LibreOfficeのマクロのための情報とリソース

From The Document Foundation Wiki
Jump to: navigation, search
本ページはGlobal Wikiからの有志による翻訳ページです。未翻訳があることや内容が古い場合があります。最新化、翻訳にご協力お願いします。
日本語独自の情報についてまとめることを目的として、日本語コミュニティによって運営されているページとして 日本語コミュニティ独自ページ があります。
URLが wiki.documentfoundation.org/JA で始まっていて、カテゴリーがJAのページです。
そちらもご利用ください。


注意:このページのオリジナルは英語版マクロ2018-07-31T07:32:39 の版からコピーしたものです。

原文は逐次改定されるので、定期的に原文を参照して差分を更新し、ずれることがないようにお願いします。なお差分更新をかけた場合は上の日付も修正しておいてください。

マクロを記述する人やユーザーのためのドキュメントです。

Andrewのマクロ

Andrew Pitonyakによるスクリプトの例を含むbasicマクロ言語の記録情報。


LibreOffice Basicガイド

LibreOfficeのAPI

LibreOfficeのスクリプトはLibreOffice APIを使用できます、ドキュメントはこちらで入手できます:

マクロ言語としてのpython

マクロ言語としてpythonを利用できます。詳細はこちらのページで閲覧できます:

LibreOffice Python ガイド

ツール - コレクション

拡張機能

  • X-Ray Basic macro is displaying API objects and is exploring their content. It also displays most Basic datatypes. Its integration of API documentation for services, interfaces, properties and methods is limited to OpenOffice.
  • Alternative Python script organizer (apso) helps managing Python modules as LibreOffice or OpenOffice libraries.
  • MRI It is not always clear at design time which services a UNO object actually supports. MRI (My Reflection and Introspection) displays the properties, methods, services, interfaces which are provided by an object variable.

Lanedo Labs

Lanedo には動作するいくつかのデータのソースを伴うサンプルがあります:

コード・スニペット

A set of code snippets in Basic covering many parts of LibreOffice:

OpenOffice コード・スニペットウエブサイトには様々なスクリプト言語でのマクロのコレクションがあります: