LibreOffice 7.4 Community: リリースノート

From The Document Foundation Wiki
Jump to navigation Jump to search
This page is a translated version of the page ReleaseNotes/7.4 and the translation is 89% complete.
Outdated translations are marked like this.
Other languages:
Bahasa Indonesia • ‎Deutsch • ‎English • ‎Nederlands • ‎Türkçe • ‎dansk • ‎français • ‎italiano • ‎português do Brasil • ‎slovenščina • ‎čeština • ‎русский • ‎فارسی • ‎中文(中国大陆)‎ • ‎日本語

このページについて

これはリリースするそのときにそのままリリースノートにできるようにするための現在進行中の下書き用の記録です。7.4 リリース に既に記載されているリリース済みの機能を挙げないようにしてください! 実際 に既に実装されているものだけにし、実装してほしいという 要望 を書くのはやめてください。

ここに書くのにふさわしい機能とは:

  • 機能についての簡潔な説明と、忙しい査読者のために機能を見つけて試すことができる方法について述べます。対象読者はしばしば非常に忙しく、そのプロダクトについてほとんど、または何も知らないと思ってください。もしユーザーインタフェースがその機能にとって重要だと思ったら、それがどこにあるか、例えば メニュー ▸ 書式 ▸ 文字 ▸ 位置 [タブ] ▸ ‘90 度’ のように、あなたが変更した部分にたどり着く通り道をはっきり示してください。もちろん あなた は自分の機能が重要だと分かっているでしょうが、すべての人が 拡張可能なオートシェーププロパティダイアログ について注意を払うでしょうか? しかしスクリーンショットを取ってそれを貼るだけでわかりやすくなります。
  • その機能を主に実装した人のクレジットを加えます。機能説明後の適当なところに、丸括弧で囲って記載してください。
  • その機能を確認するにはサンプルやテストファイルが必要でしょうか。特に新たなインポート機能については、その機能がもっともうまく働くようなサンプルファイルへのリンクやアップロードがあるのがベストです。さらにその機能をよく分かるような素敵なスクリーンショットがあるとありがたいです。レビュアーはそれを見てテストすることができます。

このノートを埋める手助けをしていただきありがとうございます!


Writer

全般的な改善

  • メニュー項目ツール ▸ 更新 ▸ すべて更新 でOLEオブジェクトのプレビューが更新されるようになりました blog post (Miklos Vajna; Collabora)
  • Wordとの互換性を高めるために、表や段落の外枠に複数の改良を加えました。blog post (Miklos Vajna; Collabora)
  • Fixed Index or Table of Contents generation when Create Index or Table of Contents ▸ For: is set to Chapter in the Table of Contents, Index or Bibliography dialogue (Insert ▸ Table of Contents and Index). The generated entries start from the current chapter level, instead of the previously hardwired level 2 tdf#130318 (Andreas Heinisch; Emanuele Gissi, CNVVF)
  • Writerは、レイアウトの正確性を改善するために、Wordからの改行のクリアをサポートするようになりました ブログ記事 (Miklos Vajna; Collabora)
  • アクセシビリティチェックダイアログ (ツール ▸ アクセシビリティチェック...) が非同期で表示されるようになりましたcore commit 61fed0c4 (Nick Wingate; Collabora)
  • 読み取り専用でロードされたドキュメントの場合、Writerは、 編集 ▸ 変更の追跡 ▸ 管理... のダイアログとサイドバーの両方で、変更履歴を表示できるようになりました。

core commit 82e789bf (Michael Stahl, allotropia)

  • 編集の追跡中、脚注の削除と挿入は脚注領域に表示されます tdf#85610 (László Németh, NISZ)
脚注番号を書式設定して、脚注領域に脚注の削除と挿入の履歴を表示します。
  • 「hang」ベースラインのOpenTypeプロパティを処理して、異なるサイズのテキストをhagningベースラインに揃えることができます。tdf#104930 (Mark Hung)
  • Wordのリッチテキストとチェックボックスコンテンツコントロールをサポートしました。

blog post (Miklos Vajna; Collabora)

  • WriterはWordからのドロップダウン、ピクチャ、日付コンテンツコントロールをネイティブにサポートします。

blog post (Miklos Vajna; Collabora)

  • *bold*、/italic/などのマークアップ用書式の自動修正はデフォルトで無効になりました。 tdf#133023 (Heiko Tietze, TDF)
  • 字形の配置が改善され、入力中の文字のカーニングや不要な移動に関する問題が解消されました。tdf#144862 (Caolán McNamara, Red Hat)

新しい書式設定

段落レベルのテキスト位置調整を行うための新しいハイフネーション設定の追加 (László Németh)

  • ハイフネーション領域(これは、ハイフネーションを制限するためのもので、特に段落の配置が調整されていない場合に使用されます)。 tdf#149420
  • ハイフネーションの最小単語長設定の追加 tdf#149324
  • 段落の最後の単語でハイフネーションを制限する設定を追加 tdf#149248

注:これらの機能は、CSS4テキストモジュールレベル4、DTPソフトウェアの一部であり、ハイフネーションゾーンはOOXML/MSOの一部です。

体裁タブの書式 ▸ 段落の書式...に新しいハイフネーション設定が追加されました。これにより、自動ハイフネーションのエラーをすばやく調整し、相互運用性を高めることができます

編集の表示モードでの番号付リストの新機能

[変更を表示]モードで、リスト項目の編集後と編集前の番号付けを表示します。 tdf#115523 tdf#115524 (László Németh, NISZ)

  • ダミー混合番号付けを使用しないでください。削除されたリストアイテムを削除されていないものとしてカウントしてしまいます。
  • 最初に実際の番号を示し、その後に括弧内に元の番号を示します。例えば、「1.[2.]」。
  • 削除・挿入されたリストアイテムだけでなく、それに続くリストアイテムは、例えば法律文の変更を認識するために、実際の番号と元の番号を示しています。
  • これらのリストアイテムの可視性を向上させるため、変更された番号付けと段落テキストは、間違ってインデントされたリストをさけるために、タブではなくスペースで区切られています。
変更の表示モードでは、番号付けの変更を正しく表示します。削除されたリストアイテムをカウントせず、番号付が変更されたすべてのリスト項目の元の番号も表示します(左:修正前、右:修正後、1つ目:リストアイテムの削除を追跡、2つ目:リストアイテムの挿入を追跡、3つ目:削除と挿入の両方を追跡)

新しいリモート文法チェッカー:LanguageTool

  • Writerは、文法チェックにリモートLanguageToolのAPIを利用できるようになりました。API docs (この機能をスポンサーしてくれたAdfinisに感謝します) core commit d952df36 (Mert Tümer; Collabora)
ツール ▸ オプション言語設定 にLanguageTool APIを用いた文法チェックの設定を追加した
リモートのLanguageTool APIで文法をチェックした後、コンテキストメニューに適切な単語が表示されます

Calc

全般的な改善

  • スパークラインのサポートを追加しました (blog post) (Tomaž Vajngerl, Collabora)
  • Calcで16384の列数がサポートされ、利用可能になりました。 (blog post) . (Luboš Luňák, Collabora)
  • 数式バーのドロップダウンオートサムウィジェットにCOUNTA、PRODUCT、STDEV、STDEVP、VAR、VARP関数が追加されました。 tdf#139602 (Dhiraj Holden)
  • ハイパーリンクダイアログを使用すると、その際に選択していたセル内のテキストがダイアログ内の項目テキスト内に配置されます。(Ctrl + K) ユーザーがシングル・クリックでセル全体を選択し、ハイパーリンク・ダイアログを介してURLを挿入した場合、対応するセルのコンテンツ全体が置換され、重複の挿入やURLの追加は行われません。セルに複数のURLが含まれている場合、またはセル内に追加テキストを含むURLが含まれている場合、ハイパーリンク・ダイアログはテキスト・フィールドが事前選択された状態で起動します。そうでない場合は、URLフィールドにも入力されます。 tdf#80043 (Andreas Heinisch)
  • 数式バーの高さがドキュメントに保存されます。tdf#99708 (Samuel Mehrbrodt, allotropia)
  • [シートを移動/コピー]ダイアログを改善:[OK]ボタンのキャプションは、選択したコマンド([移動]または[コピー])に応じて変更されます。 tdf#139464 (Laurent Balland)
  • Automatic cell matrix expansion for formula expressions that return an array/matrix. For formula expressions entered into a cell that obviously return an array/matrix, the result cell range is expanded as if ⇧ Shift + Ctrl + ↵ Enter was used to close an array formula. The previous behaviour of only one cell being used to display only the top left element can still be forced by selecting/marking a single cell prior to input. tdf#149378 (Eike Rathke, Red Hat)
  • 新しいメニューエントリシート ▸ ナビゲート ▸ シートへ移動 を使用して、シート名を検索する新しいダイアログを表示することで、多数のシートを含むスプレッドシートのシートに簡単にアクセスできます。 tdf#129674 (Laurent Balland)
  • 非表示の列/行にインジケータが追加されました。 View ▸ Hidden Row/Column Indicator tdf#128258 (Heiko Tietze, TDF)
  • Number format: enhance readability of long decimal number with format 0.000"-"000"-"000. Embedded text in decimal part is now correctly saved and restored in ODS format tdf#96723 (Laurent Balland)
  • The formula bar auto input now also suggests non-English function names and Named Ranges when you are typing the formula tdf#142031 (Andreas Heinisch)

パフォーマンス

  • 多数の列にデータが含まれている場合のパフォーマンスの向上。(blog post) (Luboš Luňák, Collabora)
  • COUNTIF、SUMIFS、VLOOKUPなどの関数のパフォーマンスが向上しました。特に、ソートされていないデータのパフォーマンスが向上しました。 tdf#139444 tdf#144777 tdf#146546 (Luboš Luňák, Collabora)
  • 多くの数式を含む一部のドキュメントでの再計算の高速化 tdf#119083 (Luboš Luňák, Collabora)
  • 巨大なCSVファイル速度のオープンが改善されました tdf#94677 (Luboš Luňák, Collabora)
  • Excelエクスポートフィルタのパフォーマンスの向上 tdf#95346 tdf#117366 tdf#126326 tdf#133749 tdf#140893 (Luboš Luňák, Collabora)
  • 再計算が必要なスプレッドシートをロードする際のパフォーマンスの向上 core commit c315a2f7 core commit 64cb1d10 (Luboš Luňák, Collabora)

ImpressとDraw

  • Impressでのドキュメントテーマの開始:シェイプテキスト blog post (Miklos Vajna, Collabora)
  • Impressでドキュメントテーマのシェイプ塗りつぶしサポートも追加されました blog post (Miklos Vajna, Collabora)
  • PPTX相互運用性のため図形の塗りつぶしとしてスライドの背景を使用するサポート (Armin Le Grand, Samuel Mehrbrodt, allotropia) tdf#128150
    Shape on the master slide using the slides background as fill - 7.3 and 7.4

Base

グラフ

Math

コア/全般

全般的な改善

  • WebP形式の画像のインポートおよびエクスポートに対応しました tdf#114532 (Luboš Luňák, Collabora)
    • 現在、WebPは内部でPNG形式に変換されていることに注意してください。これは、作成したドキュメントファイルの下位互換性を確保するためです。
  • 新しい色に名前を付けるためのダイアログを非同期にしました。core commit 7741b21f (Nick Wingate, Collabora)
  • 最近のドキュメントが読み取り専用モードで開かれたか編集モードで開かれたかを記憶するようになりました。 File ▸ Recent Documents or the Start Center will open them in the same mode as the last time. core commit 404c51f3 (Michael Stahl, allotropia)
  • EMZファイルとWMZファイルのサポートを追加 tdf#103954 (Paris Oplopoios)

押し出されたカスタムシェイプのライティング

MS Officeバイナリフォーマットとの互換性を高め、より多くのODF属性を解釈できるようにするために、押し出されたカスタムシェイプのライティングが強化されました。 tdf#145700 (Regina Henschel)

  • ライトのz方向の誤った解釈が修正されました。特に、観察者からオブジェクトへのセンターライティングが有効になりました。丸みのあるサーフェス上のスペキュラハイライトの位置は、MS Officeと同じになりました。
  • [3D設定]ツールバーの[サーフェス]サブメニューの[メタル]を[メタルODF]と[メタルMS互換]に変更しました。後者は、厳密なODFファイル形式の[ODF 1.3]では使用できません。プリセット[メタルODF]では、スペキュラカラーはODFで指定されているグレーになります。プリセット[メタルMS互換]では、スペキュラカラーはシェイプ塗り潰しカラーまたは押し出しカラーになります。これは、MS Officeでのレンダリングと同様です。
  • アプリケーションプログラミングインタフェースのサービスEnhancedCustomShapeExtrusionは、新しい属性MetalTypeに拡張されました。この属性の値はMetalODFまたはMetalMSCompatibleです。この属性はサーフェスプリセット"Metal MS compatible"で使用されます。
  • ODF属性draw:extrusion-shininessが解釈されるようになりました。 この属性は、3Dオブジェクトの[3D効果](3D Effects)ダイアログボックスの[マテリアル](Material)タブにある[スペキュラ強度](Specular Intensity)の設定に似ています。この属性には直接的なUIはありませんが、サービスEnhancedCustomShapeExtrusionShininess属性として利用できます。
  • ODF属性draw:extrusion-diffusionが解釈されるようになりました。デフォルト値である"0%"は反映されません。これは、既存のシェイプにはこの属性が設定されていないものの、値が100%であることが予想されるためです。既存のシェイプでは、押し出しのオン/オフを切り替えることで、ファイルに属性を強制的に書き込むことができます。この属性はプリセットサーフェス"メタルMS対応"で使用されます。この属性には直接UIはありませんが、サービスEnhancedCustomShapeExtrusionDiffusion属性として使用できます。100%より小さい値を指定すると、オブジェクトのレンダリング結果の明るさが減少します。
  • The ODF attributes draw:extrusion-first-light-harsh and draw:extrusion-second-light-harsh are interpreted now. The lights are rendered soft by distributing parts of the light intensity to four light directions around the original light directions during rendering. The lighting presets in submenu "Lighting" in the toolbar "3D-Settings" set the attribute compatible to MS Office. The attribute has no direct UI, but is available as attribute FirstLightHarsh and SecondLightHarsh in service EnhancedCustomShapeExtrusion in the API.
  • The implementation of ODF attribute draw:extrusion-specularity is adapted to the corresponding shape property in MS Office binary formats. This attribute corresponds to the setting "Specular Color" in the "Material" tab of the "3D Effects" dialog of 3D objects. Only that not abitrary colors but only variants of Gray are used. The attribute has no direct UI, but is available as attribute Specularity in service EnhancedCustomShapeExtrusion in the API. A value of "0%" forces the first light to be not specular, which produces a matte surface in rendering the object. That is used in surface preset "Matte".

パフォーマンス

  • PDFエクスポート、ドキュメントロードなどの場合のテキストレイアウトパフォーマンスの向上 more info in the blog post. (Luboš Luňák, Collabora)

LibreOfficeヘルプ

  • ScriptForgeスクリプトライブラリのヘルプページ(J.P. Ledure, A. Romedenne, R. Lima)

フィルター

DOCX インポート/エクスポート フィルター

  • DOCX: 図形グループ内にテキストボックス(表、画像などを含む)をインポートする tdf#66039 (Attila Bakos, NISZ)

保護された変更追跡のパスワード認証によるロック解除

DOCX文書の保護された変更追跡のパスワード認証によるロック解除 tdf#128744 tdf#106843 (László Németh, NISZ)

  • ツールバーのアイコン変更履歴 をクリックすると、パスワードを確認するように求められます。パスワードを要さずにロックを解除する場合は、警告メッセージだけが表示されます。(or Edit ▸ Track Changes ▸ Record) ;
  • File ▸ Properties... ダイアログウィンドウの セキュリティ ページにおいて 保護解除 ボタンは、正しいパスワードを入力することでレコードの変更を無効にし、また、不正な正しいパスワードは拒否します。

PPTX インポート/エクスポート フィルター

  • PPTXエクスポート:埋め込みビデオファイルの固定されたエクスポート tdf#53970 (Tünde Tóth, NISZ)
  • PPTXインポート:リンクされたメディアファイルのインポートが修正されました。リンクされたメディアファイルは、PPTXエクスポート後にImpressで作成されたドキュメントのイメージとしてインポートされます。 tdf#53970 (Tünde Tóth, NISZ)
  • PPTX:いくつかの基本的なシェイプ(楕円、三角形、直角三角形、台形、平行四辺形、ひし形、五角形、六角形、七角形、八角形)に「接着点」を追加します。注意:PPTXインポートでは、接着点に接続されたコネクタはインポートされません。ODP形式としてエクスポートする場合のみ、後の編集(接続線と矢印を失うことなく接続されたシェイプを移動する)のためにコネクタが保持されます。 tdf#147459 (Tibor Nagy, NISZ)

RTFフィルタによるインポート/エクスポート

PDF エクスポート

  • コマンドラインのPDFエクスポートオプションの改善 blog post (Miklos Vajna, Collabora)
  • 数値、通貨、日付および時刻フォームのフィールド・タイプはPDFにエクスポートされます tdf#105972 (Xisco Fauli, TDF)

HTML エクスポート

  • エクスポートエンコーディング(文字セット)設定がオプションHTML互換性のロード/保存から削除されました。HTMLは常にUTF-8エンコーディングを使用してエクスポートされるようになりました。 tdf#148413 (Mike Kaganski, Collabora)

EMF/WMF インポート

  • EMF+フォーマットのマイターリミットのサポートを追加 tdf#142261 (Bartosz Kosiorek)
  • EMF+フォーマットの個々の行末のサポートを追加 tdf#143875, tdf#55058 (Bartosz Kosiorek)
  • LINETO for EMF/WMF を使用して作成した線に発生していた穴を修正 tdf#89331 (Bartosz Kosiorek)
  • EMF/WMF用のZ圧縮グラフィックフォーマットサポートを追加(.emz and .wmz file formats) tdf#103954 (Paris Oplopoios)
  • EMF+のドキュメントに準拠する変数型を使用 tdf#103859 (Bartosz Kosiorek)
  • EMF+PathGradient充填の表示を修正しました tdf#131506 tdf#143031 (Bartosz Kosiorek)

TIFF インポート

  • TIFF: より多くのバリエーションをサポートするために、インポートフィルタはlibtiff を使用するようリライトされました。 (Caolán McNamara, Red Hat, Inc. and Julien Nabet)
  • OfficeArtBlip TIFFフォーマットのサポートを追加core commit 8c9e6d3a (Bartosz Kosiorek)

GUI

  • ナビゲータは選択した項目までスクロールできます。これを有効にするには、上級者オプションのNavigateOnSelect (org.openoffice.Office.Writer>Navigator)を使用します。 tdf#131063 (Jim Raykowski)
  • スタートセンターのサムネールレンダリングの改善tdf#134065, tdf#147998, core commit b70d17b0 (Mike Kaganski, Collabora)
  • 拡張機能マネージャーに検索フィールドを追加しました。tdf#126672 (Samuel Mehrbrodt, allotropia)
  • フォントダイアログは、アジア言語または複合言語(あるいはその両方)が有効な場合にコンパクトな状態を維持するように変更されました。 tdf#139395 and tdf#146928 (Heiko Tietze, TDF)
  • Windows 10とWindows 11のダークモードの実験的サポート。 参考 [1]. tdf#118320 (Caolán McNamara)
Dark LibreOffice in Windows

Icon Theme

  • Windows版のデフォルトテーマであるColibreアイコンテーマには、Microsoftのモノラインカラー構成を維持しながら、ダークバリエーションが追加されました。 tdf#146545 (Rizal Muttaqin)
Dark Colibre Icon Theme

地域化

ロケールデータを含む新しい言語/ロケール

デフォルトのドキュメント言語やロケール固有の書式設定として使用できます。

  • ペンシルベニア・ダッチ {pdc-US}. tdf#146602 (Peter K. Zacharias, Pennsylvania Dutch Education Corporation; Eike Rathke, Red Hat)
  • アラネーゼ語 {oc-ES}. tdf#147053 (Javier Torres Fernández; Eike Rathke, Red Hat)
  • ディベヒ語 {dv-MV}. tdf#148428 (Adam, M. A.; Eike Rathke, Red Hat)
  • 英語(モーリシャス) {en-MU}. (Eike Rathke, Red Hat)

校正ツールと言語サポートの向上

  • Added Central Kurdish (ckb) Spell Checker & Dictionary. commit 1, core commit 5727a12a (jwtiyar nariman; Olivier Hallot, TDF)
  • Occitan since 2018 has several type variant language subtags in the IANA language-subtag-registry. Historically LibreOffice used oc-FR for Occitan Languedocien and oc-ES for Occitan Aranese as language tags. These were underspecified at least for oc-FR and are now augmented to be written as oc-FR-lengadoc and oc-ES-aranes, the previous oc-FR and oc-ES are still recognized and accepted as aliases. LibreOffice 7.3.5 will accept oc-FR-lengadoc and oc-ES-aranes as aliases for oc-FR and oc-ES for forward compatibility. tdf#147390 (Eike Rathke, Red Hat)
  • Danish spell checking dictionary has been updated (stavekontrolden.dk)
  • Slovenian thesaurus was updated (Martin Srebotnjak, OdprtiTezaver).

マクロ

DispatchHelper .UNO:command ディレクトリ

com.sun.star.frame.DispatchHelper service .UNO:Commands wiki page has been upgraded. It lists all usable 7.4 commands together with their arguments.

ScriptForgeライブラリ

LibreOfficeで使える堅牢かつ拡張可能なマクロスクリプトのコレクションです。ユーザーのBasicやPythonスクリプトから呼び出して利用できます。(Jean-Pierre Ledure)

ライブラリは、それぞれが多数のメソッドとプロパティを持つ合計26のサービスを提供します。

LibreOffice 7.4の新機能:

  • (新しい)「メニューサービス」。メニューバーに表示される新しいメニューを説明します。メニューには通常の項目、チェックボックス、またはラジオボタンが含まれます。各項目はアイコンとツールチップで装飾できます。
  • (新しい)「UnitTestサービス」は、複雑なBasicモジュールと拡張機能用のテストケースとテストスイートをセットアップするためのフレームワークである。
  • (新しい)「リージョンサービス」。ロケール、タイムゾーン、夏時間を管理します。ブリュッセルでは午前12時のとき、東京は何時になるか?また、数字を任意の言語の文字に変換することもできます。
  • 使用可能な拡張機能とそのインストールディレクトリのリストを取得します。 (filesystem service).
  • 引数を指定してメニューコマンドを実行する。 (ui, document services).
  • フォールバック言語(l10nサービス)を管理します。
  • シート範囲をイメージまたはPDFファイルとしてエクスポート (calc service).
  • 式として表されたフィルタに基づいてシート範囲から行または列を消去します(default の場合、空の行または列をすべて消去します)。 (calc service).
  • ピボットテーブルを作成して配置する (calc service).
  • ダイアログのサイズ変更、または背後のダイアログやウィンドウの中央に配置 (dialog service).

サービスのセット全体(関連しない場合を除く)は、Basicと同じ構文と動作でPythonスクリプト上でも使用できます。

ScriptForgeライブラリ(7.4)の「ドキュメント」の英語版は、LibreOfficeの「ヘルプページ」に完全に統合されています。(https://help.libreoffice.org/7.4/en-US/text/sbasic/shared/03/lib_ScriptForge.html?DbPAR=BASIC). その他の言語への翻訳が進行中です。 (Alain Romedenne, Rafael Lima)

VBAのサポート

  • Application.WindowStateに対応しました コミット (Tomaž Vajngerl, Collabora)
  • Application.GetOpenFilenameのサポートが追加されました。tdf#118246 (Tomaž Vajngerl, Collabora)
  • VBAプロジェクトのエクスポートは、インポート時に検出された文字セットを使用します。 tdf#75263 (Andreas Heinisch)
  • VBA Range.Sortは、単一のセル範囲をRangeに展開します。CurrentRegion tdf#149579 (Eike Rathke, Red Hat)
  • VBAにおける大文字と小文字が区別無視のサポート NumberFormat tdf#52602 (Eike Rathke, Red Hat)
  • 名前によるシートの参照をサポート tdf#149325 (Eike Rathke, Red Hat)

Basic

  • Up to and including LibreOffice 7.2, missing optional procedure arguments would be treated as an object of type Error, with error code '448', which would be coerced to e.g. numerical value '448' or boolean true in expressions depending on expression context. This now raises an error, as expected tdf#144353. In particular, expressions like "if IsMissing(FOO) or FOO" used to work "by accident", but now don't any more.

削除または非推奨となった機能

  • FTPは非推奨となっており、将来のバージョンではサポートの対象外となる予定です。
  • In the SDK, the tools idlc and regmerge (using the legacy type registry format) are deprecated and will be removed in a future version, in favor of unoidl-write (using the incompatible new type registry format internally introduced in LibreOffice 4.1). core commit 40f2aee6
  • The C function typelib_setCacheSize has been deprecated without a replacement, and calling it no longer has any effect. core commit c3e9eb99

プラットフォームの互換性

Mac

  • LibreOffice 7.4はmacOS 10.13以降で動作します。
C++の標準ライブラリに関するAppleのポリシーによって、将来macOSでのシステム要件は次のように引き上げられます。
  • 2023年2月のリリース → 10.14 Mojave
  • 2023年8月のリリース → 10.15 Catalina

APIの変更

  • The service EnhancedCustomShapeExtrusion in API is extended with a new attribute MetalType. It has the value MetalODF or MetalMSCompatible. The attribute is not usable in file format "ODF 1.3". For implementation context see Lighting of extruded custom shapes.
  • The service SpreadsheetViewSettings has a new property FormulaBarHeight allowing to read/set the height of the Calc formula bar. core commit d0cacf09 (Samuel Mehrbrodt, allotropia)

ジャンプリスト

Windowsでは、UNO APIを介してジャンプリストをカスタマイズできるようになりました。 Documentation. (Samuel Mehrbrodt, allotropia)

Writer用にカスタマイズされたジャンプリスト

Android Viewer