LibreOffice 6.2 リリースノート

From The Document Foundation Wiki
Jump to: navigation, search
This page is a translated version of the page ReleaseNotes/6.2 and the translation is 95% complete.

Outdated translations are marked like this.
本ページはGlobal Wikiからの有志による翻訳ページです。未翻訳があることや内容が古い場合があります。最新化、翻訳にご協力お願いします。
日本語独自の情報についてまとめることを目的として、日本語コミュニティによって運営されているページとして 日本語コミュニティ独自ページ があります。
URLが wiki.documentfoundation.org/JA で始まっていて、カテゴリーがJAのページです。
そちらもご利用ください。
Other languages:
Deutsch • ‎English • ‎español • ‎français • ‎日本語 • ‎polski • ‎русский • ‎slovenščina
BHS 6.2.0 RC1 large.png

このページについて

これはリリースするそのときにそのままリリースノートにできるようにするための現在進行中の下書き用の記録です。6.1 release に既に記載されているリリース済みの機能を挙げないようにしてください! 実際 に既に実装されているものだけにし、実装してほしいという 要望 を書くのはやめてください。

ここに書くのにふさわしい機能とは:

  • 機能についての簡潔な説明と、忙しい査読者のために機能を見つけて試すことができる方法について述べます。対象読者はしばしば非常に忙しく、そのプロダクトについてほとんど、または何も知らないと思ってください。もしユーザーインタフェースがその機能にとって重要だと思ったら、それがどこにあるか、例えば メニュー ▸ 書式 ▸ 文字 ▸ 位置 [タブ] ▸ ‘90 度’ のように、あなたが変更した部分にたどり着く通り道をはっきり示してください。もちろん あなた は自分の機能が重要だと分かっているでしょうが、すべての人が 拡張可能なオートシェーププロパティダイアログ について注意を払うでしょうか? しかしスクリーンショットを取ってそれを貼るだけでわかりやすくなります。
  • その機能を主に実装した人のクレジットを加えます。機能説明後の適当なところに、丸括弧で囲って記載してください。

その機能を確認するにはサンプルやテストファイルが必要でしょうか。特に新たなインポート機能については、その機能がもっともうまく働くようなサンプルファイルへのリンクやアップロードがあるのがベストです。さらにその機能をよく分かるような素敵なスクリーンショットがあるとありがたいです。レビュアーはそれを見てテストすることができます。

原文を残してその下に訳文を書いてください。

このノートを埋める手助けをしていただきありがとうございます!

Writer

  • イメージのコピーを削除 tdf#105262 (Xisco Faulí)
  • Previous table-size actions were distribute column/row size equally and optimize (which acted like minimize), so a true minimize action was added and optimize was changed. Optimize row now acts similar to distribute where each row is given the same height based on the tallest row. Optimize, however, is based on the minimum height of the row with the most content. In addition, optimize ensures that the table size will not shrink (but it will grow if necessary). Optimize column now acts like minimize except that the width of the table will not change. Any leftover space is distributed proportionately, with thin columns growing slightly, and wide columns growing much wider. tdf#64242 (Justin Luth, SIL)
  • Advanced menus to add/modify header/footer menus can be disabled now at Insert ▸ Header and Footer ▸ Use header/footer menu (enabled by default) tdf#118621 (Heiko Tietze)
  • UTF-8 and UTF-16-encoded text may now be saved without BOM⁠Wikipedia logo v3.svg. tdf#44291 (Martin van Zijl)
The option is available from GUI (using Text - Choose Encoding (.txt) export filter in Save As dialog with Edit filter settings checked), in the filter settings dialog:
ASCII Filter dialog BOM option
as well as from command line, as in
soffice --convert-to \"txt:Text (encoded):UTF8,CR,,,false\" *.doc
where "UTF8" is the text encoding; "CR" is line ending setting (also "LF" and "CRLF" are valid options); third and fourth empty parameters are unused for export; and "false" is to suppress output of BOM ("true" is the default to output the BOM).
  • Remove CopyGraphic tdf#105262 (Xisco Faulí)
  • Previous table-size actions were distribute column/row size equally and optimize (which acted like minimize), so a true minimize action was added and optimize was changed. Optimize row now acts similar to distribute where each row is given the same height based on the tallest row. Optimize, however, is based on the minimum height of the row with the most content. In addition, optimize ensures that the table size will not shrink (but it will grow if necessary). Optimize column now acts like minimize except that the width of the table will not change. Any leftover space is distributed proportionately, with thin columns growing slightly, and wide columns growing much wider. tdf#64242 (Justin Luth, SIL)
  • Advanced menus to add/modify header/footer menus can be disabled now at Insert ▸ Header and Footer ▸ Use header/footer menu (enabled by default) tdf#118621 (Heiko Tietze)
  • UTF-8 and UTF-16-encoded text may now be saved without BOM⁠Wikipedia logo v3.svg. tdf#44291 (Martin van Zijl)
The option is available from GUI (using Text - Choose Encoding (.txt) export filter in Save As dialog with Edit filter settings checked), in the filter settings dialog:
ASCII Filter dialog BOM option
as well as from command line, as in
soffice --convert-to \"txt:Text (encoded):UTF8,CR,,,false\" *.doc
where "UTF8" is the text encoding; "CR" is line ending setting (also "LF" and "CRLF" are valid options); third and fourth empty parameters are unused for export; and "false" is to suppress output of BOM ("true" is the default to output the BOM).
  • HTML export has an opt-in mode to write the ReqIF subset of XHTML blog post (Miklos Vajna - Collabora)
  • Various small UNO API improvements blog post (Miklos Vajna - Collabora)
  • LibreLogo, programming interface for graphic design and education has got unit testing, IDE and compiler fixes and improvements, see blog post (László Németh – FSF.hu Foundation)

