日本語翻訳の定訳について(訳文作成のルール・用語集)

From The Document Foundation Wiki
Jump to: navigation, search


このページでは LibreOffice の日本語翻訳での定訳をまとめます。
この内容は discuss@ja.libreoffice.org で議論されます。
翻訳をする際にはこの内容に従うことで統一を図ります。

特別な定訳のためのページ

言語名の日本語への翻訳については別に JA/Translation/LanguageNames としてまとめています。

訳文作成のルール

ニーモニックキーは大文字に統一[1]

メニューの文字列に含まれるニーモニックキーは大文字にします。
ただし、原文のまま利用する単語にニーモニックキーが含まれていた場合は維持します。
例: 「D~ataForm」のまま利用するなら「~a」は小文字のまま

ニーモニックが英単語に含まれる場合はそのまま、含まれない場合は後ろに括弧で追加する[2]

翻訳したメッセージにニーモニックが英単語のまま含まれる場合はその位置を維持し、含まれない場合にはメッセージの末尾に括弧で追加します。
ただし、"..."や":"が末尾についている場合には、その前に括弧で追加します。
例:
翻訳したメッセージにニーモニックが英単語のまま含まれる場合: "~HTML Document" -> 「~HTML文書」
含まれない場合: "~Category" -> 「分類項目(~C)」
"..."が末尾についている場合: "~Add..." -> 「追加(~A)...」
":" が末尾についている場合: "L_ocation:" -> 「場所(_O):」

質問メッセージの"?"を"?"と表現する[3]

ダイアログなどのメッセージで原文が"?"で終わる質問である場合、訳では末尾を"?"にします。

警告メッセージの"!"を"!"と表現する[4] [5]からのスレッド

ダイアログなどのメッセージで原文が"!"で警告している場合、訳では末尾を"!"にします。

UIアイテムのラベルを示すときは [ ] で囲む[6]からのスレッド

メッセージにUIアイテムが含まれる場合、アイテムを[]で囲みます。
例: 「スマートタグ」メニューを開く(~S) -> [スマートタグ]メニューを開く(~S)

定訳の一覧

定訳のエントリーは用語のアルファベット順に、それぞれ

  • 用語(英語)
  • 定訳
  • コメント
  • 議論へのリンク

を記載してください。

用語(英語) 定訳 コメント 議論へのリンク

定訳案の一覧

定訳案のエントリーは用語のアルファベット順に、それぞれ

  • 用語(英語)
  • 現行訳(あれば)
  • 改訂訳
  • コメント
  • 議論へのリンク

を記載してください。

用語(英語) 現行訳(あれば) 改訂訳 コメント 議論へのリンク
AutoText 入力支援 / テキストブロック 定型文 機能を表す使われ方と、機能によって挿入された字句の塊の両方を指す。「入力支援」だと用語が広すぎるのと、二つの使われ方の両方を包含する用語としても弱い。MS Officeの「定型句」よりかは「定型文」の方が分かりやすいと判断。 [7][8][9]
Bibliography database 蔵書管理データベース(など) 参考文献データベース [10]
Clear Direct formatting 直接書式設定の解除 直接設定した書式の解除 以前は"Default Formatting(標準の書式設定)" [11]
Grayscale グレイスケール(など) グレースケール 表記が揺れていたので統一も兼ねて なし
Input Method Status 入力方式のステータス 入力メソッドのステータス [12]
Major interval 主目盛間隔 Calc の chart での用法 [13]
Minor grid 副目盛線 補助目盛線 Calc の chart での用法 [14]
Minor interval 補助目盛間隔 Calc の chart での用法 [15]
Trend Line(s) トレンド線(回帰曲線)、トレンド線(など) 近似曲線 [16]
Word Completion ワードコンプリーション 単語の補完 [17]

Wiki翻訳・定訳案の一覧

Wiki翻訳用・定訳案のエントリーは用語のアルファベット順に、それぞれ

  • 用語(英語)
  • 現行訳(あれば)
  • 改訂訳
  • コメント
  • 議論へのリンク

を記載してください。

用語(英語) 現行訳(あれば) 改訂訳 コメント 議論へのリンク
regression tests リグレッションテスト 2012/9/9の翻訳カフェでの議論にて「回帰テスト」よりも一般的ではないかとの議論により