LibreOffice 4.1 リリースノート

From The Document Foundation Wiki
Jump to: navigation, search
本ページはGlobal Wikiからの有志による翻訳ページです。未翻訳があることや内容が古い場合があります。最新化、翻訳にご協力お願いします。
日本語独自の情報についてまとめることを目的として、日本語コミュニティによって運営されているページとして 日本語コミュニティ独自ページ があります。
URLが wiki.documentfoundation.org/JA で始まっていて、カテゴリーがJAのページです。
そちらもご利用ください。

LibreOffice 4.1 の変更点

このページについて

This is an in-progress scratch-pad of notes to build release notes from as and when we release. Please do not list features that are to be shipped already in the 4.0 release! Please do not add wish-list features that you hope will be implemented, but only what actually is implemented already.

これはリリースするそのときにそのままリリースノートにできるようにするための現在進行中の下書き用の記録です。4.0 release に既に記載されているリリース済みの機能を挙げないようにしてください! 実際 に既に実装されているものだけにし、実装してほしいという 要望 を書くのはやめてください。

What does a good feature look like here: どうやったら機能がよりよく見えるでしょう:

  • It has a description, and a way for a busy reviewer, to find and play with the feature. Target someone who is extremely busy, and knows little-to-nothing about the product. So if a user interface element is key to the feature, be very explicit about where it is, e. g. Menu ▸ Format ▸ Character ▸ Position [tab] ▸ ‘90 degrees’ paths to the elements you changed. Of course, you know your feature is important, and that everyone should care about the Extensible AutoShapes Properties dialog ? but often the guys taking the screenshots and writing the notes do not.
    簡潔な説明と、忙しい査読者のためにその機能を見つけて試すことができる方法について述べます。対象読者はしばしば非常に忙しく、そのプロダクトについてほとんど、または何も知らないと思ってください。もしユーザーインタフェースがその機能にとって重要だと思ったら、それがどこにあるか、例えば メニュー ▸ 書式 ▸ 文字 ▸ 位置 [タブ] ▸ ‘90 度’ のように、あなたが変更した部分にたどり着く通り道をはっきり示してください。もちろん あなた は自分の機能が重要だと分かっているでしょうが、すべての人が 拡張可能なオートシェーププロパティダイアログ について注意を払うでしょうか? しかしスクリーンショットを取ってそれを貼るだけでわかりやすくなります。
  • It credits the main authors who did the work ? just add them in brackets after the feature, where possible.
    その機能を主に実装した人のクレジットを加えます。機能説明後の適当なところに、丸括弧で囲って記載してください。
  • If the feature can be shown off with a sample / test file ? particularly for new import-able features, it would be wonderful to have a link to/up-load of a test file that we can use to show that feature off to best effect. That really helps us to make good screenshots to show off the features, and allows reviewers to do their testing.
    その機能を確認するにはサンプルやテストファイルが必要でしょうか。特に新たなインポート機能については、その機能がもっともうまく働くようなサンプルファイルへのリンクやアップロードがあるのがベストです。さらにその機能をよく分かるような素敵なスクリーンショットがあるとありがたいです。レビュアーはそれを見てテストすることができます。

Thanks in advance for your help filling this out!
このノートを埋める手助けをしていただきありがとうございます!

Writer

  • Images embedded in writer can now be rotated easily in 90 degree increments
    Writerドキュメントに埋め込まれた画像を、90度ずつ簡単に回転できるようになりました。tdf#34423(Tomaž Vajngerl)
Rotating via toolbar and context menu
  • Writer textframes now support having a gradient as background
    枠の背景にグラデーションを設定可能になりました。 tdf#46029 (Miklós Vajna)
テキストフレームの背景に設定されたグラデーション
  • Embedding fonts in a Writer document
    Writerドキュメントにフォントを埋め込む事が可能になりました。 tdf#42195 (Luboš Luňák)
Screenshot of the File Properties dialog showing the Font tab with option "Embed fonts in the document" checked
  • The comments bar now can be easily toggled with the a button in the ruler.
    ルーラーにあるボタンでコメント表示部(コメントバー)のオンオフを簡単にできるようになりました。 tdf#38246 (Rodolfo Ribeiro Gomes)
New Comments button in the ruler.
  • On Windows, modern IMEs show their suggestion windows at more easy-to-read position.
    Windows において、モダンな日本語IMEの予測変換候補がより見やすい場所に表示されるようになりました。 tdf#64298 (Yohei Yukawa - Google)
MSIME 2012 is showing its suggestion window at more easy-to-read position.
  • Import and export of graphical bullets of numberings in the DOC, DOCX and RTF filters
    DOC形式、DOCX形式、RTF形式のフィルタにおいて、画像を使用した番号リストのインポートおよびエクスポートが可能になりました。 i#120928 (Jian Hong Cheng - Apache: DOC part, Miklos Vajna: DOCX, RTF parts)
  • Improved Footnote and footer comment handling.
    脚注及びフッターコメントがより使い易くなりました。tdf#34800 (Joren De Cuyper)
  • Comments to text ranges can now span over multiple paragraphs.
    複数の段落を跨いだテキスト範囲にコメントを追加することができるようになりました。 tdf#53442 (Miklos Vajna)
  • The DOCX import filter now handles non-bitmap drawingml shapes.
    DOCXインポートフィルタは、ビットマップ画像ではなく、drawingml図形を取り扱う様になりました。 tdf#43641 (Miklos Vajna)

Calc

  • Embedding fonts in a Calc spreadsheet
    Calcスプレッドシートにフォントを埋め込むことが可能になりました。 tdf#61073 (Noel Power)
  • Add a Stepped Lines line type to Line and XY (Scatter) graphs
    線と散布図のグラフの線種にステップ(階段状チャート)が追加されました。tdf#61135 (Eric Seynaeve)
Stepped Lines chart wizard screenshot
  • New feature in Calc spreadsheet: Count the number of selected cells:
    選択したセルの個数がカウントされるようになりました: tdf#61541 (Prashant Pandey)
Calc.png
  • Import large HTML documents with more than 64k table cells.
    64,000以上のセルを持つような表を含む大きなHTMLドキュメントのインポートが可能になりました。 tdf#35756 (Eike Rathke)

Formula engine (数式エンジン)

  • New spreadsheet function NUMBERVALUE as defined in ODF OpenFormula.
    ODF OpenFormulaで定義されている新しいスプレッドシート関数NUMBERVALUEが追加されました。tdf#57180 (Winfried Donkers, Eike Rathke)
  • New spreadsheet function SKEWP as defined in ODF OpenFormula.
    ODF OpenFormulaで定義されている新しいスプレッドシート関数SKEWPが追加されました。tdf#60322 (Winfried Donkers)
  • Import/export functions new in Excel 2013 for ODF OpenFormula compatibility.
    Excel 2013 で定義されている関数を ODF OpenFormula 互換にするようインポート/エクスポートできるようになりました。tdf#60032 (Eike Rathke)
    The following functions are handled, name specialties are given as (in parentheses the Calc en-US UI name) [in brackets the ODFF name]
    以下の関数が対象です。名前は (カッコで囲われているのは英語の Calc の関数名で) [このカッコ内は ODFF の名前です]

    ACOT, ACOTH, ARABIC, BASE, BINOM.DIST.RANGE (B) [BINOM.DIST.RANGE], BITAND, BITLSHIFT, BITOR, BITRSHIFT, BITXOR, COMBINA, COT, COTH, CSC, CSCH, DAYS, DECIMAL, FORMULATEXT (FORMULA) [FORMULA], GAMMA, GAUSS, IFNA, IMCOSH, IMCOT, IMCSC, IMCSCH, IMSEC, IMSECH, IMSINH, IMTAN, ISFORMULA, MUNIT, NUMBERVALUE, PDURATION (DURATION) [PDURATION], PERMUTATIONA, PHI, RRI, SEC, SECH, SHEET, SHEETS, SKEW.P (SKEWP) [SKEWP], UNICHAR, UNICODE, XOR



Impress

  • Impressのドキュメントファイル内にフォントが埋め込み可能になりました。 tdf#61072 (Radek Doulik)
  • Filters も参照してください。
  • Now it’s easier to create slideshows from a series of pictures with the “Photo Album” feature.
    "フォトアルバム"機能を使って一連の写真からスライドショーを簡単に作成できるようになりました。tdf#35546 (Gergő Mocsi)
    次の操作で可能です: 挿入 ▸ 画像 ▸ フォトアルバム
The Photo Album dialog
  • Option to disable the bundled Presenter Console, which makes OpenLP integration much smoother
    標準で搭載されているPresenter Consoleを無効にするオプションを追加し、OpenLP との統合がよりスムーズになりました。(Manik Malhotra)
OpenLP in use

Draw

  • Filters も参照してください。

Base

  • Limit the results of a query by using the 'Limit' combobox on the Query Design Toolbar.
    クエリーの結果の最大個数を '個数の上限 (Limit)' コンボボックスで指定できるようになりました。 (Tamás Zolnai)
    次から利用できます: 問い合わせ ▸ デザインビュー ▸ デザインツールバー
クエリーデザインビューでクエリーの最大個数を指定できるようになった
  • New Query Properties Dialog in Query Design View for adding limit and distinct values properties.
    クエリデザインビューに、個数の上限と重複値の除去を追加した、新しいクエリープロパティが用意されました。 (Tamás Zolnai)
    次から利用できます: クエリー ▸ デザインビュー ▸ 編集 ▸ クエリーのプロパティ
最大個数と重複値の除去というクエリープロパティが追加された新しいダイアログ
  • Query Properties Dialog can open from Query Design Toolbar
    クエリープロパティダイアログがクエリーデザインツールバーから開ける用になりました。 (Issa Alkurtass, Tamás Zolnai)
    次から利用できます: クエリー ▸ デザインビュー ▸ デザインツールバー
クエリープロパティダイアログを開くためのツールバーの新しいボタン

Math

  • New Elements docking windows added
    新たに要素ドッキングウィンドウが追加されました (Tomaž Vajngerl)
新しい要素ドッキングパネル

Chart

  • Export of charts into odc.(ODF chart files)
    グラフ単体を odc (ODF chart ファイル) ファイルにエクスポートできるようになりました。 (Markus Mohrhard)
To do so: switch into chart edit mode and then Save As
やりかた: グラフを編集モードにして ファイル ▸ 名前をつけて保存
note: this is not meant to work as separate files or a separate module, but for import and export
  • Inserting odc files into Calc sheets through Insert ▸ Object ▸ Chart from File
    Calc に odc ファイルを挿入できるようになりました。方法は 挿入 ▸ オブジェクト ▸ グラフ(ファイルから) (Markus Mohrhard)
  • Charts can now be also exported to vector graphics (e.g. SVG,PDF)
    グラフをベクターグラフィックス (SVG や PDF など) としても保存できるようになりました。 tdf#60137 (Tomaž Vajngerl)

Core

  • Port Agenda Wizard from Java to python. Removed 11 files, 5345 lines of java code
    議題ウィザードはJavaからpythonに変更されました。(Xisco Faulí)
  • Port Web Wizard from Java to python. WebページウィザードはJavaからpythonに変更されました。140 files changed, 5076 (+), 11416 (-). Removed 55 files, 10426 lines of java code (Javier Fernandez)
  • Text layout on Linux (and other X11 platforms) has been ported from the deprecated and unmaintained ICU LayoutEngine library to HarfBuzz, which provides better support for OpenType layout in general and complex scripts in particular, as well as noticeable performance improvements especially for fonts with big number of OpenType lookups (Khaled Hosny, Fridrich Štrba)
  • Text layout on Mac OS X has been ported from the deprecated (and 32-bit only) ATSUI framework to Core Text, which has the additional of supporting OpenType fonts for complex scripts like Arabic (Herbert Dürr – Apache, Tor Lillqvist, and Khaled Hosny)
    Arabic Script Support (OSX 10.8)

Options / General

Filters

  • SVG export now also includes hyperlinks tdf#47576 (Moritz Kütt)
  • SVGファイルをエクスポートする際に、ハイパーリンクが含まれる様になりました。tdf#47576 (Moritz Kütt)
  • Media file types Windows Media Audio (WMA), Windows Media Video (WMV), Advanced Audio Coding (AAC), Flash Video (FLV), Multiplexed OGG Video (OGX), RMI MIDI Audio and SND (SouND) Audio now accessible from Insert ▸ Movie and Sound tdf#36635,tdf#56832, tdf#62409 (Joel Madero, Samuel Mehrbrodt)
  • Windows Media Audio (WMA), Windows Media Video (WMV), Advanced Audio Coding (AAC), Flash Video (FLV), Multiplexed OGG Video (OGX), RMI MIDI Audio, SND (SouND) Audioのメディアファイルの種類が挿入 ▸ ムービーとサウンドから利用可能になりました。

Support for legacy Mac word-processing documents

Integration of libmwaw written by Laurent Alonso brings support for a multitude of pre-OSX Mac word-processing documents in different file-formats. More information in this blog Following are some examples of the conversion.

  • Microsoft Word for Mac 5.1
A document in MS Word 5.1 for Mac
The same document in LibreOffice Writer
  • Write Now 4.0
A document in Write Now 4.0
The same document in LibreOffice Writer
  • MacWrite Pro 1.5
A document in MacWrite Pro 1.5
The same document in LibreOffice Writer
  • AppleWorks 6.0
A document in AppleWorks 6.0
The same document in LibreOffice Writer

Import and Export Filters

インポートおよびエクスポートフィルタ

Numerous improvements have been made to the Microsoft OOXML Import and Export filters as well as for the Microsoft Office binary file formats and the RTF format. いくつもの改良により、マイクロソフトOOXML形式のインポートおよびエクスポートが、Microsoft Officeバイナリ形式およびRTF形式と同等に改善されました。 Details: 詳細:

Help

ヘルプ

  • Syntax highlighted Basic code examples in local help (David Vastag, Andras Timar)
  • ローカルヘルプに掲載されているBasicコードのサンプルは構文がハイライトされるようになりました。(David Vastag, Andras Timar)
LibreOffice 3.6
LibreOffice 4.0
LibreOffice 4.1

GUI

Search Bar

検索バー

  • Make Find hotkey Ctrl+F a toggle command
    検索機能のショートカットCtrl+Fの挙動はトグル式に変更されました。 tdf#59101 (Joren De Cuyper)
  • Add a “Close Search” button to the search bar
    検索バーに「検索を終了」ボタンが追加されました。 tdf#58526 (Joren De Cuyper)
  • Add “Match Case” option to the search bar
    「大文字と小文字を区別する」オプションが検索バーに追加されました。 tdf#63035 (Andrzej Hunt)
Make case sensitive searching much easier

Recent Documents

最近使用したドキュメント

  • Add File ▸ Recent Documents ▸ Clear List feature
    ファイル ▸ 最近使用したドキュメント ▸ 一覧のクリア が追加されました。(Ariel Constenla-Haile - Apache)
  • Access Recent Documents directly from the toolbar using a dropdown next to the "Open" button
    「開く」ボタン隣のドロップダウンメニューから最近使用したドキュメントに直接アクセス可能になりました。 tdf#42418 (Jan Holesovsky)
  • Improve display of filenames in the Recent Documents list
    最近使用したドキュメントの一覧表示が改善されました。 (Samuel Mehrbrodt)
Recent documents dropdown next to the "Open" button.

More well sized dialogs

ダイアログサイズの改善

The stream of dialogs that are well sized continues.
一連のダイアログのサイズが改善されました。

Impress Slide show, for example
File Save dialog, too

Other

その他

  • Delete multiple styles at once
    * 複数のスタイル設定を一括削除可能になりました。 tdf#46718 (Joren De Cuyper)
  • Experimental feature: Sidebar (Apache OpenOffice/IBM Symphony) with resizeable layout (LibreOffice team)
  • 実験的な機能: サイドバー (Apache OpenOffice/IBM Symphony)が追加されました。レイアウトサイズも変更可能です。 (LibreOffice team)
Sidebar in LibreOffice
  • New Gallery Images (IBM Symphony)
  • ギャラリーのイメージ表示が新しくなりました。 (IBM Symphony)
Many new Images in the Gallery

Localization

ローカリゼーション

  • Much improved windows input method alignment using IMR_QUERYCHARPOSITION tdf#64298 (Yohei Yukawa – Google)
  • Windows環境における日本語入力機能の表示位置がIMR_QUERYCHARPOSITIONを使用することで改善されました。 tdf#64298 (Yohei Yukawa – Google)
  • Support font localized forms (locl) feature in Writer
  • Writerにおけるフォントの 地域別表記 (locl) のサポート強化。 tdf#62154 (Caolán McNamara)
Example of glyphs in the same Unicode code point that change according to language
  • Improved hyphenation in Calc and Draw (László Németh)
  • Calc および Draw におけるハイフネーションの改善。(László Németh)
  • More checking rules in pt-BR LightProof grammar checker (Raimundo Moura, João Mac-Cormick, Olivier Hallot).
Control panel for pt-BR grammar checker

Right-to-Left Support

右横書き言語のサポート

  • Improved Kashida in justified text tdf#35320 (Ahmad Al-Harthi)
  • Kashida語におけるテキスト表示が改善されました。 tdf#35320 (Ahmad Al-Harthi)

Performance

パフォーマンス

  • don't parse fourteen thousand lines of label descriptions on every startup, defer them until a sheet of labels is used (Matus Kukan)
  • 4万行もある様なラベル文書を起動のたびに全て読み込む事はしません。ラベルを含むシートが使われる時まで、それらの読み込みは延期されます。 (Matus Kukan)
  • some pieces shipped in 4.0.x but never announced:
  • 4.0.x で導入されたものの、アナウンスされていなかったもの:
    • asynchronous word-count - for large documents don't defer rendering the document and status bar until we've word-counted it - you may notice the status bar count spin after load, saves many seconds for large docs (Michael Meeks)
    • 非同期的なワードカウント - 大きなドキュメントであっても、ドキュメントやステータスバーの表示がワードカウントが終了するまで遅延することはありません。 - ステータスバー上でカウントが行われるため、大きなドキュメントを扱う際の時間の浪費を抑えます。 (Michael Meeks)
    • use copy-on-write for RTF import stack - significantly accelerates large RTF document import (Michael Meeks)
    • RTF形式のインポートにコピーオンライトを採用 - 大きなサイズのRTFドキュメントのインポートが大幅に高速化されました。 (Michael Meeks)
    • use a hash for auto-correction until it needs to be sorted - big speed wins for large auto-correction files (Michael Meeks)

Infrastructure

  • Completed the port to gnumake, and removed all dmake makefiles and internal binary, this gives significant build parallelism and build-time improvements; see Björn Michaelsen’s blog – many people helped in this work (Bjoern Michaelsen, David Tardon, Peter Foley, Norbert Thiebaud, Michael Stahl, Matus Kukan, Tor Lillqvist, Stephan Bergmann, Lubos Lunak, Caolan McNamara, Mathias Bauer, Jan Holesovsky, Andras Timar, David Ostrovsky, Hans-Joachim Lankenau, and more...)
  • Instead of passing a vast number of pre-processor defines -DFOO on every compiler command-line, along with a similarly large amount of makefile rules to set these for various files, we now use autoconf to produce many separate config_host/config_feature.h include files to include which avoid lots of this annoyance (Lubos Lunak)
  • Converted large numbers of component instantiations to use the new, much cleaner and more readable service constructors (Noel Grandin)
  • L10ntools refactoring, remove obsolete behaviours (methods and classes), deduplicate functions and increase the efficiency of merge of translations with removing some "working without result" code and with reducing the counts of searching between translated strings. (Tamás Zolnai)

Scripting

GNU/Linux

Extensions

  • Gallery improvements (Michael Meeks)
    • Galleries can now be named with sensible names such as "mygallery.thm" rather than sg<integer> avoiding conflicts in the integer number-space and making it easier to package them.
    • Galleries are created at compile time from a flat list of files - making it easy to extend them.
    • Add ability to translate gallery files using a .desktop file syntax '.str' file placed next to the gallery thus
   name[en_US]=My Gallery
   name[de]=Meine Gallery
   name[fr]=...

Feature removal / deprecation

  • Support for Mac OS X for PowerPC has been dropped.
  • Similarly, support for Mac OS X’s SDK v10.4 and 10.5 has been dropped as well.

Bug fixes / commits

  • This release includes over ten thousand commits from all contributors. Of these around four hundred and fifty have apache.org mail addresses.
  • A very large number of bugs have been fixed, far too many to attempt an accurate listing; even counting them accurately is difficult, particularly as some bugs are really features, at time of writing we continue to push fixes etc. However a reasonable estimate is around three thousand bugs, of which four hundred came from authors with apache.org mail addresses.
  • For more detail on commits, it is worth browsing cgit libreoffice-4-1 branch.

API Changes

C++ UNO language binding and URE libraries

Java

Python

  • Due to changes for the new type.rdb format, uno.getConstantByName no longer works for UNOIDL enum members, only for UNOIDL constants. Even though uno.getConstantByName had only been documented to work for constants, existing code might have relied on the fact that it somewhat accidentally also worked for enum members. See also tdf#66031.

