LibreOffice 5.4 リリースノート

From The Document Foundation Wiki
Jump to: navigation, search
本ページはGlobal Wikiからの有志による翻訳ページです。未翻訳があることや内容が古い場合があります。最新化、翻訳にご協力お願いします。
日本語独自の情報についてまとめることを目的として、日本語コミュニティによって運営されているページとして 日本語コミュニティ独自ページ があります。
URLが wiki.documentfoundation.org/JA で始まっていて、カテゴリーがJAのページです。
そちらもご利用ください。

注意:このページのオリジナルは英語版リリース通知/5.42017-05-18T10:49:32 の版からコピーしたものです。

原文は逐次改定されるので、定期的に原文を参照して差分を更新し、ずれることがないようにお願いします。なお差分更新をかけた場合は上の日付も修正しておいてください。

このページについて

これはリリースするそのときにそのままリリースノートにできるようにするための現在進行中の下書き用の記録です。5.3 リリース通知 に既に記載されているリリース済みの機能を挙げないようにしてください! 実際 に既に実装されているものだけにし、実装してほしいという 要望 を書くのはやめてください。

ここに書くのにふさわしい機能とは:

  • 機能についての簡潔な説明と、忙しい査読者のために機能を見つけて試すことができる方法について述べます。対象読者はしばしば非常に忙しく、そのプロダクトについてほとんど、または何も知らないと思ってください。もしユーザーインタフェースがその機能にとって重要だと思ったら、それがどこにあるか、例えば メニュー ▸ 書式 ▸ 文字 ▸ 位置 [タブ] ▸ ‘90 度’ のように、あなたが変更した部分にたどり着く通り道をはっきり示してください。もちろん あなた は自分の機能が重要だと分かっているでしょうが、すべての人が 拡張可能なオートシェーププロパティダイアログ について注意を払うでしょうか? しかしスクリーンショットを取ってそれを貼るだけでわかりやすくなります。
  • その機能を主に実装した人のクレジットを加えます。機能説明後の適当なところに、丸括弧で囲って記載してください。

その機能を確認するにはサンプルやテストファイルが必要でしょうか。特に新たなインポート機能については、その機能がもっともうまく働くようなサンプルファイルへのリンクやアップロードがあるのがベストです。さらにその機能をよく分かるような素敵なスクリーンショットがあるとありがたいです。レビュアーはそれを見てテストすることができます。

原文を残してその下に訳文を書いてください。

このノートを埋める手助けをしていただきありがとうございます!


Writer

  • .dotx と .dotm ファイルからの定型文のインポート blog entry (Szymon Kłos)
  • カーソルがセクション内に位置する場合のコンテキストメニューに「セクションの編集」が新たに追加されました。 tdf#102132 (Gülşah Köse).
EditCurrentSection.png
  • カーソルが脚注および文末脚注に位置する場合の右クリックメニューに「脚注と文末脚注」が新たに追加されました。 tdf#103258 (Gülşah Köse)
Contextual footendnote.png
  • コピー & ペーストを経由する箇条書きと番号付けのエクスポートについての大幅な改良 ; [1] (Jan Holešovský)
Greatly improve the export of bullets & numbering.png

Calc

  • 表示された数値で計算 オプションでの計算 (Laurent Balland-Poirier) はこちらでも動作します
  • CSV エクスポートの設定 が記憶されるようになりました。 tdf#55236 (Bernhard Widl, CIB)
  • 条件付き書式設定の優先順位 は新しいアップ/ダウンボタンによって変更できます。 tdf#74074 (Manfred Blume, CIB)
条件付き書式設定の優先順位のための新しいボタン
  • 現在選択されているシートで動作する、新しい 全てのコメントを表示する全てのコメントを非表示にする コマンドが追加されました。 tdf#84837 (Gülşah Köse)
  • New Comments toggle option for showing/hiding all comments, added to View ▸ Comments acting on the currently selected sheet(s) added. tdf#107258 (Gülşah Köse)(Eike Rathke)
  • 現在選択されているシートの、メニュー シート ▸ Cell Commentで動作する、新しい 全てのコメントを消去する コマンドが追加されました。 tdf#107143 (Gülşah Köse)
  • 数式を作成するときに、ポインタで他のシートのセルや範囲を選ぶと、相対参照ではなく 絶対参照になりました。 tdf#90799 (Eike Rathke (Red Hat, Inc.))
  • セルのインプットと日付の表示で 負の年月日 (BCE) に対応します。 (Eike Rathke (Red Hat, Inc.))
    • ISO 8601 フォーマット -YYYY-MM-DD と、 -Y/M/D 、 M/D/-Y や D.M.-Y のような地域依存の入力を承認しました。
    • For BCE dates years are displayed negative unless a specified date format already includes an era code, e.g. G or GG
    • 最後の日 BCE は -0001-12-31です、次の日 CE は 0001-01-01です。
    • Previous versions could already calculate such dates, but did not display negative years
  • A new Cell Protection command and toggle button was added to formatting toolbar to change the protection status of the cell. tdf#95885 (Gülşah Köse)
New button Cell Protection on formatting toolbar
  • Four new sheet protection options have been added to optionally allow insertions and deletions of rows and columns. The Insert rows and Insert columns options allow row and column insertions even when the sheet is protected, whereas the Delete rows and Delete columns options allow row and column deletions. Note that when row and column insertions are enabled, you can insert rows or columns even when the range to insert the new rows or columns into contains protected cells which will get shifted after the insertion. Row and column deletions, on the other hand, are only allowed on unprotected cells. tdf#43535 (Kohei Yoshida, Collabora)
New sheet protection options.

新しい表計算関数

  • 有効桁数に数値を丸める新しい関数 ROUNDSIG tdf#105931 (Winfried Donkers)

Impress & Draw

Base

Chart

Math

BASIC

  • The CDateFromIso runtime function accepts also ISO 8601 date strings with separators, i.e. in the format YYYY-MM-DD (Eike Rathke (Red Hat (Inc.))
    • これは 5.3.4 のリリースでも移植されました。
  • The CDateFromIso and CDateToIso runtime functions handle the full date range in the proleptic Gregorian calendar, i.e. from -32768-01-01 (BCE) to 32767-12-31 (Eike Rathke (Red Hat (Inc.))
    • CDateFromIso input specification:
      • The year part must consist of either two (supported only in YYMMDD format without separators for compatibility) or at least four digits. With four digits leading zeros must be given if the absolute value is less than 1000, it can be negative with a leading minus sign if the date passed denotes a year before the common era (BCE) and it can have more than four digits if the absolute value is greater than 9999. The formatted string can be in the range "-327680101" to "327671231", or "-32768-01-01" to "32767-12-31".
      • An invalid date results in an error. Year 0 is not accepted, the last day BCE is -0001-12-31 and the next day CE is 0001-01-01. Dates before 1582-10-15 are in the proleptic Gregorian calendar.
    • When automatically converting a date serial number to a printable string, for example for the Print or MsgBox command, the locale's default calendar is used and at that 1582-10-15 cutover date may switch to the Julian calendar, which can result in a different date being displayed than expected. Use the CDateToIso function to convert such date number to a string representation in the proleptic Gregorian calendar.

Core / General

  • 標準のカラーパレットはユーザー調査の後にアップデートしました。 blog post

Help Contents

フィルタ

  • EMF+ ベクターイメージのインポートの改善 (.doc, docx, .xls, .xlsx, .ppt ファイルフォーマットで使用されている):
    • Improve import of EMF+ images, created with ChemDraw tdf#31814 (Bartosz Kosiorek)
    • 長方形の描画への対応, EmfPlusDrawRects tdf#107016 (Bartosz Kosiorek),
    • ベジエ曲線の描画への対応, EmfPlusDrawBeziers tdf#107019 (Bartosz Kosiorek),
    • パイの描画への対応,これは円グラフに使用される, EmfPlusDrawPie tdf#107034 (Bartosz Kosiorek),
    • 現在の world の平行移動への対応, EmfPlusTranslateWorldTransform tdf#106084 (Bartosz Kosiorek),
    • 閉じた図形にするための、始点と終点とをつなぐ追加の線の描画, EmfPlusDrawLines tdf#39053 (Bartosz Kosiorek),
    • world の拡大縮小への対応, EmfPlusScaleWorldTransform tdf#106084 (Bartosz Kosiorek),
    • 円弧の描画への対応, EmfPlusDrawArc tdf#107034 (Bartosz Kosiorek)
    • 太字への対応, EmfPlusStringFormat (commit) (Bartosz Kosiorek)
    • ページ空間座標からデバイス空間座標への変換への対応, SetPageTransform tdf#39327, tdf#47243, tdf#103639 (Bartosz Kosiorek)
  • .xlsx へのエクスポート時の FLOOR/CEILING 関数の修正 tdf#100011 (Eike Rathke, Bartosz Kosiorek)
  • 現在 LibreOffice では pdfium を 挿入された PDF の描画に使用するようになった. blog report 1, blog report 2 (Miklos Vajna - Collabora)
  • ADO rowset XML インポートフィルタの実装 tdf#106525 (Mike Kaganski - Collabora)
  • Web Query (.iqy) ファイルの対応の実装 tdf#106359 (Mike Kaganski - Collabora)

GUI

Start Center

Window

Menu

Configuration

Basic Editor

ノートブックバー (実験的)

  • ショートカットを含むツールバーがノートブックバーのタブの中に導入されました。 ユーザーはカスタマイズ用のダイアログを使ってショートカットを編集できます: ツール ▸ カスタマイズ... ▸ ツールバー ▸ ノートブックバー ショートカット (Szymon Kłos)
ショートカットのあるノートブックバーのタブ
  • ノートブックバーがテーマをサポートします (Szymon Kłos)
ブルーテーマのノートブックバー

オンライン

General

  • Responsive design of the document iframe (Pranav Kant, Collabora)
  • Read-only mode for the document iframe (Pranav, Kant, Collabora)
  • Render all the glyphs in the character dialog on the server (Henry Castro, Collabora)
  • Undo / Redo notification when there are conflicting edits (Henry Castro, Collabora)
  • Notify the clients about server non-availability / recycling (Ashod Nakashian, Collabora)

Performance

  • Improve performance by avoiding compression of PNG compression of un-changed tiles, and by avoiding sending PNG's that are already at the client side (Michael Meeks, Collabora; Tor Lillqvist, Collabora)
  • Use one thread per socket to avoid degrading performance for everyone because of a single slow/bad connection (Ashod Nakashian, commit)

Writer

  • ...

Calc

  • Increased amount of rows available in the Online Calc to 10.000 (Marco Cecchetti, Collabora)

Impress

  • ...

ローカライゼーション

New languages/locales with locale data

Available as default document language and for locale specific formatting.

言語リストに追加の言語

テキスト属性に使用可能。

  • 満州語 [mnc-CN]. tdf#105448 (Eike Rathke (Red Hat, Inc.))
  • Xibe [sjo-CN]. tdf#105448 (Eike Rathke (Red Hat, Inc.))

他の言語の編入

私たちのゴールはできるかぎり多くの言語をサポートすることです。 ボランティアでLibreOfficeの翻訳や母語の保護の手伝いをしている人々に感謝します:

校正ツールと言語サポートの改良

  • 英語スペルチェック辞書のアップデート
  • クロアチア語スペルチェック辞書のアップデート
  • ポーランド語スペルチェック辞書とシーソーラスのアップデート
  • フランス語スペルチェック辞書とシーソーラスのアップデート
  • The language list for text attribution now also displays BCP47 language tags provided by dictionaries if a language is not known in the predefined set of languages. (Eike Rathke (Red Hat, Inc.))
    • Such additional language tags are placed in curly brackets / braces, for example {en-DK}, and are displayed at the top of the list after the [None] entry.
  • The grandfathered language tag en-GB-oed (deprecated since 2015-04-17) for Oxford English Dictionary spelling is now an alias of en-GB-oxendict tdf#100462. (Eike Rathke (Red Hat, Inc.))
    • en-GB-oxendict was already supported in earlier releases but not mapped to the list of predefined languages; both language tags now map to "English, OED spelling (UK)".
    • Writing a document that previously contained text attributed with en-GB-oed the attribution is now written as en-GB-oxendict.

 

Im-jabber.svg

あなたが絶滅しそうな言語を話していたり、世界中の一人ひとりに自由なツールを提供するという私たちのゴールの達成を手伝ってもらえるならば、 私たちに参加してください.

 

Feature removal / deprecation

General

  • Interface to Telepathy Tubes was removed

Writer

  • The Web wizard (which exports a set of documents as html with an index and some styles from the last century) has been removed. Note that this doesn't affect the HTML export. tdf#99967 (Samuel Mehrbrodt, CIB)

Impress

  • PlaceWare のエクスポートフィルターは削除されました。

プラットフォームの互換性

Mac

  • Mac OS X バージョン 10.8 のサポートは終了予定です。今後のリリースでは少なくとも Mac OS X 10.9 が必要です。

Windows

  • Windows XPのサポートは中止されます (最低でも Windows Vista が必須です)
  • Uwinapi は中止されました。

API の変更

UNO API の変更

  • SAL macro SAL_ABS is removed. commit
  • SAL macro SAL_CONSTEXPR (that had an empty expansion in client code) is removed. No client code should be affected. commit
  • All dynamic exception specifications are removed from all URE include files and from cppumaker-generated files. Dynamic exception specifications have been deprecated since C++ 11 and will be removed completely from C++ 17. Note that throw () is not a dynamic exception specification, and its uses are retained. (Theoretically, dynamic exception specifications on any destructors or deallocation functions would have had to be replaced with C++ 11-only noexcept(false), but there are none in any URE include files nor would cppumaker emit such.) Consequently, no longer necessary #includes have been removed from cppumaker-generated files, which may cause client code to no longer compile (to fix, add the missing #includes to the client code).
  • Synchronous dispatch of macro loader (com.sun.star.comp.sfx2.SfxMacroLoader) used to return empty Uno::Any in case an error occurred running the macro (and whatever value macro returned otherwise). It now returns single beans::PropertyValue containing the actual error code e.g. { "ErrorCode" => 0x42 }

SDK の変更

  • The salcpprt static library (that could be linked into executables, containing replacements of global operator new/delete forwarding to rtl/alloc.h) is removed. commit
  • On macOS, the OO_SDK_JAVA_HOME path (as auto-determined by setsdkenv_unix) now points at the JDK’s Home sub-directory, for consistency with other platforms. If you have a special setup to reuse a single setsdkenv_unix.sh across multiple versions of the SDK, you will need to adapt that. Also, the Make variable JAVABIN has become unused and was removed from settings.mk (on all platforms). commit