並行インストール Linux

From The Document Foundation Wiki
Jump to: navigation, search
本ページはGlobal Wikiからの有志による翻訳ページです。未翻訳があることや内容が古い場合があります。最新化、翻訳にご協力お願いします。
日本語独自の情報についてまとめることを目的として、日本語コミュニティによって運営されているページとして 日本語コミュニティ独自ページ があります。
URLが wiki.documentfoundation.org/JA で始まっていて、カテゴリーがJAのページです。
そちらもご利用ください。

このページはGNU+Linuxでの複数のバージョンの LibreOffice を共存させてインストールする方法l ' について提供しています。

導入部

もしあなたがLibreOffceの並行インストールをよく行うのであれば、このシンプルなスクリプト を使うとよいかもしれません。 もうひとつの方法として、初期インストールのために このスクリプトやもしあなたが言語パックをあとからインストールする必要があるのならば このスクリプト を使うことができます。

  • 過去の LibreOffice リリースはここに保管されています。

ステップ 1: あなたのシステムアーキテクチャの検出

LibreOfficeパッケージはLinuxの2つの主要形式で提供されています: RPM と DEB、そして2つの異なるアーキテクチャ、32-ビット と 64-ビット。

RPM パッケージはFedora、openSUSE、Mandriva、その他のパッケージにもとづくLinuxディストリビューションで使われています.

DEB パッケージはDebian、ubuntu、その他のパッケージにもとづくLiunxディストリビューションでつかわれています。

もしあなたが使っているCPUのアーキテクチャがはっきりしないのであれば、ターミナルを開いて (KDEのコンソール、, gnome...のgnomeターミナル) そして、入力してください。

uname -m

もしそのアウトプットが "x86_64" ならば、あなたは 64-ビットシステムを稼働しています。 もしそのアウトプットが "i386" や "i586" のようなものであれば、あなたの CPU は 32 ビットです。

もしコマンド "uname -i" が "unknown"であれば

uname -a

を試してみてください。あたたは64-ビットCPUの答えとして "x86_64" または、32-ビットCPUならば "i386" や "i586" のようなものを見つけるはずです。

正しいCPUのアーキテクチャを見つけることはCPUのタイプによってパッケージが異なるので重要です。

ステップ 2: ダウンロードとインストールファイルの解凍

正しいパッケージをダウンロード (個別の プレリリースはこちらから)した後に, そのパッケージを解凍してください、あるいはデスクトップ環境(例として、KDEでは: right click ▸ Extract package here)のグラフィカルなツールで、またはターミナルで以下のコマンドを使ってください:

tar -vxzf file-name

LibO_3.3.0rc2_Linux_x86-64_install-rpm_en-USというような名前のフォルダーが作成されるでしょう。 フォルダーの内部に、そしてダウンロードのバージョンによりますが、RPMS または DEBS とよばれるフォルダーを見つけられるでしょう。そのフォルダーの内部には幾つかの他のフォルダーとざっと50かそこらのファイルを見つけられるでしょう。

ステップ 3: インストール先を微調整する

その(RPMS または DEBS)フォルダーの内部から、ファイルマネージャー、または、シェルから mkdir install を実行して"install"のような単純な名前で新たなフォルダーをいますぐ作ってください。 そのフォルダーのなかで仮想端末を開始してください (または、すでにシェルの中であるならばそのフォルダーの中に移動するために cd install を命令してください)。そこからの、通常のユーザーとしての版:

RPM パッケージのため:

for i in ../*.rpm; do rpm2cpio $i | cpio -id; done

DEB パッケージのため

for i in ../*.deb; do dpkg-deb -x $i . ; done

上記で見た通りに正確なコマンドを正しく入力しなさい! ひとつのドットさえ怠ってはなりません!

すべてのLibeOfficeインストールを含んだいくつかの他のフォルダーとファイルと共に、そこに新しく作られた"opt" という名前のフォルダーを確認できるでしょう。

ステップ 4 - オプション、テストの時だけおすすめ: ユーザープロファイルの位置を変更する

注記: あなたはユーザープロファイルについてここで完全な論説を見ることができます。

初期設定では、ユーザープロファイルは ~/.libreoffice/3/userに保管されています。

あなたはこのような bootstraprc ファイルを編集して新しいインストールにより使えるユーザーディレクトリを変更できます

path-to-install-folder/install/opt/libreoffice/program/bootstraprc

そうするには、あなたがそれを修正できるようにそのファイルの書き込み権限を追加する必要があります。 あなたはそのファイルの権限をあなたのデスクトップの環境 (例として、KDEでは: right click ▸ Properties ▸ Permissions そして Ownerが"読み書き可能"になるように値を変更する) のツール、あるいはシェルコマンドラインのchmodコマンドのどちらかを使って修正できます。:

chmod +w bootstraprc

このファイルを修正することによって、あなたは"UserInstallation" 変数の値を $SYSUSERCONFIG/.libreoffice/3 からあなたの選ぶどれか他のディレクトリに変更できます。 例として

UserInstallation=$ORIGIN/..

(どんなドットも手抜きしてはいけません!) これは $ORIGIN からファイル階層を1段階レベルアップした"install" フォルダーをユーザーフォルダーとして使うでしょう。

ステップ 5 - オプション: 言語パックの追加

言語パックの解凍の後に、インストールパッケージの解凍に記述されているのと同じ方法で、あなたはすべての地域ファイルと共に"opt"フォルダーを入手できるでしょう。 この新たな opt フォルダーを含むフォルダーでターミナルを開いて、あなたはそのフォルダーを全LibreOfficeスイーツを含む他の "opt" フォルダーの上に"繰り返しコピー"をするこができます:

cp -R * path-to-install-folder/install/

ステップ 6 - オプション: 地域のヘルプパックの追加

そのヘルプパックの解凍の後に、インストールパッケージの解凍に記述されているのと同じ方法で、あなたはすべての地域ヘルプファイルと共に"opt"フォルダーを入手できるでしょう。 この新たな opt フォルダーを含むフォルダーでターミナルを開いて、あなたはそのフォルダーを全LibreOfficeスイーツを含む他の "opt" フォルダーの上に"繰り返しコピー"をするこができます:

cp -R * path-to-install-folder/install/


ステップ 7: アプリケーションの開始

プログラムを開始するためにLibreOfficeディレクトリ階層のトップレベルにスクリプトを追加してください:

どれかを選択できます:

階層上に

path-to-install-folder/install/opt/libreoffice/program

あなたは異なるLibreOfficeアプリケーションを開始するために異なるスクリプトを見つけるでしょう: soffice、swriter、 scalc、 sdraw、 simpress。

注記: このような種類の "ユーザーインストール" では、あなたはデスクトップ統合パッケージを使うことはできません、あなたはファイルの関連付けやシステムメニュー項目を"手によって"作る必要があります - もしあなたが望むのならば (ただし デスクトップ統合の必要はありません)、いくつかのLibreOfficeアプリケーションをシェルを開いて開始することは簡単です、前に作ったインストールフォルダー("install"と命名した) [the whole path might look like install/opt/libreoffice3.4/program]の真下の"program"に変更する、そして求められるアプリケーションを開始する: この例のように実行できます、

./soffice

LibreOfficeアプリケーションを実行するために、または、

./swriter

Libreoffice Writerを実行するために (あるいはCalcのために ./scalc 、impressのために ./simpress 、そして そのように。

もちろん、あなたはファイルマネージャーでそれのファイルネーム(sofficeswriterscalcsdrawsimpresssmath または sbase)をクリックすることで上記のLibreOfficeアプリケーションを開始できます。 しかしそれらのプログラムをシェルから開始することは、あなたにとってテスト/デバッグの目的に参考になるプログラムの実行へについていくつかの追加情報を与えるでしょう。