LibreOffice 4.3 リリースノート

From The Document Foundation Wiki
Jump to: navigation, search
本ページはGlobal Wikiからの有志による翻訳ページです。未翻訳があることや内容が古い場合があります。最新化、翻訳にご協力お願いします。
日本語独自の情報についてまとめることを目的として、日本語コミュニティによって運営されているページとして 日本語コミュニティ独自ページ があります。
URLが wiki.documentfoundation.org/JA で始まっていて、カテゴリーがJAのページです。
そちらもご利用ください。

Contents

LibreOffice 4.3 の変更点

このページについて

これはリリースするそのときにそのままリリースノートにできるようにするための現在進行中の下書き用の記録です。4.2 release に既に記載されているリリース済みの機能を挙げないようにしてください! 実際 に既に実装されているものだけにし、実装してほしいという 要望 を書くのはやめてください。

ここに書くのにふさわしい機能とは:

  • 機能についての簡潔な説明と、忙しい査読者のために機能を見つけて試すことができる方法について述べます。対象読者はしばしば非常に忙しく、そのプロダクトについてほとんど、または何も知らないと思ってください。もしユーザーインタフェースがその機能にとって重要だと思ったら、それがどこにあるか、例えば メニュー ▸ 書式 ▸ 文字 ▸ 位置 [タブ] ▸ ‘90 度’ のように、あなたが変更した部分にたどり着く通り道をはっきり示してください。もちろん あなた は自分の機能が重要だと分かっているでしょうが、すべての人が 拡張可能なオートシェーププロパティダイアログ について注意を払うでしょうか? しかしスクリーンショットを取ってそれを貼るだけでわかりやすくなります。
  • その機能を主に実装した人のクレジットを加えます。機能説明後の適当なところに、丸括弧で囲って記載してください。

その機能を確認するにはサンプルやテストファイルが必要でしょうか。特に新たなインポート機能については、その機能がもっともうまく働くようなサンプルファイルへのリンクやアップロードがあるのがベストです。さらにその機能をよく分かるような素敵なスクリーンショットがあるとありがたいです。レビュアーはそれを見てテストすることができます。

原文を残してその下に訳文を書いてください。

このノートを埋める手助けをしていただきありがとうございます!

Writer

段落中の文字数制限の緩和

これまで16bit(65,535)文字までに制限されていた、Writerの1段落あたりの文字数が、32bit(2,147,483,647)文字まで増大されました。 会議録などの長文を1行に収める必要がある場合に特に有効です。tdf#30668,i#17171 (Caolán McNamara)

64kを超える文字を含む段落

ナビゲーションボタンの移動

ナビゲーションボタンはスクロールバーの下から検索バー内に移動されました。(Samuel Mehrbrodt, UX-Advise Team)

変更前
変更後

フォントサイズ 拡大/縮小 ボタン

  • 72ptが上限とされていたフォントサイズ拡大の制限を撤廃しました。tdf#73414 (Maxim Monastirsky, Caolán McNamara)
  • 図形オブジェクト内の文字もフォントサイズの拡大/縮小が可能になりました。 commit (Maxim Monastirsky)

DrawingMLのインポート/エクスポート

DOCX形式のインポータ/エクスポータがdrawingMLベースのものに書きなおされ、図形やテキスト枠の表現が改善されました。詳細はこちらのブログエントリー。 (Miklos Vajna)

変更前
変更後

サンプル DOCX ドキュメントの例

ネストされたコメントのインポート/エクスポート

ODF, DOC, DOCX および RTF形式において、ネストされたコメントのインポート/エクスポートが可能になりました。i#123792 (Oliver-Rainer Wittmann - Apache: ODF フィルターおよび DOCX のインポート部分, Miklos Vajna: DOCX エクスポート及び RTF/DOC フィルター部分)

RTFからインポートされたファイル中のネストされたコメント

図形サイズ変更時の比率の維持

図形サイズの変更時、縦横の比率が維持されるようになりました。任意の比率でサイズを変更するには、⇧ Shiftを押したまま操作を行って下さい。tdf#71669 (Tomaž Vajngerl)

印刷されない文字の色が水色に

印刷されない文字の色が明るい青(Solarized blue)に変更されました(現在Mac OS Xでは無効です)。 tdf#68071 (Tomaž Vajngerl)

印刷されない文字

相対テキスト枠のアンカリングの改善

相対サイズ指定されたテキスト枠が複数の関連を持てるようになりました。詳細はこのブログエントリーを. (Miklos Vajna)

相対テキスト枠: ページまたは段落に対して相対を選べる

枠内テキストの垂直配置

枠内テキスト(またはその他の内容を持つ枠)に垂直の配置が指定可能になりました。これは「オプション」タブ内で設定可能です。 (Zolnai Tamás)

テキスト枠の垂直配置

コメントを余白に印刷

印刷時に右余白にコメントを印刷できるようになりました。各々のページはコメントの表示に合わせてサイズが縮小されます。 tdf#36815 (Caolán McNamara)

新しい「マージンに配置」オプション
マージンにコメントが印刷された出力サンプルのPDF

コメントの一括書式設定

ドキュメント内のすべてのコメントを一括で書式再設定するため、すべてのコメントの文字プロパティを同時に設定できるようになりました。(Caolán McNamara)

「すべてのコメントを整形」オプション

Unicode準拠ソフトハイフン処理

ソフトハイフンによって、Unicode標準に準拠した非標準ハイフネーション(訳注:参考資料(PDF))が得られるようになり、かつ(ソフトハイフンを元にした)ハイフネーションダイアログウィンドウでハイフネーション位置を提案するようになりました。tdf#44314 (László Németh)

非標準ハイフネーションのユーザー辞書サポート

ユーザー定義辞書で、ハイフネーション分割を示す記号 "=" の代わりに、ハイフネーションで置き換わる文字を "[]" ブロックで指定できるようになりました。 ありうる置き換え文字としては:

  • キャラクターの追加、例えばスウェーデン語の“tuggummi”が“tugg- gummi”になることを示す tug[g]gumi。
  • 指定された字数の文字を削除、例えばカタルーニャ語の“paral·lel”が“paral- lel”になることを示す paral·[1]lel。
  • 削除と挿入を同時に行う、例えばオランダ語の“cafeetje”が“café- tje”になることを示す cafee[2é]tje。これはハイフネーション前に2文字を削除し、1文字追加することを意味する。

注意:オランダ語、ノルウェー語、スェーデン語、カタルーニャ語、ハンガリー語については、標準の共有ユーザー定義辞書ファイルを用いた元々のTeX流ハイフネーションパターンを修正することなく、完全にハイフネーションが行えます。

ユーザー定義辞書における非標準ハイフネーションサポート


グラフィックデザインおよび教育向けLogo風プログラミング環境LibreLogoの改善点は次のとおりです:

50% の透明度の外周を持つ半透明な円(オレンジの部分は上に載せられた円とその外周)。ソースコードは以下の通り: PENSIZE 100 PENCOLOR “GOLD” PENTRANSPARENCY 50 FILLCOLOR “RED” FILLTRANSPARENCY 50 CIRCLE 450
  • FILLCOLORおよびFILLTRANSPARENCYコマンドで、色および透明度のグラデーションがサポートされました。 (紹介)
LibreLogoの色グラデーションのサンプル。コード: PENUP REPEAT 100 [ FILLCOLOR [ANY, ANY] CIRCLE 20 + RANDOM 130 POSITION ANY ]
  • 追加の情報はニュースや例を紹介する LibreLogo の新しいポータル: LibreLogo.org をご覧ください。

Calc

セル内関数のハイライトがスマートに

  • セル式を選択した状態で、同じセルが現れるときのセル枠のハイライトが同じ色になりました。長い式を記述した後、同じセルが同じ色で表現される、つまりセルのハイライトとセルの名前が同じになるので、セルの参照がわかりやすくなります。 tdf#52461 (Rachit Gupta)
変更前
変更後

選択された行・列数をステータスバーに

  • セルを選択したときに選択した行・列数をステータスバーに表示するようになりました。 tdf#64290 (Manmeet Singh)
選択された行・列数がステータスバーに見える。
  • シートタブエリア:シートタブエリアのサイズを変更した際の挙動が使いやすく改善されました。 (Michael Meeks)

上段セルの内容を元に入力を開始

  • 上段のセルの内容を初期値として編集を開始します。この機能は Ctrl+' (シングルクォーテーション)キーに割り当てされます。(メモ:特定のロケールで、このショートカットがシステム標準のショートカットと衝突する場合があります。衝突によってショートカットが働かない場合は、機能を別のショートカットに割り当ててください。) (Kohei Yoshida)
セル編集を上のセルの式から開始できる。

ユーザー選択可能なテキスト変換モデル

ツール ▸ オプション ▸ LibreOffice Calc ▸ 数式詳細な計算の設定 ▸ ユーザー定義 ▸ 詳細にて、ユーザーはテキストセルの内容を計算式でどう扱うかを選択できるようになりました。詳細はこのブログエントリーを。 tdf#37132 および tdf#75834 が関係します。 (Eike Rathke)

Text-conversion.png

ピボットテーブルのレイアウトの向上

「データ」フィールドは標準で列に置かれるようになり、必要に応じて行に移動できるようになりました。これによって、大きなデータソースから使い勝手のよいピボットテーブルをより早く生成できるようになります。 tdf#77927 (Tomaž Vajngerl)

バージョン 4.3 以前では、データフィールドが行にあるピボットテーブルしか生成できなかった。
バージョン 4.3 からは、データフィールドが列にあるピボットテーブルも生成できる。

数式エンジン

  • Excel相互運用性のために GAMMA.DIST, GAMMA.INV, GAMMALN.PRECISE スプレッドシート関数を追加。tdf#71936 (Winfried Donkers)
  • Excel相互運用性のために LOGNORM.DIST, LOGNORM.INV, NORM.DIST, NORM.INV, NORM.S.DIST, NORM.S.INV スプレッドシート関数を追加。tdf#72158 (Winfried Donkers)
  • Excel相互運用性のために T.DIST, T.DIST.2T, T.DIST.RT, T.INV, T.INV.2T, T.TEST スプレッドシート関数を追加。tdf#72793 (Winfried Donkers)
  • Excel相互運用性のために PERCENTILE.EXC, PERCENTILE.INC, PERCENTRANK.EXC, PERCENTRANK.INC, QUARTILE.EXC, QUARTILE.INC, RANK.EQ, RANK.AVG スプレッドシート関数を追加。tdf#73146 (Winfried Donkers)
  • Excel相互運用性のために MODE.SNGL, MODE.MULT, NEGBINOM.DIST, Z.TEST スプレッドシート関数を追加。tdf#72197 (Winfried Donkers)
  • Excel相互運用性のために FLOOR.PRECISE, CEILING.PRECISE, ISO.CEILING スプレッドシート関数を追加。tdf#71720 (Winfried Donkers, Eike Rathke)
  • Excel相互運用性のために NETWORKDAYS.INTL, WORKDAY.INTL スプレッドシート関数を追加。tdf#73147 (Winfried Donkers)
  • Excel相互運用性のために ERF.PRECISE, ERFC.PRECISE スプレッドシート関数を追加。tdf#73149 (Winfried Donkers)

CoinMP ソルバーの有効化

以前のLibreOfficeではlpsolveソルバーが同梱されていましたが、今度からlpsolveおよびcoin-mpソルバーを利用できるようになりました。 (Matúš Kukan)

Impress と Draw

ページ番号表示

混乱を避けるため、非表示のスライドは「ページ番号」のカウントフィールドに含まれなくなります。 tdf#74383 (J. Fernando Lagrange)

スライドをウィンドウサイズに合わせる

表示中のスライドをワンクリックでウィンドウサイズにフィットできるアイコンをステータスバーに追加しました。

スライドを現在のウィンドウに合わせる

スライドペインにおける選択/非選択スライドへのマウスオーバー

スライド一覧にマウスオーバーした際に、スライドの選択・非選択状態が認識しやすくなりました。 rhbz#1096295 (Caolán McNamara)

変更前、選択・非選択状態
変更後、非選択状態
変更後、選択状態

3Dモデルのインポート

glTF formatの3Dモデルをプレゼンテーションにインポート可能になりました(libgltfによる)。この機能は挿入 ▸ オブジェクト ▸ 3Dモデルから使用できます。現在この機能はWindowsおよびLinux版でのみ利用可能です。(Zolnai Tamás, Jan Holesovsky, Markus Mohrhard)

  • 静的モデル:アヒル
アヒルの3Dモデル、正面から
アヒルの3Dモデル、プロファイル
アヒルの3Dモデル、後ろから

アヒルのモデルを含んだ文書

  • アニメーションモデル:怪物
怪物の3Dモデル

怪物のモデルを含んだ文書

*.dae および *.kmz形式を限定的にサポート(collada2gltfを利用). (Zolnai Tamás, Matúš Kukan)

3D モデルのサポートについての詳しい情報は こちらのブログ記事をご覧ください。

Base

  • LibreOfficeに新しいバージョンのAccess2Baseが付属するようになりました。スクリプト / Base を参照してください。

Chart

プロパティマッピング

グラフにプロパティマッピング機能を追加しました。データ内の数値を元にグラフの表現を変化させることができます。詳細:こちらのブログエントリー (Markus Mohrhard)

新規のプロパティマッピングダイアログ

コア

アクセシビリティ

  • Windowsにおいて、IAccessible2 が唯一のアクセシビリティ補助オプションとなりました。Java Accessibility Bridgeのサポートは削除され、アクセシビリティ技術サポートを有効にするために拡張オプションの「実験的機能を有効」にする必要はなくなりました。
  • 特定のテキスト、表計算、プレゼンテーション文書に対して、新規の、特定のロールが追加されました。 tdf#39944 (ブログ記事) (Jacobo Aragunde)
  • ATKロールとLibreOfficeロールのマッピングが、すでに存在するUNOのロールと新規のATKロールがマッチするように改善されました。 tdf#39944 (ブログ記事) (Jacobo Aragunde)
  • 表題とパラグラフ間のロールの変更を通知する新しいUNOアクセシビリティイベントを追加しました。 tdf#35105 (ブログ記事) (Jacobo Aragunde)
  • 綴り間違いをアクセシビリティに通知するようにしました。 tdf#71558 (Jacobo Aragunde)
  • ツールバーボタンで、明示的に指定がない場合はクイックテキストヘルプを読み上げ用名称として用いることにしました。 tdf#74681 (Jacobo Aragunde)

VCL (GUI ツールキット)

  • VCLコードを大規模にリファクタリングし整理しました。 (Chris Sherlock)

オプション/一般

CUPS、FAXおよびspadmin

FAX機器をfax4CUPSプリンターとして自動的に認識するようになり、印刷の際に表示されるプロンプトに送信先番号を入力することが可能になりました。カンマ区切りで複数の送信先番号を入力することも可能です。

Fax4cups.png

テキストや数字の入力機能を持つカスタムオプションを含むようなカスタムオプションを持つその他のプリンタードライバーの動作をサポートするようになりました。そのため、FAX機器向けのプリンタードライバーでカスタムオプションで送信先入力を行うものは、プリンタープロパティのデバイスタブで送信先番号を入力できるようになりました。

Ppd-custom-options.png

GUIユーティリティであるspadminはこれらの新機能やオペレーティングシステムの標準のプリンター管理ツールに対応するため、削除されました。(Caolán McNamara)

フィルター

PDFインポート機能の向上

OOXMLサポートの改善

  • DOCX、XLSX、PPTX形式においてOOXML Strictのインポートをサポートするようになりました。詳細はこちらのブログエントリーを参照してください。 (Markus Mohrhard, Miklos Vajna)
  • テーマフォントのサポート:正しいフォントを検出し描画して、フォントテーマ属性として保持できるようになりました。詳細はこちらのブログエントリーを参照してください。 (Jacobo Aragunde)
  • フォント、段落、表セルのテーマカラーを保持するようになりました。 (Jacobo Aragunde, ブログエントリー)
  • シェイプと表のスタイル属性を保持するようになりました。 (Jacobo Aragunde)
  • シェイプの線および塗りつぶしの色を、色変換を含めて保持するようになりました。 (Jacobo Aragunde, ブログエントリー)
  • 標準文書タグのサポート:チェックボックスコントロールのデータのエクスポートの修正、ドロップダウンコントロールとして再利用されるコンボボックスコントロールのインポートの修正、その他の種類のタグの保持。 (Jacobo Aragunde)
  • 3Dエフェクトや絵画的エフェクトを含む、シェープや画像のエフェクトを保持するようになりました。 (Jacobo Aragunde, ブログエントリー)
Writerでの絵画的エフェクトの例

新規のインポートフィルター

  • Microsoft Worksの表計算とデータベース (Laurent Alonso)
  • 古い Mac アプリの形式 (Laurent Alonso)
    • 表計算:BeagleWorks, ClarisWorks, Claris Resolve, GreatWorks, MacWorks, Wingz
    • ベクターおよびビットマップイメージ:BeagleWorks, ClarisWorks, GreatWorks, MacPaint, MacWorks, SuperPaint

GUI

  • (4.3.1 より) スタートセンターの周囲に1pxの境界線が表示されていたのを除去しました。core commit 2b2d1bbaf9af0ec177e27fd930cd63c6bfdc2ab9 (Adolfo Jayme Barrientos)
  • (4.3.1より) 背景色は改良されルーラーのそれと同一になり、標準の見た目が合理的になり改善しました。tdf#51534, tdf#79278 (Michael Meeks, Adolfo Jayme Barrientos)
ルーラーは再び背景色と調和するようになりました。暗めの色により文書に注力しやすくなり、目への刺激も減らします。

リフレッシュされたタンゴアイコン

デフォルトのタンゴアイコンセットは、サイドバーの新しいアイコンの追加を含め全体的に更新されました。 (Alexander Wilms, Miroslav Mazel)

4.3 Tango icons.png

OS X上でネイティブなバックグラウンドレンダリング

OS X上のツールバーの背景がOSネイティブを使ってレンダリングされるようになりました。 tdf#69358 (Joren De Cuyper, Jan Holesovsky, Tor Lillqvist)

ネイティブ描画のツールバー背景

カラーピッカーの改善

  • 線のカラーピッカーは、リストに代わりにカラーパレットが使われるようになりました。 tdf#46839 (Maxim Monastirsky)
変更前
変更後
  • いくつかのカラーピッカーはボタンが分割されて置き換えられ、マウスクリックで前回使用した色が指定できます。 フォントの色(Impress, Draw)、描画オブジェクトのフォントの色(Writer, Calc)、線の色、3D効果の色が含まれます。 commit (Maxim Monastirsky)

スタートセンターの改善

  • スタート センターでは、ODFファイルだけでなく全ての種類のファイルがプレビューされます。 tdf#72469 (Jan Holesovsky)
  • 最近使用したドキュメントを選択して削除出来ます。 (Jan Holesovsky)
Selectively delete Recent Documents

最初からのHIDPIサポート

DOCX文書のプログレスバー

  • DOCXのインポート中にプログレスバーが出るようになりました。 tdf#58044 (Miklos Vajna)
DOCXファイルを開いている間に表示されるプログレスバー。

多言語対応

Font support

フォントサポート

  • (4.3.1より) Adobeの Source Sans Pro 2.0を同梱するようになりました。このフォントは非常に広範な文字領域を含んでいます。キリル文字、ギリシャ文字および国際音声記号(IPA)の入力システムをサポートし、いくつかの付加記号の扱いが改善され、ロシアのルピー(, U+20BD、Unicode 7.0から追加されたもの)が追加されています。 tdf#81095 (András Tímar)

言語リストに追加された新規言語/ロケール

以下の言語で文字属性とスペルチェックに対応しました。

  • 東部マニンカ語、ラテン文字 [emk-Latn-GN]. tdf#74672 (Eike Rathke)
  • アヴァル語 [av-RU]. tdf#75161 (Eike Rathke)
  • 平原クリー語、ラテン文字 [crk-Latn-CN] およびカナダ先住民文字 [crk-Cans-CN]. tdf#73973 (Eike Rathke)

ロケールデータを持つ新規言語/ロケール

以下の言語で標準のドキュメント言語およびロケール独自書式に対応しました。

  • Lengo言語 [lgr-SB] のロケールデータを追加。 tdf#72512 (pcunger, Eike Rathke)
  • Moore言語 [mos-BF] のロケールデータを追加 tdf#78647 (David Delma, Eike Rathke)
  • フランス語(コートジボワール) [fr-CI] のロケールデータを追加。 tdf#79348 (David Delma, Eike Rathke)
  • フランス語(マリ) [fr-ML] のロケールデータを追加。 tdf#79349 (David Delma, Eike Rathke)
  • フランス語(セネガル) [fr-SN] のロケールデータを追加。 tdf#79350 (David Delma, Eike Rathke)
  • フランス語(ベナン) [fr-BJ] のロケールデータを追加。 tdf#79351 (David Delma, Eike Rathke)
  • フランス語(ニジェール) [fr-NE] のロケールデータを追加。 tdf#79352 (David Delma, Eike Rathke)
  • フランス語(トーゴ) [fr-TG] のロケールデータを追加。 tdf#79353 (David Delma, Eike Rathke)

新規言語タグの追加

言語リストボックスの文字属性ダイアログ(CJKまたはCTLが有効になっている場合は西洋言語テキストに対して)はエディットボックスを持つコンボボックスになりました。選択肢に割り当てたい言語が存在しない場合、このエディットボックスにユーザーはBCP 47言語タグとして有効なものを指定することができます。 (Eike Rathke)

Language-tag-combobox-ja.png

パフォーマンス

  • ソートされたデータの並び替えのアルゴリズムが大幅に見なおされました。大量のデータセットのソートは非常に高速になりました。(Kohei Yoshida, Michael Meeks)
  • 沢山の相互参照が含まれるOOXML文書のインポートが大幅に高速になりました。(Michael Meeks)

インフラストラクチャー

スクリプト / Base

新バージョンのAccess2Base

LibreOffice は Access2Base V1.1.0 をバンドルしており、これはBase (およびWriterやCalcなどの文書に格納されたデータベースフォーム)をBasicプログラミング言語で操作するシンプルなAPIを提供するものです。言語透過である標準のUNO APIに比べると簡潔で学びやすくなっています。今のバージョンではBasicマクロ(一例としては、Calcのセル式から呼び出されたユーザー定義関数など)からの動的データアクセスを提供しています。(Jean-Pierre Ledure)

削除された / 削除予定の機能

  • OpenOffice.org 1.0 XML ファイル形式へのエクスポートは削除されました。ODF形式での保存が推奨されます。旧形式を完全に置き換えておりすべての点で優れているからです。旧形式ファイルのインポートは依然可能です。 (Bryan Quigley)
  • Drawのサイドバーから「シェイプの挿入」パネルは取り除かれました。 tdf#73070 (Rob Snelders)

API の変更

OSL マクロのクリーンアップ

C++ UNO 言語および URE ライブラリー

  • sal_Boolパラメータを値として取る、あるいはsal_Boolを返すすべてのインラインC++関数は、boolを代わりに使うようになりました。この変更はクライアントコードとの透明性を有意に向上し、また、おそらく静的解析ツールがよりよい解析結果を出すようになるでしょう。

UNO API の変更

サービスの実装からの XInitialization の削除


com.sun.star.lang.XTypeProvider.getImplementationIdを廃止予定に

実装は常に空のシーケンスを返すようになるので、クライアントは常に空のシーケンスが帰ってくる(過去にもありえた)ことに備えるか、(より良くは)このメソッドをまったく呼び出さないようにすべきです。 core commit dd1050b182260a26a1d0ba6d0ef3a6fecc3f4e07

プラットフォームの互換性

Windows

  • Windowsのビルド環境が更新されました (Windows Server 2012R2 と Visual Studio 2012)。

Mac

  • Mac OS X の32 bitビルドおよびバージョン10.6、10.7は削除予定です。

Most Annoying Bugs (もっとも厄介なバグ)

以下の厄介なバグは現時点では修正されていませんが、通常のバグ修正リリースで修正を目指しています: