Translations:ReleaseNotes/6.3/71/ja

From The Document Foundation Wiki
Jump to: navigation, search

5番目のオプションパラメーター、 MinimumMagnitude があります。 このパラメーターは Polar=TRUE のときのみ使用されます。MinimumMagnitudeより小さな振幅を持つ周波数成分は、出力の振幅と位相がゼロに切り捨てられます。 これは信号の振幅位相スペクトルを見るときにたいへん便利です。FFTアルゴリズムを実行するときは常に非常に小さな丸め誤差があり、結果として存在しないはずの周波数の位相がゼロでない値になるためです。このパラメーターを適切な値にすることで、これらの存在しない周波数成分を切り捨てられます。 デフォルトではこの5番目のパラメーターの値は0.0であるので、切り捨ては行われません