LibreOffice 5.3 リリースノート

From The Document Foundation Wiki
Jump to: navigation, search
本ページはGlobal Wikiからの有志による翻訳ページです。未翻訳があることや内容が古い場合があります。最新化、翻訳にご協力お願いします。
日本語独自の情報についてまとめることを目的として、日本語コミュニティによって運営されているページとして 日本語コミュニティ独自ページ があります。
URLが wiki.documentfoundation.org/JA で始まっていて、カテゴリーがJAのページです。
そちらもご利用ください。

注意:このページのオリジナルは英語版リリース通知/5.32017-02-18T06:33:40 の版からコピーしたものです。

原文は逐次改定されるので、定期的に原文を参照して差分を更新し、ずれることがないようにお願いします。なお差分更新をかけた場合は上の日付も修正しておいてください。

Contents

このページについて

これはリリースするそのときにそのままリリースノートにできるようにするための現在進行中の下書き用の記録です。5.3 リリース通知 に既に記載されているリリース済みの機能を挙げないようにしてください! 実際 に既に実装されているものだけにし、実装してほしいという 要望 を書くのはやめてください。

ここに書くのにふさわしい機能とは:

  • 機能についての簡潔な説明と、忙しい査読者のために機能を見つけて試すことができる方法について述べます。対象読者はしばしば非常に忙しく、そのプロダクトについてほとんど、または何も知らないと思ってください。もしユーザーインタフェースがその機能にとって重要だと思ったら、それがどこにあるか、例えば メニュー ▸ 書式 ▸ 文字 ▸ 位置 [タブ] ▸ ‘90 度’ のように、あなたが変更した部分にたどり着く通り道をはっきり示してください。もちろん あなた は自分の機能が重要だと分かっているでしょうが、すべての人が 拡張可能なオートシェーププロパティダイアログ について注意を払うでしょうか? しかしスクリーンショットを取ってそれを貼るだけでわかりやすくなります。
  • その機能を主に実装した人のクレジットを加えます。機能説明後の適当なところに、丸括弧で囲って記載してください。

その機能を確認するにはサンプルやテストファイルが必要でしょうか。特に新たなインポート機能については、その機能がもっともうまく働くようなサンプルファイルへのリンクやアップロードがあるのがベストです。さらにその機能をよく分かるような素敵なスクリーンショットがあるとありがたいです。レビュアーはそれを見てテストすることができます。

原文を残してその下に訳文を書いてください。

このノートを埋める手助けをしていただきありがとうございます!

Writer

ページへジャンプダイアログ

  • Writer には 編集 ▸ ページへジャンプCtrl+G の操作によって他のページに素早くジャンプするダイアログができましたtdf#83054 (Akshay Deep, Yousuf Philips)
ページへジャンプ、ダイアログ

表のスタイル

表のスタイル機能がWriterに実装されました:

  • 「表のオートフォーマット」機能が、表に関する完全なスタイル機能として拡張されました:表スタイルを使用した場合、テーブルに対して行・列・データの挿入や削除などの編集が行われた場合でもスタイルが保持されます。
  • ODF表スタイルのインポートとエクスポート。
  • 表スタイルはサイドバーデッキの「スタイルと書式」で作成したり、表に割り当てたりできます。
  • 表のスタイルを扱うためのUNO API。
  • 表スタイルでアンドゥとリドゥのサポート。

コード変更の詳細は、こちらをご覧ください blog entry. (Jakub Trzebiatowski, GSoC 2016; Miklos Vajna, Collabora; Jan Holešovský, Collabora; Yousuf Philips)

「スタイルと書式設定」の新しい「表スタイル」

矢印のツールボックス

  • 新たに描画ツールが追加されました(これまではDrawとImpressだけで使用可能でした)。 tdf#101390 (Gülşah Köse)
WriterArrowsToolbox2.png

ツールバーの変更箇所

  • ツールバーボタンから、文字にスモールキャピタル属性を適用することが可能になりました. blog entry. (Miklos Vajna, Collabora)

線が未定義の境界線とコンテンツとの間隔設定の反映

  • 他のODF対応ソフトウェアとの整合性を確保するため、ページ、段落、文字、ヘッダー、フレーム、画像などのコンテンツと境界線の間の間隔(padding)は、線が定義されていない場合でもレイアウトに反映されます。 (Justin Luth, SIL)
  • 境界線のないpaddingを定義する機能はバージョン5.4から提供されます。 tdf#41542

ナビゲーター

  • Writerのナビゲーションウィンドウは、複数の見出しを選択してレベルを昇格・降格することが可能になりました。これを行うには、 "Content Navigation View"に切り替え、SHIFTまたはCTRLを押しながらマウスで複数選択しください。 (Michael Stahl) tdf#54834

Calc

矢印のツールボックス

  • 新たに描画ツールが追加されました(これまではDrawとImpressだけで使用可能でした)。 tdf#101390 (Gülşah Köse)
CalcArrowsToolbox2.png

オプション設定

  • 新規インストールでは、新規のドキュメントの初期設定は正規表現の代わりに 数式ではワイルドカードが有効 になっています。 tdf#88581 (Eike Rathke (Red Hat, Inc.))
    • 他の表計算ソフトとの相互運用性が高まります。正規表現になじみのない表計算ソフトユーザーに対してよりよいユーザー体験となります。
    • ReleaseNotes 5.2 の「ワイルドカード」も参照してください。

新しい表計算関数

変更された表計算関数

  • UIで使われている名称 EFFECTIVE は他の表計算アプリケーションと同じく EFFECT に変更されました。 tdf#100641 (Eike Rathke (Red Hat, Inc.))

ODF 1.2 との互換性

ISOWEEKNUM と WEEKNUM_OOO

5.1より前のリリースではWEEKNUMは誤ってISOWEEKNUMのようにODFに保存されていました。5.3では5.1で導入された暫定的な解決策(ReleaseNotes/5.1/ja#ODF_1.2.E3.81.A8.E3.81.AE.E4.BA.92.E6.8F.9B.E6.80.A7を参照)が解消されました。 (Eike Rathke (Red Hat, Inc.))

  • ISOWEEKNUMをインポートするとき、一つしか引数がない場合は正しい ISOWEEKNUM としてそのまま保持されます。
  • もし二つのパラメータが存在するときには、二つめの引数 mode が数値リテラルであり、かつ 1 ではない場合、一つの引数を持つISOWEEKNUMに対応付けられます。この動作は、これらのモードのときの古いWEEKNUM関数の実装と完全に同じです。
  • 二つめの引数の引数がそれ以外のとき、つまり数値リテラル 1 か式である場合は、この関数呼び出しはLibreOffice 5.1で導入された WEEKNUM_OOO 互換関数に対応付けられます。
    • WEEKNUM_OOO は ORG.LIBREOFFICE.WEEKNUM_OOO として保存されます。5.1および5.2はこの関数を読み込むことができます。

数値の書式

  • 分数の書式 (Laurent BP)
    • 任意の #、?、0 は任意の 整数、分子、分母 の書式文字として使うことができます。
例として # ?/#00 は3.5を 3 1/02 、そしてPIを 3 16/113として表示します tdf#100755 tdf#31449
  • 任意の文字を整数と分数の間の区切り文字として使うことができます:
#" plus fraction "?/? はPIの値を 3 plus fraction 1/7として表示します tdf#100834
  • 新しいアルゴリズムによるさらに正確な分数の表現 tdf#99996 (Wolfgang Jäger)
  • 新しい書式の初期値は分数になっている tdf#100592
  • 分母がスペースより数が小さいならば、左に位置合わせされます tdf#102507: フォーマットの # ?/??? で、値の 3.5 はこのように表示されます
3 1/2 (分数の後ろの2スペース)の代わりに
3 1/ 2 (古い動作)
  • 書式のオプションはUIダイアログ書式の 書式 ▸ セル ▸ 数値 そしてサイドバーで利用可能
新しいUIダイアログとSidebarの分数のオプション

