LibreOffice 5.0の日本語翻訳の変更点

From The Document Foundation Wiki
Jump to: navigation, search


LibreOffice 5.0.6での変更点

全般

Calc

  • 書式 ▸ 数の書式 にある「タイム」をセルの書式設定に合わせ「時刻」と変更。(野方)[1]

LibreOffice 5.0.5での変更点

全般

  • PDFの電子署名機能において、「非公開鍵」を「秘密鍵」に修正。(野方)[2]


LibreOffice 5.0.4での変更点

全般

Calc

  • セルを「形式を選択して貼り付け」メニュー内演算以下のボタン「追加」を「加算」に修正。(渡辺・松川)[3]

LibreOffice 5.0.0での変更点

全般

Writer

  • ツール ▸ 章番号付けにある「番号に続く空白」の選択肢「スペースバー」(誤訳)を「スペース」に修正。(野方)[4]
  • 書式 ▸ 箇条書きと番号付け ▸ オプションおよびツール ▸ 章番号付けの「章番号付け」を「表示する章レベル」と変更。(目黒・小笠原)
  • "Highlighting"の訳を「ラインマーカー」とした(いくや)
  •  ▸ 表の挿入で出てくる「汎用」を「一般」に変更。(baffclan)
  • 図形オブジェクトを複数選択時のメニュー、「配置」を「整列」に変更(原文Alignment:オブジェクトを直線上に並べる)。(西堀)[5]
  • 図形オブジェクトを複数選択時のメニュー、「整列」 を「重なり」に変更(原文Arrange:オブジェクトを手前に置くか奥に置くか)。(西堀)
  • サイドバープロパティのページにある用紙の方向ツールチップが「画像の向き」となっていたので「用紙の向き」、「横置き」「縦置き」を「横」「縦」に修正。(野方・西堀)[6]

Calc

  • CSVダイアログの「固定幅」を「固定長フィールド」に、「区切る」を「次の記号で区切られたフィールド」に、「フィールド区切りの結合」を「空のフィールドを省く」に変更(いくや・西堀)

Draw/Impress

  • サイドバーにある「透過性」のツールチップの翻訳を見直し(西堀)
  • 図形オブジェクトを複数選択時のメニュー、「配置」を「整列」に変更(原文Align:オブジェクトを直線上に並べる)。サブメニューが垂直・水平とも中央揃えになっているものを、それぞれ「上下中央揃え」「左右中央揃え」に修正(西堀)[7]
  • 図形オブジェクトを複数選択時のメニュー、「整列」 を「重なり」に変更(原文Arrange:オブジェクトを手前に置くか奥に置くか)。サブメニューで、「オブジェクトの前面へ」 を「指定オブジェクトの前面へ」に、「オブジェクトの背面へ」 を「指定オブジェクトの背面へ」にそれぞれ修正。(西堀)