開発/mac上でのビルド

From The Document Foundation Wiki
Jump to navigation Jump to search
This page is a translated version of the page Development/BuildingOnMac and the translation is 90% complete.
Outdated translations are marked like this.
Other languages:
English • ‎español • ‎italiano • ‎日本語 • ‎한국어

このページでは、macOS 10.14.4でLibreOfficeのビルド環境を構築する方法を説明します。masterをビルドするには、Xcode 11.3以降とmacOS 10.14.4以降が必要です。

前提条件

  1. App StoreからXcodeをインストールします。LibreOfficeは、現在のmacOSで現在のXcodeを使って常にビルド可能なようになっています。ですが、Xcodeの新バージョンがリリースされた直後やmacOSの新バージョンがリリースされた直後には、しばらくはそうではない時期があります。その場合はご了承ください。また、古いバージョンのXcodeを古いバージョンのmacOSで利用できるかもしれませんが、古いXcodeや古いSDKをダウンロードして使用することは絶対に避けてください。
  2. Xcodeを一度だけでも起動しておく(プロジェクトを開いたり、作成までする必要はありません)。
  1. LibreOfficeのJavaで実装されている部分(主にBaseのHSQLDB組み込みデータベース)を変更する場合は、JDK(Java SE Development Kit)(Oracle版Java SE Development Kit)をダウンロードしてインストールする必要があります。しかし、これは選択可能です。Javaを使う必要が無い場合は、autogen.inputやautogen.shのコマンドラインで--without-javaオプションを指定してください。

Notice: according to https://lists.freedesktop.org/archives/libreoffice/2021-April/087205.html, everything should be ok to build with mac containing processor Apple Silicon M1 except a known issue with in-process JVM (see https://lists.freedesktop.org/archives/libreoffice/2020-December/086490.html)

ビルド

セットアップやコンフィギュレーションを行う際は、Development/lode Development/lodeをご覧ください。

If you don't use Lode you will need to install dependencies as needed (e.g. brew install autoconf automake libtool). You will also need to configure the relevant flags in autogen.input to make building possible.

ビルドのヒント

プラットフォームに依存しないヒントは、Development/GenericBuildingHints Development/GenericBuildingHintsにあります。

SSHセッション上での構築

SSHで接続してビルドしている場合、物理的な端末や画面共有を使ってマシンでウィンドウセッションを開いていないと、いくつかのユニットテストが失敗することがあるようです。

パフォーマンス

LibreOfficeのビルドには、とても時間がかかります。具体的にどのくらいかかるかは、あなたのマシンの性能によりますが速くビルドするために利用できるツールがあります。

ccache

ccacheはcompiler cacheの略で、そのままの意味です。2回のビルドの間にソースコードにほとんど変更がない場合、実際のコンパイラを実行しないことで時間を大幅に節約できます。ですが「make clean」を明示的かつ頻繁に行わなければ通常、そのようなことはないので、「もしかしたら役に立つかもしれない」という理由でccacheを使用するのは良い考えではありません。

こちらから入手できます。 [1]

ビルドとインストールは、このようにします。

./configure
make
make install

また、キャッシュを使用する場合は、ホームフォルダーの.bash_profileなどに以下の設定があることを確認しておく必要があります(詳細は、Development/Building_LibreOffice_with_Clangを参照)。設定していない場合、clangはエラーを報告し、不要な警告を表示します。

export CCACHE_CPP2=YES

デフォルトのキャッシュ上限(5GB)は、LibreOfficeのビルドに役立つほど大きくはありませんが、例えば、30GBに増やすこともできます。

ccache --max-size 30 G

現在のキャッシュ制限やccache統計を確認するには、コマンドラインオプション -s を指定して実行します。

ccache -s


サポートされていないマシンを最新のmacOSへアップグレード

サードパーティ製の非公式ツールを使えば、古いマシンでmacOSがサポートするバージョンよりも新しいバージョンのmacOSを使うことができるかもしれません。必要な場合は、検索してみてください。そのような情報ですが、ここに重複して記載することは適切ではありません。

ODKをビルドする必要はありません

「ODK」(Office Development Kit)をビルドの必要は、あまりないと思います。autogen.inputまたはautogen.shのコマンドラインで--disable-odkオプションを指定してください。

参照