LibreOffice 7.2リリースノート

From The Document Foundation Wiki
Jump to navigation Jump to search
This page is a translated version of the page ReleaseNotes/7.2 and the translation is 78% complete.
Outdated translations are marked like this.
Other languages:
Bahasa Indonesia • ‎Deutsch • ‎English • ‎dansk • ‎français • ‎italiano • ‎português do Brasil • ‎slovenščina • ‎čeština • ‎русский • ‎فارسی • ‎中文(中国大陆)‎ • ‎日本語 • ‎한국어

このページについて

Writer

全般的な改善

  • アルファベット順の索引、目次、ユーザー定義の索引で、文書の見出しへのクリックして移動できるハイパーリンクを生成するようになりました core commit 7685c074 (Michael Stahl, allotropia)
Writerのさまざまな種類の目次、索引とマウスオーバーでドキュメントの見出しへのハイパーリンクがツールチップとして表示される
  • 背景の塗りつぶしは、余白の内側またはページ全体を覆って塗りつぶすかの設定ができるようになりました core commit 56d8007a (Michael Stahl, allotropia)
Writerで用紙全体まで背景の塗りつぶしを有効にした場合と無効にした場合のページ表示
  • ページスタイルに「とじしろ」が設定可能になりました。 ブログ記事 (Miklos Vajna, Collabora)
Writerのとじしろ設定
  • 参考文献の改善:参考文献の登録フィールドのツールチップと参考文献表のクリックして開けるURLリンク。 ブログ記事 (Miklos Vajna, Collabora)
参考文献の登録フィールドのツールチップ
参考文献表のクリックして開けるURLリンク
  • 日本で使われている名刺とラベル用紙(エーワン、ヒサゴ、サンワサプライ、ダイソー)を追加しました。この用紙データは、鎌滝雅久を中心に開発していた「日本語環境改善拡張機能」収録データを元にJO3EMCが調査、まとめ直したデータを野方純が追加しました。 core commit baddf594 (JO3EMC, 野方純)
72-japanese label.png
  • 表罫線の結合されたセルの描画がWord互換の描画になり改善されました ブログ記事 (Miklos Vajna, Collabora)
  • アンカーが「文字として」の画像サイズが65k twip(約116cm)以上にできるようになりました。 ブログ記事 (Miklos Vajna, Collabora)
  • Writer文書をPDFにエクスポートしたとき、(同一ページでない場合も含めて)アンカーと脚注または文末脚注の間のリンクが双方向でリンクされるようになりました core commit 51d1952c core commit 38cff2a3 (Georgy Litvinov)
142741 screenshot.png
  • ODTファイルでも箇条書きの文字の書式をサポート:ODTでもDOCXの複雑な番号付けがサポートされました core commit 9987b518 (Vasily Melenchuk, CIB)
  • 目次のスペルチェックが無効になりました (段落スタイルの索引とその下位のスタイルで言語の設定は「なし」に設定されています) tdf#143066 (Heiko Tietze, TDF)
  • 画像ファイルの種類は、圧縮ダイアログだけでなく画像プロパティダイアログ(書式 ▸ 画像 ▸ プロパティ... ▸ 画像)でも表示されます。 tdf#138843 (Shubham Jain)

差し込み印刷

  • 存在しないデータを利用した場合、空のフィールドを生成せずに警告を表示するようになりました。問題を解決するためのボタンも追加しています。 ブログ記事 core commit e64dc07c core commit d7d48787 (Gülşah Köse, Collabora)
差し込み印刷情報バー
差し込み印刷ダイアログの警告

パフォーマンスの向上

  • フォントキャッシュの改善によりテキストのレンダリングが高速化されました core commit 3f69ec9a. (Luboš Luňák, Collabora)
  • 一部のDOCXファイルを開く速度を改善 tdf#135316 (Noel Grandin, Collabora)

スタイルインスペクターのRDFメタデータ

スタイルインスペクターで注釈付きテキスト範囲(text:meta)、メタデータフィールド(text:meta-field)、段落(text:p、text:h)、ブックマーク(text:bookmark-start)のODF 1.2 RDFメタデータが表示されるようになりました。core commit dd45df62, core commit 11a4e270, core commit db7ef0a9. (László Németh)

スタイルインスペクターでカーソル位置にある非表示だったテキスト範囲、段落、ブックマークを表示。注釈付きテキスト範囲の場合、「Nested Text Content」の下に入れ子で注釈付きテキストの範囲とメタデータフィールドの境界が表示されます。

メタデータフィールドの色付き網かけ

文書の編集中にメタデータの違いを視覚化するために、注釈付きテキストの範囲やメタデータフィールドの網かけに独自の色を設定できます。Ctrl-F8または 表示 ▸ フィールドを網かけ でカラフルなフィールドの網かけを有効にしたり無効にできます。 tdf#142448 (László Németh)

スタイルインスペクターで 注釈付きテキスト範囲とURIs::LO_EXT_SHADING RDFの網かけのカラーデータの始めの表示。このコミットの単体テストではpyUNOでの新機能の使い方を書いています。 core commit a8a9b4f4

Calc

全般的な改善

  • セルの日付書式に、日本で利用される「西暦(元号)」「元号(西暦)」の混合表示を追加しました。 core commit 8362c4b3 (野方純)
72 mixed data format.png
72 traditional japanese monthly name.png
  • HTMLの表の区別をつけるために「外部データへのリンク」ダイアログ(シート ▸ 外部データへのリンク...)の取り込んだ表の一覧にキャプションを表示するようにしました。 tdf#127484 (Andreas Heinisch)
Calc 7.1 (左)とCalc 7.2 (右)の表示。Calc 7.2では「外部データへのリンク」ダイアログにHTMLの表のキャプションが表示されるようになりました。
  • 「太い十字」カーソルが導入されました。有効にするには、ツール ▸ オプション ▸ Calc ▸ 表示に移動して「テーマ」を選択します。「システム」では従来の矢印ポインタが利用されます。 tdf#104169 (Sarabjot Singh, Mesut Çifci) tdf#142499 (Heiko Tietze, TDF)
「太い十字」カーソル
  • 「形式を選択して貼り付け」(編集 ▸ 形式を選択して貼り付け ▸ 形式を選択して貼り付け...)ダイアログのデザインが変更され、プリセットに「書式のみ」が追加されました。
    LibreOffice Calc 7.2の「形式を選択して貼り付け」ダイアログのレイアウトが変更され「書式のみ」のプリセットが追加された。
  • 非表示のセルの選択を解除するために「表示されている行のみ選択」と「表示されている列のみ選択」を追加(編集 ▸ 選択)。 tdf#36466 (Tünde Tóth, NISZ)
  • Descriptive Statistics (Data ▸ Statistics ▸ Descriptive Statistics...) now uses the input range's column labels to label the results. tdf#128018 (Andreas Heinisch)
Comparison of LibreOffice Calc 7.1 (left) and 7.2 (right). The Descriptive Statistics tool now reuses the column labels of the source range to label the resulting statistics (red rectangles in picture).
  • オートインプットの動作が他のスプレッドシートに近くなるように改善されました tdf#142214 (Dennis Francis, Collabora)

オートフィルターの改善

  • オートフィルターでフィルタリングされている行が青い行番号で表示されるようになりました。 tdf#89841 (Tünde Tóth, NISZ)
  • オートフィルターのアクティブなドロップダウン矢印が強調表示されるようになりました tdf#140955 (Tünde Tóth, NISZ)
Calcで、フィルターされている行番号が青く表示され、オートフィルタのアクティブなドロップダウン矢印が強調表示されています。
  • オートフィルターのドロップダウンボタンがシートのズームレベルに応じて拡大縮小表示されるようになりました core commit 008c2354 (Szymon Kłos, Collabora)
  • オートフィルターで、セルの背景色や文字色でフィルタリングできるようになりました。また、OOXML形式へのインポートとOOXML形式へのエクスポートもサポートしています tdf#76258 (Samuel Mehrbrodt, allotropia)
文字色/背景色に基づいて行をフィルタリングできます

新しい表計算関数

変更された表計算関数

  • CELL()は、相互運用性とODF OpenFormula標準仕様準拠のために、スカラーパラメータの通常の交差位置の代わりに、与えられたセル範囲引数の左上のセルを2番目のパラメータとして評価するようになりました。 tdf#66409 (Eike Rathke, Red Hat)
  • RAWSUBTRACT()は、引数を左から右に処理するようになりました。 RAWSUBTRACT(1;2;3;4)は以前、引数スタックで検出されたとおり1-4-3-2と計算していました。これが「自然に」予測する順番通り1-2-3-4と左から右へ計算するように変更されました。これにより、=RAWSUBTRACT(0.3;0.2;0.1;-0.1;-0.2;0.3)は、これまでの結果が2.77555756156289E-17であった(=RAWSUBTRACT(0;0.2;0.1;-0.1;-0.2)と同じく(0.3-0.3--0.2--0.1-0.1-0.2) == (0.0--0.2--0.1-0.1-0.2)と計算していた)ことに対して最初の結果が0になり((0.3-0.2-0.1--0.1--0.2-0.3)と計算していた)、=RAWSUBTRACT(0;0.2;0.1;-0.1;-0.2)の結果が-2.77555756156289E-17になるなどの違いがあります。 (Eike Rathke, Red Hat)
  • ROUND()の2つ目の引数(丸め位置)に対する意図的な制限がなくなりました。以前は引数が[-20,20]の間にある必要があり、そうでない場合はエラーが返されていました。 tdf#136794 (Eike Rathke, Red Hat)

パフォーマンスの向上

  • VLOOKUP関数で数式を貼り付け速度を改善 tdf#92456 (Noel Grandin, Collabora)
  • 一部のXLSXファイルを開く速度とスクロール速度を改善 tdf#130326 (Noel Grandin, Collabora and Caolán McNamara, RedHat)
  • フィルターの速度を改善 tdf#133878 (Luboš Luňák, Collabora)
  • 一部の大きなXLSXファイルを開く速度を改善 tdf#79049 (Noel Grandin, Collabora)

ドキュメントの変換

  • コマンドライン --convert-to csv:... の表計算変換とエクスポートフィルタのオプション文字列に新しく12番目の数値パラメータ(オプション)を追加しました。ドキュメント全体から個別の.csvファイルや指定したシートをエクスポートできるようになりました。tdf#135762 (Caolán McNamara, Red Hat; Eike Rathke, Red Hat)
    例:
    soffice --convert-to csv:"Text - txt - csv (StarCalc)":44,34,UTF8,1,,0,false,true,false,false,false,-1 sample.ods
    • 0または無しの場合はデフォルトの動作です。最初のシートまたはマクロフィルターオプションで現在のシートがsample.csvに書き出されます。
    • -1はすべてのシートです。各シートはベースのファイル名にシート名をつなげた個々のファイル名で書き出されます。(例:sample-Sheet1.csvsample-Sheet2.csvsample-Sheet3.csv)
    • 2または1から始まるシート数の範囲内の特定の数値の場合。このように書き出されます。sample-Sheet2.csv

