LibreOfficeマクロの情報源

From The Document Foundation Wiki
Jump to: navigation, search

このページはGlobal Wikiからの翻訳ページです。 未翻訳や内容が古い場合があります。古い場合は更新と翻訳のご協力をお願いします。 TDF Wikiには 日本語コミュニティによって運営されているページ もあります。WikiのURLがJAで始まるカテゴリーがJAのページです。そちらもご利用ください。


マクロ開発者とユーザー向け文書

Andrewのマクロ

Andrew Pitonyak氏によるサンプルスクリプトを含むBASICマクロ言語についての情報の記録。

LibreOffice Basicガイド

LibreOffice API

LibreOfficeスクリプトはLibreOffice APIを使用します。文書については以下から参照できます:

マクロ言語としてのPython

マクロ言語としてPythonを利用できます。詳細については、こちらのページをご覧ください:

LibreOffice Pythonガイド

ツール - コレクション

拡張機能

  • X-Ray BasicマクロのAPIオブジェクトを表示して、その内容を調べられます。また、ほとんどのBASICデータ型も表示できます。サービス、インターフェース、プロパティおよびメソッドに対するAPIドキュメント統合はOpenOfficeに限定されます。
  • Alternative Python script organizer (APSO)は、LibreOfficeやOpenOfficeのライブラリとしてPythonモジュールの管理に役立ちます。
  • MRI 設計をする時、UNOオブジェクトがサポートをするサービスが分からない場合があります。MRI (My Reflection and Introspection)はオブジェクト変数から提供されるプロパティ、メソッド、サービス、インターフェースを表示することができます。

Lanedo Labs

Lanedoにはデータソースの使用例がいくつか掲載されています:

コードスニペット

LibreOfficeの多くの部分をカバーするBasicのコードスニペットセット:

OpenOfficeのコードスニペットWebサイトには、さまざまなスクリプト言語のマクロが集められています: