ローカライズ版 LibreOffice のビルド方法

From The Document Foundation Wiki
Jump to: navigation, search
本ページはGlobal Wikiからの有志による翻訳ページです。未翻訳があることや内容が古い場合があります。最新化、翻訳にご協力お願いします。
日本語独自の情報についてまとめることを目的として、日本語コミュニティによって運営されているページとして 日本語コミュニティ独自ページ があります。
URLが wiki.documentfoundation.org/JA で始まっていて、カテゴリーがJAのページです。
そちらもご利用ください。

ローカライズ版 LibreOffice のビルド方法

まず最初に、ローカライズの方法について学ぶ前に、Development/How to build/ja を読んでください。

Further Required Libraries/Deps

Linux

次のコマンドは、ローカライズされた LibreOffice をビルドするために必要な設定を行います。

sudo apt-get install translate-toolkit dos2unix # Debian & derivatives
... # for OpenSUSE
sudo yum install translate-toolkit # for RHEL, Fedora & derivatives

Mac OS X

...

Windows

...

ローカリゼーションのためのコンフィギュレーション

ローカリゼーションを行うには、make コマンドを実行する前に次のコンフィギュレーションが必要となります。

configure での言語指定

autogen.sh に`--with-lang`オプションを付けて実行します。

./autogen.sh --with-lang="de ja vi" --with-git ...

もしくは

./autogen.sh --with-lang="ALL" --with-git ... # for all languages

Development/How to build/Configure optionsも見てください。

lo-build-*.sdf File の更新

新しいlo-build-*.poを使って po/lo-build-*.sdf を更新します。


cd po
make update-sdf

トラブルシューティング

In Case of Rebuilding

If, albeit successful building, old translation sticks and the strings in new lo-build-*.po does not appear, try

rm stamp/build.extra.translations stamp/build.extra.translations.lang.list

make コマンドを実行してください。