複数のバージョンの LibreOffice を共存させてインストールする方法/Windows

From The Document Foundation Wiki
Jump to: navigation, search
本ページはGlobal Wikiからの有志による翻訳ページです。未翻訳があることや内容が古い場合があります。最新化、翻訳にご協力お願いします。
日本語独自の情報についてまとめることを目的として、日本語コミュニティによって運営されているページとして 日本語コミュニティ独自ページ があります。
URLが wiki.documentfoundation.org/JA で始まっていて、カテゴリーがJAのページです。
そちらもご利用ください。

このページは Windowsでの 複数のバージョンの LibreOffice を共存させてインストールする方法 についての記事です。

イントロダクション

この記事では、ユーザーインストールの手順を説明します。

  • 手順はOSごとに異なり、それぞれのOS向けのパッケージが使われます。
  • 古いバージョンの LibreOffice は以下で保管されています。こちら


SI-GUI

Installation GUI

最も早くて簡単な手順: Server Install GUI は、Windowsに複数のLibreOfficeを並行インストールするのにとても役立つツールです。

その他

管理者用インストール

Windowsでは、管理者用インストールをおこなう必要があります。インストールするファイルは、MSIパッケージ(拡張子が.msi)でなければなりません。

LibreOffice 3.4.x まででは、MSIパッケージは .exeファイルに同梱されているので、ダウンロード後に抽出します。

3.5.x 以降では、ダウンロードするファイルはそれ自体がMSIパッケージになっています。

コマンドライン操作を行ないたくない、もしくはここの記載がよくわからないユーザーは、LibreOffice Server Installation GUI を熟読するといいでしょう。

インストール先のフォルダ

管理者用インストールでは、インストール先のフォルダをたずねられます。前もって新しいフォルダを作っておかなくてもいいです。全プログラムを<C:\Program Files> (32ビット Windows) もしくは<C:\Program Files (x86)> (64ビット Windows)のサブフォルダにインストールするとよいでしょう。

管理者権限

Windows 7では、インストールを行なうのに管理者権限が必要です。以下の手順でコマンドプロンプトを立ち上げますスタート ▸ アクセサリ ▸ 「コマンドプロンプト」を右クリック ▸ 「管理者として実行」を選択 。 コマンドプロンプトのタイトル部分が「管理者: コマンドプロンプト」として開かれ、C:\Windows\System32> と表示されます。

Windows XP と Vistaでは、左クリックでコマンドプロンプトを開始するだけです。管理者権限は不要です。

3.4.x 以前のバージョン

ひとつもしくはふたつの .exeファイルをダウンロードします。

  • ひとつはプログラムの本体 (LibO_<version>_Win_x86_multi.exe) で
  • (必要に応じて) もうひとつはビルトインヘルプ (LibO_<version>_Win_x86_helppack-ja.exe)です。

このふたつのファイルを、以下のステップで実行します。

  1. まず、.exe ファイルの内容を、ファイルごとに異なる名前をつけたフォルダに展開します。7-Zipなどの解凍ソフトを使います。

もしくは単に.exeファイルをダブルクリックしますが、インストーラーがプログラムのインストールを実行するか尋ねてきたら、これをキャンセルします。

  1. 上記の手順でコマンドプロンプトを立ち上げます。抽出したファイルまで移動していきます。
  2. 目的のフォルダに来たら、
    dir *.msi
    
    に正しい名前を入力します。ここでは LibreOffice34.msi とします。
  3. 次に、コマンドプロンプトで以下を入力します。
    msiexec /a libreoffice34.msi
    
    するとインストーラーが起動します。

インストーラーが、インストール先のフォルダをたずねてきます。プログラム本体とビルトインヘルプの各.exeは同じフォルダにインストールします。

3.5.x 以降

ひとつもしくは複数の.msiファイルをダウンロードします。

  • ひとつはプログラム (LibO_<version>_Win_x86_multi.msi),
  • 必要に応じてひとつもしくは複数の言語のヘルプパッケージ (LibO_<version>_Win_x86_helppack-ja.msi)
  • 同様にSDK (LibO-SDK_<version>_Win_x86_install_multi.msi).

