TestLink

From The Document Foundation Wiki
Jump to: navigation, search
本ページはGlobal Wikiからの有志による翻訳ページです。未翻訳があることや内容が古い場合があります。最新化、翻訳にご協力お願いします。
日本語独自の情報についてまとめることを目的として、日本語コミュニティによって運営されているページとして 日本語コミュニティ独自ページ があります。
URLが wiki.documentfoundation.org/JA で始まっていて、カテゴリーがJAのページです。
そちらもご利用ください。

長い間、私たちはLibreOfficeのバージョンの手動テストに、MozTrap(それより前はLitmus)を使ってきました。Mozillaのチームによって開発されたMozTrapは、もはやメンテナンスされておらず、UIとテストプロセスのローカライズをサポートしていないという大きな欠点がありました。私たちは TestLinkへ切り替える決定をしました。TestLinkは、すでにいくつかの言語をサポートしており、異なるロケールを管理することも出来ます。

TestLinkは、ソフトウェアライフサイクルにそって手動テストを管理するWebベースのアプリケーションです。テストは単純な手順からより進化したプロセスまで多様ですが、それぞれは単純な手順に従います。それは、説明や期待する結果といった機能を学ぶよい方法です。

その一方、TestLinkを使うのに、高度なコンピュータスキルは必要ではありません

サインアップ

LDAPで新しくアカウントを作成します。(訳注:TDFのインフラはシングルサインオンに移行中です。このLDAPアカウントですべてのTDFインフラにログインできるようになります)

ログイン

TestLink インスタンスでログインします。

TestLink ツアー

エキサイティングなTestLinkの世界に入るため、QAプロセスでのTestLinkのロール(役割)ごとに説明を書いています。

  • TestLink ユーザーガイドは、具体的なテストケースの実行や作成・更新をしたい人向けに、詳しいマニュアルとして設計されています。
  • TestLink 管理ガイドは、 TestLinkのテスト組織の維持・最適化や、テストプロセスのコーディネートをしたい人向けに、詳しいマニュアルとして設計されています。

TBD: テストケースの組織とプロセス

TestLink でのローカライゼーション

テストの翻訳するには、まずログインして、あなたの作業したい言語を選択します。例えば、サイト右上の Test Project で、ドロップダウンリストからあなたの言語を選択します。 翻訳するテストを編集するには、シニアテスターかテスト・デザイナーのロールが必要です。

あなたの言語がテストプロジェクトにない場合、QA/Mailing_List か IRC の#libreoffice-qa connect via webchat チャンネルで作成をリクエストすると、TestLink の管理者の誰かがそれを作成し、現在の英語のテストセットをインポートします。

テストを翻訳する:

  • ページ左下の「テスト仕様」領域にある「テスト仕様(Test Specification)」リンクをクリックする
  • 「LibreOffice OO」の下の最初のテストをクリックし、ページ右側に表示される
  • テストのタイトルの前にある、小さな灰色の歯車をクリックする
  • 編集ボタンをクリックする

まずは、テストのタイトル、説明、前提条件を翻訳します。該当するキーワードを選択し、青矢印をクリックしてテストに割り当てます。そして保存をクリックします。

各ステップをクリックすると、翻訳することができます。一度終えたら保存ボタンをクリックします。英語のままのテストにこれを繰り返します。