ImpressとDraw

全般的な改善

  • デフォルトのテンプレートセットを更新しました (tdf#138097 — インドネシアLibreOfficeチーム, Heiko Tietze, TDF):
    • 削除: Alizarin, Bright Blue, Classy Red, Impress, Lush Green (4.4から追加)
    • 追加: Candy, Freshes, Grey Elegant, Growing Liberty, Yellow Idea
Candyテンプレート
Freshesテンプレート
Gray Elegantテンプレート
Growing Libertyテンプレート
Yellow Ideaテンプレート
  • 背景の塗りつぶしは、余白の内側またはページ全体を覆って塗りつぶすかの設定ができるようになりました core commit dda83832 (Michael Stahl, allotropia).
Impressのダイアログに「背景は余白まで覆う」チェックボックスを追加
  • プレゼンテーションモードで破線の描画を修正と改善 tdf#136957 (Luboš Luňák, Collabora)
  • テキストボックスで段組みができるようになりました ブログ記事 (Mike Kaganski, Collabora)
新しく追加されたImpressテキストボックスの段組みレイアウト
  • PDF署名の検証がPDFiumベースになりました ブログ記事 (Miklos Vajna, Collabora)

ユーザーインターフェース

  • Drawのステータスバーからドキュメントのスケール変換が設定できるようになりました tdf#66470 (Heiko Tietze, TDF)
このドキュメントにコンテキストメニューからのスケール変換を適用します
  • Improved export dialog for PNG and JPG clarifies the distinction between dimensions and resolution. tdf#115464 (Aditya Pratap Singh)
The new PNG/JPG export dialog clarifies the distinction between dimensions and resolution.

パフォーマンスの向上

  • 大きな画像をオンデマンドで読み込むことによりドキュメントの読み込み時間を改善 (Luboš Luňák, Collabora)
  • 大きな画像をプリフェッチしてスライドのレンダリング速度を向上 (Luboš Luňák, Collabora)
  • 半透明画像の描画を高速化 core commit 5ba5ac94. (Luboš Luňák, Collabora)

Base

グラフ

データ系列ラベル

  • 系列名をデータ系列ラベルとして追加できるようになりました tdf#94235 (Samuel Mehrbrodt, allotropia)
追加前: データラベル無し
追加後: データラベルが表示されている

近似曲線の「移動平均」

  • 近似曲線で「移動平均」の種類が選択できるようになりました tdf#133423 (Samuel Mehrbrodt, allotropia)
    • Prior (デフォルト)
    • Central
    • Averaged Abscissa
LibreOffice Calc 7.2 showing the trend line dialogue and a moving average of type "Averaged Abscissa". It is now possible to choose from three types: Prior (the default), Central, and Averaged Abscissa.

Math

  • コード入力ボックスが拡大縮小できるようになりました。see tdf#130654 (Dante DM)
    • 「上級者向け設定」では、org.openoffice.Office.Math.smeditwindowzoomで設定できます
    • Mathのオプションダイアログでは、ツール ▸ オプション ▸ LibreOffice Math ▸ 設定 ▸ Scaling code input windowから設定できます

