LibreOfficeマクロの情報源

From The Document Foundation Wiki
Jump to navigation Jump to search
This page is a translated version of the page Macros and the translation is 70% complete.


Other languages:
Deutsch • ‎English • ‎español • ‎français • ‎italiano • ‎polski • ‎português do Brasil • ‎русский • ‎українська • ‎فارسی • ‎日本語
マクロ開発者とユーザー向け文書

Andrewのマクロ

Andrew Pitonyak氏によるサンプルスクリプトを含むBASICマクロ言語についての情報の記録。

LibreOffice Basicガイド

LibreOffice API

LibreOffice scripts make use of the LibreOffice API , documentation is available at:

マクロ言語としてのPython

マクロ言語としてPythonを利用できます。詳細については、こちらのページをご覧ください:

LibreOffice Pythonガイド

ツール - コレクション

Tomaž's Development Tools

  • Since LibreOffice 7.2, an object inspector tool is included, found under Tools -> Development Tools (see release notes).
  • The tool is similar to the X-Ray and MRI extensions mentioned below.
  • Read more in Tomaž's blog posts: part1 part2 part3

拡張機能

  • X-Ray BasicマクロのAPIオブジェクトを表示して、その内容を調べられます。また、ほとんどのBASICデータ型も表示できます。サービス、インターフェース、プロパティおよびメソッドに対するAPIドキュメント統合はOpenOfficeに限定されます。
  • Alternative Python script organizer (APSO)は、LibreOfficeやOpenOfficeのライブラリとしてPythonモジュールの管理に役立ちます。
  • MRI 設計をする時、UNOオブジェクトがサポートをするサービスが分からない場合があります。MRI (My Reflection and Introspection)はオブジェクト変数から提供されるプロパティ、メソッド、サービス、インターフェースを表示することができます。

Lanedo Labs(アーカイブ済み)

コードスニペット

A set of code snippets in Basic covering many parts of LibreOffice:

The OpenOffice CodeSnippet website had a collection of macros in various scripting languages: