初心者のためのトリアージ

From The Document Foundation Wiki
< QA
Jump to: navigation, search
本ページはGlobal Wikiからの有志による翻訳ページです。未翻訳があることや内容が古い場合があります。最新化、翻訳にご協力お願いします。
日本語独自の情報についてまとめることを目的として、日本語コミュニティによって運営されているページとして 日本語コミュニティ独自ページ があります。
URLが wiki.documentfoundation.org/JA で始まっていて、カテゴリーがJAのページです。
そちらもご利用ください。

トリアージとはバグを確認し優先度をつけるプロセスです。開発者でない人にとってアプリケーションを改善する手助けをする重要な機会です。よく書かれたバグレポートによって、開発者は意味のある順序で問題を解決することに集中できます。このページではバグの調査についてのさまざまな様相をまとめ、それぞれのタスクにおけるより詳しい情報へリンクしています。

バグの重複チェック

ある確認されていないバグレポートについて、その問題がすでにレポートされていることがしばしばあるため、そのレポートを確認しようとする前に、バグが重複しているかどうか検索することは常によいアイディアです。これによって、追加の調査をする手数を減らすことができ、最初に発見されたバグレポートですべての議論が行われるように合理化されます。あるバグレポートが重複であるとわかったときは、 Status ドロップダウンの下の ‘Mark as Duplicate’ リンクをクリックし、表示されたフィールドに重複のバグレポート番号を記入してください。

重複バグを見つけることが常に簡単だというわけではありません。バグのサマリーが不十分だったり、バグが異なるコンポーネントに登録されていたりするからです。

もっとも頻繁に報告されるバグのリスト


バグの優先順位付け

新たにアクティブなQAメンバーとなった方には Priority (優先度)および Severity (重要度)フィールドを変更するbugzillaの追加権限が付与されます。これらのフィールドは通常のbugzillaユーザーは変更できません。これらの権限が必要であれば、QAチームのメンバー(例えば buovjaga, Xisco)にIRCまたはメーリングリストでメールにて問い合わせてください。このタスクを行いたいと思うのであれば、すでにそのタスクを行っている他のメンバーにしたがって、値をセットしたい場合に同様であるかを確認するのがよい方法です。

バグ優先順位付けフローチャート

ある不具合について、通常はの重要度を決めるほうが、ふさわしい優先度を考えようとするよりも簡単です。

ちょっとしたUIの美的な微調整であれば、優先度:低(low)および重要度:瑣末(trivial)と考えられるでしょう。

あなたを怒らせるような問題であったとしても、許容可能かなにか迂回手段があるのであれば、軽度(minor)な重要度になるでしょう。

ある機能を壊してしまうようなバグで迂回手段もないのであれば、通常(normal)な重要度となります。

特定のファイルやコマンドによって、クラッシュ、ハングアップ、フリーズといった事象が起きるのであれば、重大(major)な重要度となります。

LibreOfficeのどれかのアプリケーションがクラッシュやインターフェースの不具合によって完全に利用不可能である場合は、重要度は緊急(critical)となります。

回帰テスト

古いバージョンのLibreOfficeでテストして、あるバグが古いバージョンでも起きているかを確認することで、LibreOfficeの寿命のどこでそのバグが混入したかをより簡単に明らかにできます。

LibreOffice 3.3をダウンロードしてインストールします。

  • もしそのバグがバージョン3.3でも起きるのであれば、バージョンを "inherited from OOo" として以下のコメントを残します:
This bug is already present in Libreoffice 3.3

Changing version to "inherited from OOo"

 (参考訳:このバグはLibreOffice 3.3にも存在します。バージョンを "inherited from OOo"(OOoから引き継ぎ)とします。)

  • もしそのバグがバージョン3.3では起きないのであれば、キーワードフィールドに "regression"(回帰)を追加し以下のコメントを追加します:
This bug is not present in Libreoffice 3.3, thus it's a regression

Adding "regression" to the keywords

 (参考訳:このバグはLibreOffice 3.3には存在しないので回帰バグです。キーワードに "regression" を追加)

追加の情報:

クラッシュレポート

バグのクラッシュレポート(あるいはバックトレース)があれば、開発者はどこでクラッシュが起きたかを簡単に知ることができます。バグレポートに追加されている場合は、 Keywords フィールドに havebacktrace キーワードを追加するべきです。

Bibisect

LibreOffice 3.5よりあとのバージョンで混入した不具合であれば、Bibisectを行うことで簡単に追いかけることができます。