セルスタイルの初期値

  • セルスタイルの初期値はユーザープロファイルのファイルからロードされます (Jaskaran Singh (GSoC))
    • 文法はODFに基づきロードされます orcus
    • 独自のセルスタイルの決定が用意になりました。
  • 新しく改良されたセルスタイルの初期値。 tdf#90937 (UX team, Jaskaran Singh)

ピボットテーブル

  • ピボットテーブルで、データフィールドや行、列フィールド (小計)で使いやすい中央値が追加されました tdf#61700 (Tamás Zolnai)
    • 中央値を用いたピボットテーブルの保存や読み込みはODSファイルフォーマットのみでサポートされています。
ピボットテーブルで中央値を使う。

その他

  • 空白でないセルの結合 書式 ▸ セルの結合 ▸ セルの結合 に新たなオプションが追加されました: tdf#30456 (Laurent BP)
    • LibO 5.3より前のバージョンでは、セルに値が含まれる場合、結合された中のはじめのセルの中に文字列として移されるか、または値が隠されるだけで、削除されることはありませんでした。
空でないセルを結合するときのこれまでのダイアログ
  • LibO 5.3以降では新しいオプションが追加されます:隠されたセルの値が削除され、そのセルを参照している関数は更新されます。
値を含むセルを結合する際の新しいダイアログ
  • 関数 ( 挿入 ▸ 関数 ) が関数リストから検索可能になりました。 tdf#67974.
関数を検索するには囲い内のエリアに文字を入力します。

Impress

  • 挿入 ▸ メディア ▸ フォトアルバムによって挿入された画像は、ドキュメントへの埋め込みに代えて画像リンクすることができるようになりました。 tdf#65356 (Samuel Mehrbrodt, CIB)
  • マスタースライドモードのためのサイドバーの中のスライドプロパティーコンテンツパネル。 tdf#89466 (Susobhan Ghosh, GSoC 2016; Katarina Behrens, CIB; Yousuf Philips)

テンプレート選択

Impress起動時にテンプレート選択画面が表示され、新規作成時にどのテンプレートを利用するか選択できるようになりました (Akshay Deep, GSoC; Samuel Mehrbrodt, CIB)

テンプレート選択

テンプレート

  • 二つの新しいデフォルトテンプレート: VividPencil:
Vivid テンプレート
Pencil テンプレート
  • 既存のすべてのテンプレートが改良されました (Francisco Adrián Sánchez)
  • 単純なグラディエーションテンプレートの AbstractGreenAbstractRedAbstractYellow は削除されました (Yousuf Philips)

Draw

  • カラスの足の表示などを含めた、新しい矢印の端末。他のアプリでも同じように使えます。 (Yan Pashkovsky, Dipankar Niranjan) tdf#93782 tdf#92152
新しい矢印の端末

Base

  • LibreOfficeで使用されるFirebirdがバージョン3.0.0にアップグレードされます。このバージョンはFirebird2.5以前のデータを扱うことが出来ないため、LibreOffice5.2までに作成されたFirebirdを含む.odbファイルをLibreoffice5.3で開くことはできなくなります。Firebirdの将来のバージョンでは互換用モジュールが提供されることから、このモジュールを取り入れたLibreOfficeの将来のバージョンでは旧来のファイルを開くことが可能になるでしょう。
  • 埋め込みのデータベースはFirebirdのarchive形式に変更されます。これはバージョンやエンディアンに依存しないため、今回の問題が再発することは無いでしょう。
  • バージョン5.2以前のLibreOfficeで作成されたODBファイルは、Firebird2.5を使ったマニュアル操作でODB内のデータベースデータをarchive形式に置き換えることで5.3用の形式にコンバートが可能です。この操作を行うには単体のFirebird2.5をインストールし、"gbak"ツールを使ってODBファイル内の"database.fdb" を "database.fbk" に変換します。作業後に.fdbファイルを忘れずに削除してください。

