TDFマニフェスト

From The Document Foundation Wiki
Jump to: navigation, search
本ページはGlobal Wikiからの有志による翻訳ページです。未翻訳があることや内容が古い場合があります。最新化、翻訳にご協力お願いします。
日本語独自の情報についてまとめることを目的として、日本語コミュニティによって運営されているページとして 日本語コミュニティ独自ページ があります。
URLが wiki.documentfoundation.org/JA で始まっていて、カテゴリーがJAのページです。
そちらもご利用ください。

このマニュフェストは、WEBサイトから PDF(英語)からも入手できます

この10年間、OpenOffice.org コミュニティーは世界をリードするオープンソースのオフィススイートの開発、サポートそして普及に取り組んできました。この間、私たちは何万人もの個人及び法人からご支援を頂きました。

私たちは独立したFoundationとなり、私たちの発展の次の段階に入りました。サポーターの皆さんには、私たちとともにこの次の段階に進んでくださいますようお願いいたします。

私たちの価値観

私たちの立場: 私たちが受け入れられないこと:
すべての人が無料でオフィススイートを利用できるようにすることによって、パソコンやインターネットなどを使える人と使えない人の間に生まれる格差(デジタルデバイド)をなくし、誰もが21世紀の市民として社会参加できるようにします。 特定企業によるオフィススイートの独占的所有。これは自由な国際的電子通信に対する事実上の課税であり、経済的弱者に罰金を科しているようなものです。
すべての人が、私たちのオフィススイートを母国語に翻訳し、母国語で文書化し、母国語でサポートし、母国語で普及ができるようにして、母国語の保護を支援します。 単一の言語によるコンピューターデスクトップの支配。これは外国語を学習しないと、自分が考えていることを電子的に表現することもできなくなるということ です。
オフィススイートのユーザーがオープンドキュメントフォーマット(ODF)やオープンスタンダードを使って作成した文書の知的財産を保持できるようにしま す。 ソフトウェアを所有している企業によるファイルフォーマットの所有。文書はそれを作成した人のものであり、ソフトウェア企業のものではありません。
開発者たちが互いに評価し検証することが可能な、オープンで透明性のあるソフトウェア開発プロセスでこそ、技術的な優秀さが高く評価されます。 閉鎖的な開発プロセスでは、間違いが隠されたり、質の悪いものが受け入れられたりすることがあります。

仕事のやり方

以上のような私たちの基本的価値観から次のような仕事のやり方が導き出されます。

  • 私たちの活動の本拠は、独立、自治、民主主義を旨とするfoundationです。
  • 私たちの基本的価値観に同意し、私たちの活動に貢献する個人は誰でもfoundationのメンバーになることができます。
  • 企業の参加も呼びかけます。企業が個人のスポンサーになって、その人がコミュニティーで他の貢献者と対等に、いっしょに仕事ができるように支援するといったことができます。

Foundationは、コミュニティーを代表して資産を所有し、財務(金銭取引)と法務(法的取引)を行う非営利組織になります。

翻訳者:Mari Morimoto 査読者:Kazunari Hirano