Development/BuildingOnLinux/ja

From The Document Foundation Wiki
Jump to navigation Jump to search
This page is a translated version of the page Development/BuildingOnLinux and the translation is 63% complete.
Other languages:
Deutsch • ‎English • ‎español • ‎português do Brasil • ‎русский • ‎العربية • ‎中文(中国大陆)‎ • ‎日本語

始める前の注意

「rootでビルドしないでください!」これは初心者に共通の問題であることが判明したので、注意してください。これはビルド環境を破壊し、その結果、(ccacheも含めて)すべてをクリーンアップしてやり直す必要があります。権限の昇格が必要な場合は、次に続く説明で「sudo」を明示的に使用しています。

また、ビルド全般のヒントもお読みください。

ビルドの依存関係パッケージのインストール

一般的に、LibreOfficeのビルドはLinux上で行うのが簡単です。

注意: Windows Subsystem for Linux はサポートしていません

Im-jabber.svg

Note:
新しいブランチ(特に masterブランチ)では通常、ディストリビューションがパッケージングしたものより要件が追加されていること多くがあり、autogen.shでは、それを指摘してくれます。これらの要件はオプションで対応しており、--disable-foo--without-fooで指定をするか、バンドルされたライブラリを使用する--without-system-fooオプションで設定できます(これはデフォルトのはずです)。どちらでもない場合は、システムに開発用パッケージのインストールが必要になります。configureのメッセージをよく読み、apt-cache searchyum searchを使って検索をしてください。通常、パッケージの名前には、-dev-develが付いています。

Debian / Ubuntu

依存関係のパッケージをインストールします

sudo apt-get install git build-essential zip ccache junit4 libkrb5-dev nasm graphviz python3 python3-dev qtbase5-dev libkf5coreaddons-dev libkf5i18n-dev libkf5config-dev libkf5windowsystem-dev libkf5kio-dev autoconf libcups2-dev libfontconfig1-dev gperf default-jdk doxygen libxslt1-dev xsltproc libxml2-utils libxrandr-dev bison flex libgtk-3-dev libgstreamer-plugins-base1.0-dev libgstreamer1.0-dev ant ant-optional

openSUSE

The dependencies can be installed on Tumbleweed with this command:

sudo zypper in git autoconf automake make gcc gcc-c++ cups-devel fontconfig-devel gperf java-11-openjdk-devel libxslt-devel python3-devel krb5-devel libX11-devel libXext-devel libICE-devel libSM-devel libXt-devel libXrender-devel libXrandr-devel flex gtk3-devel gstreamer-devel gstreamer-plugins-base-devel ant junit nasm ccache binutils-gold

Fedora/RedHat

 sudo dnf builddep libreoffice
 sudo dnf install java-11-openjdk-devel

そして、システム全体でjava11を使用するには、システムのalternativesを設定するか、autogen.inputに、こちらの追加が必要になります。

--with-jdk-home=/etc/alternatives/java_sdk_11

Arch Linux

これらのmake依存関係は、Arch Build Systemの公式PKGBUILDからコピーされています(必要ないものが含まれているため、いくつかの変更が加えています)。

sudo pacman -S --needed 'base-devel' 'git' 'ccache' 'ant' 'apr' 'beanshell' 'bluez-libs' 'clucene' \
                        'coin-or-mp' 'cppunit' 'curl' 'dbus-glib' \
                        'desktop-file-utils' 'doxygen' 'flex' 'gcc-libs' \
                        'gdb' 'glm' 'gobject-introspection' 'gperf' 'gpgme' \
                        'graphite' 'gst-plugins-base-libs' 'gtk3' \
                        'harfbuzz-icu' 'hicolor-icon-theme' 'hunspell' \
                        'hyphen' 'icu' 'java-environment' 'junit' \
                        'lcms2' 'libabw' 'libatomic_ops' 'libcdr' 'libcmis' \
                        'libe-book' 'libepoxy' 'libepubgen' 'libetonyek' \
                        'libexttextcat' 'libfreehand' 'libgl' 'libjpeg' \
                        'liblangtag' 'libmspub' 'libmwaw' 'libmythes' \
                        'libnumbertext' 'libodfgen' 'liborcus' 'libpagemaker' \
                        'libqxp' 'libstaroffice' 'libtommath' 'libvisio' \
                        'libwpd' 'libwpg' 'libwps' 'libxinerama' 'libxrandr' \
                        'libxslt' 'libzmf' 'lpsolve' 'mariadb-libs' \
                        'mdds' 'nasm' 'neon' 'nspr' 'nss' 'pango' \
                        'plasma-framework' 'poppler' 'postgresql-libs' \
                        'python' 'qt5-base' 'redland' 'sane' 'serf' 'sh' \
                        'shared-mime-info' 'ttf-liberation' 'unixodbc' \
                        'unzip' 'xmlsec' 'zip'

ほとんどの場合、LibreOfficeは、Javaを使わずに動作するので、Javaを使う予定がないのであれば、このリストからant, beanshell, java-environment, junitを外してください。

'gcc-libs-multilib'がインストールされている場合は、'gcc-libs'の依存関係を削除する必要があります。

Slackware

 ./autogen.sh --without-java --disable-postgresql-sdbc --disable-gstreamer

BSDs

  • DragonFlyBSD cd /usr/dports/editors/libreoffice && make patch
  • FreeBSD cd /usr/ports/editors/libreoffice && make patch
  • NetBSD cd /usr/pkgsrc/misc/libreoffice && make depends

クローンとビルド

次にリポジトリをcloneして、ビルドを始めます。

$ git clone https://gerrit.libreoffice.org/core libreoffice
$ cd libreoffice
$ ./autogen.sh

この時点で、autogenに渡すオプションを検討したいかもしれません

$ ./autogen.sh --help

例えば、デバッグオプションを追加することを検討してください。これらのオプションを追加する場合には、フルビルドを行う必要があります。例: --enable-dbgutilを追加する。次のmakeコマンドを初めて実行すると膨大な時間がかかるので、ビルドの最終目的に応じて必要な設定を指定して時間を節約したいと思うのではないでしょうか。疑問がある場合は、#libreoffice-dev でアドバイスを求めるのが良いでしょう。

$ make check

git cloneにも時間がかかります。

ビルドしたものを実行

このコマンドによりローカルにインストールされたファイルを適切に実行できます

$ instdir/program/soffice --writer
$ instdir/program/soffice --calc

ビデオチュートリアル

初めてビルドをするためのビデオチュートリアル

この構築は、Ubuntuのシステム上で行われましたが、Linuxシステム上ではほとんど変更することなく動くはずです(必要に応じて、以下を参照してください)手順を実行しながらビデオを見ることをおすすめします – セットアップの手順を案内するだけでなく、素晴らしいBGMもあります!;)

ヒント

デバッガーでの実行

For starting your build directly under a debugger:

$ make debugrun

Then you can open Writer with the command:

   (gdb) run --writer

Note that soffice.bin will be terminated the first time it is run directly (or via make debugrun), this is normal, you simply need to run it again to make use of it. Running soffice will deal with this for you.

警告を有効にする

Various versions of GCC are well-known to emit more/unhelpful/bogus warnings at higher optimization levels. Don't even try to combine --disable-debug --enable-werror build with GCC.

パフォーマンス

Building LibreOffice takes time, a lot of time. Exactly how much depends on how powerful your machine is. But there are tools you can use to speed-up things.

ccache

ccache is a tool that caches the results of C/C++ compilation to try to re-use them later. It will not speed-up your initial build (on the contrary it will slow it down a bit), but it can dramatically speed up later re-building. If you plan to change lots of header files in LibreOffice, it is a worthy tool to have.

By default, ccache will be enabled automatically if it is found on your system. For best results, you may want to increase the cache size or enable cache compression; `man ccache` is your friend.

Note that the default cache size is just 5GB which is far too small to be useful for a LibreOffice build; for a build without debug symbols, you should have at least 8GB cache, and for a build with debug symbols for everything probably 32GB is a useful starting point. You can set the size like this (note that this setting is stored inside the cache directory, if you change the location by setting $CCACHE_DIR you have to re-do it):

ccache --max-size 32G

ccache also supports compression, which is very likely a good idea to enable (does anybody have hard numbers?), especially if you are using a small or slow storage medium, like a SSD or laptop hard disk. You can enable compression by adding this to your .bashrc or equivalent:

export CCACHE_COMPRESS=1

Icecream / distcc

If you are in an environment where you have access to multiple machines with spare cpu cycles, you can take a look at icecream or distcc tools for distributed build. Icecream is recommended and easier to setup.

Support for Icecream is built into LibreOffice, it is enough to add --enable-icecream to ./autogen.sh, and the configure process will pre-set number of jobs to use, and will try to find the icecream gcc wrappers in /usr/lib/icecc/bin or in /opt/icecream/bin. Should you have them somewhere else, please use --with-gcc-home=/path/to/your/icecream/bin switch to override that.

To make use of distcc, first install and start distccd on all the build machines and make sure all the compiler versions are compatible (this is important for C++ code). Now on the driving machine install and configure distcc to use the other build hosts. Then pass --with-parallelism=N to autogen.sh, where N is the total number of CPUs available in your cluster and run distcc-pump make CC=distcc CXX=distcc to start the distributed build.

コンパイル済みヘッダー

Passing --enable-pch to autogen.sh enables use of precompiled headers (PCH), which reduce build time at the expense of more disk space and more source files possibly rebuilt when a header changes. The option has several levels (system, base, normal, full), the higher level the higher possible gain but also disk space usage and chance for larger rebuilds on changes.

--with-parallelism

The build process can be told to run multiple tasks in parallel. The parallelism is controlled by the autogen.sh parameter --with-parallelism. If you have enough memory, I found that using --with-parallelism=n where n is your number of cores, or 2 for --with-parallelism if you have only 1 core, give me the fastest build time.

--with-parallelism already defaults to the the number of cores/cpus on your system, unless you use --enable-icecream - then to 10.

--with-system-libs

Building with existing libraries may speed up your build, but you have to fiddle with the dependencies.

ビルド時間の目安

The first build or a clean build takes approximately 8/number_cores hours on a recent processor. With ccache, subsequent daily build time varies between 2 and 10 min (depending on the number of modified or added files and their complexity).

makeのメッセージを冗長にする

Make will hide the exact command invokations. To see what make does exactly for a single run one can invoke it as

$ make GMAKE_OPTIONS='VERBOSE=1'

複数の作業ディレクトリで作業する

If you want to work on both the master branch, and the current release branch(es) at the same time, you can share git repos, and external source tarballs (note the savings can be significant, especially if you also use the quite huge l10n repo). Note that switching between different release branches within the same working dir is not recommended; even if there are no dependency problems, the amount of stuff you'd have to rebuild is practically equal to a clean rebuild. If you can afford the diskspace, maintaining separate trees is the recommended way.

There are two methods to share git repos across working directories: git clone --reference and git-new-workdir. A referenced clone can avoid re-downloading the repo, but the new workdir will still have its own .git/config, etc. This is supported by upstream git developers. git-new-workdir, however, is not supported and can cause problems if you try to check out the same branch in two working directories, etc.

設定

Prepare the first build on your disk just like explained above. For the second, and all other builds, do this to clone the initial core repo:

$ git clone --reference /path/to/master --branch name-of-branch ssh://logerrit/core /dir/to/be/created

You'll notice a much quicker clone operation. After that, setup the new work dir with these two extra configure (or autogen.sh) options:

$ ./autogen.sh ... --with-referenced-git=/path/to/master --with-external-tar=/path/to/master/external/tarballs

Again, cloning will be much faster. You have to use an absolute path for the --with-external-tar option. After that, you proceed with building just like for the single-workdir case.

The --with-referenced-git option is only needed if you enabled some submodules (translations, dictionaries or help) or you're building the libreoffice-4-0 branch (or one that is even older). On newer branches submodules are disabled by default.

If you want to cherry-pick between the working directories, you can setup your local copy of git to act like a remote, like this:

$ cd /path/to/stable-workingcopy
$ git remote add unstable /path/to/master/.git
$ cd /path/to/master
$ git remote add stable /path/to/stable-workingcopy/.git

You then just cherry-pick commits like you would to a "true" remote on another server.