グラフ

  • 近似(回帰)曲線の式:
    • Y の名前 (既定値 "f(x)") と X の名前 (既定値 "x") はユーザーによって定義された名前に置き換えることができます tdf#100547 (Laurent BP)
近似曲線の式のX と Y の名前のカスタマイズ

数式

  • 伸び縮み可能な積分記号 intd が上付き/下付き文字を取れるようになりました。 (Takeshi Abe) tdf#53472 tdf#102268
  • 要素ウィンドウの "Brackets" に、新しいコマンド "Evaluated At" が追加されました。(Takeshi Abe) tdf#44839
  • MathMLインポートの向上(Takeshi Abe)
    • MathMLの<mspace>がインポート可能に tdf#76296
    • MathMLの伸び縮み可能な積分記号がインポート可能に tdf#103500
  • MathMLエクスポートの向上 (Takeshi Abe)
    • 伸び縮み可能な積分記号intdをMathMLへエクスポート可能に tdf#97049
    • ギリシャ文字を正しくmathvariant属性を付与してMathMLにエクスポート可能に tdf#101022

Core / General

  • LibreOfficeを閉じても、アクティブなUNOコネクションを切断しなくなりました。 (Samuel Mehrbrodt, CIB). tdf#102274

テキストのレイアウト

  • 新しいクロスプラットフォームのレイアウトエンジンによる、異なるプラットフォーム間における一貫したレイアウト。 HarfBuzzを利用 (Akash Jain, GSoC 2016; Khaled Hosny) tdf#89870
    • OpenTypeレイアウトは全てのプラットフォームでサポートされ、全ての言語において標準の機能が利用可能です。.
    • GraphiteレイアウトはLinuxやWindowsだけでなく、特にmacOSを良好にサポートします。
    • OpenTypeレイアウトは、これまでGraphiteフォントでのみサポートされていた構文を用いてコントロールされます。
    • アラビア語文章のためのカシダ両端揃えの改善。
    • HarfBuzzにより改善されたCJKのための縦書きレイアウト。
    • 全てのテキストレイアウトはHarfBuzzを通過する様になり、文書の複雑さによる違いは無くなりました。
    • Windowsのみ、またはmacOSのみに存在していたテキストレイアウトのバグは修正されました。
新しいレイアウトエンジンによりmacOSでGraphiteフォントAwami Nastaliqを使用
STIX Two テキストフォントが小大文字、整った数字、分数でうまく表示される
  • プラットフォームを超える行間隔の計算の一貫性と改善 (Khaled Hosny) tdf#55469
  • 伝統的なモンゴル文字と満州文字に必要な垂直方向の “左から右へ”ブロックが有効になりました (Khaled Hosny) tdf#33278
新しい、文字の方向の左から右へ(縦書き)オプション
伝統的なモンゴル文字のために使用される垂直方向の左から右へ文章レイアウト

カラーパレットの変更

こちらをご覧ください ブログエントリー

  • 既存のパレットの色を修正しました。
  • カスタムパレットが新たに追加されました、領域の書式ダイアログ上で新しいカラーを直接追加することが可能になりました。
  • カスタムパレットの追加に伴い、オプションの設定Tools ▸ Options ▸ LibreOffice ▸ Colorsは廃止されました。
  • 既存のパレット gallery, web, cmyk, scribusは不適切な名称が設定された一般的でないコレクションであるため廃止されました。
  • パレットTango および html は、色と名称ラベルが一部更新されました。
  • パレットstandardはリフレッシュされ、グレー12階調で構成される1行目と、それに続くHSVカラーホイールの12の基本色、およびこれら基本色の彩度・輝度を66%、50%、25%変化させたバリエーションです。最後の12×8の配置は、カラーピッカーグリッドに対応します。
  • パレット breeze が標準セットに追加されました。これはtangoの代替として、KDEヒューマンインターフェイスガイドラインで知られる全ての値を含みます。
  • 新規に追加されるパレットtonalは、同じ輝度の各種の色に対する様々なコントラストを提供します。
  • パレット freecolour-hlc として、 CIE LAB カラーモデルをベースとしたセットが追加されました。これは、出版社などに対するクロスメディアセーフなカラーセットの提供を目的とするものです。

