LibreOffice 6.3 リリースノート

From The Document Foundation Wiki
Jump to navigation Jump to search
This page is a translated version of the page ReleaseNotes/6.3 and the translation is 99% complete.
Outdated translations are marked like this.
Other languages:
Deutsch • ‎English • ‎Tiếng Việt • ‎dansk • ‎español • ‎français • ‎italiano • ‎português do Brasil • ‎slovenščina • ‎русский • ‎中文(中国大陆)‎ • ‎日本語


このページについて

Writer

  • 「Words With TWo INitial CApitals (大文字2つで始まる単語)」オートコレクト例外リスト機能は、「すべての文を大文字で始める」および「cAPS LOCK キーの誤用を修正」機能で大文字と小文字を変更するときにも考慮されるように拡張されました。これにより、mRNA、iPhone、fMRIなどの単語の自動大文字化を回避できます。この機能は「Words With TWo INitial CApitals or sMALL iNITIAL (大文字2つまたは小文字で始まる単語)」に改名されました tdf#121779 (Mike Kaganski - Collabora)。
  • 新たに追加されたUNOコマンド.uno:TableCellBackgroundColor によって、単一または複数選択した表のセルの背景色が設定可能になりました。 tdf#82504 (Jim Raykowski)
  • “アウトラインをクリップボードに送る”ボタンが、ナビゲーター -> コンテキストメニュー(“見出し”を右クリック)に追加されました。tdf#123395 (Wenzhe Pei).
  • 変数入力フィールド 挿入 ▸ フィールド ▸ 他のフィールド... ▸ 変数 ▸ 入力フィールド は、機能入力フィールドが既に可能であるのと同様に、インラインでの編集可能になりました。 Insert ▸ Field ▸ More Fields... ▸ Functions ▸ Input field tdf#123968 (Michael Stahl, CIB)
  • 目次と索引の更新機能を使用した際に編集履歴がクリアされることは無くなり、アンドゥ・リドゥが可能となります。 tdf#38703 (Michael Stahl, CIB)
  • 文字にアンカー付けされた描画オブジェクトの選択作業がより一貫してユーザーフレンドリーになり、Undoでクラッシュしなくなりました (Michael Stahl, CIB) core commit 28b77c89dfcafae82cf2a6d85731b643ff9290e5
  • CalcからWriterの表への直接貼り付け (LO 6.2で導入、, tdf#37223をご覧ください) の強化: フィルター適用後の可視セルのみがコピー・貼り付けされる様になりました。 tdf#124646 (László Németh, NISZ)
Only filtered rows of the Calc data are copied to Writer tables
  • ページの背景 (色、階調、タイル状のビットマップ) はページのマージン内だけでなく、ページ全体をカバーするようになりました tdf#33041 (László Németh, NISZ)
Colored pages without white margins
  • 表および枠内において下から上、左から右方向への入力が可能となり、Wordとの整合性が向上しました。 blog post 1 blog post 2 (Miklos Vajna, Collabora)
New btLr text direction in Writer
  • DOCX drawingMLのグループ図形によるグラフの取り込みが可能になりました blog post (Miklos Vajna, Collabora)
Import of Microsoft drawingML group shapes in Writer
  • 巻末の注に関係するWord互換性のオプションを追加 tdf#124601、この改善を可能にした TU-Dresden に感謝します! (Miklos Vajna, Collabora)
  • Wordと同様にヘッダー/フッターのある文書ファイルのインポートでフローティングテーブルを処理します tdf#124601、この改善を可能にした TU-Dresden に感謝します! (Miklos Vajna, Collabora)

相互運用が可能なテキストによるフォームコントロール

LibreOfficeはすでにMicrosoft Wordフォームをかなり良くインポートします - 長年にかけて多くの改良をしました - そして、LibreOffice 6.3ではWordフォームコントロールを追加することが可能です。 オプションの ツール ▸ オプション ▸ Writer ▸ 互換性 ▸ MS互換のフォームメニューを再編成を設定後に、Writerのフォームメニューが変更されます。

WriterのMicrosoft互換フォームメニュー
  • Microsoft Officeと同様な、オプションのフォームメニューレイアウト (Tamás Zolnai, Collabora)
  • 伝来のフォームコントロールにGUIを実装 (Tamás Zolnai, Collabora)

フォームについてのこの改良について知ることに興味がある; こちらのページを見て下さい: Form controls in LibreOffice

開く/保存 のパフォーマンス

  • ブックマークのパフォーマンスの改善。書き出し時間が1.5秒速くなりました tdf#117066 (Noel Grandin, Collabora)
  • 大きな表のパフォーマンスの改善。 tdf#84635 (Noel Grandin, Collabora)
  • 埋め込みフォントのパフォーマンスの改善。 tdf#69060 (Mike Kaganski, Collabora)
  • いくつかの ODT ファイルのパフォーマンスの改善 tdf#63640 (Noel Grandin, Collabora)
Better performance of various file openings in Writer
  • このバージョンで修正されたWriterのパフォーマンスに関する全てのバグのリストは こちらを見て下さい

Calc

  • セルにアンカー付された画像がセルと共にリサイズされるように UNO API を追加した (Samuel Mehrbrodt, CIB) tdf#124329
  • 通貨形式にロシア・ルーブルの新たな記号を追加。 руб. などの代わりに 記号 (U+20BD)が表示されます(Eike Rathke, Red Hat) tdf#96711
  • 元のツールの Sum の代わりに数式バーに新しいドロップダウンウィジェットを追加(Gagandeep Singh) tdf#120697
新しい数式バーのドロップダウンウィジェット
  • 検索と置換機能の追加ダイアログを無効化することが可能になりました。再度有効にするには、ツール ▸ オプション ▸ Calc ▸ 表示 ▸ ウィンドウ ダイアログ内のセルの置換結果を表示オプションを使用してください。 tdf#87965 (Heiko Tietze)
Search results
  • 移動平均を計算する前に入力範囲を実際のデータ内容にトリミングできる新しいチェックボックスをデータ ▸ 統計 ▸ 移動平均ダイアログに追加しました。このチェックボックスはデフォルトで有効になっています。このチェックボックスが無効になっている場合でも、基本的な動作の問題も修正しました(Dennis Francis、Collabora)tdf#99938
"入力範囲のトリミング" チェックボックスの付いた移動平均ダイアログ。
  • オートフィルターのポップアップはWindowsにおいてOpenGLなしでもちらつきません。 tdf#101086 (Miklos Vajna, Collabora)
  • 保護された列ラベルを含む範囲で並べ替えができるようになりました。 tdf#119804 (Martin van Zijl)

データ ▸ 統計 ▸ サンプリング ダイアログの改善

全ての作業は Eike Rathkeによって行われました commit

  • 「復元抽出」チェックボタンを追加
    • チェックあり: 復元抽出(選ぶたびに元に戻す)。母集団のデータ数よりも大きいサンプルサイズを指定できます。
      • 「順序を保つ」とは併用できません。
    • チェックなし: 非復元抽出(一度選んだものは戻さない)。サンプルサイズは母集団サイズに制限されます。
      • 「周期的」サンプリングの場合は自動的にオフになります。
  • 「順序を保つ」チェックボタンを追加
    • チェックあり: サンプルは元のデータの中での順序と同じ順で並びます。
      • 非復元的な方法で、「復元抽出」とは併用できません。
      • 「周期的」サンプリングでは自動でチェックが付きます。
    • チェックなし: サンプルはランダムな順序で選ばれます。
Sampling dialog with the new options, “With replacement” and “Keep order”
  • 全ての非復元的なサンプリングで、「サンプルサイズ」及び「周期」入力フィールドは母集団のサイズ以下に制限されます。
    • 制限されている場合、母集団サイズを拡大するときに「サンプルサイズ」と「周期」を最後に入力した値まで増やします

「周期的な」サンプリングで「周期」に母集団のサイズより大きい値を指定しても無意味ですが、以前は制限されていませんでした。

「ランダム」サンプリングの新しい実装では、「順序を保つ」と「復元抽出」をオフ(非復元抽出)にした場合でも、「サンプルサイズ」は母集団の大きさ以下に制限されます。

新しい表計算関数

FOURIER() 関数

FOURIER(Array, GroupedByColumns, Inverse, Polar, MinimumMagnitude) は、二種類の高速フーリエ変換アルゴリズムを介して入力配列(最初の引数)の離散フーリエ変換 [DFT] を計算する行列式です。 この関数の全ての機能はデータ ▸ 統計 ▸ フーリエ解析のダイアログからグラフィカルに利用可能です tdf#74664 blog (Dennis Francis, Collabora)

入力配列データ(最初の引数)の並べ方は次のとおり:

  • 列方向 (フラグ GroupedByColumns = TRUE で指定します)。 この場合、1列か2列の行列を引数にできます。最初の列には入力データの実部が含まれ、2番目の列には入力データの虚部が含まれます。 1列だけある場合は、純粋に実数として扱われます。
  • 行方向 (フラグ GroupedByColumns = FALSE で指定します)。 この場合、1行か2行の行列を引数にできます。最初の行には入力データの実部が含まれ、2番めの行には入力データの虚部が含まれます。 1行だけある場合は、純粋に実数として扱われます。

3番めの引数 “Inverse” は逆DFTを計算するかどうかを示すブール値のフラグです。この引数は任意でデフォルトの値は FALSE です。

4番めの引数 Polar は最終出力を極座標にするかどうかを示すブール値フラグです。 この引数はオプションでデフォルト値は FALSE です。

DFTの結果は2つの列から成ります - 最初の列には実部 (または Polar=TRUE の場合は振幅)が含まれ、2番めの列には虚部 (または Polar=TRUE の場合は位相)が含まれます。

5番目のオプションパラメーター、 MinimumMagnitude があります。 このパラメーターは Polar=TRUE のときのみ使用されます。MinimumMagnitudeより小さな振幅を持つ周波数成分は、出力の振幅と位相がゼロに切り捨てられます。 これは信号の振幅位相スペクトルを見るときにたいへん便利です。FFTアルゴリズムを実行するときは常に非常に小さな丸め誤差があり、結果として存在しないはずの周波数の位相がゼロでない値になるためです。このパラメーターを適切な値にすることで、これらの存在しない周波数成分を切り捨てられます。 デフォルトではこの5番目のパラメーターの値は0.0であるので、切り捨ては行われません

実行中のフーリエ解析ツール

パフォーマンス

  • XLSXファイルの読み込みのスピードアップ。 tdf#67629 tdf#89522 tdf#121094 (Noel Grandin, Collabora)
  • ODSファイルの読み込みのスピードアップ。 tdf#120445 tdf#85482 (Noel Grandin, Collabora)
  • VLOOKUPでのCalcファイルの読み込みとレンダリングのスピードアップ (Serge Krot, CIB / Eike Rathke, Red Hat) tdf#121052
  • XLS形式ファイルの保存のスピードアップ。 tdf#85470 (Noel Grandin, Collabora)
  • 大きなデータベースでの作業でMDDS(多次元データ構造)のポジションをキャッシュしてパフォーマンスの改善 tdf#112383 (Luboš Luňák, Collabora)
Calcの改良されたパフォーマンス
  • このバージョンで修正されたCalcのパフォーマンス(perf)のバグの全リストは こちらを見て下さい

変更された表計算関数

Impress と Draw

  • アニメーション設定を複数選択し、ドラッグ&ドロップにより並べ替えを行うことが可能になりました。 (Brian Fraser) commit
  • 熟練者向けオプションに 'WriteLayerStateAsConfigItem' が追加され、標準で有効化されています。この値を無効とした場合、レイヤーの設定「見える状態」「印刷可能」「ロックする」がODFのstyles.xmlの一部として保存され、その他の項目はsettings.xmlに保存されます。マクロによってレイヤーを操作する場合、矛盾を避けるためにオプション 'false'を使用する必要があるかもしれません。 (Regina Henschel) commit
  • PowerPointやSoftMakerで使用されたOOXMプリセット図形は、LibreOfficeで図形を修正する時のハンドル操作でいくつかの問題点をかかえていました。 図形の輪郭がハンドル操作と反対の方向に動いたり、それを触った時に、ハンドルが新しい位置にジャンプしたり、ハンドルが全く動かなかったりしていました。 それはほとんどの図形で修正されています。(Regina Henschel, tdf#115813, tdf#125126, tdf#125181, tdf#125445)
  • PPTXファイルからのSmartArtのインポートの様々な改善 Blog post 1 Blog post 2 blog post 3 blog post 4 (Miklos Vajna, Collabora)
Microsoft compatible forms menu in Writer

Base

13件の解決事案を含んでいます。含まれているもの:

  • 5件のFirebird sdbc サポート
  • 2件のMySQL/Mariadb サポート
  • 1件の dBase ファイルフォーマットのサポート
  • 2件の一般的な UI の強化

グラフ

  • 系列の凡例記載を無効にする機能を実装 (Markus Mohrhard) tdf#51671
  • グラフの初期設定カラーのオプションにパレットの選択を追加 (Jim Raykowski) tdf#105225

Math

  • ベクトルの代替表現のために属性 harpoonwideharpoon を導入します。 これは、属性 vecwidevec のように、変数名を銛のシンボル(U+20D1 ⃑ )と組み合わせます tdf#120047 (Takeshi Abe)。

BASIC

コア / 一般

  • WindowsのLibreOffice TWAINモジュールは独立した32ビットshim実行ファイル (twain32shim.exe) として再実装されました。これにより32ビットと64ビットの両方のLibreOfficで32ビットのTWAIN Windowsコンポーネントを使用できます。ついに Windows版のLibreOffice x64はスキャナを使用可能になりました (tdf#114635 - Mike Kaganski, Collabora)。
  • 検索と置換ダイアログで保存される履歴の数は、ツール ▸ オプション ▸ LibreOffice ▸ 詳細にある上級者向け設定 org::openoffice::Office::Common::Misc::FindReplaceRememberedSearches で調節できます。tdf#122322 (Heiko Tietze)
  • 狭いノーブレークスペース (U+202F) を挿入する新しいコマンド .uno:InsertNarrowNobreakSpace が導入され、 Shift+Alt+Space に割り当てられました。tdf#121596 (Heiko Tietze)
  • ダイアログエディタの中でUNOグリッドコントロールとUNOハイパーリンクコントロールの生成とプロパティの変更の機能が追加されました tdf#53524,i#119731 (Shubham Goyal - Samuel Mehrbrodt, CIB).
  • 一日に1回、起動時に日替わりヒントが役立つ情報を表示します tdf#124238 (Heiko Tietze)
Tip of the Day
  • 新しいバージョンを開始した最初の回に新着情報のインフォバーがリリースノートを提示します tdf#69042 (Heiko Tietze)
What’s New infobar
  • 文の選択(トリプルクリック)にキーボードショートカットを設定できるようになりました(デフォルトではショートカットは割り当てられていません) tdf#124552 (Heiko Tietze)
  • テンプレートから作成したまだ編集していないドキュメントが開かれているとき、別のドキュメントを開いても上書きされないようになりました。新しいウィンドウが開いて、新しい方のドキュメントはそちらに表示されます。 tdf#83722 (Katarina Behrens, CIB)
  • The Apple Advanced Typography (AAT) レイアウトがすべてのプラットフォームでサポートされました。 commit (Khaled Hosny)
  • MSOロックファイルを読み込み、任意で生成する機能が追加されました。これによりLibreOfficeは、MS Officeで生成されたロックファイルを読み込むことで、誰のMS Officeユーザーが文書をロックしたかを報告できるようになりました。また、ツール ▸ オプション ▸ 読み込みと保存 ▸ Microsoft Officeで"MSOロックファイルを作成"にチェックを入れた場合、LibreOfficeは、自分のロックファイルに加えてそれらのファイルも生成するので、MS Officeユーザーは誰が文書をロックしたかも知ることができます。tdf#34171, commit (Mike Kaganski, Collabora / Tamás Zolnai, Collabora)

新しい機能: 墨消し

削除したり、隠したりしたい慎重に扱う情報をLibreOfficeで墨消しすることが可能になりました。 blog post (Muhammet Kara, Collabora)

LibreOfficeの墨消しツール

墨消しとは?

墨消しは文書の黒塗りや削除、そうしてできた文書を意味します。これは、文書の一部を選択的に公開しつつ、その他の部分は隠せるようにすることを意図しています。典型的には、この処理の結果、元の文書よりも発行や他人への公表により適したものになります。例えば、訴訟で提出が求められた文書であれば、訴訟に関係のない部分は墨消しされることがあります。 Redaction in Wikipedia

この用途のためのプロプライエタリソフトウェアは市場にいくつかありますが、オープンなファイル形式をサポートしていない等の制限があります。LibreOfficeでは多くのファイル形式をサポートしているため、この新機能の実装により、ほとんどの文書をお気に入りのオフィススイートから離れることなく墨消しすることができるようになりました。

墨消しの方法は?

  • LibreOfficeのドキュメントを開きます。
  • メインメニューから (ツール ▸ 墨消し) をクリックして、墨消しの準備(内部のメタ形式に変換してDrawに移行する)ができるのを待ちます。
  • 「墨消しツールバー」の「矩形墨消し」と「自由墨消し」を使って墨消しを行います。
  • オプションで編集中のドキュメントのコピーを編集可能な形式 (odg) または逐語的な形式 (pdf) のいずれかで保存または共有できます。
  • 墨消しの準備が整ったら、墨消しツールバーの「墨消しエクスポート」ツールで目的のオプションをクリックします。

幾つかの注記:

  • 墨消しされたPDF文書では、ピクセル化されたバージョンが保存されます。この文書では、選択可能なテキストがなく、墨消しされた部分は文字がなくなります。
  • 墨消し編集中は、墨消し部分がわかるように灰色の半透明で表示されます。
墨消しツールバー
  • 現在、墨消しツールバーには (左から右の順に)「矩形墨消し」、「自由墨消し」、「墨消しエクスポート」、「PDFとして直接エクスポート」の4つのツールがあります。
  • 矩形墨消しツールを使用すると、コンテンツを囲む透明な長方形を描画することでコンテンツに墨消しのマークを付けることができます。
  • 自由墨消しの墨消しツールでは、コンテンツを覆う自由墨消しの線や多角形を描くことによって、墨消しの対象となるコンテンツをマークすることができます。
  • 「墨消しエクスポート」ボタンボックスには、「墨消しエクスポート (黒抜き)」と「墨消しエクスポート (白抜き)」の2つのオプションがあります。クリックすると、ドキュメントが完成し(透明な灰色の編集図形を不透明な黒または白の図形に変換して)、ピクセル化されたPDFファイルとしてエクスポートされます。 印刷中のトナーを節約するには、「白抜き」オプションの方が適している場合があります。
  • 「PDFとして直接エクスポート」ボタンを使用すると、ユーザーはPDF形式のドキュメントの編集中のコピーを取得して、レビュー用に逐語的なコピーとして共有できます。

LibreOfficeヘルプ

  • Python Macro programming 上のヘルプページ (Alain Romedenne, Olivier Hallot)
  • 文書化されていないBASICのオブジェクトや関数に関するページを増量 (Alain Romedenne, Olivier Hallot)
  • PythonとBASICのコード片がヘルプページでより良く表示されるようになりました (Olivier Hallot)

Bascode rendering.png

  • PythonとBasicのコード片が後で利用するためにマウスのクリックでクリップボードにコピーできるようになりました - tdf#122548 (Olivier Hallot)
  • ヘルプページのマークアップを簡素化するための XML辞書(DTD)の拡張 (Olivier Hallot)
  • オンラインヘルプのエディター (Olivier Hallot, Mike Saunders)
  • MathアイコンのSVGのリファクタリング (Mark Robbinson, Olivier Hallot)
  • Draw用のヘルプファイル名のリファクタリング (Ilmari Lauhakangas, Olivier Hallot)
  • コードのクリーンナップと誤字の修正 (Sophia Schröder, Andrea Gelmini)
  • Calc関数のCONCAT、TEXTJOIN、IFS、SWITCHが文書化された (Olivier Hallot, Wilfried Donkers)
  • Calc関数は、それらが実装されたLibreOfficeのリリースを示すようになりました (Olivier Hallot, Mike Kaganski)

フィルター

EMF+ インポートフィルターの改善

  • 楕円、円弧、円のための適切な回転のサポートを追加 tdf#122498 (Bartosz Kosiorek)
  • 画像の回転と切り抜きのサポートを追加 tdf#122557 (Bartosz Kosiorek)
  • 線描画のための透過性のサポートを追加 tdf#122559 (Bartosz Kosiorek)
  • 線の太さの訂正 tdf#122646 (Bartosz Kosiorek)
  • 直線状グラデーションの透過性のサポートを追加 tdf#124424 (Bartosz Kosiorek)

PDF エクスポートフィルターの改善

  • PDF/A-2エクスポートのサポートを追加しました。PDF/A-1の代わりにそれを使うようにUIを切り替えました。 tdf#62728 (Thorsten Behrens, CIB)
  • PDF/Aに関してverapdfでリポートされたいくつかのPDF妥当性確認の件を修正 tdf#113448 (Thorsten Behrens, CIB)

OOXML フィルターの改善

  • スプレッドシートテンプレートファイル .xltx のエクスーポートのサポートを追加 tdf#99438 (Vasily Melenchuk, CIB)
  • テキストドキュメントテンプレートファイル .dotx のエクスポートのサポートを追加 commit (Vasily Melenchuk, CIB)
  • XLSXピボットテーブルの相互運用性の改善 tdf#123939, tdf#124651, tdf#113908, tdf#124736, tdf#124772, tdf#124810, tdf#124881, tdf#124883, (Mike Kaganski, Collabora)
  • PowerPointで編集できるように、PPTXファイルをエクスポートする際にSmartArtsを保持する commit (Grzegorz Araminowicz, Collabora)
  • PowerPoint PPTXファイルのインポートでテキストカメラの回転を正しくインポートする tdf#126060 (Gülşah Köse, Collabora)

タグ付きPDFへのエクスポートの改善

生成する文書のアクセシビリティを高め、PDF標準により準拠するために、タグ付きPDF のエクスポートにいくつかの改良が加えられました。特に、

  • 箇条書きと番号付けしたリストのタグ付けの改良
  • 画像のタイトルと説明文(代替テキスト)のエクスポート
  • スライド/ページの背景の画像はアーティファクトとしてエクスポートされるようになったので、スクリーンリーダーで読み上げられません

この作業は Blackboard Ally によって後援されました (Armin Le Grand, Katarina Behrens, CIB)

GUI

ノートブックバー

  • 新しいタブコンパクトUIはリリースの準備ができました! Writer、Calc、ImpressとDrawには完全版のタブコンパクトUIがあります。 (表示 ▸ ユーザーインターフェース)から選んで試してみてください。 (Andreas Kainz)
新しいタブコンパクトUI。
  • 新しいコンテキスト シングルUIがWriterとDrawでリリースのために準備されました! (表示 ▸ ユーザーインターフェース)でそれを選択して試してみてください。 (Andreas Kainz)
WriterとDrawのための新しいコンテキスト シングルUI。

一般的な改善

クラッシック ツールバー

  • 「コントロールの選択」ツールバーは削除され、このツールバーにあったすべてのツールは「フォームコントロール」ツールバーに移動されました。 これはLibreOfficeのすべてのモジュールに対して適用されています。 tdf#112411 (Roman Kuznetsov)

アイコンテーマ

  • Sifr アイコンテーマは大量のアップデートがなされました (Andreas Kainz)
LibreOffice 6.2 (上部)のSifrアイコンとLibreOffice 6.3 (下部)のSifrアイコンとの比較。
  • Karasa Jagaアイコンテーマは22px*22pxサイズから24px*24pxサイズに改変されました。 tdf#124808 (Rizal Muttaqin)
上に6.2版のKarasa Jaga の大きいアイコン、下に - 6.3版
  • Karasa Jaga アイコンテーマはSVG(Scalable Vector Graphics)版を用意できました。 tdf#125368 (Rizal Muttaqin)

ダイアログ

  • WindowsのLibreOfficeインストーラーダイアログのフォントはTahoma 8からSegoe UI 9に変更されました。そしてダイアログのウインドウの幅が変更されました tdf#99891 (Roman Kuznetsov)
上記 - 古いダイアログ、下記 - 新しい

サイドバー

サイドバーのスタイル欄の箇条書きのスタイル名を変更。 以前 - 左側、 以後 - 右側

CalcとDrawのタブ

  • CalcとDrawのタブはより見やすく、そして使いやすく変更されました tdf#124572 (Tomaž Vajngerl, Collabora)
左がバージョン6.2のCalcのタブ、右がバージョン6.3
左がバージョン6.2のDrawのタブ、右がバージョン6.3

Calc 数式バー

  • Calc数式バーのドロップダウンコントロールはいくつかの表示上の問題を解決するために改変されました tdf#101443 (Thorsten Wagner)
On top - before, on bottom - after

その他

Amazon Correttoのサポートが追加されました。

Online

管理

  • ホスティング/開発によるストレージのローディングの失敗に関する情報の取り扱いの改善 (Szymon Kłos, Collabora)
  • ロギングの改善 (Tor Lillqvist, Michael Meeks, Collabora)

統合

  • オンラインヘルプの場所を設定可能になりました。(Andras Timar, Ashod Nakashian , Collabora)
  • ユーザーが印刷できないような構成が可能になりました。 (Ashod Nakashian , Collabora)
  • 使用しているオンラインが(新しい)機能をサポートしている場合は、統合に取り組んでいる人々に通知する (Jan Holesovsky , Collabora)
  • ユーザーリストの非表示を許可 (Szymon Kłos , Collabora)

カスタマイズ

下記の PostMessage メソッドがUIカスタマイズをするために追加されました: (Samuel Mehrbodt, CIB)

  • Hide_Menubar/Show_Menubar - メニューバーを非表示/表示するため
  • Remove_Button ツールバーからボタンを削除するため
  • Insert_Button はクリックした時に実行するUNOコマンドだけでなく、挿入位置を指定するパラメータも持つようになりました

パフォーマンス

  • online-ドキュメントの操作速度の改善 (Michael Meeks, Ashod Nakashian, Collabora)
  • ページの読み込みがより速い (Henry Castro , Collabora)

HiDPI

  • HIDPIディスプレイ上のグループレベルコントロールを正常に表示 (Marco Cecchetti, Collabora)

ドキュメントの署名

  • 署名やPDF、ODT、DOCXのエクスポートとアップロードを組み合わせた1つの動作で行えるようになりました (Tomaž Vajngerl, Collabora)
  • 署名ツールバー上にに現在ログインしている人の身元を表示するように改善 (Tomaž Vajngerl, Collabora)
  • Vereign Signのダイアログ及びツールバーを改良しました (Tomaž Vajngerl, Jan Holesovsky, Miklos Vajna, Collabora)
  • Vereignツールバーの設定項目を追加 (Andras Timar, Collabora)

グラフ

  • グラフのパイ型の区分のドラッグの改善 (Marco Cecchetti , Collabora)
  • グラフ要素の選択の改善 (Marco Cecchetti , Collabora)
More Chart features available

ユーザーとのやり取り

  • onlineでのユーザーダイアログの操作が改善された (Szymon Kłos , Collabora)
  • 貼り付けがユーザーにとってより容易になった (Jan Holesovsky , Collabora)
  • リンクをクリックすると、どのサイトに行こうとしているのかを示し、OKかを確認します (Jan Holesovsky, Szymon Kłos , Collabora)
Ask user before opening a Hyperlink
  • キーボードの削除と挿入のキーの操作が改善された (Iván Sánchez Ortega , Collabora)
  • iOS Safariのコンテキストメニューの改善が改善された (Henry Castro , Collabora)
  • ユーザーはダイアログの欄の中にテキストを貼り付けることができます (Henry Castro , Collabora)
  • メニューの多くの改善と追加 (Ashod Nakashian , Collabora)
  • テキストボックスの中の選択と入力が改善された (Henry Castro , Collabora)
  • ドキュメントが変更されたときにステータスバーが表示します (Henry Castro , Collabora)
  • 追加ツールバーのコマンド名が使用できます (Jan Holesovsky , Collabora)
  • ハイパーリンクの挿入ダイアログのズーミングが修正された (Szymon Kłos , Collabora)
  • 狭い、または広いスクリーン上のバージョン情報やヘルプのポップアップウインドウの幅が良くなった (Andras Timar , Collabora)

その他

  • Writrの画像の選択と回転が改善されました (Marco Cecchetti, Collabora)
Rotating of Images now easier
  • アバターが利用できないときにユーザーカラーを表示する (Szymon Kłos, Collabora)
  • アバターを統一及び色付けする (Szymon Kłos, Collabora)
  • アプリケーションでMicrosoft Visioファイルが開けます(読み込みのみ) (Tor Lillqvist, Collabora)
Microsoft Visio files now opened
  • 共有ボタンと印刷ボタンを読み取り専用モードでも有効化 (Jan Holesovsky, Collabora)
  • 言語のサポート: 取り扱い可能な言語/ロケールを追加 (Henry Castro, Ashod Nakashian, Collabora)
  • onlineで新しい文書を作成する際に、(インストール済みの)テンプレートを選択できるようになりました。 (merttumer, Collabora)
Custom Templates now supported
  • コンテキストメニューに貼り付けオプションが追加されました (Henry Castro , Collabora)
  • スロベニア語の翻訳を更新 (Andras Timar, Collabora)

Calc

  • Calcの条件付き書式設定のダイアログをフルに活用できるようになりました (Henry Castro, Jan Holesovsky, Collabora)
Conditional formatting in Calc
  • コンテキストメニューによる行の挿入を改善 (Marco Cecchetti, Collabora)
  • Calcでは、以下のメニューが利用できるようになりました (Mert Tumer, Collabora):
    • 挿入 ▸ ヘッダーとフッター,
    • ツール ▸ ゴールシーク,
    • 書式 ▸ ページ,
    • 書式 ▸ 条件付き ▸ 管理
  • Calcの読み取り専用ツールバーの高さを低くしました (Szymon Kłos, Collabora)

Impress

  • Impressで、挿入 ▸ ヘッダーとフッター を使用できるようになりました (Miklos Vajna, Collabora)
  • Impressツールバーに、カーソル位置に直接挿入するボタン 挿入 ▸ テキストボックスが追加されました (Jan Holesovsky, Collabora)
  • Impress Onlineで選択または編集に変更がある間のプレビューの更新を大幅に改善しました (Ashod Nakashian, Collabora)
  • Impressで、文字、段落、ページの書式設定のダイアログが表示されるようになりました (Jan Holesovsky, Collabora)
Insert > Chart available in Writer
  • 挿入 ▸ グラフ ツールバーのボタンがImpressで利用可能になりました (Jan Holesovsky, Collabora)

Writer

  • 様々な場所からのコメントが重複しないように、コメントの表示を改善しました (Marco Cecchetti , Collabora)
  • Writerでダイアログから透かしの追加及び変更ができるようになりました (Mert Tümer, Collabora)
Add and edit Watermark in Writer Online
  • Writerでメニューが使えるようになりました (Miklos Vajna , Collabora):
    • 挿入 ▸ セクション
    • 書式 ▸ 挿入
    • Insert ▸ 目次と索引 ▸ 目次と索引の項目 または .... ▸ 参考文献項目
  • 挿入 ▸ グラフツールバーのボタンがWriterでも利用可能になりました (Jan Holesovsky , Collabora)
Insert Charts in Writer

地域化

他の言語の組み込み

校正ツールと言語サポートの改善

変更の詳細を見て下さい: [1]

  • Afrikaans. スペリング辞書がアップデートされました。
  • Breton. スペリング辞書がアップデートされました。
  • Danish. スペリング辞書がアップデートされました。
  • English (GB). スペリング辞書がアップデートされました。
  • Galician. スペリング辞書がアップデートされました。
  • Serbian. スペリング辞書がアップデートされました。
  • Slovenian. 類語辞典がアップデートされました。
  • Spanish. スペリング辞書がアップデートされました。
  • Thai. スペリング辞書がアップデートされました。

削除/非推奨となった機能

Java

Java 5へのサポートは廃止されました。 現在、Java 6が最も古いバージョンのサポートです。 (Samuel Mehrbrodt, CIB)

全般

GStreamer 0.10は非推奨に

GStreamer 0.10はLibreOffice 6.4以降ではサポートされません(commit 6b911ae9eb9484bebbdc1323210020486f5ef33f)。GStreamer 1.0は引き続きサポートされます。

GUI

KDE4 VCL プラグイン

KDE4 は2014年9月以来アップストリームのメインテナンスからは範囲外です。 LibreOfficeの KDE4 VCL プラグインは削除されました。そして、TDFの提供するバイナリは公式バックエンドとしてはKDE5に変更されました。 commit 410bf59de02192c2daf1158b9de76ec0ebab4c56

GTK+2 VCL プラグイン

GTK+2 VCL バックエンドは廃止予定です。次期バージョンで削除されるでしょう。

パーソナライズ

Firefoxペルソナの検索と適用機能はESC & Designチームの決定によりパーソナライズダイアログ (ツール ▸ オプション ▸ LibreOffice ▸ パーソナライズ)から削除されました。Mozilla側の大幅な変更の結果、私達が旧来のAPIやテーマのデータを使用することは不可能になってしまいました。 デフォルトのペルソナは影響ありません、今後も動作します。外部APIを追跡する重荷がなくなり白紙の状態になったので、デザインチームは将来の改良や追加機能を計画しています。長くLibreOfficeのテーマとして存続していた、Firefoxペルソナテーマは終わりました! :) tdf#123831 (Muhammet Kara, Collabora)

デフォルトのペルソナに切り替えない限りは既に使用していたペルソナを使用し続けることができますが、一度デフォルトのペルソナを適用すると、通常の方法ではカスタムテーマに戻す方法がないのでどうか気をつけてください。

プラットフォームの互換性

Mac

  • macOS上でも上書きモードのときだけでなく、通常モードでステータスバーに「挿入」と表示され、メニューに気付きやすくなりました。 tdf#107918 (Heiko Tietze)

Windows

  • 適切なコンソールモードが実装されました tdf#112536 blog post (Mike Kaganski - Collabora)

Linux

KDE 5 + Qt5

KDE5/Qt5 VCLプラグインはLibreOffice6.2の最初のリリース以来多くの改善がなされました。以下に限定している訳ではありません:

  • マルチスレッディングとデッドロックの問題をほとんど除去して拡張機能の統合を改善 tdf#119856
  • OpenGLをサポート tdf#121247 tdf#121266
  • ファイルマネージャーによる外部からのドラッグ・アンド・ドロップを含め、ドラッグ・アンド・ドロップのサポートを改善 tdf#120772 tdf#124990 tdf#125160
  • Impressのマルチメディアコンテンツでスライドとスライドショーのレンダリングの改善 tdf#124027 tdf#125219
  • インプット・メソッド・エディタ (IME)によるタイピングのサポート tdf#123956 tdf#123957
  • ネイティブメニューバーの数多くの改善 tdf#122256 tdf#121970 tdf#123549 tdf#123379

(Jan-Marek Glogowski, Katarina Behrens (CIB), Michael Weghorn (LHM), Aleksei Nikiforov (BaseAlt), Michael Stahl (CIB))

6.3で修正されたKDE5 バグの全リストは こちらで見つけることができます。追加のバグと見つからない機能については KDEメタバグ tdf#102495 で追跡してください。

32-ビット ビルドは廃止

バイナリのLinux x86 (32-ビット) リリースは降格になります。 6.2の後にTDFによって製作される Linux x86 ビルドはありません。 これは Linux x86 のコンパチビリティの廃止を意味するのではありません。 もし32ビットビルドが必要であれば、あなたのディストリビューションを一覧して下さい。

APIの変更

UNO API の変更

  • XMouseListener/XKeyListenerをXWindowに登録すると、技術的にはそのウィンドウ内のウィジェットで発生したイベントであっても、マウス/キーイベントを送信するようになりました。 - こちらはLibreOffice 6.3.4で問題が発生したため、元に戻されました。 (see tdf#127921) (Samuel Mehrbrodt, CIB) tdf#122920

UNO APIの追加機能

メソッド setArgsXModel2 インターフェースに追加され、ランタイム中にいくつかのMediaDescriptorプロパティを設定することが可能になりました。 (Samuel Mehrbrodt, CIB) commit 43a63b725208bfa378355011ea56cb936afa4411

構成の変更

SDK の変更

Android Viewer

新しい機能