LibreOffice 7.3 リリースノート

From The Document Foundation Wiki
Jump to navigation Jump to search
This page is a translated version of the page ReleaseNotes/7.3 and the translation is 78% complete.
Other languages:
Bahasa Indonesia • ‎Deutsch • ‎English • ‎Türkçe • ‎dansk • ‎français • ‎italiano • ‎slovenščina • ‎čeština • ‎فارسی • ‎中文(中国大陆)‎ • ‎日本語

Writer

全般的な改善

  • 図形にハイパーリンクを添付できるようになりました。tdf#123626 (Samuel Mehrbrodt, allotropia)
  • 段落の最後にある脚注と文末脚注のアンカーは、正規表現による検索/置換を行う際に、段落中央部とまったく同じように処理される様になりました。つまり、[\p{Control}]または[:control:]などの正規表現に一致します。これは、段落末尾でのテキスト照合において、アンカーの存在を考慮する必要があることを意味します。 tdf#137737 (Mike Kaganski, Collabora)
  • Writerの段落スタイルでリストレベルのサポートを開始 blog post (Miklos Vajna, Collabora)
  • ハイパーリンクされた文字スタイルと段落スタイルの追加[1](Miklos Vajna, Collabora)

表内行の削除/挿入操作の追跡

表および表内の行の削除と挿入操作を追跡するため、視覚化と変更管理のサポートを追加します。 (László Németh, NISZ)

表の変更操作の追跡機能(LibreOffice 7.2より導入 tdf#60382, tdf#79069を参照)が拡張され、次の機能改善が追加されました。

  • 非表示モードが追加され、編集により削除された表や表内の行を隠すことが可能になりました tdf#144057
  • 変更の表示モードでは、表および表内の行が挿入された場合シアン色で表示し、削除された場合にはピンクで表示する tdf#146120
  • 変更の管理機能では、表または連続する表内行の削除/挿入操作への許可または拒否をワンクリックで決定できます。tdf#144270
  • テーブル内の行をクリックすると、その削除/挿入が許可または拒否されます。 tdf#146145
  • 変更を追跡するツールチップを表の行に追加します tdf#146144
  • 空のテーブル行の挿入操作の追跡 tdf#143358
  • 空のテーブル行の削除操作の追跡 tdf#143359
  • Accept/reject all text/row changes of a selected table or cell range (not only changes of their first cell) tdf#147182
行の変更部分の強調表示や、表(および表内行)の新規追加を対照とした[変更の管理]ダイアログ・ウィンドウの改善

テキスト移動の追跡

トラックの変更時に、移動されたテキストを緑の色で表示し、二重の取り消し線または下線を付けて、レビューを迅速化します。追跡が有効な状態で移動されたテキスト部分に、新しいツールチップキャプションおよび「変更の管理アクションアイコン」を追加します。この方法では、リスト要素の順序を変更したり、段落や文の順序を変更したりすることがより明確になります。また、ODTおよびDOCXのインポート時(Google DocsやMicrosoft OfficeのWebバージョンなど、トラックされたテキストの移動をサポートしていないエディタで作成されたドキュメントを含む)においても、「上へ移動/下へ移動」、ドラッグ&ドロップ、カット&ペースト、削除+再入力などのテキスト移動が検出されるようになります。tdf#145233 tdf#145718 tdf#145719 tdf#145721 (László Németh, NISZ)

[下へ移動]によって移動された追跡リスト項目(新しいツールチップキャプションおよび[変更の管理]アクションアイコン)

その他の改善

段落書式等の変更に関するもの (László Németh, NISZ).

  • 変更の追跡中での表内関数の計算結果の固定 tdf#39828
  • 変更の追跡:段落結合時の表の削除動作の修正 tdf#144058
  • 変更の追跡:ヒントの書式の保持。テキスト内に複数の文字書式設定が有効になっていて、変更の追跡とともに新しい文字書式設定が適用される場合、変更を拒否すると、元の設定の1つのみが復元されます。 tdf#144173
  • 特定の単語に対する書式の変更が追跡されるようになりました。テキストが選択されていない場合、文字の書式変更はテキストカーソルがある単語に適用されますが、元の直接段落指定が赤線の「拡張データ」として保存され、書式変更を却下したときに使われるようになりました。tdf#143939
  • 箇条書きと番号付けの変更記録を、次の項目ではなく、移動したリスト項目内に表示します。tdf#145068
[下へ移動]によって移動されたリスト項目:変更部の表示として、4つの項目ではなく、2つの項目のみを表示します。
  • Fix order of tracked deletions at same position. tdf#107292

パフォーマンスの向上

  • 一部の複雑なドキュメントのPDFエクスポート速度を向上 tdf#125892 (Noel Grandin, Collabora)
  • 大規模なRTLドキュメントのロードを高速化 tdf#64991 (Noel Grandin, Collabora)

Calc

全般的な改善

[外部データへのリンク]ダイアログのHTMLテーブルリスト。LibreOffice 7.3(右側)では、ソースに表示される順序でテーブルがリストされるようになりました。 (LibreOffice 7.2 on the left.)
  • セル数式の空白行フィードおよび文字の表形式が保持される様になり、OOXMLファイル形式とODFファイル形式間のラウンドトリップが可能になりました。ただし、タブはセル入力UIには入力できず、1つの空白文字に変換されます。 tdf#76310 (Eike Rathke, Red Hat)
  • CSVインポート/エクスポートが "'sep=;'" および "sep=;" 区切り文字設定をサポートするようになりました。CSVの読み込み時、最初の単一のフィールドが sep=; または "sep=;" だけからなる場合、区切り文字がここから取られるようになります。引用符で囲まれたフォームは(引用符で囲まれていない)セルの内容として保持されます。引用符で囲まれていないフォームの区切り文字は、文脈上実際のフィールド区切り文字として破棄されます。CSVを作成するときに、既存の単一の左上のセルの内容 sep=; 行の唯一のセルが引用符で囲まれた形式 "sep=;" (引用符/テキスト区切り文字が空に設定されていない場合)の現在の区切り文字に適合し、常にASCIIの " 二重引用符文字を使用します。'sep=;'を含む行がデータとしてインポートされない(したがって、再保存時にも保持されない)場合は、ダイアログのFrom rowの番号を2に設定する必要があります。
  • [CSVインポートと特殊文字およびテキストを列に貼り付け]ダイアログボックスの新しい[数式の評価]オプションは、=で始まる数式を数式として評価するか、テキストデータとしてインポートするかを決定します。フィルターオプション内の文字列では、これは13番目のパラメータ(トークン12)で、引数はfalseまたはtrueです。 tdf#114878 (Eike Rathke, Red Hat)
  • Calcで自動入力において、Bashに類似のオートコンプリート機能が実装されました。 tdf#145198 (Dennis Francis, Collabora)
次のカラム内データを例に考えてみます。:
ABCD123xyz
ABCD345qwel
ABCD123pqr
ABCD123xyz
PQR
ユーザがAと入力すると、部分的な提案BCDが表示されます。
ユーザーは、右矢印キーを使用して提案を受け入れることができ、カーソルは文字Dの後に置かれ、次の入力を待ちます。ユーザーは入力を継続するか、またはEscキーを押して編集モードを終了することにより提案を拒否することができます。
ユーザが右矢印キーでBCDの提案を受け入れ、1を入力すると、23の部分的な提案が表示されます。ユーザは、右矢印キーを押してこれを受け入れることができます。
ユーザーが3番目のステップで提案を受け入れ、xと入力すると、最終提案yzが表示されます。ここでも、ユーザーは1番目のステップで説明したように、提案を受け入れるか拒否するかを選択できます。
  • 表示を向上させるために、セルカーソルがデフォルトのフォント色ではなくシステムのハイライト色を使用するようになりました。tdf#142121 (Natalia Gavrilova)
セルC4のカーソルが、デフォルトのフォント色ではなくハイライト色を使用していることに注目してください。
  • 標準フィルタダイアログ内でのカラーフィルタのサポート tdf#143103 (Samuel Mehrbrodt, allotropia)
標準フィルタは色によるフィルタリングをサポート
  • 'contains'などのテキストベースの操作を使用したクエリとフィルタが、数値データに対しても正しく動作するようになりました。 core commit 0d1971a8 (Luboš Luňák, Collabora)
  • クイック検索で関数の代わりに値が検索されるようになりました (the search dialog offers both options). tdf#102506 (Julien Nabet)
  • Available since 7.3.1
    : Fixed a bug that caused table cells incorrectly placed when pasting a HTML table content. tdf#74577, tdf#92960 (Eike Rathke)

変更された表計算関数

  • Option "Search criteria = and <> must apply to whole cells" has been fixed to apply properly in lookup functions when turned off (tdf#139612). For better performance it is recommended to leave the option on unless partial cell matching is required. (Luboš Luňák, Collabora)
  • IF()関数は、条件のエラー値があった場合、エラー値をそのまま返す様になります。以前は、条件がエラーに対してTRUEではないので、関数内のELSE部が実行されていました。これは、ELSEがIFERROR()やISERROR()などのエラー評価関数やその他のIS...()系の関数でない限り重要ではありませんでした。
    この修正により非公式の副作用的動作が変更されるため、この挙動に依存してきた既存の式が期待通りに動作しなくなる可能性があります。 tdf#146377 (Eike Rathke, Red Hat)

パフォーマンスの向上

  • 一部のXLSMファイルを開くときの速度が向上 tdf#95549 (Noel Grandin, Collabora)
  • 大きなグラフの挿入の高速化(800000を超えるセル) tdf#144052 (Noel Grandin, Collabora)
  • 一部のXLSXファイルを開くときの速度が向上 tdf#130795 (Noel Grandin, Collabora)
  • 一部のケースにおいてルックアップ関数の速度が向上 tdf#139444,tdf#144249 (Luboš Luňák, Collabora)

ImpressとDraw

全般的な改善

  • スライド ▸ スライド設定 ▸ スライド ▸ 用紙サイズにPowerPoint互換の画面サイズを追加。「ワイドスクリーン画面」は現在のPowerPointで使われ、「画面に合わせる」は以前のPowerPointとGoogleスライドで使われています(参考資料)。これらのサイズで作成するとエクスポート先でもユーザーサイズではなく、プリセットサイズとして扱われます。また、インポートをした場合でもプリセットサイズとして扱われます tdf#142286, tdf#142288 (野方純)。
  • 同じ種類の図形を挿入する際のプロパティ共有の解除 blog post (Miklos Vajna, Collabora)
  • tdf#140321 (Regina Henschel)
    Wire Frame - Matt - Plastic - Metal
    The dialog "3D-Settings" opens if you toggle a shape to "Extrusion on". The dialog has a drop-down list "Surface" with items "Wire Frame", "Matt", "Plastic" and "Metal". In the old version the items "Matt", "Plastic" and "Metal" did nothing, but the solid was always rendered as "Plastic". Now you get different surfaces. "Matt" is really matte. "Metal" is similar to "Plastic" but has more contrast.
残念ながら、古いバージョンでは誤った値と無効な値がファイルに書き込まれています。これらの値を指定している場合、期待されないレンダリングが行われる可能性があります。このような図形を修復するには、図形にマークを付けてから、最初にアイテム「Matt」に切り替え、次に「Plastic」または「Metal」に切り替えてください。

Base

グラフ

Math

コア / 全般

  • LibreOfficeは、QRコードに加えて1次元バーコードも生成できるようになりました。 tdf#141193 (Akshit Kushwaha)
ページに挿入されたバーコードの横にあるQRとバーコードのダイアログ。
  • libcurlに基づく新しいWebDAV/HTTP UCP。 tdf#101094, tdf#102499 (Michael Stahl, allotropia; Giuseppe Castagno)
    • WindowsとmacOSではOSネイティブのTLSスタックを使用することにより、ユーザーはこれらのプラットフォームのOS UIでCAの信頼性を管理できるようになりました。
  • 罫線の幅はLibreOffice全体で統一されました tdf#48622 (Samuel Mehrbrodt, allotropia)
    • 新しいデフォルトの値:
      • Hairline (0.05pt)
      • Very thin (0.5pt)
      • Thin (0.75pt)
      • Medium (1.5pt)
      • Thick (2.25pt)
      • Extra thick (4.5pt)
      • 任意の値も引き続き設定できます
新しい罫線の幅のデフォルト値

パフォーマンスの向上

  • Fixed a mistake that was making CJK text rendering slower over time core commit 5b38b574 (Luboš Luňák, Collabora)
  • Various rendering improvements in the Skia-based rendering backend (Luboš Luňák, Collabora)
  • Official binary packages are now built using Link-Time OptimizationWikipedia logo v3.svg, which should improve overall performance (Luboš Luňák, Collabora)

LibreOfficeヘルプ

  • ScriptForgeライブラリのヘルプページを追加 (J.P. Ledure, A. Romedenne, R. Lima)
  • Focus search results to user's current module tdf#123506 (Ross Johnson)
  • 索引検索をFuzzysortからFlexSearchに切り替え [commit] (I. Lauhakangas)
  • Close navigation menus when clicking outside them [commit] (I. Lauhakangas)

フィルター

DOCインポート/エクスポートフィルターの改善

DOCXインポート/エクスポートフィルターの改善

  • Hyperlinks attached to shapes are now imported/exported tdf#123626 (Samuel Mehrbrodt, allotropia)
  • DOCX import: fix permission for editing tdf#89383 (Tünde Tóth, NISZ)
  • DOCX export/import: track change of paragraph style tdf#144272 (László Németh, NISZ)
  • DOCX import: fix user index and index entry support defined by field code \f. This is a reworking of a previously patch. Now the import uses com.sun.star.text.UserIndex and com.sun.star.text.UserIndexMark index and index entry fields, which support the requested user index not only during the DOCX and OpenDocument round-trip, but its run-time functionality, the multiple user-defined indices tdf#77051 (László Németh, NISZ)
  • DOCX import: handle ZOrder of chart objects tdf#144798 (Miklos Vajna, Collabora)

XLSXインポート/エクスポートフィルターの改善

  • XLSX import: decreased a row height for XLSX files created by MS Office tdf#144642 (Attila Szűcs, NISZ)
  • XLSX export: cell indent doesn't increase on each save now tdf#130104 (Kevin Suo)
  • XLSX import: fix permission for editing tdf#115933 (Tünde Tóth, NISZ)
  • XLSX import/export: fix permission for editing. The password for editing wasn't asked, also wasn't exported in XLSX documents. tdf#118938 (Tünde Tóth, NISZ). Now it's exported in Calc using the following steps, also verified before editing:
    • In File->Save As, choose Excel 2007–365 (.xlsx) format;
    • enable checkbox "Save with password" and click Save;
    • in the dialog "Set password", click on "Options" and enable checkbox "Open file read-only", and enter a password for editing (i.e. skip the password for opening).
  • Calc buttons with macros: better XLSX support blog post (Miklos Vajna, Collabora)
  • OOXML chart import/export: Chart labels from cell-range tdf#143942 (Dennis Francis, Collabora)
  • OOXML chart import/export: Chart date categories - improved support for formatting, scaling, range-selection(min/max), increments core commit f547cf17 (Dennis Francis, Collabora)

PPTXインポート/エクスポートフィルターの改善

  • PPTX export: fixed interactions and hyperlinks on images tdf#124232 (Tibor Nagy, NISZ)
  • PPTX import: Impress doesn't drop the read-only password in PPTX file now tdf#144943 (Tünde Tóth, NISZ)
  • PPTX import: fix hyperlinks on shapes tdf#144616 (Tibor Nagy, NISZ)
  • PPTX import: fix hyperlinks on images tdf#141704 (Tibor Nagy, NISZ)
  • Fix the incorrect import of slide footers from PPTX tdf#142221 (Sarper Akdemir, Collabora)
  • Make slide footers get exported to PPTX tdf#59323 (Sarper Akdemir, Collabora)

その他

  • TXTファイル拡張子はT602ファイル形式に関連付けられなくなりました。この挙動は、場合によっては誤検出につながることがありました。 (Jan Holešovský, Collabora)

GUI

全般

  • スペルまたは文法の問題を示す波線が、高解像度画面でより見易く改善されました。これにより、無条件に薄く表示されるのではなく、ドキュメントのズームレベルに一致するようになりました。Template:Tdf 70519(Heikko Tietze,TDF)

アイコンテーマ

  • Colibreアイコン内の、グラフィック、保存、フォーマット、元に戻す/やり直しに関連するものを微調整しました。 (Rizal Muttaqin)

地域化

Note pin.svg

もし、あなたが消滅危機言語を話されていたり、世界中の一人ひとりに自由なツールを提供するという私たちの目標の達成を手伝っていただけるならば、 私たちのソフトウェアの翻訳を手伝ってください

新規言語 / ロケールデータを含むロケール

ドキュメントのデフォルト言語、またはロケール固有の書式として利用できます。

  • 英語 (イスラエル) {en-IL}. tdf#145173 (Eike Rathke, Red Hat)

追加された言語

テキストの表示が可能。

  • クリンゴン語 {tlh}. tdf#143946 (Eike Rathke, Red Hat)
  • Interslavic Latin {art-Latn-x-interslv} and Interslavic Cyrillic {art-Cyrl-x-interslv}. tdf#145853 (Eike Rathke, Red Hat)

校正ツールと言語サポート

  • Language entries in language listboxes created by spellchecker or hyphenation dictionaries or extensions that support languages without a predefined language listbox entry are now displayed using a possibly translated language/locale name obtained from the ICU (International Components for Unicode) library. Previously such entries were displayed as language tags in curly brackets, for example {en-SG}. (Eike Rathke, Red Hat)
  • Old Hungarian has got full-text transliteration support: Tools ▸ AutoCorrect ▸ Apply and Tools ▸ AutoCorrect ▸ Apply and Edit Changes transliterate right-to-left Hungarian text to Old Hungarian (only if the paragraph style of the text is Default Paragraph Style). tdf#143176 (László Németh). More info in Release Notes 7.0
  • ポルトガル語(ブラジル)の類語辞典を追加 (Olivier Hallot)

マクロ

ScriptForgeライブラリ

LibreOfficeで使える堅牢かつ拡張可能なマクロスクリプトのコレクションです。ユーザーのBasicやPythonスクリプトから呼び出して利用できます。 (Jean-Pierre Ledure)

このライブラリーは全部で23のサービスを公開しており、それぞれに多くのメソッドやプロパティが用意されています。

LibreOffice 7.3の新機能:

  • (新しい)'Chart service'は、Calcシートに保存されているグラフドキュメントを定義します。ユーザインターフェイスで使用可能なほとんどのパラメータは、スクリプトによって設定できます。
  • PopupMenu serviceは、マウスイベント(通常は右クリック)後に表示されるメニューを記述します。メニューには、通常の項目、チェックボックスまたはラジオボタンを含めることができます。各項目はアイコンおよびツールチップで修飾できます。
  • プリンタの管理:フォントとプリンタのリスト、プリンタオプション、印刷ドキュメント。
  • ドキュメントのPDFへのエクスポートとPDFオプションの管理。
  • ダイアログはテーブルコントロールをホストできます。表形式のデータを指定すると、データはヘッダーとソートボタンとともに表示されます。選択された行はValueプロパティによって返されます。
  • ダイアログのタイトル、ツールチップ、リストボックスまたはコンボボックス、ラベルは、多言語化サービスで提供されるツールにより、オンザフライで変換できます。
  • Calcサービスが改善され、データのインポート後、サイズが不明な場合にセル範囲を識別し、絶対参照と相対参照を使用して式を適用する機能が追加されました。
  • 全てのサービスのセットは、Basicと同じ構文と動作でPythonスクリプトで利用できるようになっています。

BASIC

Python

VBAの変更

プラットフォームの互換性

Mac

  • LibreOffice 7.3はmacOS 10.12以上で動作します。
C++の標準ライブラリに関するアップルのポリシーによって、将来macOSでのシステム要件は次のように引き上げられます。
  • 2022年8月のリリース → 10.13 High Sierra
  • 2023年2月のリリース → 10.14 Mojave
  • 2023年8月のリリース → 10.15 Catalina
  • macOSでも、Skiaライブラリを使ったレンダリングが使われるようになりました[2] (Luboš Luňák, Collabora)

Windows

APIの変更

  • The C functions rtl_str_toFloat, rtl_str_toDouble, rtl_ustr_toFloat, and rtl_ustr_toDouble, and the C++ member functions rtl::OString::toFloat, rtl::OString::toDouble, rtl::OUString::toFloat, and rtl::OUString::toDouble no longer accept a “+” or “-” sign before “NaN” when parsing the XML Schema–style Not a Number notation. (But they still accept an optional “+” or “-” sign before the legacy “1.#NAN” notation.) core commit 9d27a44e
  • osl_demultiplexSocketEvents and its support functionality, all of which were deprecated, have been removed from the UNO C/C++ API. core commit db392a8a

UNO API の変更

  • com.sun.star.i18nでは、様々な列挙型メンバの名称が変更されました(予約済み識別子は使用されなくなりました)。:04af4e4f55f3ef319a78edd4d0109e2e7eba90b6 core commit 04af4e4f
    • com.sun.star.i18n.TransliterationModules では:
      • ignoreTraditionalKanji_ja_JP から IgnoreTraditionalKanji_ja_JP に変更
      • ignoreTraditionalKana_ja_JP から IgnoreTraditionalKana_ja_JP に変更
      • ignoreMinusSign_ja_JP から IgnoreMinusSign_ja_JP に変更
      • ignoreIterationMark_ja_JP から IgnoreIterationMark_ja_JP に変更
      • ignoreSeparator_ja_JP から IgnoreSeparator_ja_JP に変更
      • ignoreZiZu_ja_JP から IgnoreZiZu_ja_JP に変更
      • ignoreBaFa_ja_JP から IgnoreBaFa_ja_JP に変更
      • ignoreTiJi_ja_JP から IgnoreTiJi_ja_JP に変更
      • ignoreHyuByu_ja_JP から IgnoreHyuByu_ja_JP に変更
      • ignoreSeZe_ja_JP から IgnoreSeZe_ja_JP に変更
      • ignoreIandEfollowedByYa_ja_JP から IgnoreIandEfollowedByYa_ja_JP に変更
      • ignoreKiKuFollowedBySa_ja_JP から IgnoreKiKuFollowedBySa_ja_JP に変更
      • ignoreSize_ja_JP から IgnoreSize_ja_JP に変更
      • ignoreProlongedSoundMark_ja_JP から IgnoreProlongedSoundMark_ja_JP に変更
      • ignoreMiddleDot_ja_JP から IgnoreMiddleDot_ja_JP に変更
      • ignoreSpace_ja_JP から IgnoreSpace_ja_JP に変更
      • smallToLarge_ja_JP から SmallToLarge_ja_JP に変更
      • largeToSmall_ja_JP から LargeToSmall_ja_JP に変更
    • com.sun.star.i18n.TransliterationModulesNew では:
      • ignoreTraditionalKanji_ja_JP から IgnoreTraditionalKanji_ja_JP に変更
      • ignoreTraditionalKana_ja_JP から IgnoreTraditionalKana_ja_JP に変更
      • ignoreMinusSign_ja_JP から IgnoreMinusSign_ja_JP に変更
      • ignoreIterationMark_ja_JP から IgnoreIterationMark_ja_JP に変更
      • ignoreSeparator_ja_JP から IgnoreSeparator_ja_JP に変更
      • ignoreZiZu_ja_JP から IgnoreZiZu_ja_JP に変更
      • ignoreBaFa_ja_JP から IgnoreBaFa_ja_JP に変更
      • ignoreTiJi_ja_JP から IgnoreTiJi_ja_JP に変更
      • ignoreHyuByu_ja_JP から IgnoreHyuByu_ja_JP に変更
      • ignoreSeZe_ja_JP から IgnoreSeZe_ja_JP に変更
      • ignoreIandEfollowedByYa_ja_JP から IgnoreIandEfollowedByYa_ja_JP に変更
      • ignoreKiKuFollowedBySa_ja_JP から IgnoreKiKuFollowedBySa_ja_JP に変更
      • ignoreSize_ja_JP から IgnoreSize_ja_JP に変更
      • ignoreProlongedSoundMark_ja_JP から IgnoreProlongedSoundMark_ja_JP に変更
      • ignoreMiddleDot_ja_JP から IgnoreMiddleDot_ja_JP
      • ignoreSpace_ja_JP から IgnoreSpace_ja_JP に変更
      • smallToLarge_ja_JP から SmallToLarge_ja_JP に変更
      • largeToSmall_ja_JP から LargeToSmall_ja_JP に変更
    • com.sun.star.i18n.UnicodeScript では:
      • k_CJKUnifiedIdeographsExtensionA から kCJKUnifiedIdeographsExtensionA に変更

設定の変更

SDK の変更