リリースブランチのチェックアウト

run autogen.sh on master with the specific parameters you need, then run make fetch to fetch the submodules that may be needed depending on the parameters you passed to autogen.sh

then switch branch with

$ ./g checkout -b libreoffice-4-0 origin/libreoffice-4-0

rpmが見つかりません/antが見つかりません/gnome-vfs-2.0パッケージがありません

--disable-epm This will fix "rpm not found", as autogen.sh expects to find either dpkg or rpm on the system.

--without-java This will fix "ant not found"

As of the master towards LibreOffice 3.6, to build the UNO SDK you need to have Doxygen installed so that HTML documentation for the C++ UNO interface can be generated. One option is to install Doxygen from its website and make sure the doxygen executable is found on the PATH, or specify its exact location via --with-doxygen=pathname configure switch. Another option is to configure --without-doxygen, in which case the HTML documentation for the C++ UNO interface will be missing from the UNO SDK being built. A third option is to configure --disable-odk, in which case the UNO SDK is not built at all.

Note: Installing 'libgnomevfs2-dev' package on Ubuntu manually will fix "No package 'gnome-vfs-2.0' found" on older release branches. It should not be needed anymore on master by now. Use synaptic package manager or run in terminal

$ sudo apt-get install libgnomevfs2-dev

DEBおよび/またはRPMパッケージの構築

DEBやRPMパッケージをビルドしたい場合は、これでうまくいくはずです…

RPMおよびDEB
$ ./autogen.sh --with-distro=LibreOfficeLinux --with-package-format="deb rpm" --enable-epm
$ make
RPM
$ ./autogen.sh --with-distro=LibreOfficeLinux --with-package-format=rpm --enable-epm
$ make
DEB
$ ./autogen.sh --with-distro=LibreOfficeLinux --with-package-format=deb --enable-epm
$ make

パッケージはどこにありますか?

./workdir/installation/ディレクトリ以下のファイルを探してください。それぞれのパッケージに応じたパッケージの種類(DEB、RPM、または両方)のサブフォルダーがあります。サブフォルダの中には、installと呼ばれる別のフォルダがあり、2つのサブフォルダが含まれています。ひとつのサブフォルダ(..._downloadフォルダー)には、すべてのパッケージをまとめて圧縮したアーカイブが含まれ、もうひとつのサブフォルダには、個々のパッケージが入ったDEBS/RPMSフォルダがあります。あとは自己責任でお願いします!

改行コードとGitのautocrlfの扱い

autogen.shが以下のような出力をした場合

./autogen.sh: line 1: $':\r': command not found
' '--srcdir=/home/user/libreoffice' '--enable-option-checking=fatal'
configure: WARNING: you should use --build, --host, --target
configure: WARNING: invalid host type: 
********************************************************************
*
*   Running LibreOffice build configuration.
*
********************************************************************

' not recognized system type... Invalid configuration `
 failedre: error: /bin/bash ./config.sub 
Error running configure at ./autogen.sh line 241.

... その場合は、おそらく改行コードが原因でしょう。これは、Gitのcore.autocrlf=trueを間違って設定した場合に起こることがあります。

問題を修正するには以下のコマンドを実行してください(警告:コミットされていない変更は失われます!)

git config --unset core.autocrlf
git rm --cached -r .
git reset --hard
git clean -x -f
./autogen.sh

Weblateにある.poファイルで翻訳されたユーザーインターフェースでビルドする

LibreOfficeのユーザーインターフェースは、Weblateサーバーにホスティングされている、.poファイルを使って翻訳されています。翻訳は、各ブランチのリリースごとに言語パックとしてパッケージ化され更新されています。これは、言語パックがリリースの間に行われた翻訳を反映されていないことを意味してます。また、ナイトリービルド は、少しの言語にしかありません。翻訳者は、新しいリリースが公開される前に自分の仕事をテストすると恩恵が得られるかもしれません。また、アーリーアダプターは、公式リリースの前に翻訳のテストができるでしょう。

まずは、ビルドの依存関係が解決できているか確認をして、ソースコードのクローンとビルドを始めてください。

翻訳されたユーザーインターフェースでビルド

  1. # まず、Weblateから.poファイルをダウンロードする必要があります。Weblateにログインをして、.poファイルをダウンロードしてください。
  2. コマンド ./autogen.sh --with-lang="<langCode>"のように、言語パックオプションを付けてソースコードを再ビルドします。<langCode>は実際の言語コードに置き換えることを忘れないでください。autogen.inputファイルを使っている場合は、ダブルクォーテーションは使わないので以下のようになります。 --with-lang=de ja ar
  3. ダウンロードした.poファイルを展開して、コマンドを使ってソースツリーを関連しているディレクトリにコピーします(GNU/Linuxの場合) cp -R <langCode>/libo_ui/* libreoffice/translations/source/<langCode>/ そして、<langCode>(2回出現)を実際の言語コードに置き換えることを忘れないでください。
  4. このステップは厄介かもしれません。抽出された.poファイルの中には、'messages.po'という名前と違う名前の場合のものがあります。必要なのは、すべての.poファイルを.moファイルに変換することで
    1. messages.poという名前 **ではない** ファイルの場合は、make build-l10n-onlyを実行して変換できます。
    2. messages.poという名前のファイルの場合は、そのようなファイルすべてに手動でmsgfmt -o instdir/program/resource/<langCode>/LC_MESSAGES/<moFile> <dir>/messages.poを実行して、.moファイルに変換する必要があります。ここでは、3つ、変更を行う必要があります。<langCode>を言語コードにします。<moFile>は下にある表の列の左側のデータに、<dir>は右側の列のデータにします。'<dir>/messages.po'の前には、現在の作業フォルダから宛先までの完全なパスを付けてください。

手順4で述べたように、.po ファイルの中には 'messages.po' という名前のものもあれば別の名前のものもあります。以下の表は、messages.poファイルである可能性があり、手順4の2を適用すべきディレクトリの一覧です。

<mofile> <dir>
acc.mo accessibility
avmedia.mo avmedia
basctl.mo basctl
chart.mo chart2
cnr.mo connectivity
cui.mo cui
dba.mo dbaccess
dkt.mo desktop
editeng.mo editeng
filter filter
for.mo formula
fps.mo fpciker
frm.mo forms
fwk.mo framework
pcr.mo extensions
rpt.mo reportdesign
sb.mo basic
sc.mo sc
sca.mo scaddins
scc.mo sccomp
sd.mo sd
sfx.mo sfx2
sm.mo starmath
svl.mo svl
svt.mo svtools
svx.mo svx
sw.mo sw
uui.mo uui
vcl.mo vcl
wiz.mo wizards
wpt.mo writerperfect
xsc.mo xmlsecurity

プロセスの最後の手順は、sudo make installを実行して、新しく追加された翻訳のインストールです。

LibreOffice-masterをビルドして翻訳を確認したい場合は、.poファイルと.potファイルをマージするための "make translations "が必要になるかもしれません。

翻訳されたヘルプファイルのビルド

Weblateではヘルプファイルも翻訳されているので、以下の手順で翻訳されたヘルプファイルができます

  1. 翻訳された.poファイルをダウンロードする
  2. 言語コードを置き換えて、./autogen.sh --with-help --with-lang="<langCode>"を実行。HTMLファイルとしてヘルプをビルドしたい場合は、--with-help=HTMLも入れてください。autogen.inputファイルを使っている場合、ダブルクォーテーションは使わないので次のようになります。 --with-lang=de ja ar
  3. makeを実行します。
  4. cp -fR <langCode>/libo_help/* libreoffice/translations/source/<langCode>/helpcontent2/source/text/を実行しますが、二つの<langCode>を実際の言語コードに変更することを忘れないでください。そして、現在の作業フォルダーから、このフォルダーへ正しく移動するようにしてください。
  5. mv libreoffice/translations/source/<langCode>/helpcontent2/source/text/auxiliary.po libreoffice/translations/source/<langCode>/helpcontent2/source/を実行します。二つの<langCode>を実際の言語コードに変更し、現在の作業フォルダーから、このフォルダーへ正しく移動していることを確認してください。
  6. make build-l10n-onlyを実行します。
  7. sudo make installを実行します。

(Kiyotakaさん、Jihuiさん、ありがとうございます)