リグレッションテスト

From The Document Foundation Wiki
Jump to: navigation, search
本ページはGlobal Wikiからの有志による翻訳ページです。未翻訳があることや内容が古い場合があります。最新化、翻訳にご協力お願いします。
日本語独自の情報についてまとめることを目的として、日本語コミュニティによって運営されているページとして 日本語コミュニティ独自ページ があります。
URLが wiki.documentfoundation.org/JA で始まっていて、カテゴリーがJAのページです。
そちらもご利用ください。

導入部

開発者は人間です。修正は時々新しいバグや性能低下をもたらす予期しない副作用を引き起こします。リグレッションテストとは、そのような問題を発見するのに役立ちます。特定の機能が設計どおり動作するかエンドユーザが日々の業務で適切に使えるかを確認してください。

当然ながら、リグレッションテストはテスト可能な最新ビルドで実行されます。その一方で、各リリースでLibreOfficeのような大規模なソフトウェアのそれぞれの角を試すことが理想郷です。それで、私たちは良く使われるシナリオや機能を選択したリグレッションテストを持って、ベータ版とリリース候補版でテストされています。

現在のテスト

LibreOffice は明確に定義されたリリースサイクルリリース基準を持っています。. メジャーリリース X.Y.0 はデイリー, ベータ, リリース候補があります。 また、 バグ修正リリース X.Y.Z は、リリース候補ビルドがあります。以下のテストが必要です。

スモークテスト

すべてのビルドは、公式発表の1-2日前に利用できます。私たちは、できるだけ多くのプラットフォームで利用できることを確認する必要があります。以下を行って私たちを助けてください。

  • libreoffice@lists.freedesktop.org メーリングリストで、事前告知メールを見張ります。
  • 開発版ビルド/プレリリースサイトから、あなたのプラットフォーム用のビルドをダウンロードしてください
  • インストールして、基本操作を試します(例:Writer、Calc、Impress、Drawで文書を 開く/保存する)
  • もし、ビルドがほとんど利用できないバグを見つけた場合、アナウンスメールにリプライして私たちに知らせてください。すべての人とメーリングリストのCCを付けたままにしてください。
  • bugzillaへのバグ報告

FIXME: There are some attempts to automatize this task.

完全なリグレッションテスト

手動テストは、LibreOfficeの全体的な品質を保障する重要な役割を担っています。効果的なテストを、Beta版とリリース候補の期間にそれぞれ1度実施するのは理に適っています。(例えば、少なくともBeta1からBetaxまでに各テストケースを完全に実行し、リリース候補1からリリース候補xに反復する)


手動テストテストケース にそって分割されます。Moztrap では以下のようにプロセスを進めます。

  • 新しいテストビルドが準備できれば、libreoffice-qa メーリングリストでアナウンスがあるでしょう。
  • Moztrap にログインして、ビルドに対して任意のアクティブなテストがあるかを確認します。
  • 最後のベータ版/リリース候補版ビルドを 公式プレリリースサイト または、アナウンスメールから提供されるリンク先からダウンロードして、インストールします。
  • 使用しているプラットフォーム用の終わっていないテストケースを選択して、実施します。(使い方)
    • ランダムなテストケースを選択することをお勧めします。潜在的な重複作業を減らことができます。
    • バグを見つけてBugzillaにバグ報告する場合、Moztrapの関連するバグフィールドにバグ番号を入力するのを忘れないでください。
  • 別のテストケースを選択し、同じように実施します。
    • 新しいベータ版/リリース候補版がある場合、バックグラウンドでそれをダウンロードし、他のテストケースに切り替えたときにインストールします。同じメジャー/マイナーバージョンのインクリメンタルなベータ版/リリース候補版のテストを中断したり、テストをリスタートする必要はありません。

自動テストは現在のところビルド中に実行されます。

基本的なリグレッションテスト

純粋なバグ修正リリースは、各メジャーリリース後、毎月行われます。完全なリグレッションテストのための十分な時間がありません。開発者は変更をレビューすることにより、純粋なバグ修正リリースでのリグレッションを回避しようとします。しかし、彼らは人間です。依然として重要なリグレッションテストを行うことは理にかなっています。 通常 priority 1 とpriority 2 はこのフェーズでテストされます。