書はデフォルトで選択されます。本当に必要なものだけを選択することができます。不要な拡張機能を解除することができます必要な項目を選択し、「次へ」を押してください。

インストールのカスタマイズ
  • 別のダイアログボックスが表示され、LibreOfficeでMicrosoft Officeドキュメントを開くかどうかを選択することができます。デフォルトでは、この機能が有効になっていません。今後LibreOfficeを使用してMicrosoft Officeドキュメントを開きたい場合は、すべての3つのチェックボックスにチェックマークを入れるとよいでしょう。
ファイルの種類の関連付けのための選択
  • 別のダイアログボックスが開き、LibreOfficeを開くためのショートカットをデスクトップに作成するかどうかが尋ねられます。デフォルトのオプションは、「ショートカットを作成する」です。

選択を確認してから、「インストール」ボタンを押します。

デスクトップショートカットの作成
  • インストール処理の進行状況を表示するダイアログボックスが開きます。このプロセスには数分かかることがあります。この時点が、インストールを中止するかキャンセルする最後の機会です。
インストールの進行状況インジケータ
  • インストールプロセスが完了したら最後のダイアログボックスが開き、LibreOfficeがインストールされたことを知らせてくれます。「完了」をクリックします。
インストールの完了

LibreOfficeが使用できる状態になります。

  • デスクトップ上のショートカットをダブルクリックするか(ショートカットを作成するオプションを選んでいるのであれば)、「スタートメニュー」の「すべてのプログラム」の「LibreOffice 3.3」フォルダをクリックして、使用したいコンポーネントを選ぶか、いずれかの方法でLibreOfficeを起動することができます。
デスクトップに作成されるショートカット

最後に

続いて別パッケージになっている日本語ヘルプパックをインストールするには、LibreOffice 3.3 ヘルプパックのインストール Windows7編 をご覧ください。