User:Jo7ueb/dev/build memo

From The Document Foundation Wiki
Jump to: navigation, search

ビルドするときのメモ

LibreOfficeを急にソースコードからビルドしたくなったので試してみた. せっかくやるなら新しいバージョンのコードをビルドしたいので,3.6のブランチを チェックアウトして,そいつをビルドしてみます.

構築環境

  • OS: Kubuntu 12.04 @ 32bit

依存関係を満たす

$ sudo aptitude build-dep libreoffice
$ sudo aptitude install ccache # Wikiより
$ sudo aptitude install libgnomevfs2-dev # 3.6から必要になるらしい
$ sudo aptitude install doxygen

あとJunitがうんたらかんたら?←あまり関係ないっぽい?

ソースコードを入手

ソースコードをリポジトリから引っ張ってくる

$ cd path_to_appropriate_directory
$ git clone git://anongit.freedesktop.org/libreoffice/core --depth=50 libreoffice

ビルドしたいバージョンのブランチに移動. masterでビルドするとこける確率が上がるらしい. 各バージョンをリリースする際はタグが切られるので,タグをチェックアウトすれば 任意のバージョンについてビルドすることもできますよ.

$ git checkout -b libreoffice-3-6 origin/libreoffice-3-6

チェックアウトには結構時間がかかる.

ビルド作業

autogen -> makeのコンボをきめる.

autogen.shの--with-langオプションでqtzを指定すると,KeyID を付けることができる.これは,翻訳のチェックに激しく便利.

$ ./autogen.sh --with-lang="ja en-US qtz" --disable-mozilla --prefix=/opt/LibreOffice_3.6.0.1 -disable-debug --with-package-format="deb portable" --with-vendor="Yasunori Endo"

$ make fetch # 初回ビルド時は翻訳ファイル等を取ってくるので,オフラインでビルドしたい時は一度フェッチする
$ make
$ make dev-install

途中でファイルをフェッチしたりするので初回は特にえらく時間がかかる.

linkoo finished, please don't forget to source ooenv before ./soffice.

solver/unxlngi6.pro/installation/opt/program

トラブル

  • "moz"のビルドでコケる→--disable-mozillaをつけたらどうなる? 問☆題☆解☆決