LibreOffice 4.2 リリースノート

From The Document Foundation Wiki
Jump to: navigation, search
本ページはGlobal Wikiからの有志による翻訳ページです。未翻訳があることや内容が古い場合があります。最新化、翻訳にご協力お願いします。
日本語独自の情報についてまとめることを目的として、日本語コミュニティによって運営されているページとして 日本語コミュニティ独自ページ があります。
URLが wiki.documentfoundation.org/JA で始まっていて、カテゴリーがJAのページです。
そちらもご利用ください。

LibreOffice 4.2 の変更点

このページについて

これはリリースするそのときにそのままリリースノートにできるようにするための現在進行中の下書き用の記録です。4.1 release に既に記載されているリリース済みの機能を挙げないようにしてください! 実際 に既に実装されているものだけにし、実装してほしいという 要望 を書くのはやめてください。 ここに書くのにふさわしい機能とは:


  • 機能についての簡潔な説明と、忙しい査読者のために機能を見つけて試すことができる方法について述べます。対象読者はしばしば非常に忙しく、そのプロダクトについてほとんど、または何も知らないと思ってください。もしユーザーインタフェースがその機能にとって重要だと思ったら、それがどこにあるか、例えば メニュー ▸ 書式 ▸ 文字 ▸ 位置 [タブ] ▸ ‘90 度’ のように、あなたが変更した部分にたどり着く通り道をはっきり示してください。もちろん あなた は自分の機能が重要だと分かっているでしょうが、すべての人が 拡張可能なオートシェーププロパティダイアログ について注意を払うでしょうか? しかしスクリーンショットを取ってそれを貼るだけでわかりやすくなります。


  • その機能を主に実装した人のクレジットを加えます。機能説明後の適当なところに、丸括弧で囲って記載してください。


その機能を確認するにはサンプルやテストファイルが必要でしょうか。特に新たなインポート機能については、その機能がもっともうまく働くようなサンプルファイルへのリンクやアップロードがあるのがベストです。さらにその機能をよく分かるような素敵なスクリーンショットがあるとありがたいです。レビュアーはそれを見てテストすることができます。


このノートを埋める手助けをしていただきありがとうございます!

インストーラー(Windowsのみ)

  • Windowsのカスタムインストールダイアログからモジュールを選択するオプションが削除されました(Andras Timar)。このオプションはほとんど意味がなく(すべてのモジュールはプログラムに含まれており、単にスタートメニューアイコン/ショートカットが抑制されるだけ)バグの原因にもなりました。
変更前
変更後

Writer

  • HTMLファイルへの画像埋め込みにより、画像入りのHTML形式メールを送信することが可能となりました。tdf#63211 (Edmond Ciorba, Andras Timar)
変更前
変更後
  • 文字の枠線: 単一または複数の文字の書式にて、枠線を指定することができるようになりました。 tdf#35155 (Tamás Zolnai)
    サポートされるファイル形式: ODT, HTML, DOC, DOCX, RTF
    設定手順: 書式 ▸ 文字 ▸ 囲み線 (タブ)
文字ダイアログの囲み線タブページ
文字の囲み線、1文字と複数文字の例
  • "すべて選択"機能は、表から始まる特殊な状態のドキュメントでも正常に機能するようになりました。 tdf#37606 (Miklos Vajna)
表で始まる文書で"すべて選択"をしたときの新しい動作
  • スペルチェックのポップアップメニューで、変更履歴についての操作が可能になりました。 tdf#35746 (Miklos Vajna)
Writerで赤線表示時に利用できる新しいスペルチェックポップアップ
  • "スタイルと書式"ウィンドウで、項目を削除または非表示にするために複数選択が可能になりました。 tdf#67461 (Joren De Cuyper)
  • RTF形式のインポート: グループシェイプに対応しました。 tdf#66040 (Miklos Vajna)
変更前
変更後
Writer は .dot 形式での保存が可能になった
  • オートコレクトによる罫線挿入機能の改善: 各種罫線の違いがよりはっきりしました。 tdf#71740. (Laurent Balland-Poirier)
オートコレクトによる罫線の太さの差
  • (アラビア語など)右横書き言語の検索機能において、アクセント記号(diacritics)を無視できるようになりました。 tdf#52204 (Abdulmajeed ahmed)
修正前と修正後
  • コメントの表示トグルボタンの位置が、右横書き言語が選ばれている場合、左に置かれるようになりました。 tdf#69280 (Abdulaziz A Alayed)
  • クイック検索 (ctrl+f) が、その場では見えない「検索と置換」のオプションの影響を受けてしまう不具合を修正しました。 tdf#62601 (Abdulmajeed ahmed)
  • 節見出しへの相互参照で、次のものに脚注番号を表示しないようにしました: (1)節見出し ("ドキュメント/章" フィールド)、(2) 参照のTIPS (3) 「フィールド」ダイアログ tdf#71645 (László Németh)
修正前
修正後
修正前
修正後
  • 新しい標準テンプレート: Default LO Style および Default Writer Template の議論のフィードバックに基づきWriter向けにデザインされた、新しいテンプレートが追加されました。 (Ahmad Harthi)
大きなタイトル、新しい節見出し、より広い行間、など
  • DOCX 相互運用性: Microsoft WordのDOCX形式との相互運用性について、数えきれないほどの顕著な改善が行われました。詳しくは、Microsoft OfficeとOOXMLフィルターの改善を参照してください。
  • 入力フィールドの文中編集が可能になりました。 (Oliver-Rainer Wittmann)
  • 組版品質の向上: ハイフンを指定したときと、句読点直前の語の折り返しの処理を修正しました。詳しい情報は、このブログ記事(英語)をご覧ください。 tdf#56392 (László Németh)
修正前(上)と修正後(下)

Calc

  • 画面左下のスクロールバーを右クリックすることで表示される一覧メニューから、シートを選択表示することが可能になりました。 (Caolán McNamara)
メニュープレビュー
  • 関数の対象範囲選択を、4隅全てから拡張することが可能になりました。 tdf#67592 (Tomaž Vajngerl)
数式の範囲指定の拡大
  • 乱数生成機能が利用可能になりました。 (メニュー ▸ 編集 ▸ 連続データ ▸ 乱数...) tdf#66477 (Tomaž Vajngerl).
乱数生成器
  • 統計機能が追加されました。 メニュー ▸ データ ▸ 統計 (EXCELの分析ツールアドインに相当するものです。) tdf#66477 (Tomaž Vajngerl)
    • サンプリング
    • 基本統計量
    • 分散分析 (ANOVA)
    • 相関
    • 共分散
    • 指数平滑
    • 移動平均
  • "検索と置換"機能で、"すべてのシートで検索"オプションを有効にした場合、検索結果を一覧表示するダイアログが表示されるようになりました。 tdf#39881 (Matúš Kukan)
すべてのシートで検索: 一致したセル表示ダイアログ

数式エンジン

  • WEB上のデータにアクセスするための関数、WEBSERVICEおよびFILTERXMLを追加しました。(Markus Mohrhard)
  • マルチバイト文字列向けの関数 LEFTB、 LENB、 MIDB、RIGHTB を追加しました。(Zhang Lu)
  • MS-Excelとの相互運用性のため、関数 COVARIANCE.P および COVARIANCE.S を追加しました。 tdf#70000 (Winfried Donkers)
  • MS-Excelとの相互運用性のため、関数 STDEV.P および STDEV.S を追加しました。 tdf#44134 (Winfried Donkers)
  • MS-Excelとの相互運用性のため、関数 VAR.P および VAR.S を追加しました。 tdf#61002 (Winfried Donkers)
  • MS-Excelとの相互運用性のため、関数 BETA.DIST および BETA.INV を追加しました。 tdf#71008 (Winfried Donkers)
  • MS-Excelとの相互運用性のため、関数 BINOM.DIST および BINOM.INV を追加しました。 tdf#71081 (Winfried Donkers)
  • MS-Excelとの相互運用性のため、関数 CONFIDENCE.NORM および CONFIDENCE.T を追加しました。 tdf#71350 (Winfried Donkers)
  • MS-Excelとの相互運用性のため、関数 F.DIST, F.DIST.RT, F.INV, F.INV.RT , F.TEST を追加しました。 tdf#71436 (Winfried Donkers)
  • MS-Excelとの相互運用性のため、関数 EXPON.DIST, HYPGEOM.DIST, POISSON.DIST, WEIBULL.DIST を追加しました。 tdf#71722 (Winfried Donkers)
  • 大量の標本数を取扱できるように、関数 CRITBINOM を改良しました。 (Winfried Donkers)

Impress / Draw

  • スライドに切り替え効果やアニメーションが設定されている場合、スライドソーターに補助アイコンが表示されるようになりました。tdf#65456 (Edmond Ciorba, Andras Timar)
Impress-visual-clues.png
  • スライドにカスタムアニメーションや切り替え効果を使用している場合、スライド内の全てのコンテンツについてアイコンを表示し、プレゼンター画面から簡単に表示できるようになりました。 tdf#65457 (Edmond Ciorba, Andras Timar)
プレゼンター画面
ノート画面
スライドソーター画面
  • iOS版 Impress remote が利用可能になりました。
  • サイドバーが標準で有効化されました。 (Impressのみ)
  • カスタムアニメーションツールバーが新しくなりました。 tdf#62082 (Samuel Mehrbrodt)
Customanim.png

Base

  • 互換性のない変更: チェックボックスが指定のセルへ代入する値は、'true'または'false'に変更されました。LibreOffice 4.1 までは、'1' または '0'が代入されていました。 読み込み動作は後方互換のため '1' および '0'に対応します。 (Lionel Elie Mamane)
  • 新機能: チェックボックスの基準値の挙動が強化されました。 必要であれば、'1'か'0'を書き込む旧来の動作を維持することができます。また、booleanセルにひもづけられたチェックボックスの挙動を、プロパティ内の設定項目によって"参照値(オン):false 参照値(オフ):true"のように切り替えることも可能です。(Lionel Elie Mamane)

グラフ

  • xlsx形式ファイルからグラフをインポート可能になりました。ただしセル参照ではなく、値を内部データとして取り込みます。 (Muthu Subramanian)
  • 近似曲線の強化:
    • 一系列あたり一本以上の近似曲線を追加可能に (Tomaž Vajngerl)
    • 近似曲線への切片(INTERCEPT)の強制指定 tdf#40314 (Tomaž Vajngerl)
    • 近似曲線の外挿 tdf#40316 (Tomaž Vajngerl)
    • 多項式近似曲線の追加 tdf#35712 (Tomaž Vajngerl)
    • 移動平均近似曲線の追加 tdf#40315 (Tomaž Vajngerl)
近似曲線の強化: 複数の近似曲線、切片の強制指定 (左上)、咳嗽した近似曲線 (右上)、多項式近似曲線 (左下)、移動平均近似曲線 (右下)

Core

オプション/一般

Windowsレジストリの変更

Windowsレジストリは設定の保存先に使われています。Windowsでは、LibreOfficeは HKLM/Policies/LibreOffice を設定レイヤーのプログラムとしての最上位に、またユーザーとしては下位のレイヤーに置いています。

以下の構造が仮定されています: キーの最後の要素はプロパティ、最初の部分はパスと、必須でないノードです。後者は oor:op 属性を持っています。値は次のものでありえます: Value (文字列) または Final (DWORD、必須ではない) 例えば以下のようなレジストリ設定です:

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\LibreOffice\org.openoffice.UserProfile\Data\o]
"Value"="Example Corp."
"Final"=dword:00000001

becomes the following in configuration:

<item oor:path="/org.openoffice.UserProfile/Data">
    <prop oor:name="o" oor:finalized="true">
        <value>Example Corp.</value>
    </prop>
</item>

別の例を:

[HKEY_LOCAL_MACHINE\Policies\LibreOffice\org.openoffice.Office.OptionsDialog\OptionsDialogGroups\ProductName/#fuse\Pages\BasicIDEOptions/#fuse\Hide]
"Value"="true"

これは以下のような設定になります:

<item oor:path="/org.openoffice.Office.OptionsDialog/OptionsDialogGroups">
    <node oor:name="ProductName" oor:op="fuse">
        <node oor:name="Pages">
            <node oor:name="BasicIDEOptions" oor:op="fuse">
                <prop oor:name="Hide">
                    <value>true</value>
                </prop>
            </node>
        </node>
    </node>
</item>

この機能によりLibreOfficeの設定を、Windowsドメインのグループポリシーオブジェクト(Group Policy Objects; GPO)で中央管理することができます。これによりLibreOfficeの設定を予めセットしたり、場合によりロックしたりできます。この機能はハンガリーの 電子政府自由ソフトウェア活用センター(E-Governmental Free Software Competence Centre)の要請によって開発されました。

ソースコード品質

Coverity scan (訳注: ソース静的解析ツール) による解析の結果、ソースコード品質が向上しました。 (Stephan Bergmann, Herbert Dürr, Jan Holesovsky, Andrzej J.R. Hunt, Marc-André Laverdière, Caolán McNamara, Markus Mohrhard, Julien Nabet, Noel Power, Michael Stahl, Norbert Thiebaud, Miklos Vajna)

フィルタ

Microsoft OfficeとOOXMLフィルターの改善

  • Microsoft WordのDOCX形式との相互運用性については数えきれないほどの向上があります:
    • Writerの変更履歴がDOCXでも保持されるようになりました(変更履歴データ自体は部分的にしか保存できません)。 tdf#64826 (Adam Co)
    • 単色ページ背景塗りつぶしが DOCX を行き来しても保持されるようになりました。tdf#65257 (Adam Co)
    • DOCXのページマージンを修正しました。tdf#64350 (Adam Co)
    • 偶数、奇数ページフラグが異なる場合無視される不具合が修正されました。tdf#65655 (Adam Co)
    • 隠しフッタが通常フッタとしてWriterに変換される不具合が修正されました。tdf#64238 (Adam Co)
    • Writerで下線の色が保存されるようになりました。tdf#65710 (Adam Co)
    • Writerで文字の影も保存されるようになりました。tdf#65400 (Adam Co)
    • Writerで1から始まらないページ番号も保存されるようになりました。tdf#66543 tdf#44689 (Adam Co)
    • テキストボックス内の設定情報がDOCXにエクスポートされるようになりました。tdf#66929 (Adam Co)
    • ページ境界のDOCXへのエクスポートが修正されました。(エクスポート時の相互運用性例#2)http://wiki.openoffice.org/wiki/Writer/MSInteroperability/PageBorder
    • レベル0の箇条書きが保存できるようになりました(表示されないのが正しい)。tdf#66781 (Adam Co)
    • DOCXのページ境界の影が修正されました。tdf#64350 (Adam Co)
    • ヘッダ/フッタの境界線がなくなる問題が対応されました。tdf#67013 (Adam Co)
    • テキストボックス内の背景のグラディエーションカラーが正しく保存されるようになりました。tdf#65295 (Adam Co)
    • ビットマップの回転情報が保存されるようになりました。tdf#70457 (Jacobo Aragunde)
    • シェイプをエクスポートしたとき誤った位置およびサイズになってしまうのを修正しました。tdf#70838 (Jacobo Aragunde)
    • スマートアートの情報を保存するようになりました。(Jacobo Aragunde, Andrés Gómez, Miguel Gómez)
    • DOCXファイルを開いたときに割付や方向が誤っている不具合を修正しました。tdf#43093 (Faisal M. Al-Otaibi)
    • MS Officeによって作られたファイルを保存すると方向がおかしくなる不具合を修正しました。tdf#71646 (Faisal M. Al-Otaibi)
    • OOXMLのフローティングテーブルの処理が改善されました。詳しくはこのブログ記事(英語)を参照ください。 (Miklos Vajna)
    • 文書のタイトルにアンド記号(&)があるとDOCXが破損する不具合を修正しました。 tdf#63053 (Abdulmajeed ahmed)
  • すべてのOOXMLの解析に顕著な速度改善がされました - 構文解析/字句解析処理を分割して別のスレッドで行うようにし、それ以外にもFastParserに関係するたくさんの最適化を施しました。(Matus Kukan, Michael Meeks)
  • Microsoft Office 2010 と 2013 の 軽量復号化(Agile decryption) メカニズムを標準でサポートしました。(Tomaž Vajngerl)
  • 暗号化されたOOXMLをサポートしました。tdf#59524 (Tomaž Vajngerl)
  • Microsoft OOXMLインポート・エクスポートフィルターと同様に、Microsoft Officeバイナリファイル形式およびRTF形式も数多く向上されました。詳細は:


その他のインポート・エクスポートフィルターの進化

  • MathML エクスポートの改善 (Frédéric Wang)
  • PDFエクスポートにおいて、標準PostScript コアフォントセット常に埋め込むようになりました。埋め込みしない挙動はドキュメントの表示で問題が起きる可能性があったため削除されました。
  • PDFのしおりに脚注番号が含まれなくなりました。tdf#71645 (László Németh)
修正前
修正後

SVG エクスポート

  • 二重線の線幅の不具合を修正。tdf#71136 (László Németh)
  • ストロークの線端形状(linecap)および線接合の形状(linejoin)をサポート。 tdf#71137 (László Németh)

新しいインポートフィルター

Apple Keynote (OS X上)で開いたサンプルプレゼンテーション
LibreOffice (Linux上)で開いた同じプレゼンテーション
ノートタブ
  • AbiWordインポートフィルター (Fridrich Štrba)
AbiWordで開いたサンプルABWファイル
LibreOfficeで開いた同じABWファイル
AbiWordで開いたサンプル (zlib 圧縮) ZABWファイル
LibreOfficeで開いた同じZABWファイル
  • 多数の電子書籍フォーマットのインポートフィルター。大部分はPalmベース (David Tardon)
    • FictionBook 2
    • PalmDoc
    • PeanutPress (eReader)
    • Plucker
    • TealDoc
    • zTXT
    • すみません、ePubはまだです……4.3 までお待ちください :-)
  • 古いMac文書形式のインポート (Laurent Alonso)
    • Acta Mac Classic 文書
    • Beagle Works / WordPerfect Works 文書
    • Great Works 文書
    • MacDoc 文書
    • More Mac v2-3 文書

GUI

  • GNOME3のアプリケーションメニューに統合されました。 tdf#48835 (Caolán McNamara)
Libreoffice-appmenu.png
  • ダイアログのタブが複数行になったときにバランス良くなりました。tdf#66435 ダイアログのタブがバランスよく2行に折り返されます。 (Stefano Facchini and Caolán McNamara)
Before: Before-balancing.png
After: After-balancing.png
  • MATEとXFCEデスクトップをサポートします。(デスクトップ環境の開く/保存ダイアログ)tdf#46990(Pader Rezso)
  • 検索ツールバーに”すべて検索”ボタンが追加されました。tdf#64451 (Andrzej J.R. Hunt)
  • Windows7以降で、タスクバーに開いている同一のアプリケーションの内容がグループ化されて、ウインドに表示されます。(Jesús Corrius)
Windows-taskbar-group.png
  • Windows7以降で、タスクバーのアイコンにマウスカーソルを当てると最近利用したドキュメントの一覧が表示されます。(Jesús Corrius and Fridrich Štrba)
Recent documents taskbar.png
  • Windowsの「プログラムで開く」メニューにより多くのファイル形式が追加されました。 (Jesús Corrius)
  • ルーラーの機能強化: ルーラーへの目盛りへのスナップ、目盛り上への数字の表示、ツールチップ (Tomaž Vajngerl)
RulerEnhancements.png
  • about:config機能が実装され、オプション内のメニューから使用可能になりました。 (Efe Gürkan YALAMAN)
Expert Config.png
  • ドキュメント管理システムサポートの拡張: Google Driveへの接続が可能となり、CMISからそれらを編集出来るようになります。 (Cuong Cao Ngo)

新しい起動画面

  • 新しい起動画面はスッキリしたレイアウトで、特にネットブックでスペースを有効に利用できます。最近開いたファイルを素早く一覧できます。以前と同様、この画面にファイルをドロップすることで開くことができます。 (Krisztian Pinter, Mirek Mazel, Stefan Knorr, Krzysztof Ponikiewski, Rodolfo Ribeiro Gomes, Tamas Zolnai, Jan Holesovsky)
New Start Center

数式エディタ

  • Mathでズームスライダーが利用可能になりました。 tdf#63351 (Thomas Arnhold)
  • 括弧が自動的に閉じられる様になります。 tdf#43090 (Marcos Paulo de Souza)
  • Math: 要素ドックにある色名をクリックすることで、数式に直接色をつける機能が追加されました。 (Marcos Paulo de Souza)
Mathcolor.png

フラットデザインアイコン (Sifr)

  • 新しいアイコンセット「Sifr」がLibreOffice 4.2に採用されました。美しく、落ち着いたデザインにより、ユーザーがドキュメントに集中しやすくなります。 (Issa Alkurtas, Norah Abanumay, Mirek M., Pavel Haratický, Ahmad Harthi)


Writer with Sifr icons

スマイルマーク

  • スマイルマークのシェイプが良い笑顔になりました。 (Ahmad Harthi)


変更前と後のスマイルマーク

多言語対応

言語タグサポート

BCP 47言語タグのサポートに伴う変更 (#Core 参照).

  • カタロニア語(バレンシア) [ca-ES-valencia] を文書の内容として利用できるようになりました。 tdf#68714 (Eike Rathke)
  • カタロニア語(バレンシア) のUI翻訳として当座しのぎで [ca-XV] を使っていたのを、正しく [ca-ES-valencia] タグを用いるようになりました。 (Eike Rathke)
  • 当座しのぎで [sh-*] という文書言語としていたものを、正しく [sr-Latn-*] とするように、古い [sh-*] も扱えるようにしました。 (Eike Rathke)
  • 言語リストに [en-GB-oed] ルール外(grandfathered)タグを "English, Oxford English Dictionary spelling" 用として追加しました。 (Eike Rathke)
  • ラテン綴りで書かれたクルド語 [ku-*] の汚いマクロ言語のコードを綺麗にし、それぞれの国ごとに区別したスクリプトで処理するようにしました。 tdf#63460 (Eike Rathke)
    • ku → kmr-Latn (北部クルド語、ラテン綴り)
    • ku-TR → kmr-Latn-TR (トルコでの北部クルド語、ラテン綴り)
    • ku-SY → kmr-Latn-SY (シリアでの北部クルド語、ラテン綴り)
    • ku-IQ → ckb-IQ (イラクでの中部クルド語、アラビア綴り)
    • ku-IR → ckb-IR (イランでの中部クルド語、アラビア綴り)
    • 追加: sdh-IQ (イラクでの南部クルド語、アラビア綴り)

言語リストにおける新たな対応言語/地域

文字属性およびスペルチェックが可能となったもの

  • 言語リストに Ngäbere_Panama [gym-PA] 追加。 tdf#66602 (Eike Rathke)
  • 言語リストに Kumyk [kum-RU] 追加。 tdf#70089 (Eike Rathke)
  • 言語リストに Nogai [nog-RU] 追加。 tdf#69987 (Eike Rathke)
  • 言語リストに Karakalpak Latin [kaa-Latn-UZ] 追加。 tdf#70217 (Eike Rathke)
  • 言語リストに Ladin [lld-IT] 追加。 tdf#70530 (Eike Rathke)
  • 言語リストに Puinave [pui-CO] 追加。 tdf#71454 (Eike Rathke)


新たな対応言語/地域および地域データ

標準のドキュメント言語とロケール特有フォーマッティングへの追加。

  • 完全なロケールサポートのため Ladin_Italy [lld-IT] のロケールデータを追加。 tdf#70530 (Domingo Sacristan and Eike Rathke)
  • French (Burkina Faso) [fr-BF] およびそのロケールデータを追加。 tdf#71243 (David Delma and Eike Rathke)
  • Bamanankan/Bambara_Mali [bm-ML] のロケールデータを追加。 tdf#71361 (JJ Méric and Eike Rathke)
  • Puinave_Colombia [pui-CO] のロケールデータを追加。 tdf#71836 (Michael Bauer and Eike Rathke)
  • AED・KWD通貨のため Arabic_UAE [ar-AE] および Arabic_Kuwait [ar-KW] のロケールデータリファラーを追加。 tdf#71140 (Eike Rathke)

実験的な機能

  • ライブデータストリーミング(データ ▸ ストリーム...)の実験的機能を追加しました。この機能はまだ非常に実験的で、標準では無効にされています。この機能を有効にするには、「実験的な機能を有効にする」オプションをオンにする必要があります。 (Matúš Kukan, Kohei Yoshida)
データストリームのダイアログ
  • 新技術プレビュー機能: LibreOffice Base 向けの Firebird SQL コネクター (Andrzej Hunt)。新しいデータベースを作成するとき、ドロップダウンメニューで「Firebird(埋め込み)」を選択してください(その前にツール ▸ オプション ▸ LibreOffice ▸ 拡張にて実験的機能を有効にする必要があります)。以前よりビルトインされていたHSQLDB 1.8ではC++とJavaの間のオーバーヘッドがあったため、Firebirdのほうがデータベースを何度も作成した場合に高速に動作します。HSQLDBは今後数回のリリースで除去される予定になっており、またスムーズなFirebirdへの移行パスを用意する予定です。モダンなHSQLDB 2.x外部データベースへの接続はHSQLDBのネイティブインタフェース、すなわちJDBCで引き続き提供されます。

Firebirdについて簡単に説明しますが、よりよい記述にしていただいて構いません: "LibreOffice Base への Firebird の統合は大きな前進への一歩です。Firebirdは成熟した関係SQLデータベースで、ACID特性を満たし、素晴らしいクロスプラットフォーム性、多言語対応、複数世代アーキテクチャ、参照整合性、ロギングおよびモニタリングの機能を有しています。高いパフォーマンス、素晴らしい並行性、そしてストアドプロシージャおよびトリガーなど強力な言語サポート、などを提供します。1981年から今まで、様々な名前の元、多くの商用システムにて利用されてきました。"

Firebird(埋め込み)
  • WindowsではIAccesible2 (IA2) をサポートした新たな実験的なアクセシビリティブリッジをサポートしました。このコードはIBMからのものに拠っています。デフォルトではレガシーなJava アクセスブリッジ (JAB)が使われますが、ツール ▸ オプション ▸ LibreOffice ▸ 拡張の実験的機能を有効にすることによって新しいIA2ブリッジに切り替わります。LO 4.3ではJABはIA2に置き換えられ削除される予定です。テスト前にあなたのアクセシビリティツールがIA2をサポートしているか確認してください; NVDA (訳注: 日本語版)は動作することがわかっています。詳しくは Development/ia2 を参照してください。

パフォーマンス

Calc

  • Calcのセルを保持する構造は完全に書き換えられ、連続するセルの値は連続するメモリ領域に格納されるようになって、参照の局所性が向上した上に保存コストも下がりました。新しい構造によってセルが非常に大きな場合にハードウェア支援並列計算が可能になりました。(Kohei Yoshida)
  • Calc コアはあらゆるセルやその他の場所に格納されるすべての文字列インスタンスを共有するようになり、大文字と小文字を区別するしないに関わらず文字列比較が劇的に高速化し、またOpenCLベースのインタプリタによって文字列の同値性チェックができるようになりました。この変更により、非常に数多くの同値性比較を行ういくつかのセル関数(例えばVLOOKUP)の実行が高速化されました。オートフィルター、標準フィルター、拡張フィルターなどによる列方向のフィルタリングも文字列の共有によって高速化されるはずです。 (Kohei Yoshida)
  • 縦に隣接した、同じ式トークンセットを持つ計算セルはトークン配列インスタンスを共有するようになりました。この変更によりCalcのメモリ使用量は劇的に削減され、セルを移動したときの自動参照更新も高速化されます。 (Kohei Yoshida)
  • XLSXインポートフィルターはXLSXドキュメントのインポート速度を目に見えて高速化するために書きなおされました。速度向上はXMLパージングにおける一時的な文字列の割付および開放を別々のスレッドに移動すること、またCalc側でのハンドラーロジックの非効率な部分、特に式セルをインポートするときに起きるもの、を改善することによって成し遂げられました。 (Kohei Yoshida, Michael Meeks, Matúš Kukan)
  • 実験的にマルチスレッドでのXLSXドキュメントのインポートが追加されました。実験的機能が有効なとき、CalcはXLSXドキュメントを複数スレッドで、複数のシートを並行でインポートしようとします。 (Kohei Yoshida, Michael Meeks)
  • 大量のリッチテキストセルが存在するODSドキュメントのエクスポートが劇的に拘束しました。詳細はこのブログ記事を参照ください。 (Kohei Yoshida)
  • セルのコメントの保存は multi_type_vector を使うように書きなおされました。これにより大量にセルコメントが入った文書のインポートおよびエクスポートの性能が向上します。 (Laurent Godard)
  • VLOOKUP 関数は外部参照を用いることで高速化されました。 (Pierre-Eric Pelloux-Prayer)
  • SUM, COUNT, SUMIFS 関数が高速化されました。 (Kohei Yoshida)

インフラストラクチャ

  • OS Xにて64bitビルドが追加されました。
  • 新しい実験的なLibreOffice APIが追加されました。これは(最初のところは)LibreOfficeのフィルターをLibreOfficeコアに直接リンクすることで再利用することを可能にします。シンプルな C API とラッパーの C++ APIがあり、ランタイムの依存性を必要としません(とても小さな静的ライブラリ / shim 経由です) (Michael Meeks)
  • LibreOffice Windows 用 シンボル & ソースサーバー
  • Windows でバグが起きたとき、シンボルサーバーおよびソースサーバーによって簡単にバックトレースやそれ以上の情報を取得できます。 (Fridrich Štrba, Luboš Luňák, Jan Holešovský, Christian Lohmaier)
  • 詳しい説明は 使い方のページにあります。

Scripting

  • LibreOffice now bundles Access2Base, a simplified API for scripting of Base (and Writer database forms) in the Basic programming language. It is more concise and easier to learn than the cross-language standard UNO API.
  • LibreOfficeに Access2Base が導入されました。これはBase(およびフォームエディタ)のBasic言語のためのシンプルなAPIであり、標準のUNO APIよりも簡潔で覚えやすい物になっています。.

Extensions

Feature removal / deprecation

API Changes

UNO API changes

次のUNOインタフェースやサービスが変更されました:

UNO API removals

次のUNOインタフェースやサービスはAPIから削除されました。

Autodoc replaced by doxygen

The SDK no longer contains the autodoc documentation tool core commit 9d93ed7cd1b36830f6d7aedd4e6f15667774de1d.

IDL API documentation can be extracted by doxygen version 1.8.4 or later instead. Download it from http://www.stack.nl/~dimitri/doxygen/download.html

There are some differences in the documentation markup between autodoc and doxygen; the warnings printed by doxygen are helpful in finding comments that need tweaking.

uno-skeletonmaker

The obsolete --java4 command line parameter was removed from the uno-skeletonmaker tool core commit 3cb10e9220da27ca7db2f68007be9e310bdefc4d

Most Annoying Bugs

(もっとも厄介なバグ一覧)

以下の厄介なバグは現時点では修正されていませんが、通常のバグ修正リリースで修正を目指しています:

  • (日本で発見された不具合)Calcにおいて、和文と欧文のフォントが混在したケースで、セル関数のアップデート時やフォントの切替時にフリーズすることがある。[1]

Security-Related Bugs

(セキュリティに関連したバグ)

以下のセキュリティに関連した不具合がこのリリースには含まれています:

  • 自動修復時にパスワード保護された文書が暗号化解除されてしまう (tdf#51819)

ODF changes

  • This version corrects the mispelling « turquise » for Table Style in Impress. The files which use this style should be fixed by following the following howto: Documentation/HowTo/fix odp fdo71428