Calc

  • Calcの読み込みとレンダリングがスピードアップ (Serge Krot, CIB) tdf#121052
  • 署名欄 はCalcでも利用可能になりました (Samuel Mehrbrodt, CIB) tdf#117903
  • データの入力規制は custom 式をサポートしました (Marco Cecchetti - Collabora) tdf#96698
  • 回帰ツール(データ ▸ 統計 ▸ 回帰)を利用して多変量回帰分析を行うことが可能になりました。 さらに、より多くの統計的尺度が分析出力で利用可能です。 例として、すべての推定パラメータの信頼区間を表示します。 (Dennis Francis - Collabora) tdf#109042 tdf#114092 blog entry
新しい多変量回帰と他の関連機能のダイアログ


新しい表計算関数

  • 正規表現を参照してテキストを照合し、任意にテキストを置換するREGEX 。 (Eike Rathke (Red Hat, Inc.)) tdf#113977


変更された表計算関数

  • LARGESMALL順位の引数の配列をサポートします。 この場合には、順位付けされた配列が返されます。 これはODF 1.2 OpenFormula と他の表計算アプリケーションとの相互運用性に準拠します。 (Takeshi Abe) i#32345

Impress と Draw

アニメーション編集関連:

  • アニメーション入力の名前付きオブジェクト表示を修正。 tdf#90243 (Mark Hung)
  • オブジェクトの名前を変更したときのアニメーション入力表示の更新。 tdf#45178 (Mark Hung)
  • テキストアニメーションタブの中で実際の段落のグループ化レベルの表示。 tdf#47995 (Mark Hung)
  • Prevent animation removed when setting as "As One Object" tdf#67611 (Mark Hung)
  • Dispose old motion path so that new path works when changing the motion path type. tdf#33022 (Mark Hung)
  • Allow changing the motion path by dragging its control points. tdf#53993 (Mark Hung)

UI:

  • "Next" is disabled on the presenter console when the last slide is reached (arrow right goes ahead to the "end of presentation" slide) (Heiko Tietze) tdf#118443
  • いくつかのテキスト関連の描画スタイルが追加された (Heiko Tietze) tdf#94369
  • Table-size actions for Minimize and Optimize were added and Distribute Rows changed to set equal row height based on the tallest row, similar to Writer. tdf#117721 (Justin Luth, SIL)
  • Various small improvements to SmartArt import from PPTX blog post (Miklos Vajna - Collabora)

Base

  • 埋め込みFirebird RDBMSを使うBaseファイルのサポートは、このリリースでは試行的ではなくなります。
  • Firebird 移行アシスタントは移行プロセスの実行前にHSQLベースのODBファイルの中に既存のcontent.xmlファイルのバックアップコピーを作成します。 commit

グラフ

数式

BASIC

  • 6.2リリースでバンドルされる、Access2Basic basic ライブラリーは、 Firebird RDBMSのフルサポートを追加しました。

コア / 一般

  • 手書き署名の画像で署名欄に署名できるようになりました (Samuel Mehrbrodt, CIB) tdf#118568
  • When SuggestedSaveAsName is set, it is now displayed in the frame title instead of "Untitled x" (Samuel Mehrbrodt, CIB) tdf#121537
  • Send document as email now prefers OOXML over the binary MS formats (Samuel Mehrbrodt, CIB) tdf#99122

フォント

  • Source Serif Proの追加 (Heiko Tietze) tdf#79022

LibreOffice ヘルプ

  • ブラウザベースのヘルプシステムは検索キーワードのフィルター処理が高速になりました。入力した検索用語が強調表示され、選択したモジュールによる結果が表示されます。 tdf#119415 (Ilmari Lauhakangas)

フィルター

PPTX インポート/エクスポート フィルターの改善:

  • アニメーション PPTX エクスポート関連:
    • 「ブレーキ」アニメーションを修正しました。 tdf#118768 (Mark Hung)
    • 左上のコーナーへのモーションパスオフセットの修正。 tdf#118806 (Mark Hung)
    • 「拡大と収縮」アニメーションを修正。 tdf#118836 (Mark Hung)
    • 「回転」アニメーションは、もうpptxファイルを破損しません。 tdf#118783 (Mark Hung)
    • 「色変換」は、もうpptxファイルを破損しません。 tdf#118835 (Mark Hung)
    • アニメーション モーション パスの修正。 tdf#118825 (Mark Hung)
  • アニメーションPPTXインポート関連:
    • Fix underline letter-by-letter animation. tdf#113822 (Mark Hung)
    • ブレーキをかけるアニメーションの修正。 tdf#50499 (Mark Hung)
    • Fix Grow-shrink animation. tdf#98477 tdf#118890 (Mark Hung)
    • ターン アニメーションの修正。 tdf#113818 (Mark Hung)
    • Fix import delay between letter-by-letter animation. tdf#119118 (Mark Hung)

PPT インポート/エクスポート フィルターの改善:

  • ターン アニメーションのPPT インポート。 tdf#118080 (Mark Hung)

アニメーションレンダリングの改善:

  • 「ブレーキをかける。」アニメーションのテキストの消失を修正。 tdf#108435 (Mark Hung)
  • アニメーションのRTL(右横書き)テキスト位置の修正。 tdf#55361 (Mark Hung)

ドキュメントの暗号化

  • OOXMLアジャイル暗号化の実装。 OOXMLアジャイル暗号化はSHA512ハッシュ関数によるAES-256-CBC暗号化アルゴリズムを使うことができます。 (Tomaž Vajngerl - Collabora)
  • HMAC 検証 (暗号化されたドキュメントを保存するとき)もサポートされました。ドキュメントがセーブされたときにそれがビット厳密であることを検証します。 (Tomaž Vajngerl - Collabora)
  • OOXMLのデフォルトとして最近のすべての Microsoft Office と LibreOfficeのバージョンでサポートされているAES-256-CBC とSHA512を使うように変更しました。 (Tomaž Vajngerl - Collabora)

GUI

クラッシック・ツールバー

  • 標準のツールバーは初期設定で特殊文字の改良されたウィジェットを表示します (Rizal Muttaqin, Heiko Tietze) tdf#118539,tdf#118993
  • 変更の追跡ツールバーにはデフォルトで、すべての変更への許可とすべての変更への拒否があります (Rizal Muttaqin) tdf#121187
すべての変更の許可とすべての変更の拒否の新しい変更の追跡ツールバー

アイコン テーマ

  • LibreOfficeはSVGでの3つのアイコンスタイルを出荷します。 これはBreeze、Colibre、ElementaryのSVG異形を含んでいます。.
    • これらのアイコンセットは実験的な機能として慎重に検討されます。それゆえHiDPI環境でも、LibreOfficeではすべてのプラットフォームでPNGアイコンスタイルを初期値のままにしています。
    • SVG異形は ツール >> オプション… >> LibreOffice >> 表示 の中のアイコンスタイル コンボボックスで "(SVG)" が付け加えられた末尾の表示で選択可能です。
  • elementary は大量のアップデートと多くの改善をしています (Rizal Muttaqin) tdf#115986,tdf#111950,tdf#120108,tdf#120135,tdf#120185,tdf#120192,tdf#120300,tdf#120831,tdf#94878
  • elementary は32pxのアイコンテーマをサポートするようになりました (Rizal Muttaqin)
    elementary アイコンは16px、24px、32pxが利用可能です

ダイアログ

条件付きダイアログでのいくつかの条件として最小値と最大値のテーブルを追加

オンライン

  • Improved allowed frame ancestors (domains which are allowed to embed the LibreOffice Online iframe) commit (Samuel Mehrbrodt, CIB)
    • Beforehand, any host could embed the iframe as the Referer was always allowed.
    • Now, only the loolwsd and the WOPI host are allowed to do that.
    • Additionally, a config option has been added to add more allowed hosts (see <frame_ancestors> in loolwsd.xml)
    • In debug mode, any frame ancestor is allowed
  • Add postMessage methods to show/hide toolbar buttons: Hide_Button, Show_Button commit (Samuel Mehrbrodt, CIB)
  • Add custom http header when saving before document is cleaned up from memory: X-LOOL-WOPI-IsExitSave commit (Samuel Mehrbrodt, CIB)

ローカライゼーション

他の言語の組み込み

Im-jabber.svg

あなたが絶滅しそうな言語を話しておられたり、世界中の一人ひとりに自由なツールを提供するという私たちの目標の達成を手伝っていただけるならば、 私たちの活動にご参加ください

機能の削除/非推奨

全般

The KDE4 VCL バックエンドは廃止予定です。次期バージョンで削除されるでしょう。

GTK+2 VCL バックエンドは廃止予定になりました。将来のバージョンで削除されるでしょう。

プラットフォームの互換性

Mac

バージョン6.2は少なくともmacOS 10.9を要求します。次のバージョンでは少なくともmacOS 10.10を要求します。

Windows

- デジタル署名は旧来のCryptoAPIの代わりにCNG APIを使うようになりました。最終的にはWindowsでECDSAキーの使用が許可されます ブログ投稿 (Miklos Vajna - Collabora)

Linux

Linux x86 (32-bit) リリースは格下げの予定です。6.2以降にTDFによって製作されるLinux x86 ビルドはなくなります。これは Linux x86互換性がなくなるという意味ではありません。

KDE 5 + Qt5

Two new VCL plugins (qt5 and kde5) have been implemented (with the KDE5 plugin extending the Qt5 one) to provide integration into KDE Plasma 5 and other Qt5-based desktop environments, mainly implemented by Katarína Behrens (CIB) and Jan-Marek Glogowski (City of Munich).

If the kde5 and the gtk3_kde5 plugins are installed, the desktop detection will now prefer the kde5 one. The qt5 plugin must be explicitly selected via SAL_USE_VCLPLUGIN=qt5, as it's never selected automatically.

Currently implemented features include:

  • Native widget rendering
  • Native Plasma file and folder picker
  • Native menus including Plasma global menu integration
  • Dual screen support
  • システムクリップボードの統一
  • 基本的なネイティブ ドラッグ・アンド・ドロップ

Bugs and missing features are tracked via the KDE meta bug tdf#102495.

Technical note: The qt5 plugin implements two rendering paths: an experimental QPainter based one and the Cairo based one, which is also used by all other Unix plugins. The kde5 plugin uses only the Cairo rendering path. The qt5 plugin defaults to the QPainter rendering path, but it's possible to force the Cairo path using the environment variable SAL_VCL_QT5_USE_CAIRO.

API の変更

UNO API の変更

  • SAL_FINAL (何分にも内部使用のみだけだった) は sal/types.h から削除されました。 commit
  • SAL_BOUNDsal/macros.h から削除されました。 commit
  • Writerの詳細メニューを無効にするために導入された、新しい UNO コマンドの UseHeaderFooterMenu tdf#118621 ( #Writer の節も参照してください)

構成の変更

  • 現在は使われていないプロパティー /org.openoffice.Office.Common/Help/StartCenter/StartCenterHideExternalLinks は削除されました。 commit

SDK の変更

Android Viewer

New Features

  • Ability to print documents commit
  • Ability to export documents to PDF commit
  • Ability to add worksheets on Spreadsheet documents commit
  • Ability to add slides on Presentation documents commit
  • Ability to insert/delete tables commit
  • Added locale sensitive sorting commit
  • Added option to show hidden files/folders on the document browser commit
  • Added clipboard actions commit
  • Added language support commit
  • Added Turkish Language commit

Bug fixes/improvements

  • Fix nullptr exception when opening Spreadsheet documents commit
  • Fix permission settings commit
  • Fix listing all document options commit
  • Fix change loss when switching to other apps commit
  • Fix nullptr exception when selecting remote server commit
  • Fix document browser does not list all documents commit
  • Fix FAB button disappears after closing a document commit
  • Fix build error when building LibreOfficecommit
  • Fix exception when closing the app commit
  • Fix endless loop when selecting remote server commit