JA: LibreOffice日本語コミュニティに協力できること一覧

From The Document Foundation Wiki
< JA
Jump to: navigation, search


LibreOffice日本語コミュニティに協力できること一覧

LibreOfficeコミュニティに協力したいけれど、どういう事をしたらいいのかわからない…という方のために、LibreOfficeコミュニティで求められることを一覧にしました。

参加しやすいように難易度、求められる能力、必要要件も記載してあります。特に難易度は、簡単に始められる事から技術やコミュニティでの経験が必要な事までを黒星の数の5段階で書いているので、これを見て協力できることがあれば、ぜひ参加してご協力ください。

参加にあたっては、コミュニティ内での主要な連絡、話し合いの手段となっている日本語discussメーリングリストに必ずご参加ください。また、Telegramチャットに参加しておくとリアルタイムでのやりとりに便利ですので、こちらもご参加ください。

開発

  • 難易度:★★★★★
  • 必要要件: C++とgitなどのプログラミングツールの知識
  • 求められる能力: プログラミング能力

日本語やそのほか必要とされる機能の追加と改善をおこないます。 これは、オープンソースソフトウェアでイメージされることだと思います。LibreOfficeはC++というプログラミング言語を使って記述されているので、その知識と周辺のツールの知識は必須で、さらに様々な知識が要求されます。

拡張機能開発

  • 難易度:★★★★★
  • 必要要件: LibreOffice BasicまたはPythonなど
  • 求められる能力: LibreOffice APIの知識、プログラミング能力

本体を直接開発するのではなく、機能を拡張機能として開発をする手段もあります。 拡張機能開発は、スクリプト言語で記述できることやビルドの手間がないので、本体の開発と比較すると楽な環境で開発できるでしょう。


ユーザーサポート

  • 難易度: ★☆☆☆☆
  • 必要要件: メーリングリストへ参加、Ask LibreOfficeのアカウント登録
  • 求められる能力: LibreOfficeの操作や機能などの知識

日本語usersメーリングリストやAsk LibreOfficeに投稿された相談や質問に対して答えます。 また、Ask LibreOfficeで正しい回答に正解マークをつけたり優れた解答にUP Voteをつけたり(+1に投票して良い解答が上に来るようにする)もします。これはとても簡単に参加できるので初心者におすすめです。

解答にあたっては、丁寧な言葉遣いと思いやりを持った気持ちと言葉で対応しましょう。そして、ユーザーのミスを責めないようにお願いします。The Document Foundation行動規範(Google翻訳)やマーケティングスタイルガイドも参考にしてください。 やり取りをしていて、不具合であることがわかった場合は、Bugzillaを検索して類似の報告がないか調べたり、報告が無い場合はバグ報告を行ったりもします。

QA(品質保証)

バグ報告

  • 難易度:★★☆☆☆
  • 必要要件: Bugzillaのアカウント登録、最新のLibreOffice環境
  • 求められる能力: 英語、LibreOfficeの操作や機能の知識、洞察力

LibreOfficeの不具合をバグ管理システムBugzillaに報告をします。

報告は英語で書く必要はありますが、文章を書く際にはWeb翻訳サービスを利用してもいいですし、英語のテストではないので簡単な言い回しでゆっくり落ち着いて書けばOKです。また、書き込みも掲示板のようなものにテンプレートを穴埋めして書き込むだけなので難しい操作の必要もありません。

報告にあたっては、最新のLibreOffice(デイリービルドもしくはリリース最新版)を使っての動作確認と、類似の報告がないかBugzillaを検索することを忘れないでください。 動作については、異なる環境では起こらない場合もあるので、手元で確認をする以外に「日本語discussメーリングリスト」や「テレグラムのLibreOffice日本語チャンネル」に動作確認を依頼して確認するのもいいでしょう。

バグトリアージ

  • 難易度:★☆☆☆☆
  • 必要要件: Bugzillaのアカウント登録、最新のLibreOffice環境
  • 求められる能力: 英語、LibreOfficeの操作や機能の知識、洞察力

LibreOfficeの不具合をバグ管理システムBugzillaで報告されたバグをチェックして、自身の環境で再現するかを確認して、Bugzillaでコメントします。また再現できた場合はステータスを「NEW」に変更します。

報告された不具合は、他の環境で発生するかの情報が重要です。報告者とは別に最低1名の環境で再現できる必要があります。バグは確認されない限り修正されることはありません。また、「UNCONFIRMED」が大量に溜まってしまうと、バグ管理システムが機能しなくなってしまいます。

報告された直後のステータスは「UNCONFIRMED」になっています。他の人が再現確認して再現できた場合には「NEW」に変更します。再現できなかった場合は「UNCONFIRMED」のままにします。なお、再現手順が適切に記述されておらず、再現方法がよくわからない場合には「NEEDINFO」にします。 すでに「NEW」となっているものでも、最新バージョンでチェックして、再現のあり/なしをコメントすることも価値があります。

具体的なバグトリアージの方法がわからない場合QA/BugTriageを読むといいでしょう。


翻訳

LibreOfficeのグローバルコミュニティでは英語を利用します。情報は英語で発信されるので、その情報を日本語に翻訳をすることも重要なタスクの一つです。 翻訳作業をおこなうにあたり、絶対に守らなければいけないことが2つあります。

  • ライセンスは元の文書と同じにすること
  • 機械翻訳の出力をそのまま使わないこと

LibreOfficeコミュニティで作成する文書などは、自由に利用するために(ここでいう自由とは「勝手に」という意味ではなく利用、改変、再配布が保証されていることです)ライセンスが設定されています。元の文書と違うライセンスを適用するとLibreOfficeと一緒に利用できなくなるので、翻訳物には元と同じライセンスを適用します。

機械翻訳について自分の参考に利用することは構いませんが、出力された文章をそのまま利用することは絶対に止めてください。 機械翻訳サービスは、個人以外の利用を禁じていたり利用についての制限を明確にしていないため、利用すると元の文書とライセンスが衝突して翻訳した文書を放棄する事態になる可能性があります。また、機械翻訳では文脈を考慮した翻訳ができません。単語や短い文章の翻訳は苦手ですし、正しく見えてみても内容や文体がころころ変わって読めないといった問題もあります。このような問題があるため、機械翻訳の出力はそのまま使わないでください。

そして翻訳の作業は、翻訳して終わりというだけではありません。翻訳には間違いがあるかもしれないので、文章を読み比べて校正をする作業も必要です。校正作業は英語だけでなく日本語の国語力も要求されるので、翻訳の作業は文系の技術がとても要求される作業だといえます。

TDF Wiki文書の翻訳

  • 難易度:★★★☆☆
  • 必要要件: TDF Wikiのアカウント登録
  • 求められる能力: 英語、日本語、LibreOfficeやコミュニティ、TDFなどに関する知識

TDF Wikiでは、さまざまなページが作成されています。これらのページを翻訳します。

Wikiにある文書は、短い文書から長い文書までいろいろありますが、初めて翻訳をするのであればFAQから始めるのも良いでしょう。FAQは短くてすぐに終わるものが多いので手はじめに行うには適しています。 TDF Wikiでは、ほとんどのページでMediaWikiの翻訳ツールが導入されているので気軽に一文から翻訳できます。

ドキュメンテーションチーム作成文書(ユーザーガイドなど)の翻訳

  • 難易度:★★★☆☆
  • 必要要件: グローバルのドキュメンテーション・メーリングリストの参加、OmegaTの利用
  • 求められる能力: 英語、日本語

グローバルのドキュメンテーションチームが作成する文書を翻訳します。

文書はおもにodtで作成されます。odtを直接編集するとレイアウトが崩れる恐れもあるので、翻訳にはOmegaTというツールを使います。OmegaTの利用についてはこちらをご覧ください。

翻訳作業だけなら個別に作業をしても構いませんが、翻訳作業が終わって成果物をグローバルに還元して公開するにはドキュメンテーションチームとの連絡が必要です。日本語メーリングリストだけでなく、グローバルのドキュメンテーションチームメーリングリストにも入っておきましょう。 ドキュメンテーションのWikiページも参照するといいでしょう。

Webサイトの翻訳と管理

  • 難易度:★★★★☆
  • 必要要件: グローバルのWebsiteメーリングリストの参加、Webに関する知識
  • 求められる能力: 英語、日本語

グローバルWebサイトのページを翻訳して日本語Webサイトに掲載します。

翻訳作業は誰でもできますが、Webサイトの掲載についてはLibreOffice Webサイトの管理権限が必要になります。この作業をおこないたい場合は、まず、日本語discussメーリングリストでお尋ねください。 こちらの作業をする場合は、グローバルのWebサイト情報についても知っておいたほうが良いので、グローバルのWebサイトメーリングリストにも参加しておきましょう。

UI/ヘルプの翻訳

  • 難易度:★★★★☆
  • 必要要件: Weblateのアカウント登録
  • 求められる能力: 英語、日本語

LibreOfficeのUIやヘルプの翻訳をします。

翻訳作業は、WeblateというWeb上で翻訳をする翻訳システムを使って行われています。

翻訳作業へはWeblateのアカウントを作成すればすぐに参加できますが、最初は翻訳の提案しかできません。UIやヘルプは間違った翻訳が混入すると影響が大きいので査読者がチェックをして、問題が無いと確認してから初めて反映されます。 翻訳への詳しい参加方法については、LibreOfficeの日本語UI/ヘルプの翻訳方法にまとめてあるので、こちらをご覧ください。

マーケティング

マーケティングは、LibreOfficeコミュニティと外部をつなぐ対外的な活動をおこないます。

その活動範囲もLibreOfficeとODFについての広報や宣伝、活動の中で寄せられた意見への返信と関係するところに伝えること、コミュニティ活動をしてくれそうな人の勧誘といった幅広いことを行います。

すべてに共通して言えることは、高度なコミュニケーション能力が必要となります。思いやりを持った気持ちで丁寧に対応することが求められます。The Document Foundation行動規範(Google翻訳)やマーケティングスタイルガイドも参考にしてください。

イベントの参加、発表、企画

  • 難易度: ★☆☆☆☆
  • 必要要件: 特になし
  • 求められる能力: コミュニケーション能力

定期的に開催されるオープンソースカンファレンスへの出展や毎年開催されるLibreOffice Kiagi、そのほかコミュニティで主催するイベントの参加や発表、企画を行います。 こちらもユーザーサポートと同じく簡単にできるので初心者にお薦めです。

参加は単発ではなく一定の継続性が求められますが、知識や準備の必要をするものがほとんど無いので気楽に始められるでしょう。 発表や企画については日本語チームで取りまとめをする事が多いのでタイミングで声をかけてもらうほか、自分たちの地域でもイベントをしたいという方がいらっしゃれば日本語チームが協力するのでご相談ください。

ブログ記事の寄稿

  • 難易度:★☆☆☆☆
  • 必要要件: 特になし
  • 求められる能力: LibreOfficeについての知識

日本語チームではブログを運用しています。ブログの記事はグローバルのブログ記事の翻訳のほかに日本独自の記事も掲載しています。LibreOfficeに関する記事を執筆して寄稿します。

LibreOfficeの活動はすべて無償のボランティアで行われているので原稿料といったものはありませんが、掲載にあたっては日本語チームが査読をして掲載の可否を決めるので、LibreOfficeについての正しい知識が得られるメリットがあります。 書いてみたい方はdiscussメーリングリストでご相談ください。

SNSを使った広報

  • 難易度:★★★★☆
  • 必要要件: コミュニティでの実績
  • 求められる能力: コミュケーション能力

LibreOffice日本語チームでは、TwitterやFacebookを使って情報発信をしています。そして、ユーザーと交流してLibreOfficeについて誤解をされているかたに正しい情報を伝えるということもしています。 LibreOffice日本語チームとして発信をする責任があるのでコミュニティで何も実績の無い人はできませんが、コミュニティで活動をして実績を積んで周りから認められれば担当することができるので、まずはほかのところで実績を積みましょう。

メディア対応(記事執筆依頼など)

