QAに参加する

From The Document Foundation Wiki
Jump to: navigation, search
本ページはGlobal Wikiからの有志による翻訳ページです。未翻訳があることや内容が古い場合があります。最新化、翻訳にご協力お願いします。
日本語独自の情報についてまとめることを目的として、日本語コミュニティによって運営されているページとして 日本語コミュニティ独自ページ があります。
URLが wiki.documentfoundation.org/JA で始まっていて、カテゴリーがJAのページです。
そちらもご利用ください。

QAとは

QAとは、品質保証(Quality Assurance)の略です。 QAは、ユーザーが、良いソフトウェアを入手できるように、最新のLibreOfficeをテストして改善することです。これは開発フェーズから最終的なリリースまでいつでも行われています。

私たちの最初のゴールは、最も厄介で緊急のバグを発見・確認して、それらを解決するために開発者に引き渡すことです。 そのため、私たちはエンドユーザーと開発者との橋渡しで、バグ報告を適切な終了に導こうとします。私たちはバグの再現し、それに正しい優先順位を与え、重複をみつけることを試みます。

参加方法

コンピュータの特別なスキルがある人にもない人にもたくさんの仕事があります:

バグのトリアージ

Bjoern のブログ記事[1]にリンクされていた この表をご覧になったとしたら、5000 以上のオープンなバグがあり、200 人はすでにに割り当て済みであることにお気づきかと思います。私たちはこれらのバグが以下であることを確認する必要があります:

  • 品質 (quality; 優れたトリアージとクリティカルなバグ)
  • 量 (quantitiy; 開発者が常に作業するべき最も重要なバグに注意を向けられるように)[2]

開発者に割り当てられたけれども 180 日以上何も変更されていないバグが一定量あることから、現在の工程の状況における開発の方向性からすると、バグをいままで以上に押し付けるのはなんの助けにもならないことは明白です。QA ができることとしては、最も重要なバグをみつけ、それらを最高にトリアージされた状態、すなわち、再現シナリオを持ち、いつのバージョンから起きたかが二分探索 (bibisect) で明確になっている状態、にすることです。

未確認(unconfirmed)バグ数の推移

既知のバグを検証して仕分けする

詳細は、バグのトリアージを参照ください。私たちは、バグの優先度を決めるためにこのフローチャートを使います。また正しいwhiteboardのステータス を追加することはとても便利です。

リグレッションを探す

リグレッションテストを参照してください。 あなたがリグレッションバグを発見した場合は、それが入り込んだコミットの範囲を絞り込むためにBibisectを使うと便利でしょう。

新機能のテスト

機能テストを参照してください。

自動テストを改善する

バグハンティング・セッション

バグハンティング・セッションは、だいたい金曜日から日曜日にかけて行います。特定のリリース、Beta版かRC1の時に集中的に実施されます。

(訳注:バグハンティングセッションは、リリース前にバグを3日間で集中的につぶすイベントです。BetaとRC1の2回くらい行います。世界で同時に行われ、オンライン上で参加してもかまいませんし、日本でもこの期間中にオフライン・イベントを行うことがあります。)


定常的なタスク

Have a look at our 定常的なQAタスクのリストをご覧ください。 これらは主にバグトラッカー(Bugzilla)を、間違ったり重複した情報がないように、整理し続けることです。


ノート