macOSにおけるLibreOfficeのビルド

From The Document Foundation Wiki
Jump to: navigation, search
本ページはGlobal Wikiからの有志による翻訳ページです。未翻訳があることや内容が古い場合があります。最新化、翻訳にご協力お願いします。
日本語独自の情報についてまとめることを目的として、日本語コミュニティによって運営されているページとして 日本語コミュニティ独自ページ があります。
URLが wiki.documentfoundation.org/JA で始まっていて、カテゴリーがJAのページです。
そちらもご利用ください。

注意:このページのオリジナルは英語版 macOSにおけるLibreOfficeのビルド2018-01-04T14:28:01 の版からコピーしたものです。

原文は逐次改定されるので、定期的に原文を参照して差分を更新し、ずれることがないようにお願いします。なお差分更新をかけた場合は上の日付も修正しておいてください。

このページはmacOS 10.9、10.10、10.11、10.12と10.13のビルド環境のセットアップ方法について記載しています。

準備

  1. Xcodeをインストールしてください。Xcodeの最新版はMac App Storeで無料で入手可能です。 Xcodeの古いバージョンや開発版はdeveloper.apple.comからダウンロードできます。
  2. Xcodeのアクティブな開発ディレクトリを選んでください:
    sudo xcode-select -switch /Applications/Xcode.app/Contents/Developer
    
  3. 最初に、Xcode起動時あるいは以下のコマンドの実行によって、Xcode EULAに承諾する必要があります:
    sudo xcodebuild -license
    
  4. 以下のコマンドでAppleのコマンドラインデベロッパーツールをインストールしてください:
    sudo xcode-select --install
    
  5. JDK(Java SE Development Kit)をダウンロードしてインストールしてください:


クイックセットアップ

Development/lode を参照してください。

Java JDKをインストールしたくないのであれば、--without-java./autogen.sh に追加してください。

一般ユーザでホームディレクトリ(または好きな場所)から以下を実行してください:

$ git clone git://gerrit.libreoffice.org/lode
$ cd lode
$ ./setup --dev

最後のコマンドの最後に表示されるメッセージに従って、

export LODE_HOME=<path to the cloned lode repo>
export PATH=$LODE_HOME/opt/bin:$PATH

~/.bash_login に追加する必要があります。

セッションを終了し、.profileの変更を反映させるためにシェルを再起動してください。echo $PATHがちゃんと動くかどうか以下のコードで確認してください。

$ cd lode/dev/core
$ ./autogen.sh --disable-cve-tests
$ make 2>&1 | tee build.log

LibreOffiveを起動するには、以下のコマンドを実行してください:

$ open instdir/LibreOfficeDev.app

lodeはCIスレーブbotの展開を管理するために、Infraによって開発されており、定期的に使用・メンテナンスされています。

ビルドのヒント

プラットフォームに依存しないヒントはDevelopment/GenericBuildingHintsを参照してください。

sshセッションのでビルド

sshセッションでビルドする際、ウィンドウセッションをマシンや物理コンソール、スクリーン共有にオープンにしておかないと、ユニットテストに失敗することがあるようです。

パフォーマンス

LibreOfficeのビルドには非常に時間がかかり、マシンパワーに依存します。しかし、高速化のためのツールもあります。

ccache

ccacheはコンパイラキャッシュの略語であり - そしてそのものです。ソースコードの変更点が少ない時には、実際のコンパイルを省略することで時間の浪費を抑えます。 しかし、これは"make clean"を実際にしばしば実行しない場合に限ったことであり(よくあるケースではありませんが)、単にccacheを使うのが良さそうだからという理由でccacheを使うのは良くありません。

ここで入手できます: [1]

このようにしてビルドしてください:

./configure
make
make install

もしccache(詳細は Development/Building LibreOffice with Clang をご覧ください)を使っているのであれば、以下のものが定義済みであること(たとえば.bashrcの中に)を確認する必要もあるでしょう。そうしないと、clangはエラーを報告したり、不必要な警告を出したりします:

export CCACHE_CPP2=YES

キャッシュ制限はデフォルト(5 GB)ではLibreOfficeのビルドには実用上十分な大きさでありませんが、増やすことができます:

ccache --max-size 16 G && ccache -s

UNO SDKのビルド

masterとして、UNO SDKをビルドするために(つまり、--disable-odk スイッチを切る)、 C++ UNO インターフェースのHTMLドキュメンテーションを出力できるよう Doxygenをインストールする必要があります。

選択肢として、doxygenをそのウェブサイトからインストールしてdoxygenの実行可能形式がPATHにあることを確認する、あるいはその正確な場所を--with-doxygen=pathnameでスイッチとして指定するという方法があります。

他の選択肢は--without-doxygenオプションを使うことです。この場合、C++ UNO インターフェースのHTMLドキュメンテーションはUNO SDKのビルド時に出力されません。

こちらも参照