LibreOffice 24.2 リリースノート

    From The Document Foundation Wiki
    This page is a translated version of the page ReleaseNotes/24.2 and the translation is 91% complete.
    Outdated translations are marked like this.

    Writer

    • 「リーガル書式」順序付きリストの番号付け: 指定されたリストレベルのすべての番号部分にアラビア数字を使用します。 tdf#150408 (Mike Kaganski, Collabora)
    • コメントにスタイルを使用できるようになりました。「コメント」段落スタイルは標準スタイルです。これにより、すべてのコメントの書式設定を一度に変更したり、異なるタイプのコメントを視覚的に分類したりすることが容易になります。 tdf#103064 (Maxim Monastirsky)


    • 最初のページのヘッダーとフッターのOOXMLインポートを改善: 最初のページのスタイルを作成する際に、ページスタイルを新規作成するだけでなく、既存のページスタイル内の最初のページプロパティを使用できます。 tdf#136472 (Tomaž Vajngerl, Collabora)
    • 24.2.2
      A new paragraph can be inserted before a Table of Contents with Alt + ↵ Enter (as for tables). tdf#146356 (Oliver Specht, CIB)
    • 24.2.5
      Opening documents with embedded fonts is no longer slow on macOS. (Patrick Luby) tdf#155212

    ナビゲーター

    • リンク可能な要素をナビゲータから選択したテキスト上にドラッグアンドドロップすることで、選択テキストをハイパーリンクとして使用できるようになりました。 tdf#156111 (Jim Raykowski)
    • ネストされたセクションは、見出し(tdf#158103)のように折りたたむことができ、コンテキストメニューから非表示にしたり表示したりできるようになりました。(Jim Raykowski) (tdf#157681). (Jim Raykowski)



    • スレッド内のコメントが、ナビゲーター上でグループ化される様になりました。 tdf#157729 (Jim Raykowski)



    複数ページのフローティングテーブル

    複数ページに跨るテーブルのサポートがさまざまな面で改善されました。

    • オーバーラップのコントロール、ボーダー、および脚注: ブログ記事 (Miklos Vajna, Collabora)
    • ネスト構成: ブログ記事 (Miklos Vajna, Collabora)
    • 全てのページに渡るラップ: ブログ記事 (Miklos Vajna, Collabora)
    • UIの改良: ブログ記事 (Miklos Vajna, Collabora)

    テンプレート

    • 日本語文章に必要な設定を含むテンプレートが[ローカライズ]カテゴリに追加されました。これにより、日本語ユーザーのMicrosoft Wordとの相互運用性が向上します。 tdf#86483, feeb3a46 (Jun Nogata)


    相互運用性に向けた新しい改行アルゴリズム

    2013年以降、独自仕様ではないメトリック互換の代替フォントは、同じ段落レイアウトを保証されなくなりました。これは、MS Word 2013以降で、両端揃えされたテキストに対して新しい既定の改行アルゴリズムが導入されたためです。 失われた相互運用性を修正するために、同じアルゴリズムがWriterに実装され、最大20%まで両端揃えの行内のスペースを減少させました。 tdf#119908 ブログ記事 (László Németh, donor: NLnet)。

    例えば、Writerの2ページのテスト文書は、Microsoft Wordと同じように1ページに縮小され、次の合成画像(Microsoft Wordで入力された赤いテキストと、LibreOffice Writerで入力された黒いテキスト)に表示されます。現像後、赤いMicrosoft Wordのテキストは、黒いWriterの文字の横に高倍率でのみ表示されます。これは、改行がすでにまったく同じであるためです。

    Writer(黒)とMicrosoft Word(赤)でタイプセットされた複合ページ: Writerの2ページのLoremテキストは、Microsoft Wordと同様に1ページに縮小されました。

    注: 現時点ではDOCXの相互運用性(これには、スペースを縮小して新しいDOCXファイルから変換されたODTファイルも含まれます)のためにのみ使用されていますが、LibreOfficeの次のメジャーバージョンでは、標準の行端揃えアルゴリズムになる予定です。


    Calc

    • 「関数」サイドバーデッキの新たな検索フィールド tdf#122718 (Rafael Lima)


    • 数値の書式: 科学書式がサポートされ、ODF内に保存されるようになりました。 (tdf#153993 and
      • 埋め込まれた文章には次のような数値形式が適用されます。 ###.000 E0
      • 指数における小文字は次のような数値フォーマットが適用されます。 ###.000e0
      • 「0」の代わりに空白の「?」を使用した指数は、次のような数値フォーマットが適用されます。0.00E+?0
    • フォントが再び度ライブプレビューされます: フォントドロップダウン上でカーソルを合わせるか移動することで、選択したセルに一時的に適用されます。 (サイドバーおよびツールバー). tdf#158320 (Caolán McNamara, Collabora)
    • シートを切り替えるためのショートカットが、最後から最初(Ctrl + Tab ↹またはCtrl + Page Down; ⌘ Cmd + Tab ↹または⌘ Cmd + Page Down)へ、またはその逆(Ctrl + ⇧ Shift + Tab ↹またはCtrl + Page Up; ⌘ Cmd + ⇧ Shift + Tab ↹または⌘ Cmd + Page Up;)へと循環するようになりました。 tdf#156311 (Denis Sorotnik)
    • アクティブなセルの列と行を強調表示 (Sahil Gautam) tdf#33201
      • アクセスは、ツール ▸ オプション ▸ LibreOffice Calc ▸ 表示を介して、またはメニューエントリ表示 ▸ 列/行の強調表示を介して可能です。
        アクティブなセルの、強調表示された行および列全体のスクリーンショット

    • 表示 ▸ 数式を表示(ショートカット:Ctrl + `)で表示された数式をコピーし、プレーンテキストエディターに貼り付けると、(計算結果の代わりに)数式が表示されます。編集 ▸ 形式を選択して貼り付け ▸ 書式設定されていないテキストを使用することで、Writerに貼り付けることも出来ます。 tdf#156357 (Heiko Tietze, TDF)


    • 24.2.5
      Functions SUMIF and AVERAGEIF now always operate correctly on a query array (without needing to use the third optional parameter). tdf#158789 (Eike Rathke, Red Hat)
    • 24.2.4
      XLS files with many conditional formatting rules are now faster to open. (Noel Grandin, Collabora) tdf#160706

    Impress

    • Impressに小型英大文字が実装されました。詳細はブログ記事をご覧ください。 tdf#98367 (Caolán McNamara, Collabora)


    スライドショーの設定

    • 「ナビゲーションパネルを表示」の設定 スライドショー ▸ スライドショーの設定... は、設定が保存される様になりました。 tdf#157788 (Amin Irgaliev, Vladislav Tarakanov)
    • Presenterコンソールとリモートコントロールの設定はツール ▸ オプション ▸ LibreOffice Impress から スライドショー ▸ スライドショーの設定...に移動されました。さらに、 ラベルとダイアログのレイアウトが改善されました。 tdf#135089 7ca9c5bd (Samuel Mehrbrodt, allotropia)
    • さらに、新しいチェックボックスが追加され、(安全でない)WiFiサーバーを有効にしなくてもBluetoothリモコンサーバーを有効にできるようになりました。 aee059ff (Michael Stahl, allotropia)


    テンプレート

    • CJKおよびCTLに誤ったフォントが選択されたImpressテンプレートを修正しました。 3adf0 (Jun Nogata)


    • テンプレートに関する多くの改善と修正が行われました(Laurent Balland氏、およびJérôme Bouat氏の貢献もあり):
      • スライドおよびサイドバーの青い要素を修正しました:
      • さまざまなプレースホルダーの追加および配置を改善しました;
      • スライドの順序を修正しました;
      • 画像を軽量化しました;
      • フォントとフォーマットをより一貫性のあるものにしました;
      • スタイルとその階層を修正しました;
      • 不要なマークアップを削除しました;
      • ODF(Open Document Format)の準拠性を向上させました;
      • フォント宣言の問題を修正しました;
      • ノートビューでのプレビューサイズを修正しました;
      • 英語以外の言語での使用を容易にしました;
      • クレジットを適切な場所に移動しました。
      • 関連するレポートおよびコミット: tdf#122080 tdf#158017 tdf#158022 tdf#158202 tdf#158203 tdf#158204 tdf#158205 tdf#158206 tdf#158230 tdf#158250 tdf#158488 619500d6 d103f4af f1f8fd84 23c300a0 a9ad36ae


    Draw

    • Drawでは、1ページごとに1枚の画像を置く、マルチページTIFFファイル(複数の副ファイルが付属したTIFFファイルのこと)をインポートできるようになりました。 tdf#155444 (Rashesh Padia, Collabora)


    Base

    • Automatically added primary key (e.g., when user accepts Wizard's suggestion to add a missing primary key on exit) now enables AutoValue tdf#108057. (Mike Kaganski, Collabora)
    • Support for generic/unknown embedded databases in new database wizard (e.g. in File ▸ New ▸ Database ▸ Create a new database). tdf#156471 (Pierre Vacher)


    Chart

    Math

    • 数式の右から左方向の設定とレンダリングがサポートされます。 tdf#134193 (Khaled Hosny, TDF)
      異なる組版規則に従う2つのアラビア語の数学方程式と共に表示される数学

    • アラビア語およびペルシャ語の演算子と記号をサポートします。 tdf#111705 (Khaled Hosny, TDF)
    • 数式のフォントは 書式 ▸ フォント...で変更できます。 (初期設定はOpenSymbolです) tdf#101174 (Khaled Hosny, TDF)
      Math フォントはNagwa TK Mathフォントに設定され、変数およびその他のフォントはNagwa TK Textフォントに設定されました。

    • ツール ▸ 特殊文字... が数式エディタ上で使用可能になります。 tdf#32418 (Khaled Hosny, TDF)
    • 実験モード機能から発展し、インライン(視覚的)数式編集モードが標準で有効になりました。 2d47c824 (Khaled Hosny, TDF)


    Core / 全般

    • このリリース以降、新しいカレンダーベースの番号付けスキーム(年.月.パッチ)が導入されました。これにより、ユーザーはインストールされているLibreOfficeの最新バージョンをより簡単に確認できます。
    • ドキュメントの自動保存における変更点: 「自動回復情報の保存」がデフォルトでオンになり、「常にバックアップコピーを作成する」もオンになります。バックアップコピーはツール ▸ オプション ▸ LibreOffice ▸ パスで指定されたフォルダに蓄積されます。両方の設定はツール ▸ オプション ▸ 読み込みと保存 ▸ 全般 ▸ 保存でオフにすることができます。 tdf#152463 (Bogdan Buzea)
    • 多くの自動復帰の制限を修正し、自動保存のUIを再有効化しました。"ドキュメントと同じフォルダにバックアップを保存"オプションを追加しました。 tdf#65509 tdf#68565 tdf#57414 (Mike Kaganski / Justin Luth, Collabora)
    • ノートブックバーの様々な小さな不具合を修正しました:多くのメニューの改善、より良い印刷プレビューサポート、カスタマイズされたレイアウトの適切なリセット、ラジオボタンのより良い利用、"ホーム"タブへのより少ない"ジャンプ"、ファイルの再読み込みや印刷プレビュー、マスタービュー後の破損がなくなりました。 tdf#126006 tdf#125504 tdf#122270 tdf#141136 tdf#148121 (Justin Luth)
    • Help ▸ Search Commands now also matches submenu names to return more relevant results. tdf#157114 (Dung Saga)
    • ツール ▸ オプションに検索機能を追加しました。 tdf#49895 (Bayram Çiçek)


    • デスクトップの設定でダークカラースキームが構成されている場合、アプリケーションの色とアイコンテーマが自動的にダークに切り替わる機能は、KDE Plasmaなどでデフォルトで使用されるQtベースのUIバリアントに対しても機能する様になります。 tdf#156894 tdf#149611 (Michael Weghorn)
    • 上級者向け設定では、設定項目に対する説明文がツールチップで表示されるようになりました。 tdf#157431 (Samuel Mehrbrodt, allotropia)


    • 上級者向け設定では、変更された値でフィルタリングができるようになりました。変更された値は太字で表示されます。 tdf#157432 (Samuel Mehrbrodt, allotropia)
    • 上級者向け設定ダイアログの編集機能が向上しました。 (Samuel Mehrbrodt, allotropia)
      • 適切な入力タイプの検証
      • リストの編集を独自のダイアログで行うようにしました。
    • スペルチェッカのアルゴリズムが同じ文の一部に2つのリストを送信することがあります。そのうちの1つのリストは時折空になります。今回、空白でないリストを右クリックで表示されるようにしました。 (Gökay Şatır, Collabora Productivity)
    • パスワードダイアログ / libreofficeKit でのヌルポインタの問題が修正されました。 (Gökay Şatır, Collabora Productivity)
    • Duden補正ツールのエンコードされたテキストに関する問題が修正されました。 (Gökay Şatır, Collabora Productivity)
    • 実験モードにおいて、TDF Windows 64ビットビルドでMARベースの自動更新が利用可能になりました。詳細はツール ▸ オプション ▸ オンライン更新 ▸ 自動更新を参照してください (Stephan Bergmann, allotropia)
    • Windows上で、Alt + NumPadコードのサポートが強化され、完全なUnicode範囲をサポートするようになりました。

    ただし、これはショートカットの処理に干渉することに注意してください。Alt + 数字のショートカットは、Windows上でメインキーボード領域の数字とのみ動作し、NumPadの数字では動作しません。また、この強化にはWindowsのEnableHexNumpad レジストリ設定のサポートは含まれていないことにも注意してください。 tdf#156443 (Mike Kaganski, Collabora)

    • 新たに編集可能なメタデータフィールド Contributor、Coverage、Identifier、Publisher、Relation、Rights、Source、Type が導入されました。詳細は File ▸ Properties... ▸ Description を参照してください。 tdf#138792 (Sarper Akdemir, allotropia)
    [プロパティ]ダイアログ


    LibreOffice ヘルプ

    LibreOfficeヘルプには、複数のインターフェースからコマンドにアクセスする方法が説明されています。:メニュー、タブ付きインターフェース、キーボード、ツールバー、ステータスバーなど

    Help pages describe several ways to access commands

    ヘルプ内容の更新と修正:


    フィルター

    Orcusベースのフィルター

    以下の改善点は主にorcusライブラリのリリース 0.19に由来するものです。 (Kohei Yoshida, allotropia)

    • Gnumericのインポートフィルターを全面的に見直し、バグを修正し、不足している機能を追加しました。最も注目すべき機能の追加は以下です:
      • セルのスタイル
      • リッチテキスト文字列
      • 名前付きの範囲
      • 行の高さと列の幅
      • 結合したセル
    • Excel 2003 XML形式でのリッチ テキスト文字列のインポートのサポートが追加されました。

    docxドキュメントからの「描画キャンバス」のインポート

    Wordには、「Drawing Canvas」と呼ばれるオブジェクトがあり、そこに形状を描画できます。これらはグループ化するのと同様に1つのオブジェクトに結合されます。この描画キャンバスは、描画にコネクタの形状が含まれている場合にWordで使用できる必要があります。Wordはこのオブジェクトをファイルに2つのバリエーションで書き込みます。1つはDrawingMLマークアップ内の元の描画キャンバスであり、もう1つはVMLマークアップ内のプロパティを削減したフォールバックです。以前のLibreOfficeのバージョンでは、VMLのフォールバックしか読み取りできませんでした。今回、DrawingMLも読み取り可能となりました。これにより、新しいインポート機能が利用可能になります。

    • 描画キャンバスの背景がインポートされます。
    • コネクタは単純な図形としてではなく、真のコネクタとしてインポートされるようになりました。これらは開始図形と終了図形に接続されます。
    • 楕円などの基本的な形状は、ooxml-shapeとしてインポートされる様になり、これに伴って図形内のテキストは折り返し可能になりました。
    • 多色グラデーション、テーマカラー、および発光効果を図形上で利用可能となります。

    (Regina)

    ODFの健全な暗号化

    パスワードベースのODFの暗号化に新しいモードが実装されました。これには以下の利点があります。

    • パッケージごとに1つどけ鍵を導出することによるパフォーマンスの向上
    • 承認された暗号化(AES-GCM)を使用することによる耐タンパー性の向上
    • メタデータをより高度に隠蔽し情報漏れを抑制します。
    • メモリに負荷をかける Argon2id 鍵導出関数を使用しての総当たり攻撃に対する高い耐性。
    Warning.svg

    Warning:
    これらの暗号化されたファイルを開くには、LibreOffice 24.2が必要です。このため、既定では既存の標準的なODFの暗号化が使われます。

    これは、ツール ▸ オプション ▸ LibreOffice ▸ 詳細で実験的な機能が有効になっていれば使用できます。 tdf#105844 (Michael Stahl, allotropia)


    SVGサポート

    • 24.2.2
      Support for SVG styles parameters: style="overflow:notset", ...:hidden" and ...:visible". (Xisco Fauli, TDF) tdf#159968


    • 24.2.3
      Translations stored in <switch> elements are now selected based on the system locale's language tag. (Xisco Fauli, TDF) tdf#160386



    OOXML SVGのサポート

    • SVGのOOXML拡張をサポートする (http://schemas.microsoft.com/office/drawing/2016/SVG/main namespace
    • フォールバック用のPNGではなく、SVG画像(svgBlip要素)をインポートします。
    • SVG画像のエクスポートに加え、svgBlip要素がサポートされていない場合(古いMS Officeバージョン)、代替のPNG画像もエクスポートします。 tdf#51510, tdf#126084 (Tomaž Vajngerl, Collabora)



    WMF

    • Fix displaying images with size of EOF other than 3. tdf#155887 (Bartosz Kosiorek)


    GUI

    • [特殊文字の挿入]ドロップダウンメニューは、選択した文字のために文字の説明を表示するようになりました。(ホバー時にはツールチップにも表示されます) tdf#156538 (Jim Raykowski)


    • パスワード保存ダイアログには、zxcvbn-cを利用してパスワードの強度を判定するパスワード強度メーターが備わっています。 tdf#157518 (Sarper Akdemir, allotropia)


    • セキュリティ警告のポップアップウィンドウをインフォバーに変更して、迷惑なブロッカー警告ダイアログを回避します。 tdf#157482 (Balázs Varga, allotropia) 以前の実装では、適切な構成オプションが有効になっている場合、文書を保存するたびに警告が発せられ、または個人情報が削除されていました。これらのセキュリティ警告ポップアップウィンドウは、ページ上部の単独のインフォバー警告に変更されました。インフォバーは、非表示および個人情報の両方に対して表示できます。これにより、ユーザーはワークフローを著しく妨げることなくヒントを受け取ることができます。バナー上のボタンは、個々の情報を削除できるダイアログを追加で開くことができます。


    • オプションがロックされていると、[オプション]ダイアログページの動作に一貫性がなくなっていました。一部のUI要素では無効になり、左側に[ロック]アイコンが表示されてこれを反映しません。最終的には、オプションがロックされても、すべての[オプション]ページは一貫して動作するようになります。 tdf#157698 (Balázs Varga, allotropia)


    • 何を許可するか、何を拒否するかを明確にするため、マクロセキュリティの設定まわりのオプションダイアログのテキストを明確にしました。 tdf#157588 (Gábor Kelemen, allotropia)


    • 画像のトリミングをリセットできるようになりました。 tdf#86628 (Andrea Rosetti)

