歴史

From The Document Foundation Wiki
Jump to navigation Jump to search

歴史的背景

StarOffice

80年代半ば、ドイツの学生Marco Boerries(当時16歳)は、シリコンバレーの交換留学生として生活していました。テクノロジーの素晴らしさに熱中した彼は、オフィスソフトウェア(後にStarOffice™として知られることとなる)の開発を開始し、1986年には、ハンブルグに本社を置くStar Division社を設立しました。同社は1999年にSun Microsystemsによって73,500,000ドルで買収され、Sunによる初のバージョンとしてStarOffice™5.1aがリリースされました。後の2008年11月にStarOffice™9がリリースされ、これがスイートの最終バージョンとなりました。

この先駆的な国際オフィススイートの開発を行うため、2000年10月13日、SunはOpenOffice.orgプロジェクトを設立しました。このスイートは、すべての主要プラットフォームで動作可能であり、透過的なインターフェイスとXMLベースのファイル形式を介して機能とデータにアクセスできます。これは、StarOffice™5.2のソースコードと、SunがStarOffice™の将来のバージョンのために開発したテクノロジーをベースにしています。ソースコードはC++で書かれており、JavaベースのAPIなど、言語に依存しないスクリプト機能を提供しています。これらを使用すると、スイートを個別のアプリケーションとして使用したり、他のアプリケーションに埋め込むことができます。


OpenOffice.org

2002年5月、最初の公式バージョンであるOpenOffice.org1.0がリリースされました。後の2005年9月、1.xシリーズの最終バージョンとなる1.1.5がリリースされました。


OpenOffice.org 2.x

2005年10月、OpenOffice.org2.0がリリースされました。ユーザーインターフェイスが更新され、Baseが追加されました。すべてのモジュールの新しい標準フォーマットとしてODFが採用されました。2.xのコードブランチは長く維持され、2009年9月にOpenOffice.org2.4.3が公開されました。


OpenOffice.org 3.x

2008年10月にリリースされたOpenOffice.org3.0は、再び大幅に拡張されました。macOSのネイティブバージョンを含み、実行されるオペレーティングシステムのユーザーインターフェイスとの統合が改善されました。このブランチの最新バージョンは、2011年1月にリリースされたOpenOffice.org3.3.0です。


Autonomy and rights

プロジェクトの最高統治体制は、メンバーによって選出されたCommunity Councilでしたが、Sun Microsystemsの主要な開発プロセスには実質的に影響を与えませんでした。 オープンソースとしてコードがリリースされたときには、名称など全ての権利を後に設立される財団へ移管することが計画されていました。この基礎として、Sun Microsystemsの一部の開発者は、財団の前身となる「OpenOffice.orgチーム」を設立しました。このチームは、さまざまなマーケティングキャンペーンをサポートするため、プロジェクトのための寄付金を受け取りました。2009年までの間、この団体は「OpenOffice.org」の名称の権利を管理しました。その後、商標権侵害への対応を強化するため、2009年に商標はSun Microsystemsに譲渡されました。


Sun / Oracle

この期間を通じて、主にコミュニティによる支援を受け、またNovellやIBMなどの他のソフトウェア会社によっても支えられた事で、Sun Microsystemsはコードの開発において大きな役割を果たしました。2009年、Oracleは経済的に低迷していたライバルSunの買収提案を行い、反トラスト法当局の承認を得て、2010年1月に買収を完了しました。ハンブルグのOpenOffice.orgの開発部門は、それ自体が利益をもたらすという条件でこの中に含まれていました。


Apacheへのコードの移管

2011年4月、OracleはOpenOffice.orgのプロフェッショナルサポートの採用を発表し、コミュニティベースのプロジェクトへの移行を発表しました。2011年6月上旬、ソースコードとすべての商標権がApache Foundationに与えられました。OpenOffice.orgは引き続きApache Foundation(Apache OpenOfficeという名前)で開発され、IBMが主要な貢献者となりました。


The Document Foundation / LibreOffice

2010年9月、コミュニティのボランティアに代表される開発者の一部により、「The Document Foundation」の設立が発表されました。これは、Oracleから独立し、「LibreOffice」という製品名でプログラムを継続可能とするためです。


LibreOffice

LibreOffice3.3.0は2010年9月にベータ版として発表され、2011年1月25日に公開されました。OpenOffice.orgが採用しているアプローチとは異なり、LibreOfficeはタイムベースのリリースプランに厳密に従って開発されています。 また、複数のコードブランチが並行して維持され、修正が提供されています。

LibreOffice4.0は2013年2月にリリースされ、ネイティブのRTF数式のインポート/エクスポートのサポート、Microsoft Publisherファイルのインポートフィルタ、Visioファイルのすべてのバージョンのサポート、およびその他のインポートの改善が含まれています。

LibreOffice5.0は2015年8月にリリースされ、Microsoft Word互換のテキストの強調表示とシェーディング、Apple Pages'09ドキュメントのインポート、Calcでの条件付き書式設定のためのUI、パフォーマンスを向上させるための低レベルの変更などが含まれています。


The Document Foundation

TDFはプロジェクトのすべての権利を保持しており、2012-02-17年に法的に設立されました[1]。2011年2月、必要となる基礎資本(50000ユーロ)の調達キャンペーンが実施され、8日以内に収集されました。TDFのメンバーは、Foundationの方針を定めた付属定款に従って理事会を選出しました。Geschäftsordnung (Bylaws)