New style services

A large number of existing UNO services were converted to new-style services, which allow for more convenient and more type safe construction; this has no impact on compatibility of existing client code. (Noel Grandin)

Unpublishing UNO APIs


changes to UNO APIs

The UNO date & time-related structs were changed to accommodate:

  • signed (negative) year
  • nanosecond resolution of time
  • support for timezones

Affected structs:

  • com.sun.star.util.Date
  • com.sun.star.util.Time
  • com.sun.star.util.DateTime
  • com.sun.star.util.DateTimeRange
  • com.sun.star.util.Duration (not published)

New structs: WithTimezone variants.

changes to unpublished UNO APIs

The following unpublished UNO interfaces were changed:

Removing deprecated configuration options

  • Common/Gallery/ID_Dialog core commit 8e7a1ad17cdcd677e40865daa9bbdbe69927360d
  • Common/Image/Color/PosterColor
  • Common/Image/Color/RotationAngle
  • Common/Image/Color/LeftRight
  • Common/Image/Color/BlackWhiteThreshold
  • Common/Image/Effect/MosaicX_Tile
  • Common/Image/Effect/MosaicY_Tile
  • Common/Image/Effect/SolarizationThreshold
  • Common/Image/Effect/TileX_Tile
  • Common/Image/Effect/TileY_Tile
  • Common/OfficeObjects core commit 8e7a1ad17cdcd677e40865daa9bbdbe69927360d
  • Common/ExternalApps/ExternalMailer/UseDefaultMailer
  • Common/ExternalApps/ExternalMailer/CommandProfile
  • Common/ExternalApps/ExternalMailer/Profiles
  • Common/MailCommandLineProfile
  • Common/Path/Current/OfficeInstall
  • Common/Path/Current/OfficeInstallURL
  • Java/Install/AdditionalClasspath core commit 7c48a2a83f4a92200c7f2b0f259bf1684d253436
  • Java/Install/AdditionalSearchPath
  • Java/Install/ExcludeVersion
  • Java/Install/InstallationPackage
  • Java/Install/PackageInstallationDirectory
  • Java/Install/RequiredVersion
  • Java/Install/Vendor
  • Java/Install/VerifiedVersion
  • Java/Install/Version
  • Java/VirtualMachine/DebugPort
  • Java/VirtualMachine/DisableAsyncGC
  • Java/VirtualMachine/EnableClassGC
  • Java/VirtualMachine/EnableVerboseGC
  • Java/VirtualMachine/EnvironmentType
  • Java/VirtualMachine/JavaLibPath
  • Java/VirtualMachine/JavaStackSize
  • Java/VirtualMachine/MaxHeapSize
  • Java/VirtualMachine/MinHeapSize
  • Java/VirtualMachine/NativeStackSize
  • Java/VirtualMachine/RunTimeLib
  • Java/VirtualMachine/SystemClassPath
  • Java/VirtualMachine/VMType
  • Java/VirtualMachine/Verbose
  • Java/VirtualMachine/VerifyMode

Most Annoying Bugs

(もっとも厄介なバグ一覧)

The following annoying bugs were not fixed in time and will be addressed in the regular bug fix releases:
以下の厄介なバグは現時点では修正されていませんが、通常のバグ修正リリースで修正を目指しています:

  • some fields don't fit into Options dialog
    オプションダイアログのいくつかの項目が正しい位置に配置されない (tdf#61544)
    fixed in 4.1.1
  • letters move around during editing/typing
    編集や入力しているときに文字がキョロキョロと移動する (tdf#64957)
    fixed in 4.2.3
  • encrypted documents can't be opened on Linux
    暗号化ドキュメントが Linux では開けない (tdf#64916)
    fixed in 4.1.1
  • Calc transforms number of spaces into a single space during the file export
    Calc でファイルをインポートしたとき、複数個の空白文字を一つにまとめてしまう (tdf#67094)
    fixed in 4.1.1
  • if you have no menus on a Debian/Ubuntu-based system or trouble with the install, you likely didnt uninstall the distro version of LibreOffice completely. You will need to make sure all the binary packages listed here: https://launchpad.net/ubuntu/+source/libreoffice are uninstalled. On Ubuntu releases, executing sudo apt-get purge 'libreoffice*'; sudo apt-get purge openoffice.org-dtd-officedocument1.0 python-uno python3-uno uno-libs3 ure should do that.
    Debian や Ubuntu で使っている場合、ディストリビューション標準の LibreOffice をアンインストールしていないとメニューが表示されないか、インストールに失敗する。https://launchpad.net/ubuntu/+source/libreoffice にあるすべてのバイナリパッケージが削除されているかを確認すること。以下のように実行する。sudo apt-get purge 'libreoffice*'; sudo apt-get purge openoffice.org-dtd-officedocument1.0 python-uno python3-uno uno-libs3 ure
    fixed in 4.1.1
  • database: accessing a timestamp column through JDBC, only the date part is read
    BASE: JDBC経由でタイムスタンプ列にアクセスした場合、日付部分だけしか読み込まれない (tdf#67387)
    fixed in 4.1.1