    アクセシビリティ

    • [上級者向け設定]ダイアログ(ツール ▸ オプション ▸ LibreOffice ▸ 上級者向け設定を開くからアクセスできます)のようなツリービューは、アクセシビリティAPIを介して正しく公開されるようになったため、テーブルの内容はスクリーンリーダーによってアナウンスされます。 tdf#99609 (Michael Weghorn, TDF)
    • LibreOfficeはアニメーションを削減、もしくは無効にするシステム設定を尊重し、Calcでセルをコピーするときに「アリの行進」アニメーションを無効にするようになりました。(これはWindowsおよびLinux用のLibreOffice 24.2の新機能です。これは、macOS用のLibreOffice 7.6にはすでに含まれています。) tdf#155414 (Patrick Luby; Michael Weghorn, TDF)
    • Windows特有のアクセシビリティ実装におけるマウス位置の処理の問題が修正され、NVDAスクリーンリーダーがマウスポインタの下にあるCalcのセルのテキストを正しく読み上げることができるようになりました。 tdf#156679 (Michael Weghorn, TDF)
    • 罫線スタイルのコントロール(例:Writerでは書式 ▸ 段落の書式 ▸ 枠線 ▸  ▸ スタイルで使用)やフォントの色の選択(例:Writerでは書式 ▸ 文字の書式 ▸ フォントの効果 ▸ フォントの色で使用)などのさまざまなポップアップメニューが、Windows上のNVDAスクリーンリーダーによって正しく通知されるようになりました。 tdf#101886 tdf#141101 tdf#156561 (Michael Weghorn, TDF)
    • UNOのグリッド制御がアクセシビリティレイヤーに適切に公開されるようになったため、NVDAスクリーンリーダーで通知できるようになりました。 tdf#156473 (Michael Weghorn, TDF)
    • 複数行の編集(例:ヘルプ ▸ 更新の確認...で使用されている)ダイアログは、アクセス可能なテキストインターフェイスをサポートするようになりました。これにより、スクリーンリーダーがテキストの内容を通知できるようになります。 tdf#104833 (Michael Weghorn, TDF)
    • コンボボックスがフォーカスされていない状態でコンボボックスの値が変更されたときに、active-descendant-changedアクセシブルイベントが誤って送信されなくなりました。これにより、[印刷]ダイアログでNVDAスクリーンリーダーが混乱を招く動作を引き起こしていました。 tdf#157137 (Michael Weghorn, TDF)
    • Windowsでは、IAccessible2ロールはダイアログとして報告するのではなく、フレームに対して報告されるようになりました。 dd0a0ecb839df1289693d4b2f862e3942a80345d (Michael Weghorn, TDF)
    • ダイアログ内のステータスバーが適切なアクセス可能な役割で報告されるようになったため、スクリーンリーダーはそれに応じてステータスバーを見つけて報告できます。 tdf#157639 (Michael Weghorn, TDF)
    • ツール ▸ 文字カウント...ダイアログの内容は、ダイアログを開いたときにWindows上のNVDAスクリーンリーダーが通知するようになりました。 tdf#157633 (Michael Weghorn, TDF)
    • Windowsでは、テキスト属性はIAccessible2テキスト属性およびオブジェクト属性仕様に従ってアクセシビリティレイヤーで通知されるようになり、カスタム属性の名前と値は使用されなくなりました。無効なスペルも、対応するテキスト属性を介して通知されるようになりました。NVDAスクリーンリーダーのバージョン2024.1上の対応する変更と共に、これはWriterでテキストの行を読み取るときにスペルミスのある単語の通知が機能するようになります。 tdf#157696 (Michael Weghorn, TDF)
    • Windowsでは、テキストの位置は対応するIAccessible2オブジェクト属性を介して報告され、NVDAスクリーンリーダーのような支援技術がそれを通知できるようになりました。 tdf#135922 (Michael Weghorn, TDF)
    • [スペルチェック]ダイアログのチェックボックスを、スペースキーを使用して切り替えられるようになりました tdf#135921 (Michael Weghorn, TDF)
    • 「引用文」段落スタイルを使用するWriter段落では、ブロック引用アクセシビリティロールも使用されるようになりました。これにより、スクリーンリーダーが引用文として通知できるようになります。 tdf#135586 (Michael Weghorn, TDF)
    • macOSのVoiceOverスクリーンリーダーで、Writerの段落ボタンまたはツールバーボタンにフォーカスが置かれたときに、「collapsed」と表示されなくなりました。 64d7bb1917c38ad8e256a482778df647904f5502 (Michael Weghorn, TDF)
    • トグルボタンは、対応するアクセス可能なアクションを使用して切り替えることができるようになりました。これにより、スクリーンリーダーを切り替える等のことができます。 tdf#112661 tdf#112662 (Michael Weghorn, TDF)
    • Calcの行ヘッダーと列ヘッダーのラベルは、ARIA指定で指定されている「rowindextext」と「colindextext」のオブジェクト属性を介して通知されるようになりました。Orcaスクリーンリーダーはこれらを、セルの通知に使用します。 tdf#158030 (Michael Weghorn, TDF)
    • LinuxのOrcaスクリーンリーダーは、下線ツールバーボタンの現在の状態を通知するようになります。つまり、下線が現在アクティブかどうかを示します。 tdf#123864 (Michael Weghorn, TDF)

    UI文字列の変更

    • オプションの言語設定言語とロケールに変更されました。 tdf#157716 (Aswath T)
    • オプションの小数点の記号テンキーの小数点キーに変更しました。 tdf#113478 (Adoche Onaji)
    • [カスタマイズ]ダイアログの変更割り当てに変更しました。 tdf#155214 (Aswath T)
    • [領域]ダイアログの拡大・比率比率に変更されました。tdf#154019 (Heiko Tietze, TDF)
    • 説明代替テキストに変更されました。 tdf#155044 (Heiko Tietze / Ilmari Lauhakangas, TDF)
    • [索引]ダイアログの次のレベルまで適用が、次のレベルまで含むに変更されました。 tdf#157908 (Seth Chaiklin)
    • オプションのページ上部に段落と表の間隔を追加するが、最初のページ上部に段落と表の間隔を入れて改ページするに変更されました。 tdf#141676 (Seth Chaiklin)
    • [スタイルの管理]ダイアログの自動更新Automatic update from documentに変更されました。 tdf#149796 (Seth Chaiklin)
    • 改ページ後の行数および'改ページ前の行数コントロールの代わりに、「段落スタイル」ダイアログの「体裁」タブで段落の分割について説明するようになりました。 tdf#156795 tdf#156109 Samuel Mehrbrodt (allotropia)


    地域化

    • アルメニア語でLibreOfficeが利用できるようになりました

    アルメニア語はインド・ヨーロッパ言族で、アルメニア共和国をはじめ世界各地で500万人が話しています。LibreOfficeのユーザーインターフェイスの翻訳は、主にTigran Zargaryanによって行われました。この詳細についてはブログをご覧ください


    校正ツールと言語サポートの向上

    辞書

    • スロベニア語類義語辞典を更新しました。(Martin Srebotnjak, OdprtiTezaver)


    マクロ

    BASIC

    • CCur はシステムのロケールに準拠する様になります。 tdf#128122 (Jonathan Clark)

    ScriptForgeライブラリ

    LibreOfficeで使える堅牢かつ拡張可能なマクロスクリプトのコレクションです。ユーザーのBasicやPythonスクリプトから呼び出して利用できます。 (Jean-Pierre Ledure)

    これらのライブラリは合計で「32のサービス」を公開しており、それぞれが多数のメソッドとプロパティを持っています。

    LibreOffice 24.2の新機能:

    • 新しいDatasetサービスは、テーブル、クエリ、またはSQL SELECTステートメントで収集されたデータを閲覧するのに役立ちます。レコードデータの取得と更新は、辞書のフィールド名 => フィールド値を使用することで簡単に行えます。バイナリフィールドはファイルに抽出したり、ファイルの内容で更新したりすることができます。
    • Database サービスは、特に Commit() および Rollback() メソッドを使用したトランザクションモードをサポートしています。
    • 新しいfilesystemプロパティをDocumentサービスの一部として使用して、通常のフォルダとファイルのようにドキュメントの内部ファイル構造をナビゲートします。
    • FileSystemサービスのFiles()メソッドとSubfolders()メソッドは、フォルダ内に存在するファイルとフォルダの一覧を提供します。これらのメソッドは、追加のIncludeSubfoldersboolean型引数を受け入れるようになりました。
    • PlatformサービスのUserDataプロパティを使用することで、[ツール]>[オプション]ダイアログと同等のページのコンテンツにアクセスできます。
    • Documentsサービスは、スタイルを管理するための一連の関数で強化されています。例えば、数行のコードで未使用のスタイルをすべて抑制できます。

    Pythonスクリプトでは、Basicと同じ構文と動作で一連のサービス全体(ネイティブの組み込み関数の方が優れている場合を除く)を使用できます。

    ScriptForgeライブラリ(24.2)のドキュメントの英語版は、LibreOfficeのヘルプページhttps://help.libreoffice.org/24.2/en-US/text/sbasic/shared/03/lib_ScriptForge.html?DbPAR=BASIC )に完全に統合されています。その他の言語への翻訳が進行中です。 (Alain Romedenne, Rafael Lima)

    機能の削除および非推奨化

    • ImpressやDrawの[HTMLエクスポート]ウィザードを削除しました。UIからのHTMLへのエクスポートは、コマンドラインから--convert-to html:"impress_html_Export"を使用した時と同じように動作し、スライドは単一のドキュメントとしてエクスポートされます。 tdf#105303 (Xisco Fauli, TDF)
    • ブラウザベンダーや業界全体の傾向に従い、LibreOfficeからFTPプロトコルのサポートを削除しました。 tdf#146386, 4a26dcac (Michael Stahl, allotropia)
    • 次のフォントは標準では同梱されなくなりました。 tdf#159752 (Khaled Hosny, TDF)
      • NotoMono-Regular.ttf
      • NotoNaskhArabicUI-Bold.ttf
      • NotoNaskhArabicUI-Regular.ttf
      • NotoSans-Condensed.ttf
      • NotoSans-CondensedBold.ttf
      • NotoSans-CondensedBoldItalic.ttf
      • NotoSans-CondensedItalic.ttf
      • NotoSans-Light.ttf
      • NotoSans-LightItalic.ttf
      • NotoSansArabicUI-Bold.ttf
      • NotoSansArabicUI-Regular.ttf
      • NotoSerif-Condensed.ttf
      • NotoSerif-CondensedBold.ttf
      • NotoSerif-CondensedBoldItalic.ttf
      • NotoSerif-CondensedItalic.ttf
      • NotoSerif-Light.ttf
      • NotoSerif-LightItalic.ttf