以下のステップを実行します。

  1. 上記の手順でコマンドプロンプトを立ち上げます。
  2. ダウンロードしたフォルダまで移動したら、
    dir *.msi
    
    にファイル名を正しく入力します。
  3. コマンド
    msiexec /a LibO_<version>_Win_x86_multi.msi
    
    でインストーラーを立ち上げます。
    msiexec /a LibO_<version>_Win_x86_multi.msi TARGETDIR="L:\3.6.0"
    
    のようにターゲットフォルダを指定することもできます。 ( <バージョン> は現在のものに置き換えてください。)
  4. ヘルプファイルは
    msiexec /a LibO_<version>_Win_x86_helppack-ja.msi
    
    SDKは
    msiexec /a LibO-SDK_<version>_Win_x86_install_multi.msi
    
     コマンドをそれぞれ入力します。

インストーラーはインストール先のフォルダを尋ねてきます (注:ダウンロードフォルダではだめです)。すべてのファイルを同じフォルダにインストールします。ダウンロードフォルダを選択すると、インストーラーは、既にダウンロードした.msiと同じ名前のファイルをつくるため競合が起こり、"内部エラー2203. ... LibO-Dev_3.6.0beta1_Win_x86_install_multi.msi, -2147287008" 等のエラーメッセージが出てインストールが中断されるからです。

Windows 7で管理者としてコマンドプロンプトを実行しない場合も、同じエラーになります。

Microsoft Visual C++ ランタイム DLLs

LibreOfficeは、動的にMicrosoft Visual C++ランタイムのDLLにリンクしています。これらのDLLは、ユーザーのシステムにインストールされていない場合があります。これらは、オペレーティングシステムの一部ではありません。必要に応じて、LibreOfficeの通常のインストールでは、これらのDLLをインストールします。ただしユーザーが管理者としてのインストールを実行し、LibreOfficeが起動できなかった場合は、MSVCR110.dllなどのMicrosoft Visual C ++ランタイムDLLが見つからなかったためなので、ユーザー自身でMicrosoft Visual C ++ランタイムDLLをインストールする必要があります。 Google for "MSVC Runtime download"Microsoftでファイルをダウンロードしてインストールしてください。MSVCR100.dllは、Visual C++ Redistributable for Visual Studio 2012 Update 4を参照してください。もしくは、インストールされているフォルダに必要なDLLを含むWindows システムフォルダがあれば、これをC:\Windows\System32にコピーします。


ユーザーコンフィグレーション

  1. ..\<installed>\program" にある"bootstrap.ini" というファイルの "UserInstallation=$SYSUSERCONFIG/LibreOffice/3"の行を "UserInstallation=$ORIGIN/../Data/settings" に書き換え保存します。

アプリケーションは最初の実行時、"UserInstallation"ディレクトリにユーザー設定を作成し、これでLibreOfficeが使えるようになります。


(原注: This will install the data/settings/user-settings within the same directory as the application. But I'm not really sure that any remaining "normal-windows-settings" in "../applications/LibreOffice" will have side-effects. Please report if you observe errors.)


アプリケーションを起動するには、エクスプローラから、またはデスクトップ上のリンクから「soffice.exe」を実行します。

注: bootstrap.ini の変更前と後のファイルを安全な場所に保存しておきましょう。

インストール後の掃除

並行インストールではインストール用ファイルを完全に解凍することになり、インストール作業ではインストールをカスタマイズする方法が提供されていません。そのため、ほとんどのユーザーが必要としない各国語対応用のファイルに、500MBほどが取られてしまいます。もし不要なスペースを取り戻したいのであれば、フォルダー "<インストール先>\readmes"、<installed>\fonts"、それから"<installed>\Win" または "<installed>\Windows" を削除できます。"<installed>\" にある *.msi ファイルも削除できます。余計な言語ファイルは "<installed>\program\resources"、 "<installed>\share\registry\res"、 "<installed>\share\extensions" にありますが、LibreOfficeで利用しないことが確実な言語のものだけを削除しなければなりません。これらを簡単に行うバッチファイルが用意されており、"<installed>\" ディレクトリ以下で実行すると利用できます。このバッチファイルは Server Install GUI でインストールされたものを掃除するのにも用いることができます。


アンインストール

これらの管理者用インストールは、Windows の 「プログラムのアンインストール」(プログラムの追加と削除)には表示されません

アンインストールするには、インストールフォルダを削除します。

MinGW バージョン

圧縮された MinGW ビルドは単に展開して、programフォルダにある soffice.exe をダブルクリックするだけで利用できます。これはポータブル版と同様です。