マクロ/Pythonガイド/はじめてのマクロ

From The Document Foundation Wiki
Jump to: navigation, search
This page is a translated version of the page Macros/Python Guide/My first macro and the translation is 100% complete.


Return to Index

Other languages:
English • ‎italiano • ‎日本語


はじめてのPythonマクロ

以下のガイドの例は、ユーザーマクロの配置場所[1]に配置することを理解している必要があります。

重要 Pythonの構文はとても厳格です。正確にコピーして貼り付けてください。

あなたが普段、使っているテキストエディタ、またはコードを編集するために使っているIDEを使いましょう。

Writer向け

1 import uno
2 
3 
4 def my_first_macro_writer():
5     doc = XSCRIPTCONTEXT.getDocument()
6     text = doc.getText()
7     text.setString('Hello World in Python in Writer')
8     return

Calc向け

1 import uno
2 
3 
4 def my_first_macro_calc():
5     doc = XSCRIPTCONTEXT.getDocument()
6     cell = doc.Sheets[0]['A1']
7     cell.setString('Hello World in Python in Calc')
8     return

マクロの実行

  • Writerを開きます。メニューのツール->マクロ->マクロを実行を選択して、ライブラリセクションにあるマイマクロ(または自分が付けたファイル名)を選択します。マクロセクションにあるmy_first_macro_writerをクリックして実行ボタンを押します

Demo Writer


  • Calcを開きます。メニューのツール->マクロ->マクロを実行を選択して、ライブラリセクションにあるマイマクロ(または自分が付けたファイル名)を選択します。マクロセクションにあるmy_first_macro_calcをクリックして実行ボタンを押します

Demo Calc

Return to Index

  1. 訳注: ユーザーが作成するPythonマクロの配置場所は、ユーザープロファイルフォルダ内のScripts/pythonフォルダーです。