Pootleガイド

From The Document Foundation Wiki
Jump to: navigation, search
本ページはGlobal Wikiからの有志による翻訳ページです。未翻訳があることや内容が古い場合があります。最新化、翻訳にご協力お願いします。
日本語独自の情報についてまとめることを目的として、日本語コミュニティによって運営されているページとして 日本語コミュニティ独自ページ があります。
URLが wiki.documentfoundation.org/JA で始まっていて、カテゴリーがJAのページです。
そちらもご利用ください。

このページでは Pootle UI 上のいくつかのセクションと、それをどう利用するかについて詳しく解説しています。Pootle のトップページにはアカウントの取得方法と、参加したい翻訳プロジェクトにたどり着く方法が記載されています。Pootle はオンライン翻訳ツールとしても使えますし、Virtaal や OmegaT といったオフライン翻訳ツールを使った翻訳結果のリポジトリとしても利用できます。

Pootle で目的の言語が見つけにくいときは、画面左上の The Document Foundation - Pootle server をクリックしてトップページに移行し、目的の言語・プロジェクトを選択します。

画面上部には Browse、すべての言語、すべてのプロジェクトの3つのドロップダウンリストがあります。
試しにフランス語を選択してみると、こうなります。

Project page of a selected language

ログイン時は、このトップページの右上からアカウント関連にアクセスできます。

自分のアカウント

When clicking on your login name, there is a drop down menu that let you chose between your Public Profile, Settings and Statistics:

  • Public Profile let you add your Full name and avatar, links to social media and a short bio
  • Settings is where you configure your translation preferences:
    • on the first tab, choose the number of lines displayed on the screen by entering a number in the Number of Rows field, by default it is 9. Interface Language is where you choose the language of the Pootle interface. If you do not choose a language, English will be the default language. Alternative Source Languages: you can display another language aside the English sources. For this, choose one or more (by holding Ctrl while doing a multiple selection) languages that you want to add. To remove a selected language, hold Ctrl while clicking on the language you want to remove and save your changes again.
Screenshot Display a second source language above the English one
Display a second source language above the English one
    • 保存 ボタンをクリックします。
    • The next tabs Password is rather self explaining. Evernote a webspace where you can sync files and organize tasks if you have an account.
  • Statistics gives you statistics on your translation contributions over the month.

プロジェクト

このページでは、現時点で Pootle レポジトリにアップされている全プロジェクトが表示されます。この時点では、4つのプロジェクトが表示されています。

  • Impress remote (Android)
  • Impress remote (iOS)
  • Localization for the 4.x.x product (UI and Help files)
  • Localization for the 5.x.x product (UI and Help files)
  • Localization from master (UI and Help files). These projects pertains to the new workflow we have settled and let you translate earlier in the process.
  • Terminology
  • Website ここには LibreOffice ユーザーの言語チームがウェブサイトの翻訳をしている場合、サイトのテンプレートが置いてあります。

使用している言語で要翻訳のプロジェクトを追加したければ、Pootle アドミニストレーターまで申し出てください。

On the top, there is a line which can be green, light green or gray depending on the completion of the translation projects. On the left side of this line, there is a small cross. Clicking on this small cross will display the statistics of the projects, the last actions and then the checks processed on the files. Clicking again will bring back to the list of Pootle projects and there overview.

概要

このタブは、ローカリゼーションで最も重要です。ここで自分が作業するファイルと文字列が管理されています。画面左上には、フォルダにある語数やローカライズ進捗のパーセンテージなどのプロジェクト翻訳全般の進行状況が緑のラインで示されます。

ディレクトリとファイル一覧はツリー表示されています。ディレクトリ下にはまたディレクトリがあり、要翻訳の .poファイルがおさめられています。ディレクトリ名に続いて、4つの項目があります。

  • 進捗状況 ローカリゼーションの進捗状況を横棒で示しています。
  • 合計 ディレクトリ内の全語数を示しています。
  • Last update mention the last time the project has been updated
  • Need translation is the number of words in the directory that needs to be localized. By clicking on this number in the blue bubble, you directly access the words, and only those, that need to be translated in this directory.
  • Suggestions is the suggestions made by other members of your language team. If you have the correct permissions, you are able to accept or refuse those suggestions by clicking directly on the number in the maroon buble displayed in this column.
  • Critical checks are the checks marked as critical run on the files. As for the others, clicking on the red bubble lead you to the strings having those failings.