ドキュメントの署名

  • The bundled libxmlsec library has been upgraded to 1.2.23, including our "OOXML Relationships Transform Algorithm" implementation upstream. blog entry (Miklos Vajna, Collabora)
  • PDF 署名のインポートとエクスポートが追加された。 blog entry. (Miklos Vajna, Collabora)
検証されたPDF署名。
  • PDFファイルの PAdES 署名のサポートが追加された。 blog entry (Miklos Vajna, Collabora)
  • PDFファイルの XAdES 署名のサポートが追加された。 commit (Tor Lillqvist, Collabora)

セーフモード

セーフモードが装備されました。LibreOfficeは新規のユーザープロファイルで起動され、破損した設定のリストアを補助します。(Armin Le Grand, CIB; Samuel Mehrbrodt, CIB)

セーフモードによる起動方法:

  • メニューによる実行: ヘルプ ▸ セーフモードで再起動...
  • 起動時にコマンドラインオプションを使用 --safe-mode
  • Windows版: スタートメニューより LibreOffice (Safe Mode)を起動
セーフモードダイアログ

ヘルプコンテンツ

  • ヘルプ文は可能なら、一貫性を高めるために、プラットフォームの既定のフォントで表示されます。 (いいかえれば、WindowsでのSegoe UI 、Ubuntu での Ubuntu そしてFedoraでの Cantarell ) (Adolfo Jayme Barrientos)

Office URI スキームのサポート

  • Libreoffice now supports the following registered Office URI Schemes (Mike Kaganski, Collabora) (commit 1 commit 2):
    • ms-word:
    • ms-powerpoint:
    • ms-excel:
    • ms-visio:
    • ms-access:
  • Also, a new custom Libreoffice-specific scheme is introduced:
    • vnd.libreoffice.command:
  • Currently, the default save folder parameter is ignored.
  • The schemes handler is registered in the OS by the installer under Windows. MS-specific schemes are only registered if Open MS files with Libreoffice checkboxes are checked (commit)
  • This allows, e.g., for better integration with SharePoint.

フィルター

OpenXML フィルターの改善

  • .xlsx や .xls へのインポートやエクスポートの変更点:
    • .xlsx や .xls へのエクスポート時に、非表示あるいは折りたたまれた列の列幅情報が消えるのを修正 tdf#51524 (Bartosz Kosiorek)
    • .xlsx へのエクスポート時に、横向き情報が正しく保存されるようになりました。 (MS Excel に準拠) tdf#48767 (Bartosz Kosiorek)
    • .xlsx や .xls へのエクスポート時に、非表示にされた空行が表示のまま保存されるようになりました。 tdf#98106 (Bartosz Kosiorek)
    • .xlsx へのエクスポート時に、アウトライン行・列が正しく保存されるようになりました。 tdf#100347 (Bartosz Kosiorek)
    • .xlsx へのエクスポート時に, XML_outlineLevelRow と XML_outlineLevelCol のキーが保存されるようになりました。 (Office365 に準拠) tdf#101135 (Bartosz Kosiorek)
    • .xlsx や .xls へエクスポートしたときの、MS Excel for OS Xにおける列幅の問題を修正 tdf#100946 (Bartosz Kosiorek; Markus Mohrhard)
    • 列幅の精度が MS 仕様に適合するように修正 tdf#101363 (Bartosz Kosiorek)
    • XLSX ドキュメントのインポート時に、ユーザー定義のカスタムフォーマットが適用されない問題が修正されました。 tdf#70565 (Bartosz Kosiorek)
    • 色付きの空白セルの.xlsx や .xls ドキュメントへのエクスポートにおける問題の修正 tdf#46738 (Bartosz Kosiorek)
    • .xlsx へのエクスポートにおける Excel 2007 との整合性の問題を修正 tdf#101059 (Bartosz Kosiorek)
    • .xlsx における、グループ化されたピボットテーブルのインポートが遅い問題の修正 tdf#102694 (Tamás Zolnai)
    • 数値フォーマット:
      • エスケープキャラクターの保存 tdf#81939 (Laurent BP)
      • 分数のフォーマットにおいて '#' と '?' に加えて '0' が使用可能になりました。 tdf#100755 (Laurent BP)
      • 拡張されたロケールIDがインポートできるようになりました。拡張されたロケールIDは日付や地域ごとの数詞のエクスポートに使用されます。 tdf#36038 (Laurent BP)

PDFフィルターの改善

  • PDFはドキュメントに画像として挿入可能になりました。 blog entry. (Miklos Vajna, Collabora)

バイナリ Microsoft Office フィルターの改善

  • .doc と .xls からのインポートの変更点
    • The contemporary Microsoft Office default Binary Document encryption "RC4 CryptoAPI Encryption" is now supported (Caolán McNamara, Red Hat, Inc.)

新しいインポート・フィルター

  • StarOfficeのバイナリファイル (.sdc, .sda and .sdw) が libstaroffice を通して再びインポートできるようになりました。 (Laurent Alonso)
    • このフィルターは一から書かれており、開発の初期段階にあります。そのため、単純なファイルならば変換可能と思われますが、より複雑なファイルでは変換に失敗するかもしれません(おそらく失敗すると思われます)。
  • Zoner Callisto/Draw のファイル (バージョン 4~5) が libzmf を通してインポートできるようになりました。 (Aleksas Pantechovskis, David Tardon)

GUI

  • キーボードショートカットがコンテンツメニューの中に表示されるようになりました。その表示はツール ▸ オプション ▸ 表示 ▸ メニューで設定できます。 tdf#74377 (Maxim Monastirsky)
コンテンツメニューの中のショートカット。 左 - 非表示、 右 - 表示
  • ドキュメントの回復ダイアログが簡素化されました; 外観が改善され、複雑さが解消されました。 tdf#99341 (Muhammet Kara, Pardus)
ドキュメントの回復ダイアログ。 左 - 開始、中 - 実行中、 右 - 完了)
  • Revamped the Extension Manager dialog; replaced the custom-implemented error-prone buttons and behaviours with compatible standard widgets and behaviours, and fixed various bugs in the process. The Extension Manager now provides a better user experience and accessibility. tdf#103146 tdf#102004 (Muhammet Kara, Pardus; Yousuf Philips)
改良された拡張機能マネージャーのダイアログ

アイコン

  • Support for 32px icons (extra large) for the toolbar. Currently only Breeze icons have 32px icon variants available. (Tomaž Vajngerl, Collabora)
  • Support for SVG icons, however because of some minor issues and there is no icon theme bundled with LibreOffice that contains SVG icons, this is considered experimental. (Tomaž Vajngerl, Collabora)

領域のダイアログ

  • 色、グラデーション、ハッチング、ビットマップ各タブの再デザインおよびパターンタブを追加しました。 tdf#94551 (Rishabh Kumar,

GSoC 2016; Katarina Behrens, CIB; Heiko Tietze; Yousuf Philips)

色のタブ。 Left - 5.1, right - 5.3
グラディエーションのタブ。 Left - 5.1, right - 5.3
ハッチングのタブ。 Left - 5.1, right - 5.3
ビットマップのタブ。 Left - 5.1, right - 5.3
パターンのタブ(新規)。
  • パターンの基本セット。 tdf#94547 (Yousuf Philips)

