Development/gerrit/setup/ja

From The Document Foundation Wiki
Jump to: navigation, search
本ページはGlobal Wikiからの有志による翻訳ページです。未翻訳があることや内容が古い場合があります。最新化、翻訳にご協力お願いします。
日本語独自の情報についてまとめることを目的として、日本語コミュニティによって運営されているページとして 日本語コミュニティ独自ページ があります。
URLが wiki.documentfoundation.org/JA で始まっていて、カテゴリーがJAのページです。
そちらもご利用ください。

注意:このページのオリジナルは英語版 setup2017-12-08T13:31:11‎ の版からコピーしたものです。

原文は逐次改定されるので、定期的に原文を参照して差分を更新し、ずれることがないようにお願いします。なお差分更新をかけた場合は上の日付も修正しておいてください。

gerritのセットアップ

始める前に:トラブルシューティング・ヘルプ

以下の説明は簡単に速く行えるようになっているべきです。しかしどこかで詰まってしまったら、こちらでヘルプを受けられます:

Gerritへの初回登録

Gerritでアカウントを作成するために、gerritにアクセスし、ページの先頭右側にある“Register”リンクをクリックしてください。好きなOpenID (OpenIDを提供しているサービスのリスト)かOAuth2を選び、それを使ってログインしてください。

現在2つのOAuth2プロバイダがサポートされています(OAuth2プラグインの有効化は未定):

  • GitHub
  • Google

Gerritでのアカウントの切り替え (ほかのサービスとのひもづけ)

同一のGerritユーザアカウントで異なるOpenIDやOAuth2アカウントを使う(ひもづける)ことができます。

Gnome-dialog-warning.svg

警告:
新しい(OpenIDやOAuth2)アカウントではログインしないでください。その場合にGerritで新しいアカウントが作成されても、新しいOpenIDやOAuth2アカウントと既存のGerritアカウントがひもづけられないためです。!


新しいOpenIDやOAuth2アカウントを既存のGerritアカウントにひもづけるには

  1. 既存のアカウントでGerritにログインします
  2. User ▸ Settings ▸ Identitesに行くか、直接 https://gerrit.libreoffice.org/#/settings/web-identities に行きます
  3. "Link another identity"ボタンを押します
  4. ほかのアカウントを選択します
  5. ログインします
  6. 完了

gerritのセットアップ - 簡単版

もしすでにlibreoffice/coreをチェックアウト済みであれば、./logerrit setupを実行するだけでOKです。これによって自動的に鍵がセットアップされ、sshが適宜設定されます。もしうまくいかない場合は、以下のステップでガイドを示します:必要があれば、以下のステップに従ってください。

プログラムはhttps://gerrit.libreoffice.orgにアクセスし、Registerをクリックしてあなたのユーザ名を覚えるように指示します。さらに、プログラムはSSH公開鍵を生成・表示し、 /home/[username]/.ssh/id_rsa.pubに保存します。この鍵は'ssh-rsa'から始まるものです。ウェブサイトの登録プロセスでこの鍵を入力してください(またgerritで動くように、あとでSettingsSSH Public Keysにこの鍵を追加してください)。

./logerrit testに失敗したり、ssh -vvv logerrit~/.ssh/configが正しいパーミッションでない表示が出たら、~/.sshディレクトリの中でchmod 600 configを実行してください。


詳細とnitty-grittyセットアップの話題

gerritのセットアップ - 手動版

  1. https://gerrit.libreoffice.org/ でアカウントを作成します(Yahoo, Blogger, Launchpad, flickr, WordPress, MySpaceのアカウントを持っているなら、OpenID=そのアカウントが必要です。)
  2. gerritアカウント(設定でユーザ名を設定します。ユーザはユーザ名とSSH鍵で関連付けられます。以下の YOUR_USERNAME_HERE はユーザ名で読み替えてください。
  3. gitでの作業時のEmailアドレスを"Contact Information"の下の設定で追加します
  4. gerrit用のSSH鍵の組の生成を行い、設定で公開鍵をアップロードします(もちろん既存の鍵を再利用するのでもOKです)
  5. ${HOME}/.ssh/configに以下の設定を追加します(両セクションはHost行以外同一です):
     Host logerrit gerrit.libreoffice.org
           IdentityFile /path/to/your/private-key
           User YOUR_USERNAME_HERE (上記参照)
           Port 29418
           HostName gerrit.libreoffice.org
    

    注意:/path/to/your/private-keyはファイル名を含んだものである必要があります。例:~/.ssh/id_rsa

  6. gerritにSSH鍵を使ってpushできるようにgitリポジトリをセットアップします:
    git config remote.origin.pushurl ssh://logerrit/core
    
  7. これで準備完了です!

pushしましょう!

こちらも参照: パッチの送信方法