コア / 全般

  • 「Xray」のような内蔵開発ツールのUNOオブジェクトインスペクターを追加 パート1 パート2 パート3 (Tomaž Vajngerl, Collabora)
開発ツール - UNOオブジェクトインスペクター
  • 文書内のフィールドをAlt+<Mnemonic>で選択できるようになりました。 tdf#139804 (Samuel Mehrbrodt, allotropia)
  • QRコード生成に使用していたC++ライブラリがqrcodegenからZXingに変更されました。 tdf#139778 (Akshit Kushwaha)
  • StarViewMetafile Format (SVM) was improved: When handling tdf#127471 I stumbled upon a never identified bug: When using ScaledText, the export to SVM is System-dependent due to the differing internal representation in the Font-MetafileAction. Thus, the SVM content differs if it was written on a Windows or non-Windows System, which leads to errors when exchanging SVM-based Metafiles between those systems (details in the task ([1]) ). Due to SVM being used partially as Metafile-Format in saved files (e.g. ODF variants), this was leading to 'strange' looking SWcaledText's. ScaledText is luckily not too often used, but e.g. heavily in Chart Labels which were most obviously hit by this. Since SVM is our own format, this could be enhanced by adding information to the SVM-Format in a backward compatible way. After the fix, all newly written SVM-Files can be exchanged now between LibreOffice Versions containing that fix without that error. For already existing files this is not always possible, see this Table ([2]) (2nd half) for details. (Armin Le Grand, allotropia)
  • EMF/WMF Metafile Formats were improved: When handling tdf#127471 and correcting the SVM format (see above), I also found out that the same error is in the EMF/WMF files that we write. These formats are Windows-specific formats, what makes the versions written under Windows the valid ones. The definitions for EMF/WMF are not in our hands, so I had to fix that differently. A fix is not only important for flawless data exchange between LibreOffice Versions, but also with all kinds of Windows-Applications that use EMF/WMF as DataType. After the fix EMF/WMF is always produced in Windows-conform form for ScaledText. This leads to this working data exchange Table ([3]). (Armin Le Grand, allotropia)
  • Detect wrong written old EMF/WMF Metafile Files: To not have to accept old wrong written files, I added a kind of 'Old-Emf-Wmf-Format-Detector' that uses fuzzy evaluation and corrects old files when loaded in LibreOffice from now on. This makes the exchange between EMF/WMF written by old and new LibreOffice Versions complete: no old written files are lost or need to be reproduced. This is unfortunately not possible for other Windows-Applications, so these EMF/WMF files produced by older non-Windows LibreOffice Versions have - as a workaround - e.g. be loaded and rewritten by a LibreOffice Version containing these fixes. (Armin Le Grand, allotropia)
  • Enhancements for linked OLE in Documents: The content of the OLE Data/File is now synchronized to saving the hosting Document. Before this change, the OLE Data/File for a linked OLE was always saved/changed when the OLE was changed at deactivating it. This is unexpected and not intuitive from a User's point of view. There were complaints from a User who by purpose did *not* save the hosting Document after changing the OLE in it - in the expectation that the OLE Data/File will not be touched that way and stay the same when embedding it again. With this change (for details see tdf#141529) changing the linked OLE is delayed (using a temporary file) until the hosting Document is saved. If the hosting Document is closed without saving (or the Office crashes), the linked OLE does not get saved/changed at all. This is more conform to user's expectations when changing Document-bound Data. (Armin Le Grand, allotropia)
  • Skiaベースの描画バックエンドを使用した際のさまざまの不具合を修正。(Luboš Luňák, Collabora)
  • Skiaベースの描画バックエンドを使用した際のCJKテキストのレンダリングを修正しました。(Luboš Luňák, Collabora)
  • すべてのモジュールのテキストボックスで段組みができるようになりました。ブログ記事 (Mike Kaganski, Collabora)
  • In the Security Options dialog, choosing "Remove personal information on saving" now removes names and dates from comments and tracked changes. core commit 12da70. (László Németh, NISZ)

パフォーマンスの向上

  • フォントフォールバックが使われた際のレンダリング速度を改善 core commit 7439cabc. (Luboš Luňák, Collabora)
  • ユーザーが入力する際、遅くなっていた描画速度を改善してインタラクティブ性を改善 core commit d3b498cc(Luboš Luňák, Collabora)
  • Skiaベースの描画バックエンドを使用した際のさまざまの不具合を修正。(Luboš Luňák, Collabora)
  • zlibに最適化されたcrc32を使用してドキュメント読み込み速度を改善。 core commit 85ed3a47 (Luboš Luňák, Collabora)
  • グラフィック処理のスワッピング速度とメモリ消費の改善 (Tomaž Vajngerl, Collabora)

LibreOfficeヘルプ

フィルター

DOCインポート/エクスポートフィルターの改善

  • DOCインポート: 章番号付けを修正 tdf#94326 (Justin Luth)
  • DOCインポート: オブジェクトの重ね合わせを修正 tdf#120761 (Justin Luth)
  • DOCインポート: 64ビットシステムにおけるDOCファイルの扱いを修正 tdf#139495 (Justin Luth)
  • DOCエクスポート: アウトラインレベルの消失を修正 tdf#81705 (Justin Luth)

