Translations:Installing in parallel/Windows/20/ja

From The Document Foundation Wiki
Jump to navigation Jump to search

Microsoft Visual C++ ランタイム DLLs

LibreOfficeは、動的にMicrosoft Visual C++ランタイムのDLLにリンクしています。これらのDLLは、ユーザーのシステムにインストールされていない場合があります。これらは、オペレーティングシステムの一部ではありません。必要に応じて、LibreOfficeの通常のインストールでは、これらのDLLをインストールします。ただしユーザーが管理者としてのインストールを実行し、LibreOfficeが起動できなかった場合は、MSVCR110.dllなどのMicrosoft Visual C ++ランタイムDLLが見つからなかったためなので、ユーザー自身でMicrosoft Visual C ++ランタイムDLLをインストールする必要があります。 Google for "MSVC Runtime download"Microsoftでファイルをダウンロードしてインストールしてください。MSVCR100.dllは、Visual C++ Redistributable for Visual Studio 2012 Update 4を参照してください。もしくは、インストールされているフォルダに必要なDLLを含むWindows システムフォルダがあれば、これをC:\Windows\System32にコピーします。