LibreOffice 6.0の日本語翻訳の変更点

From The Document Foundation Wiki
Jump to: navigation, search


LibreOffice 6.0.0での変更点

一般

  • PDFのデジタル署名ダイアログ(ファイル ▸ PDFへエクスポートから「デジタル署名」タブを選択)にて「原因」(原文:Reason)を「理由」に変更(野方)[1]
  • 「ラオ語スペル辞書」を「ラーオ語スペル辞書」に変更
  • レターウィザード、FAXウィザードの頭語・結語を全体的に修正[2]
メールウィザード
変更前 変更後
関係者各位 関係各位
XXX様 拝啓
拝啓 前略
敬具 敬具
拝具 草々
ではまた 以上
Faxウィザード
変更前 変更後
関係各位 関係各位
拝啓 拝啓
拝啓 前略
前略 こんにちは
敬具 敬具
敬白 以上
草々 草々
早々 ではまた
  • 表示 ▸ ツールバーのTSCP Classificationおよびその関連のClassificationを「機密」と変更[3]

Calc

  • シート ▸ セルの削除 が二つあったので、一つ(Backspaceに割り当てられている、セルの内容その他を消すもの)を「消去」とした[4]

Base

  • テーブルデータビューの挿入(~I) ▸ 記録(~R)挿入(~I) ▸ レコード(~R)に変更 (himajin100000)[5]