複数のバージョンの LibreOffice を共存させてインストールする方法

From The Document Foundation Wiki
Jump to: navigation, search
本ページはGlobal Wikiからの有志による翻訳ページです。未翻訳があることや内容が古い場合があります。最新化、翻訳にご協力お願いします。
日本語独自の情報についてまとめることを目的として、日本語コミュニティによって運営されているページとして 日本語コミュニティ独自ページ があります。
URLが wiki.documentfoundation.org/JA で始まっていて、カテゴリーがJAのページです。
そちらもご利用ください。

LibreOfficeパッケージは、いくらかの外部の依存を含んだ「自己完結型」です。これによって、ユーザーが選んだ任意のフォルダーの中にそれらの内容を解凍して設置できます。

つまり、LibreOfficeを、中央集権的インストールに必要な権限を持っていないユーザーをシステムに「インストール」できるということですし、より重要なのは、いくつかのバージョンを平行して「インストールして」動作させることができるという意味です。 そのため、ユーザーは安定版インストールに影響なく開発バージョンのテストを行うことができ、安定版でドキュメントを書いているユーザーに影響を与えることなしにベータ版でバグレポートを援助できます。

この記事では、「ユーザーインストール」をするための手順について述べます。

注意:

  • 手順は異なるオペレーティングシステム (OS毎)に違います、そして、それぞれのOSの内部でも、それぞれの異なるパッケージングシステムがこれらのOS毎に使われています。
  • 古いLibreOfficeのリリースはこちらへ

OS毎の説明