DOCXインポート/エクスポートフィルターの改善

  • DOCX: インポートで破棄されていたヘッダーとフッター。以前、アクティブではないヘッダー・フッターはインポート時に消失していました。現在は、ページスタイルのヘッダーとフッターパネルで「左右のページで同じ内容」と「最初のページと同じ内容」オプションを無効にすると復元できます。これは、他のOfficeソフトとの相互運用性を向上させるためで、たとえばDOCX文書テンプレートをよりよくサポートできます。tdf#141158 (Attila Bakos, NISZ)
  • DOCX: ParaBackColorは背景なしでエクスポートされます。tdf#140336 (Justin Luth)
  • DOCX: 脚注および文末脚注内の表が失われる問題について、インポート時に表をフローティングテーブルに変換し、エクスポート時にフローティングを解除することによって解決しました。 tdf#95806, tdf#125877, tdf#141172 (László Németh, NISZ)
  • DOCXエクスポート: ヘッダーにある画像の保存が一度だけになりました。これまでのWriterでは、文書内に異なるヘッダーやフッターがあり、そこに画像があると同じ画像ファイルを何度もダンプして.docxファイルを肥大化させていました。tdf#118535 (Dániel Arató, NISZ)
  • DOCX表のインポート: 余分な改ページを修正しました tdf#140182 (Attila Szűcs, NISZ)
  • DOCX: 効果の範囲と線幅の関係の処理を修正しました。tdf#138895 (Miklos Vajna, Collabora)
  • DOCX エクスポート: put fly before fieldmark start into its own run. core commit 3eced2d5 (Michael Stahl, allotropia)
  • DOCX import: fix missing tblPrEx border of first table cells. Now property set of a new cell is a copy of the table exception property set of the table row, as needed for the import of the table style inheritance. tdf#140957 (László Németh, NISZ)
  • DOCX export: always write title page in section props. Even if page description is not set we should try to mark title page because chaining of two page styles can not work for continuous sections. tdf#124678 (Vasily Melenchuk, allotropia)
  • DOCX export: fix missing page break. When an empty paragraph has both page break and section break, only the section break was exported to DOCX, the page break was not, while MSO needs that to show all page breaks. tdf#121666 (Attila Szűcs, NISZ)
  • DOCX import: fix frame direction. Frames used to be imported with zero rotation even if a w:textDirection tag explicitly called for a non-default orientation. tdf#97128 (Dániel Arató, NISZ)
  • DOCX import: fix slow endnote import by parsing endnotes.xml only once instead of parsing again and again for every endnotes. This was a serious performance problem for documents with hundreds of endnotes, where the endnote import took minutes instead of seconds. tdf#76260, tdf#120351 (László Németh, NISZ)
  • DOCX: fix page margins imported as border padding. Trying to import non-existing "none" borders of w:pgBorders zeroed page margins, removing their values to border padding. tdf#74367 (Attila Szűcs, NISZ)
  • DOCX import: preserve formatting of CREATEDATE fields. The create date of a document doesn't really change, so we can only loose if the cached result of the field is not preserved. tdf#134592 (Miklos Vajna, Collabora)
  • DOCX table import: fix zero para top margin when only w:beforeAutospacing=0 was specified, but not PARA_TOP_MARGIN (see default_spacing = -1 in processing of LN_CT_Spacing_beforeAutospacing). tdf#137655 (László Németh, NISZ)
  • DOCX: added import/export support for Hebrew/Arabic numbering Types tdf#141341 (Justin Luth)
  • DOCX export: now Writer saves russianUpper/russianLower numbering tdf#97569 (Justin Luth)
  • DOCX export: stop duplicating stuff in postponed text tdf#134951 (Justin Luth)
  • DOCX: import and export Resolved state of comments tdf#122222 (Mike Kaganski, Collabora)
  • DOCX export: fix missing border of frame tdf#131420 (Nagy Tibor and Attila Szűcs, NISZ)
  • DOCX import: fix frame positions of old docs by limiting AddFrameOffsets compatibility option for docs created by MSO 2010 or older. tdf#138782 (Attila Bakos, NISZ)
  • DOCX: export hidden (shared) headers/footers. tdf#69635 (Dániel Arató, NISZ)
  • DOCX: import track changes of inline images tdf#128913 (László Németh, NISZ)
  • DOCX import: fix lost column break at shapes. The column break was moved into the neighboring shape during the first import, and eliminated during the second import, losing the 2-column text layout. As a workaround, split the paragraph moving the column break into a new paragraph. tdf#121659 (Attila Szűcs and Tibor Nagy from NISZ and Justin Luth)
  • DOCX: support tracked table (row) deletion. tdf#79069 (László Németh, NISZ)
  • DOCX c15: TabOverMargin no longer true in 2013+ tdf#142404 (Justin Luth)
  • DOCX import: fix anchored obj position with to-char and TEXT_LINE tdf#139915 (Miklos Vajna, Collabora)
  • DOCX import: improvements for first line indent in lists tdf#132752 (Vasily Melenchuk, allotropia)

XLSXインポート/エクスポートフィルターの改善

  • XLSX import: set filtered flag for rows hidden by AutoFilter to support copying the result of filtering. Unlike ODS and XLS, XLSX doesn't differentiates filtered and manually hidden rows, and without this fix, copy of the unupdated data of the loaded filtering contained the hidden rows, too. tdf#99913 (Tünde Tóth, NISZ)
  • XLSX import: fix lost rounded filters if the stored filter values are in the visible cell format (e.g. rounded values) instead of the original (editing) values. Now AutoFilter popup window shows the items according to the visible cell format (e.g. 1.0 instead of 1.01 or 0.99), but still grouping them based on the "editing format" (e.g. not rounded values which visible during editing), i.e. there could be repeated values in the filtering conditions (e.g. two options "1.0" and "1.0" for 1.01 and 0.99). tdf#140968, tdf#140978 (Balazs Varga, NISZ)
  • XLSX import: fix missing datetime filters by convert string representation of the datetime data to ISO 8601 (with blank instead of T) datetime to eliminate locale dependent behaviour when filtering for datetimes. tdf#137626 (Balazs Varga, NISZ)
  • XLSX import: apply more than 8 filters in OOXML autofilter import by removing the artificial limit (which looked like the limit for conditions handled by the standard filter in LO, but not for the autofilter). Now the autofilter popup menu does not always select all items, if the document contained more than 8 selected items there. tdf#140469 (Balazs Varga, NISZ)
  • XLSX import: fix conditional formatting in same cell range. Multiple conditional formatting rules of the same cell range were imported incorrectly because of missing handling of their (different) priorities and operators. tdf#139928 (Nagy Tibor, NISZ)
  • XLSX export autofiltered date columns. Export XML_dateGroupItem, XML_year, XML_month, XML_day, XML_dateTimeGrouping based on the OOXML standard. tdf#139809 (Balazs Varga, NISZ)
  • XLSX export: fix proliferation of conditional styles. Run-time created styles “ExtConditionalStyle_N N” for extended conditional styles were written back to the XLSX file, growing the cell style list by each save-reload with unused styles. tdf#139167 (Nagy Tibor, NISZ)
  • XLSX import: fix autofiltered date columns by importing dateGroupItem. tdf#116818 (Balazs Varga, NISZ)
  • XLSX export: fix lost file names in modified links. tdf#138832 (Attila Szűcs, NISZ)
  • XLSX export: fix position of rotated images tdf#139258 (Szabolcs Toth, NISZ)
  • XLSX import: fix "Formula is" type conditional formatting rule when the formula contains a reference to another worksheet. tdf#113013 (Nagy Tibor, NISZ)
  • XLSX: fix "begins/ends with" conditional formatting when using "Given text" type and cell reference. tdf#120749 tdf#139394 (Nagy Tibor, NISZ)
  • XLSX export: fix "contains" conditional formatting when using "Given text" type with cell reference instead of fixed string. Fix also "notContainsText", and prepare the fix for "beginsWith", "endsWith" and "expression" type conditions. tdf#139021 (Nagy Tibor, NISZ)
  • XLSX import: hide hidden named range of autofilter. tdf#127301 (Balazs Varga, NISZ)

PPTXインポート/エクスポートフィルターの改善

  • PPTXインポート: ワードアートのtextDeflateとtextInflateTop効果を修正。これらの効果は正しくマッピングされていなかったため、表示されなかったり、ODPラウンドトリップ後に効果が変わっていました tdf#125560 (Gabor Kelemen, NISZ and Regina Henschel)
  • PPTXインポート: 失われていた直接設定されたハイパーリンクの色を修正 tdf#137367 (Nagy Tibor, NISZ)
  • PPTX表のエクスポート: 垂直方向の配置を修正 tdf#131905 (Nagy Tibor, NISZ)
  • PPTXワードアート3D: sp3dを追加。tdf#140865 (Regina Henschel)
  • ImpressでのPPTXの表の影を修正。ブログ記事 (Miklos Vajna, Collabora)
ImpressでPPTXの表の影を表示
独自の形にトリミング
  • 独自の形にトリミングしたグラフィックのトリミング位置のインポートをサポート。 ブログ記事 core commit ccdee8ee (Gülşah Köse, Collabora)
独自の形にトリミングしたオブジェクトのトリミング位置
  • 独自の形にトリミングしたグラフィックのグレースケール効果のインポートをサポート。 ブログ記事 core commit b7189e1a (Gülşah Köse, Collabora)
独自の形にトリミングしたオブジェクトのグレースケール効果
独自の形にトリミングしたグラフィックのミラー効果
  • 独自の形にトリミングされたグラフィックのストレッチ値のインポートをサポート。 ブログ記事 core commit 2c96bd26(Gülşah Köse, Collabora)
独自の形にトリミングした画像のストレッチ値
  • PPTXエクスポート: プレースホルダーの修正。空のプレースホルダーは白のからっぽの図形としてエクスポートされていたため視認性と操作性が失われていました。tdf#111903, tdf#137152 (Attila Bakos, NISZ)
  • PPTXインポート: スライドへの内部ハイパーリンクを修正。スライドを名前を使って参照していた場合に内部のハイパーリンクが失われていました。tdf#65724 (Nagy Tibor, NISZ)
  • PPTXエクスポート: 外部リンクとして間違ってエクスポートされていた内部ハイパーリンクを修正。OOXML Relationship TargetMode="External"に従ってエクスポートされたリンクには、スライド名ではなく完全なファイル名の参照も含まれていたため、不正なエクスポートをされたファイルを再読み込みした後、ハイパーリンクをクリックすると同名の別ファイルが開かれていました。tdf#54037 (Nagy Tibor, NISZ)
  • PPTXインポート: 重複していたスライド名を修正。tdf#103347 (Nagy Tibor, NISZ)
  • PPTXアニメーション: repeatCountをエクスポート。 tdf#124457 (Nagy Tibor, NISZ)
  • PPTX: カスタムスライドショーがインポートされない問題を修正 tdf#131390 (Nagy Tibor, NISZ)
  • PPTX: カスタムスライドショーがエクスポートされない問題を修正 tdf#125071 (Nagy Tibor, NISZ)

WMF/EMFフィルターの改善

  • LTSpiceで生成されたWMFとEMF画像インポートのサポートを追加 tdf#53004 tdf#142495 (Bartosz Kosiorek, Valek Filippov - QA)
LTSpice XVIIで生成されたベクター画像をLibreOffice 7.2で開く
  • CATIAで作成されたEMF画像インポートのサポートを追加 tdf#55007 (Bartosz Kosiorek, Valek Filippov - QA)
CATIA V5でエクスポートされた画像をLOで開く
  • ESRI ArcMap 2004で生成されたEMFファイルインポートのサポートを追加 tdf#128199 (Bartosz Kosiorek, Valek Filippov - QA)
  • EMF FILLRGNレコードを正しく表示するように修正 tdf#55058, tdf#141394 (Bartosz Kosiorek)
  • EMF: PAINTRGNレコードのサポートを実装 tdf#55058 (Bartosz Kosiorek)
  • EMF: FILLRGN, PAINTRGN, EXTSELECTCLIPRGNレコードのパフォーマンスを改善 tdf#142745 (Bartosz Kosiorek, Valek Filippov - QA)
  • WMF EMF: MSの仕様に合わせてRestoreDCレコードを修正 tdf#142567 (Bartosz Kosiorek, Valek Filippov - QA)
  • EMF: INTERSECTCLIPRECT, ARC, ARCTO, CHORD, PIE, ROUNDRECTの回転サポートを追加 tdf#55058 tdf#141982 tdf#142139 (Bartosz Kosiorek, Valek Filippov - QA)
  • EMF: ARC, CHORD, PIEの表示を修正 tdf#55007 tdf#142263 tdf#142268 (Bartosz Kosiorek, Valek Filippov - QA)
  • WMF: パレットから色の選択のサポートを追加 tdf#117957 (Bartosz Kosiorek, Valek Filippov - QA)
  • WMF/EMF: 異なる幅の線の描画を修正 tdf#112603 tdf#142014 tdf#142139 (Bartosz Kosiorek, Valek Filippov - QA)
  • WMF: BitBltとStretchBltレコードの実装を追加 tdf#55058 tdf#142722 (Bartosz Kosiorek, Valek Filippov - QA)
  • WMF: 読み込み/保存のラウンドトリップ中に、非EMF+とEMF+の両方の描画コマンドを保持 core commit 6b349bcc(Luboš Luňák, Collabora)
  • EMF+: DrawStringレコードにブラシのサポートを追加 tdf#142975 (Bartosz Kosiorek, Valek Filippov - QA)
  • EMF+ DrawStringに配置のサポートを追加 tdf#142995 tdf#142997 tdf#143076 (Bartosz Kosiorek, Valek Filippov - QA)

SVGフィルターの改善

  • カスタマイズした背景があるスライドを正しくエクスポートできるようになりました core commit fd84bce8 (Marco Cecchetti, Collabora).
  • 背景にビットマップを貼りこんだスライドをエクスポートできるようになりました core commit 3d008f3b (Marco Cecchetti, Collabora).
  • 背景は最適化された方法でエクスポートされます。複数のスライド背景に同じビットマップを共有している場合、ビットマップは一つのみエクスポートされます。そして、背景がタイルで構成されていて、すべて同じタイルのビットマップであった場合も同様にビットマップは一つのみエクスポートされます。パターンやハッチングで構成された背景にも同じ改善がされています。 core commit 66f88211 (Marco Cecchetti, Collabora)

GUI

全般

コマンドポップアップ
  • グローバルツールバーのロックが表示 ▸ ツールバーから解除できるようになりました tdf#131817 (Heiko Tietze, TDF)
  • ツール ▸ オプション ▸ LibreOffice ▸ アプリケーションの色に「LibreOffice Dark」テーマが追加されました。 tdf#141986 (Heiko Tietze, TDF)
アプリケーションの色と「LibreOffice Dark」テーマ

アイコンテーマ

ダイアログ

  • テンプレートダイアログにリスト表示が追加されました。名前やカテゴリ、日付、モジュール、サイズなどでテンプレートを並べ替えられます。 tdf#104154 (Vert D.)
テンプレートダイアログのリスト表示
  • ローカルファイルの場合、ファイル ▸ プロパティ... ▸ 全般 ▸ 場所がフォルダーのリンクになりました tdf#135896 (Heiko Tietze, TDF)

サイドバー

  • フォントワークのパネルが追加されました。 (Szymon Kłos, Collabora)
Fontwork-sidebar.png

ノートブックバー

  • 新しいスクロールするスタイルピッカーを使って、より簡単にスタイルが見つけやすくなりました (Szymon Kłos, Collabora)
Nbstyles.gif

地域化

新規言語 / ロケールデータを含むロケール

ドキュメントのデフォルト言語やロケール固有の書式として利用できます。

  • 英語 (デンマーク) {en-DK}. (Eike Rathke, Red Hat)
    桁区切りに','と'.'を使用。
    ISO 8601 日付(+時間) の書式。
    カレンダー{en-GB}を継承(week-1stweek=4 first_weekday=2)。
    通貨記号 DKK 'kr.'。
    第2通貨記号にEUR '€'。

追加された言語

テキストでの表示できます。

  • Pali Thai {pi-Thai} in the CTL language list. tdf#139607 (Eike Rathke, Red Hat)
  • Cabécar {cjp-CR} and Bribri {bzd-CR}. tdf#138839 (Eike Rathke, Red Hat)
  • Sesotho {st-LS} (as spoken in Lesotho). (Eike Rathke, Red Hat)

校正ツールと言語サポート

  • エスペラント スペル辞書と類義語辞書 (Carmen Bianca Bakker, András Tímár)
  • A major update of Czech spelling dictionary: thousands of words have been added (based on the frequency of missing words in corpora), modified (fixes of incorrect forms) or removed (including rarely used correct forms that can be confused with mistyped forms). For more details in Czech, see this blogpost or the README file. (Miroslav Pošta, committed by Stanislav Horáček)
  • The [NatNum12] number format code modifier now supports all day and month names, abbreviated or full or initials, with its upper, lower, capitalize and title keywords. The lower keyword is new, see also tdf#128314. (Eike Rathke, Red Hat)
    • Examples:
      • [NatNum12 MMM=upper]MMM-DD displays a format JAN-01
      • [NatNum12 MMMM=lower]MMMM displays a format january
      • [NatNum12 MMMM=capitalize]MMMM displays a format January (meant for locales where the month name is in only lower case letters)
    • Note that none of the NatNum12 modifier rules and spell-out options can be exported to Excel or Word or other file formats than ODF (OpenDocument Format).

マクロ

ScriptForgeライブラリー

LibreOfficeで使える堅牢かつ拡張可能なマクロスクリプトのコレクションです。ユーザーのBasicやPythonスクリプトから呼び出して利用できます。 (Jean-Pierre Ledure)

このライブラリーは全部で21のサービスを公開しており、それぞれに多くのメソッドやプロパティが用意されています。

LibreOffice 7.2での新機能

  • DialogControlサービスは、OnNodeSelectedとOnNodeExpandedイベントを含むツリーコントロールをサポートします。
  • ドキュメント管理の一部が新しいFormとFormControlサービスで強化されました。フォームとサブフォームは、Base、Writer、Calcのドキュメントに配置できます。
  • 全てのサービスはPythonスクリプトでBasicと同じ構文と動作が利用できるようになりました(Pythonネイティブに処理される部分を除く)。さらにBasicの同名の組み込み関数(MsgBox, CreateUnoService, ...)と互換性のある一連のメソッドも提供されます。ScriptForge には APSO シェルコンソールが統合されています。以前のAPSO拡張機能もインストールできます。
  • 英語版ScriptForgeライブラリのドキュメント(7.2)は、LibreOfficeのヘルプページ(https://help.libreoffice.org/7.2/en-US/text/sbasic/shared/03/lib_ScriptForge.html?DbPAR=BASIC)

に統合されました。他の言語への翻訳も進行中です。(Alain Romedenne, Rafael Lima)

BASIC

  • InStrとReplace関数は、アプリケーションのロケールを使用して非ASCII文字の大文字小文字を区別しない操作をサポートしました。 tdf#139840, tdf#132389 (Andreas Heinisch)
  • ファイル ▸ BASICをエクスポートからマクロをエクスポートするとBOMを含むUTF-8で *.bas ファイルを作成します。File ▸ BASICをインポートからマクロをインポートすると *.bas ファイルのBOMをチェックしてシステムの文字コードまたはUTF-8のどちらを使ってインポートするかを決めます。tdf#139196 (Andreas Heinisch)

Python

  • LibreOfficeに同梱されているPythonのバージョンが3.8.10にアップグレードされました core commit c22fc8 (Jan-Marek Glogowski, CIB)

削除/非推奨となった機能

  • OpenGLベース描画のソースコードが削除され、Skia/Vulkanが採用されました。 (Luboš Luňák, Collabora)

プラットフォームの互換性

Mac

Windows

  • コマンドラインからドキュメントを変換するときにワイルドカードを使用できるようになりました。 tdf#48413 (Deborah Barkley-Yeung)
たとえば、次のコマンドは、C:\Docs\In\ディレクトリ内の拡張子が.docのすべてのドキュメントをODF形式に変換します。:
    soffice.exe --headless --convert-to odf --outdir C:\Docs\Out C:\Docs\In\*.doc
  • LibreOfficeの起動時に、標準ファイル形式としてODFフォーマットが関連付けされているかチェックできるようになりました。 tdf#45735 (Matt K.)
ODFファイルがLibreOfficeに関連付けられていない場合、新規に追加されたダイアログが表示されます。
  • Added a new expert configuration org.openoffice.Office.Common/Load/DetectWebDAVRedirection (true by default), disabling which allows to disable the detection of WebDAV mapped drive on Windows (added in tdf#126121 in version 6.4), and use the previous Windows built-in WebDAV access mechanism (which prevents LibreOffice from obtaining extended information about the document, but allows to use some features like cookie-based WebDAV authentication, that are not yet supported by LibreOffice natively) tdf#141164 (Mike Kaganski, Collabora)

Linux

Javaサポート

APIの変更

  • osl_getLocalHostname no longer returns a FQDN (fully qualified domain name). This speeds the function up as it works without querying DNS via network. (Samuel Mehrbrodt, allotropia) core commit eac00017

UNO APIの変更

  • XSystemTransferable interface was removed from CDOTransferable. It was only implemented for transferable objects on Windows; and its implementation was wrong, so unusable in any way core commit 818a84c4 (Mike Kaganski, Collabora)
  • Replace "No-width No Break" (uno:InsertZWNBSP) by "Word Joiner" (uno:InsertWJ) since it inserts U+2060 character tdf#140796 (Julien Nabet)
  • The UNO command "uno:PasteTransposed" is added. Paste Transposed is part of the "Paste Special" dialog and can now be called directly. tdf#102255 (Roland Kurmann)
  • The UNO command "uno:PasteAsLink" is added. Paste As Link is part of the "Paste Special" dialog and can now be called directly. tdf#90101 (Roland Kurmann)

設定の変更

SDKの変更

VBAの変更

  • The Calc VBA compatibility Range.Formula and Range.FormulaR1C1 properties wrongly used localized formula expressions as if they were Range.FormulaLocal and Range.FormulaR1C1Local implementations. That worked in English UI and locales, but not in translated UI or with locale dependent different separators, imported Excel documents using these properties failed there.
    Instead, they now use English formula expressions and separators. Additionally Range.FormulaLocal and Range.FormulaR1C1Local are implemented to use localized formula expressions. tdf#141543 (Eike Rathke, Red Hat)
    • This change means for macros created in LibreOffice that relied on the erroneous behaviour in a localized non-English environment those macros will cease to work, the remedy in these cases is to replace setting Formula and FormulaR1C1 attributes with FormulaLocal and FormulaR1C1Local instead.

Android Viewer

新しい機能