Translations:ReleaseNotes/6.2/194/ja

From The Document Foundation Wiki
Jump to: navigation, search
  • 子孫フレーム(ドメインがLibreOffice Onlineのiframeを許可されている場合)の許可の改善 commit 296aba1beae64a65e4e86631a9c1458073ec8c2e (Samuel Mehrbrodt, CIB)
    • 以前は、どんなホストもRefererが常に許可されているようにiframeを埋め込むことができました。
    • 今バージョンから、loolwsdとWOPIホストだけが埋め込みを許可されるようになりました。
    • それに加えて、ホストの許可を追加するための設定オプションが追加されました (loolwsd.xmlの<frame_ancestors>を参照)
  • ツールバーボタンの表示・非表示を切り替えるpostMessageメソッドが追加されました: Hide_Button, Show_Button commit c0d0ad736839260667c98aa0cf08feb5630e0b87 (Samuel Mehrbrodt, CIB)
  • 文書がメモリから消去される前に保存されるときにカスタムHTTPヘッダーX-LOOL-WOPI-IsExitSaveを追加しました。 commit 2e9af9da16a7ed42bde4b6294f7970c00be9c566 (Samuel Mehrbrodt, CIB)
  • PDFファイルをダウンロードするかどうか聞く代わりに、新たなタブで開くようにしました。(Pranav Kant, Collabora)
  • キャッシュの扱いの改善 (Jan Holesovsky, Collabora)
  • ディスクキャッシュとセッションの処理の改善 (Ashod Nakashian, Collabora)
  • ズームの改善 (Tamás Zolnai, Collabora)