libreoffice.orgアカウント

From The Document Foundation Wiki
Jump to: navigation, search


The Document Foundationは、理事会向けにlibreoffice.orgドメインの連絡用サービスを提供しています。現在、提供しているサービスは以下です

  • 共有フォルダとIMAP全機能利用できるeメールアドレスとメール転送サービス
  • インスタントメッセージ用 Jabber/XMPPアドレス
  • 音声会議用 SIP/VoIPアカウント

これらのサービスは、すべてのメンバーに無償で提供されています。これも私たちをサポートしてくれる人たちのおかげです。コミュニティに代わってお礼を申し上げます。 SIPアカウントは、2002年から無償VoIPのサービスをしているiptel.orgからの提供になります。 メンバーのオンライン状態が確認できるリストも利用できるJabber/XMPPアカウントは、個人向けインスタントメッセージのエキスパートのHosted.IMのご厚意で提供されています。 サーバーサイドのフィルタリングや共有フォルダ、Webメールをサポートするプロフェッショナルなeメールアカウントは、メールサーバーのエキスパートのHeinlein Supportによりホスティングされています。

申請と適格性

サービスにはポリシー(ドイツ語版英訳版)が適用されます。

メンバーのアカウントは自動的に作成されませんが、簡単なメールを送ることで設定できます。そのためには、上記のポリシーに同意することを legal@documentfoundation.org まで連絡をしてください。また、メールの中で、使用したいサービスと希望するユーザー名も明記してください。その後、メールで確認をします。個別のサービスは、必要に応じて後から有効、無効にできます。

以下に文例を示します:

To: legal@documentfoundation.org
Subject: libreoffice.org account for Lastname, Firstname

I, Lastname, Firstname, hereby confirm that I have read and understood
the policy for using libreoffice.org addresses at
https://wiki.documentfoundation.org/TDF/LibreOfficeAccountPolicy/de
(English translation at https://wiki.documentfoundation.org/TDF/LibreOfficeAccountPolicy)
and accept it.

I would like to have an e-mail and XMPP account with a preferred username of "user123".

注意: Lastname(名), Firstname(姓)は自分の名前と名字に、user123は希望するユーザー名に置き換えてください。

設定ガイド

それぞれのサービスのガイドと設定については以下を参照してください。サービスごとに、アカウントは異なるパスワードであることもご注意ください。

メールと転送設定

eメールを受信するにはIMAPプロトコルを使用します。

  • ホスト名: mail.jpberlin.de
  • ユーザー名: yourname@libreoffice.org
  • ポート: 143 ( 143が利用できない場合は995 )
  • 暗号方式: TLS

eメールを送信するにはSMTPをサブミッションポート経由で使用します。

  • ホスト名: mail.jpberlin.de
  • ユーザー名: yourname@libreoffice.org
  • ポート: 587
  • 暗号方式: TLS

アカウントは、デフォルトではIMAPメールボックスに設定されています。以下の説明のように、コントロールパネルからメッセージを既存アドレスに転送することも設定できます。大量のメールを送信する場合は、事前にご連絡をください。送信には自動ブロックされないために利用する特別なサーバーが必要となるため、TDFから個別の承認を受けてください。

Webメール

メールアカウントには https://webmail.jpberlin.de/roundcube/ からもアクセスできます。ログインをするには完全なメールアドレス(yourname@libreoffice.org)が必要です。Webメールシステムでは、Sieveスクリプトを使ってサーバー側でメールのフィルタリングの作成もできます。

パスワードの変更はWebメールからできないことに注意してください。 代わりに、以下のコントロールパネルの説明を参照してください。

コントロールパネル

アカウントのメールを既存アドレスに転送したりパスワードの変更などメールボックスの設定をするには、コントロールパネル https://www.jpberlin.de/verwaltung/index.php にアクセスしてください。ログインには、完全なメールアドレス(yourname@libreoffice.org)が必要です。

Jabber/XMPP

To connect to the Jabber/XMPP service, use the following data in your favorite client:

  • Hostname: libreoffice.org
  • Username: yourname@libreoffice.org
  • Port: 5222
  • Encryption: TLS

In case your router filters out DNS SRV records, the above will not work. Please use xmpp1.hosted.im as hostname instead then - however, this is only a workaround, and we strongly recommend fixing your router's configuration.

The service offers a shared roster, that will show all other account holders in your contact list, usually in the "local" group.

The password for the Jabber/XMPP service can, unfortunately, not be changed by yourself at the moment. We are working together with the provider to implement that feature. You can request a password change via e-mail to hostmaster@documentfoundation.org. Feel free to crypt your request with Florian's PGP key.

SIP/VoIP

To connect to the SIP/VoIP service, use the following data in your favorite client:

  • Hostname: libreoffice.org
  • Domain: libreoffice.org
  • Registrar: libreoffice.org
  • Proxy: sip.iptel.org usually not needed
  • STUN: stun.iptel.org usually not needed
  • Username: yourname (without @libreoffice.org)
  • SIP address: yourname@libreoffice.org
  • Port: 5060

Calls to landlines are not possible, with some rare exceptions to free US numbers. Calls from landlines are not possible in general. Further details on the service can be found on iptel.org's website.

コントロールパネル

To access the control panel of your account, go to http://serweb.iptel.org/user/ and login with yourname@libreoffice.org

サポート

In case you experience problems, please contact the administrators of The Document Foundation at postmaster@documentfoundation.org

内部利用のためのテンプレート

以下は、アカウント申請者に送られる文面です。

Hello,

thank you very much for your acceptance of the e-mail policy. The accounts requested have been set-up. In case of e-mail and Jabber/XMPP, should you have requested this service, the password is

        ...
        
Should you have requested SIP as well, the password will be mailed to your new @libreoffice.org e-mail address separately.

Please IMMEDIATELY change your password to something safe. Instructions on how to set up your accounts, as well as how to login to the control panel to change your password, is available at MailAccounts#Setup guide

The password for the Jabber/XMPP service can, unfortunately, not be changed by yourself at the moment. We are working together with the provider to implement that feature. You can request a password change via e-mail to hostmaster@documentfoundation.org. Feel free to crypt your request with Florian's PGP key from http://pgp.mit.edu:11371/pks/lookup?op=get&search=0xD92361BD8C9A6155

Please note that the passwords for the services need to be changed individually. Every service can have a different password.

In case of questions or problems, feel free to write directly to hostmaster@documentfoundation.org.

Enjoy the new service!
Florian

@documentfoundation.org eメールアドレス

Only TDF officers and employee are entitled to a @documentfoundation.org email address, plus volunteers representing TDF towards the public (e.g. spokespersons, sysadmins) on an as-needed basis. We will get in contact with you if you need one.