Translations:ReleaseNotes/7.0/170/ja

From The Document Foundation Wiki
Jump to: navigation, search
  • DOCXは、2007互換モードから2013/2016/2019ネイティブモードで保存するようになりました。「このモードは、異なるバージョンのMicrosoft Officeユーザーと共同で作業を続けられるようにすることを目的としており、古いバージョンのOfficeで作成された文書を将来のバージョンのOfficeで開いても見た目の差が出ないようにするためです。」これはWordユーザーにメリットがあります。DOCX 1.0が利用できるようになれば文書操作に多くの機能が利用できるようになり、Wordの不具合も修正できます。これを行うことによって一部のWord 2010ユーザーを失いますが、Microsoftは2013以降同様のことを行っています。そして、Office 2010はLibreOffice 7.0が安定状態になる前にサポートが終了します。Word 2010ユーザーはLibreOfficeへアップグレードしましょう。 tdf#131304 tdf#123116 tdf#131121 (Justin, SIL; Miklos/Mike, Collabora; Samuel Mehrbrodt, CIB)
  • デフォルト以外のセルマージン幅のDOCXエクスポートが実装されました。以前、エクスポートされていたセルマージン幅は最後の列の行デフォルト幅のみでした tdf#98409 (Justin Luth, Miklos Vajna, Collabora)
  • オブジェクトの光彩効果を実装 tdf#101181 (Tamás Bunth, Mike Kaganski, Collabora)
オブジェクトの光彩効果