There is a little handle at the top left of this panel that allow you to hide or display it. This panel contains links to download and upload offline translations, depending on your rights.

Screenshot Panel to download or upload off line translations

Before going further, lets have a look to a very important area, the checks

Checks

You can access the checks by clicking the little cross at the most left part of the progression bar. The critical ones which are mandatory to fix are displayed at the top of the overview in a red bubble, or listed by directory in front of them, still in the red bubbles. Clicking on any of them will filter and display the strings needing to be fixed.

The different types of checks run are:

  • 致命的: ビルド時や LibreOffice ユーザーインターフェースに影響があるため修正が必須のものです。 Pootle sometimes reports false positive depending on your language, but please check anyway that there is no real positive in your translation.
  • 機能的: これは ユーザーエクスペリエンスに影響する重要な箇所なので、翻訳は要修正です。
  • 表面的: これは表面的ですが全般の品質に関わるので、余裕があればチェックしましょう。

誤りを確認 の画面では表示されるのは、ほぼ既存の翻訳に含まれている誤訳です。 printf()XML タグ のリンク (もしくはその後ろの数字)をクリックしその文字列にアクセスして修正します。ひとつの文字列の修正が済んだら、必要に応じて画面右下の 次の文字列 をクリックしていき、最後の文字列まで続けます。 カテゴリーに含まれる全ての文字列を修正し終わると、そのカテゴリー名は一覧から削除されます。

If you find that the failing check is a false positive of the tested string, you can override it by clicking on its label in the right area of the editor, but if the template is later updated, the string will be marked as a failing check again. This is to ensure that the new translation is tested again for any possible issues.

検索

検索 フィールドでは、現在表示されているディレクトリ内の文字列や単語を取得することができます。 検索したい語を入力してクリックすると、サブメニューの5つのチェックボックスが表示されます。

  • ソーステキスト: ディレクトリ下の英語の文字列のみを検索します。
  • ターゲットテキスト: ディレクトリ下の翻訳文字列のみを検索します。y
  • コメント: コメントセクションに入力されたコメントを検索します。
  • 位置: 特定の場所へのパスを入力します。
  • Exact Match: the search will match exactly the string you entered

検索 フィールドで Ctrl+⇧ Shift+S を押すとサブメニューは表示されません。入力したら ↵ Enterを押すかフィールド右の小さいアイコンをクリックして検索します。

参考

  • 複数の語を入力すると、AND演算子で結ばれているものと見なされます。
  • OR や NOT 演算子は識別しません。
  • 大文字小文字の区別はしません。Options と入力しても options でも opTions でも同じです。
  • _word や wo~rd での ~ や _のようなアクセラレーターも検索フィールドに入力可能です。
  • 空白文字から検索を始めることはできません。この場合、検索結果を得られません。

一見してわかるように、検索フィールドへの入力は限定されます。Linux ユーザーであれば、後述するGrep コマンド も使えます。

注意: 各文字列には検索で使用可能な KeyIDがふられています。この KeyID はPootle 上でコメントとして付与されています。下のスクリーンショットを参照してください。この文字列の KeyID は 9LgFW です。

Screenshot KeyID in comment
Comments area containing the KeyID of the string

翻訳

The Continue Translation on the top will lead you to all untranslated strings in the projects. Clicking into the Need Translation column on one of the blue bubble showing the number of words to translation will lead you also to the untranslated strings in that project. The same will happen if you display the files pertaining to a project. You can enter the tree of files at each level. At the end, the editor will be displayed and this is where you will do your localization work, as a localizer or as reviewer or by adding suggestions. When you click on a file, the editor is displayed prompting for your translation.

Depending on the checks, the background of the area will be light blue or light red in case there is failing checks that you need to pay attention to.

You can add suggestions from LocalTM which is a memory generated from LibreOffice translation. Suggestions are displayed below the translation area.

文字列の作業をするときの画面は3つの部分に分かれています。以下のスクリーンショットをご覧ください。左側に基本情報、中央にソーステキストと翻訳、右側は送信ボタンと確認する誤りが表示されています。

Screenshot string area in Translate tab
String area on the Translate tab

左側

左側 には、文字列がどこで使われているかの手がかりとなる「文脈」と、ファイルの場所が表示されています。

  • the first path at the very top of the editor is where the file is located in the tree. In our example it is libo_heop/swriter.po, so it means in the help directory and the file is named swriter.po, the number of the unit in the database is #92548984
  • 文脈 では、該当文字列がソースコードのどこにあり、どのような性質であるかが示されています。慣れてくると、ここから見当をつけられるようになります。
  • コメント には インターフェースの文字列を参照する KeyID が表示されています。この参照は各文字列に一意です。
  • 用語 は既存の翻訳から作成できる Pootle のプロジェクト で、中は.po ファイルだけです。翻訳が存在する用語と一致すると、候補として表示されます。表示されているラベルをクリックすると、編集エリアに直接訳語が挿入されます。
screenshot left area of editor
Left area of the editor, giving file path and context

中央

中央 は編集エリアでここに翻訳を入力します。英語以外のソース言語が選択されているときは、英語の上に表示されます。

  • when there is a tag in the source string, like <bookmark_value> or </bookmark_value>, clicking on this tag will transfer it automatically to the target (where you enter your translation) at the cursor position.
  • on the very top right of this area, there is a small icon, on the right of Report a problem with this string that allows you to copy the source string into the editor. You can use it when a string is a variable for example and does not differ from the source.
  • below the editor frame, there are three icons, the first one shows the timeline of the string, the second one Add Comment opens a field where you can enter a comment. This comment unfortunately will not be retained when the strings are uploaded to another project if you enter it from here. Once the comment is entered, click the Submit button below. The third icon Raw view changes the preview of the translated string.
screenshot editor area
Editor area

右側

右側 には送信 ボタンがあります。 またCtrl+↵ Enter を押して送信することもできます。送信したら次の文字列に移ります。

  • 要修正 の小さいチェックボックスは、文字列をファジーとしてマークするときチェックします。If you need to come back to it, you can also mark it as a bookmark.
  • 提案 をクリックすると、送信ボタンが提案ボタンに代わり、編集エリアも提案用になります。翻訳は、承認が必要な「提案」として表示されるようになります。 このモード変更は Ctrl+⇧ Shift+Space キーを押すことでもできます。提案として入力された文字列もツリービューから直接アクセスすることができます。
  • 誤りを確認 項目があれば 送信 ボタンの上に表示されます。 以下のスクリーンショットをごらんください。
screenshot of the right area
the submit area with Failing check displayed
  • the String number that follows is the direct reference to the string in the database. This is useful if you have to discuss the string with your team as you can share its link directly.

トップバー

翻訳タブページ上のトップバーには絞り込み条件が表示されます。

screenshot of status bar
Status Bar giving several indications and filter possibilities
  • 左に前述の 検索フィールドがあります。
  • the drop down menu on the right of the Search field lets you choose from list between several options: needs work, suggestions, overwritten suggestions, untranslated, etc. The screenshot above shows a filter by Checks.
  • 選択したフィルターによってまた別のドロップダウンリストが表示されることがあります。 上のスクリーンショットは、絞込条件が査読で、更に重大、機能的、表面的 の条件をつけることができます。
  • the button Default order lets you navigate to the newest or oldest string.
  • the next field is the string number you are on. The string count is also displayed. To navigate to another string, enter its number in the field.
  • then the arrow buttons allow you to navigate to the previous or next string. You can press Ctrl+ or Ctrl+ as an alternative.

用語集

用語集 は .po ファイルで、Pootle 上にアップロードしたり管理することができます。ここにある翻訳済みの訳語は、作業中の文字列の翻訳エリアに参考訳語として表示されます。このファイルはドキュメンテーションチームのガイド翻訳や新しいドキュメントを作成するのにも使われています。

Creation

You first have to ask the Pootle administrator to create the project on Pootle. Then you can upload an existing .po file using the Upload button on the right of the page, or extract a new terminology file from the existing localization files on Pootle using the Terminology tab page. We will discuss this last option later.

Some hints on the file creation:

  • sometimes people do not distinguish between the terms terminology and glossary.
  • when you create an entry, make it as simple as possible: object and not an object for example.
  • if you add a comment to an entry, this comment will be displayed as a tooltip in the editor.
  • you can add context information to the source term, for example view (verb) or view (noun), but don't add it to the target text (your translation), because it will be also inserted when you click on the suggestion label in the editor.
  • an entry can contain up to 30 characters.
  • when terminology is active, it is performed in real time on your translation, so be careful of the size of your terminology file, because it can affect the performance if you have too many terms.

Management

You can manage the file directly using the Pootle editor under the Translate tab page, by clicking on the project link and manage the terms. From here you manage the translation of the file.

There is also a Terminology tab page that allows you to display the file and add comments to the source language, as said above. This tab page also allows you to extract a new terminology file by clicking on the link You can regenerate a glossary from scratch. But you will not be able to change the translation from here. It is only possible on the Translate tab page.

  • the little i icon in front of the translation indicate some paths to files where the word is found and the number of occurrences.
  • clicking on the little callout at the right of the source field will open a comment field where you can enter information. The KeyID of the string is also entered here, so do not remove it.
  • the checkboxes on the very right of the page allow to delete string entries from the .po file.
  • you need to save your changes with the Save changes button at the bottom left of the page.
screenshot terminology entry
Terminology entry showing comment and information

提案

付与されている権限によって、提案はできますが、直接翻訳はできない場合があります。 前述のとおり、翻訳モードと提案モードがあり、Ctrl+⇧ Shift+Spaceキーで切り替えることができます。

提案がなされていると、プログレスバーに、xx 語が要査読(xx は査読が必要な語数)のリンクが表示されます。 ツリービュー表示では提案 の列があります。この数字のリンクをクリックすれば、提案を承認または却下する画面に移動します。

コメントフィールドの下にある提案フィールドでは、提案した文字列とオリジナルとの違いがハイライトされます。 緑のチェックの絵のボタンをクリックすると提案が承認され、編集フィールドに表示されていた文字列と置き換えられます。 提案を却下する場合は、赤の×印をクリックすると、提案は削除されます。

screenshot managing suggestions
Managing suggestions

In the terminology file, it is also to vote on a suggestion by clicking the small star on the right of the suggestion area. When it is clicked the star becomes yellow and the number of votes are reported inside. To remove your vote, only click the star again.

screenshot showing votes on suggestions
Votes on suggestion

ニュース

ニュースタブをクリックすると、現在のプロジェクトやディレクトリに関するニュースをプロジェクトメンバー向けに投稿することができます。ニュースはEメールでも投稿できます。

Some actions on the project are also reported as news, even if you do not publish them on this tab, and will appear in the News tab in the form of:

Sat 07 Sep 2013 04:21:19 PM UTC
sophie uploaded a file to LibreOffice 4.1 – UI [French]
Before upload: 29799 of 29799 strings translated (0 fuzzy).
After upload: 29799 of 29799 strings translated (0 fuzzy).

This way you can monitor activities on your project, for example when the template is updated, it will also appear here.

Permissions

To see this Permissions button, the member has to have the project, translator or administrator rights. The Permissions button is located in the drop down menu under the default Browse button. Click on the little arrow near it to display the entries of the list. Permissions entry in the drop down list

There are two special permissions on Pootle for Nobody and Default. The user Nobody represents any non-logged in user, and the user Default represents any logged in user.

Be careful: even as an administrator of your language, you can remove your own permissions. If it happens, kindly ask the Pootle administrators to give them back to you (we all have done it once ;-)

The different permissions are:

  • Can add directory: gives the possibility to add a directory to a project.
  • Can administrate a translation project: gives the possibility to manage the rights for other members on the translation projects.
  • Can download archives of the translation project: allows to download the zip of .po files of the project.
  • Can change directory: (to be checked) allows to change the directory of a file.
  • Can commit to version control: allows to commit to the code repository. This is not used in our translation process.
  • Can delete directory: gives the possibility to delete a directory from a project.
  • Can overwrite translations on uploading files: allows to overwrite files instead of merging them when uploading them after off line translation.
  • Can review suggestions: allows to accept or reject suggestions made.
  • Can make a suggestion for a translation: allows members to make suggestions on a string
  • Can submit translation: allows to submit translation directly without the review of another member.

To set permissions to a member, select the permission, or hold Ctrl to do a multiple selection and click the Save changes button. Ticking the check box on the right will delete the current user.