LibreOffice 5.2の日本語翻訳の変更点

From The Document Foundation Wiki
Jump to: navigation, search


LibreOffice 5.2.5での変更点

全般

  • 書式 ▸ オブジェクトとシェイプ ▸ 領域 またはオブジェクトまたはシェイプを右クリックから「領域」のダイアログの「グラデーション」タブにて、「枠線」を「境界」とした[1]

Draw

  • レイヤータブ右クリックの「名前の挿入」を「レイヤーの挿入」に変更[2](岩橋)

LibreOffice 5.2.4での変更点

Calc

  • [シート] - [セルのフィル] の以降に表示される[下へ]、[右揃え]、[上へ]、[左揃え] を「〜方向へコピー」に変更(西堀)

LibreOffice 5.2.2での変更点

全般

  • パンフレット印刷のオプションの翻訳を修正。「左から右へ書く文章」→「左から右へ (横書き)」、「右から左へ書く文章」→「右から左へ (縦書き)」。ただしCTLを有効にしていないと表示しない (いくや)

Impress/Draw

  • スライド ▸ スライドレイアウト の翻訳をサイドバーのレイアウトに合わせて修正。「空白」→「白紙のスライド」、「タイトル」→「タイトルのみ」 (いくや)