  • 難易度:★★★★☆
  • 必要要件: コミュニティでの実績
  • 求められる能力:

メディアへの対応は、LibreOfficeのマーケティングの中でも特に重要なことであり基本的には日本語チームで扱います。しかし、イベントでの発表やブログ記事の寄稿で実力が明らかになっている方には、声をかける場合もあります。まずは実績を積みましょう。

ニュース記事や導入事例、イベントなどの記録とプレスリリース配信先リストの作成と維持

  • 難易度:★☆☆☆☆
  • 必要要件: 特になし
  • 求められる能力: さまざまなメディアをチェックする情報収集能力

のちの資料とするために、メディアに取り上げられたLibreOfficeについて記録を残しています。また、同様に導入事例も記録しています。これらをWikiに記録していきます。

記録すること自体は難しくありませんが、テレビ、ラジオ、紙媒体は見落とす場合もあるので幅広い情報収集能力が求められます。

また、プレスリリースを配信するための国内メディアのリストを作成します。グローバルではLibreOfficeリリースなどを各国メディア向けに配信をしています。その配信先の作成と維持をします。

ドキュメンテーション

日本語圏で必要とされる文書の作成

  • 難易度:★★☆☆☆
  • 必要要件:
  • 求められる能力:

日本語圏で必要とされる文書を作成します。 利用方法などのガイドブックは不足しているので、チャレンジしてはいかがでしょうか。

TDF Wikiに日本語コミュニティのローカルルールをまとめる

  • 難易度:★★★☆☆
  • 必要要件:
  • 求められる能力:

TDF Wikiに日本語コミュニティで決まったローカルルールなどをまとめます。

ライティングに関しての知識は、ほとんど不要ですが、コミュニティを理解する必要があるので、経験のない人はTDF Wikiの整理などのコミュニティ活動から始めてみましょう。

デザイン

日本語ユーザー向けのテンプレート作成

  • 難易度:★★☆☆☆
  • 必要要件: Creative Commons Licenseなどのライセンス知識
  • 求められる能力: グラフィックデザイン能力

日本語での利用に適したテンプレートを作成します。 LibreOfficeでは日本語で利用しやすいテンプレートは少ないので、請求書や領収書といったものからプレゼンテーションテンプレートまで様々なものが必要とされています。

作成にあたっての標準フォントとしては、Noto CJKフォントを使用してください。OS付属のフォント(游ゴシック・明朝、ヒラギノ、MSゴシック・明朝など)は異なるOS環境での利用制限があるので使用しないでください。Noto CJKフォント以外のフォントを利用する場合もSil Open Font Licenseなどオープンソースライセンスが適用されたフォントを利用してください。

作成したテンプレートのライセンスは、拡張機能サイトからの配布だけを考えている場合は自由に選択して構いません。ただし、オープンソース・オフィススイートという性質上、Creative Commons Licenseといったオープンなライセンスのほうが望ましいでしょう。 本体への収録を考えている場合は必ずCC0/Public Domainを適用してください。そして、事前にArtist Statementを宣言しておく必要があります。

テンプレートが作成できたなら、LibreOffice拡張機能サイトにアップロードをして、メーリングリストなどで告知をしてください。本体に収録してもらう場合はデザインチームのメーリングリストやTelegramチャットで話し合う必要があります。

チラシなど宣伝素材の作成

  • 難易度:★★☆☆☆
  • 必要要件: Creative Commons Licenseなどのライセンス知識
  • 求められる能力: グラフィックデザイン能力

イベントで配布するチラシなどの宣伝素材を作成します。

作成にあたっては、LibreOfficeのほかInkscapeやGIMPといったオープンソースツールで作成をする必要があります。素材については、CC0/Public DomainやCreative Commons Attribution(CC BY 表示) Licenseの物を使用します。 Adobe Illustratorといったプロプライエタリソフトウェアや独自ライセンスの素材は、共有やコラボレーションの障害となるので使用しないでください。

作成したなら、ライセンスをCC0/Public DomainまたはCC BYで(CC0/PDが望ましい)でTDF WikiのMarketing Materialsまでアップロードをします。そして、メーリングリストなどで告知をします。