    プラットフォームの互換性

    • Windowsでは、テキスト属性はカスタム属性の名前と値を使用するのではなく、IAccessible2テキスト属性およびオブジェクト属性の仕様に従ってアクセシビリティレイヤーで通知されるようになりました。現在、LibreOfficeのカスタム属性のみをサポートしている支援技術は、IAccessible2の仕様に沿った属性をサポートするように反映する必要があります。NVDAスクリーンリーダーでは、次のバージョン2024.1で実装されますtdf#157696
    • Linux上でLibreOfficeをビルドまたは実行するための最小要件が、Red Hat Enterprise Linux 7/CentOS 7からRed Hat Enterprise Linux 8/CentOS 8(またはそれと同等)に上げられました。これは、Qt 5.15が、Qt 5ベースの「VCLプラグイン」(qt5/kf5) でサポートされるQtの最小バージョンになることをも意味します。 02f48a32
    • libxml2とlibxsltは、TDFのリリースビルドをシステム上にインストールする際に必須となりました。 b20f17ce.


    APIの変更

    • 定数グループcom.sun.star.sheet.NamedRangeFlagは、UIから名前付き範囲を非表示にできるHIDDENフラグをサポートするようになりました。Microsoft Officeとの、非表示の名前付き範囲互換性もサポートされるようになりました。 tdf#154449 (Rafael Lima)
    • Writer用の新しいUNOコマンド:
      • .uno:SpotlightParaStyles.uno:SpotlightCharStylesは、それぞれ段落スタイルと文字スタイル用のハイライト機能です。これらは現在、メニューの書式 ▸ ハイライトで利用可能です。 tdf#156114 (Jim Raykowski)
      • .uno:InsertDateFieldVar.uno:InsertTimeFieldVarは、それぞれ可変日付フィールドと可変時刻フィールドです。 これにより、日付フィールドと時刻フィールドの日付バリアントと時刻バリアントの両方にショートカットを割り当てることができます。両方のバリアントは挿入 ▸ フィールドメニューから利用可能になっています。 6c073a18 (Xisco Fauli, TDF)
    日付フィールドと時刻フィールドの固定および自動更新変数を含むメニューのスクリーンショット。


    構成の変更

    • 新しい設定から、安全でないネットワークプロトコル(暗号化されていないHTTP、SMTP、TLS 1.2未満など)を無効化できます。 無効にすると、WebDAV UCPは自動的にHTTPS経由で接続を試みますが、他のサービスは接続を拒否します。 5365daf6 8e46dd95 8b0b453e
      • org.openoffice.Office.Security/Net/AllowInsecureProtocols
    • 新しい設定を使用することで、soffice --acceptを無効化できます ec3ffe62
      • org.openoffice.Office.Security/Net/AllowInsecureUNORemoteProtocol
    • 次の構成キーは非推奨になりました。
      • org.openoffice.Office.Inet::Settings::ooInetFTPProxyName tdf#146386
      • org.openoffice.Office.Inet::Settings::ooInetFTPProxyPort tdf#146386
    • 非推奨となっていた次の構成キーは削除されました。
      • org.openoffice.Office.Common/InternalMSExport/UseOldExport tdf#154077 (Gabor Kelemen, allotropia)
      • org.openoffice.Office.Histories/HistoryItem/Password (Samuel Mehrbrodt, allotropia)
      • org.openoffice.Office.Linguistic/SpellChecking/IsSpellCapitalization (Samuel Mehrbrodt, allotropia)
    • スタートセンターの色をカスタマイズするStartCenterThumbnailsHighlightColorとStartCenterThumbnailsHighlightTextColorは、システムの既定の色設定を優先することになったことで削除されました。 tdf#158084 (Heiko Tietze, TDF)


    Android Viewer

    • ダークテーマの初期サポートを追加 tdf#124480 (Michael Weghorn, TDF)
    • 多くの翻訳者のおかけで、より多くのユーザーインターフェース言語が追加されました。