LibreOffice 6.2の日本語翻訳の変更点

From The Document Foundation Wiki
Jump to: navigation, search


LibreOffice 6.2.6での変更点

Writer

  • ツールバーのインデント増加のツールチップなどで一部「字下げを増やす」となっていたので、他のものと統一するため「インデントを増やす」と変更。(野方)[1]
  • ファイル ▸ 送るにある[クリップボードのアウトライン], [プレゼンテーションのアウトライン], [自動抽出の作成], [プレゼンテーションに自動抽出]を[アウトラインをクリップボードへ], [アウトラインをプレゼンテーションへ], [自動要約の作成], [自動要約をプレゼンテーションへ]に変更。 [2] (野方)

LibreOffice 6.2.1での変更点

Calc

  • 書式 ▸ 印刷範囲 ▸ 削除書式 ▸ 印刷範囲 ▸ 解除に変更(baffclan, 小笠原)


LibreOffice 6.2.0での変更点

Writer

  • ポップアップメニューの [文字(H)...] と [段落(A)...] および、書式 ▸ 文字(H)...書式 ▸ 段落(A)...を、それぞれ「文字の書式(H)」「段落の書式(H)」に変更(西堀)[3]
  • スタイル名の「Quoation」と「Citation」にどちらも「引用」という同じ語が利用されていたので、「Quotation」を「引用句」、「Citation」を「引用」とした(TDF・小笠原)[4]

Calc

  • シート ▸ 行の挿入 および シート ▸ 列の挿入 にて、LTR言語対応のため英語UIでは「before」「after」という用語となり、6.1ではそれを踏襲して「前」「後」という用語を当てていたが、日本のユーザーがLTR言語設定で用いることは少ないため、多くのユーザーのユーザビリティを鑑みて「上」「下」「左」「右」という用語を用いることとした。(西堀)[5]