ツールバー

  • 「開く」ドロップダウンメニューに「テンプレートを開く」が追加されました。 (Samuel Mehrbrodt, CIB) commit

サイドバー

  • Writerのサイドバーにページデッキを追加 4つのパネルにより構成 - 書式パネル、スタイルパネル、ヘッダーパネル、フッターパネル (参照 blog entry) tdf#83830 (Susobhan Ghosh, GSoC 2016; Katarina Behrens, CIB; Yousuf Philips)
Writer Page Deck
  • プロパティデッキの領域パネルに画像のインポート機能が追加されました。 tdf#90078 (Susobhan Ghosh, GSoC 2016; Katarina Behrens, CIB; Yousuf Philips)
Import Bitmap Button in Area Content Panel
  • スタイルと書式デッキに「スタイルのプレビュー」チェックボックスが追加されました。 tdf#93845 (Susobhan Ghosh, GSoC 2016; Katarina Behrens, CIB; Yousuf Philips)
Styles and Formatting Preview Checkbox
  • メディア再生パネルがプロパティデッキに新たに追加されました。(メディアが選択された状態で使用可能) (参照 blog entry). tdf#87794 (Susobhan Ghosh, GSoC 2016; Katarina Behrens, CIB; Yousuf Philips)
Media Playback Panel

Start Center

Window

メニュー

  • 新しいエントリー ヘルプ ▸ ユーザーガイド.... ユーザーガイドと付随ドキュメントへのダイレクトリンク (Olivier Hallot, Christian Lohmaier, Heiko Tietze, Yousuf Philips, Samuel Mehrbrodt,Katarina Behrens )
  • 新しいエントリー ヘルプ ▸ オンラインヘルプ.... コミュニティーサポートフォーラムとナレッジ・ベースへのダイレクトリンク (Olivier Hallot, Christian Lohmaier, Heiko Tietze, Yousuf Philips)
Link to community supported forums and user guides

設定

  • テーマ選択のダイアログは修正されました。そして、サーチボックスとカテゴリー選択ボタンは以前のように正しく動作しています。 ツール ▸ オプション... ▸ LibreOffice ▸ パーソナライズ ▸ テーマを選択 のパスをたどって、好きなようにLibreOffice環境をカラー化できます。 tdf#87597 commit (Muhammet Kara, Pardus)
Firefox テーマの選択ダイアログ
  • これまでスプリットボタンで隠されていたオプションが表示される様になり、カスタマイズダイアログにアクセスしやすくなりました。 tdf#82840 tdf#103160 (Muhammet Kara, Pardus; Yousuf Philips)
カスタマイズダイアログのメニューとツールバータブ

Basic エディター

  • BASIC統合開発環境は「フォントの色」および「ドキュメントの背景」に設定した色で表示されますTools ▸ Options ▸ LibreOffice ▸ Application Colorstdf#103209 (Takeshi Abe)

アクセスのしやすさ

  • Everyone can now improve accessibility as almost all a11y relations are now easily editable with Glade. tdf#87026 (Muhammet Kara, Pardus)

オンライン

LibreOfficeOnlineの初めてのリリース - これはLibreOfficeコアを利用したコラボレーティブな編集環境を提供するものです。レンダリングの忠実度は素晴らしく、相互運用性はLibreOfficeと同等です。基本的に、適切に設定されSSL証明書が発行されたサーバーサービスとして提供されるべきであり、他のソリューションと統合されることで本領を発揮するでしょう。

Public LibreOffice Online のDocker用image

Docker Hubから最新のdocker用イメージを入手できます。: https://hub.docker.com/r/libreoffice/online

入手方法:

$ docker pull libreoffice/online:master
$ docker run -t -d -p 127.0.0.1:9980:9980 -e "domain=<your-dot-escaped-domain>" --cap-add MKNOD libreoffice/online:master

分かっている問題

このdocker用イメージはUbuntu 14.04 LTSでは動作しません。これはUbuntu 14.04 LTSのカーネルのコンパイルオプションにおいて、CONFIG_AUFS_XATTR=yが指定されていない為です。このオプションはsetcapがdockerのaufsストレージ上で動作しないよう促すものです。Upstream bug: https://bugs.launchpad.net/ubuntu/+source/linux/+bug/1557776

ヘルプ

  • Many updates and improvements in contents (Gabor Kelemen, Olivier Hallot, Lera Goncharuk, Adolfo Jayme Barrientos, Jean Spiteri, Andras Timar)

地域化

  • スペイン語のCalc関数名のアクセント記号(例えば DÍA(), MÁX())は他の表計算の実装に整合させるためにバージョン5.2.3から除去されています tdf#101981 (Adolfo Jayme Barrientos, Johnny_M)
  • Added russian name for some Calc functions (bormant)

ロケールデータのある新しい言語/ロケール

Available as default document language and for locale specific formatting.

言語リスト中の補足言語

Available for text attribution.

  • Silesian [szl-PL], tdf#101540 (Eike Rathke (Red Hat, Inc.))
  • Hungarian Rovas [hu-Hung-HU], tdf#97406 (Eike Rathke (Red Hat, Inc.))

他言語の組み込み

私たちの目標は出来る限り多くの言語をサポートすることです。 自国語が反映されるLibreOfficeやヘルプの翻訳ボランティアをされている方々に感謝いたします:

校正ツールの改良と言語サポート

  • European Portuguese language auto-correction files were synchronized with Brazilian Portuguese files tdf#97439 (Tiago Santos)
    • adds 1936 automatic replacement entries, 11 new two caps word exceptions and 1726 new abbreviations.
  • Croatian sentence exception list updated: added 66 new abbreviations.
  • Proofing tools for German language (de-AT, de-CH, de-DE) have been largely improved (tdf#105396):
    • The spell-check dictionary now contains over 258,000 words. This new version adds over 7,300 new words.
    • The hyphenation patterns have been improved. The new version includes 700 corrected and new hyphenation patterns. Hyphenation uses the new COMPOUND feature and contains a list with over 69,000 words and compounds.
    • The thesaurus now contains over 146,000 words in over 37,000 meaning groups. The new version adds ~11,000 new words. The thesaurus now includes 11,400 associations and 1,900 antonyms.
Im-jabber.svg

もしあなたが消滅危機言語を話していたり、世界中の一人ひとりに自由なツールを提供するという私たちの目標達成を手伝いたいのであれば、 私たちの活動にご参加ください

スクリプト: Python と Basic

Access2Base のアップデート

BaceユーザーのためのBasicライブラリーのAccess2Baseは現在バージョン1.6.0が利用可能です (Jean-Pierre Ledure).

The main improvements are related to the management of (long) binary fields with the GetChunk and AppendChunk methods. Also the scope of the CopyObject method has been extended to the duplication of complete tables between distinct databases. As an experimental feature, the tables might belong to databases built above distinct database systems (f.i. from HSQLDB to MySql or the opposite). Additionally a spanish translation of the UI has been provided by Iñigo Zuluaga. 全ドキュメントは documentation website で利用できます。

フォント

  • Emoji Oneフォントが絵文字サポート機能の対象に加わりました。 (Akshay Deep) commit

OSの調整

Windows

  • Windowsインストーラー(MSI)はWindows Vistaとそれ以降で利用可能な再起動マネージャー機能を提供するようになりました。(commit) (Mike Kaganski, Collabora). これはインストーラーが更新に必要なファイルを見つけてプロセスを自動的に閉じて再起動することを許可します。これまでは、これらのプロセスのリストを表示するのみでした。そしてユーザーは閉じて開く事を手動でする必要がありました。閉じて開くことをしなくても、インストールの後にシステムの再起動が要求されます。

実験的な機能

これらの機能は完成されていません。でも、早期に導入して試すことができます。ツール ▸ オプション ▸ LibreOffice ▸ 詳細 ▸ 実験的機能を有効にするで有効にできます。

ツールバー

  • ツールバーの表示を簡単に切り替えるために、4つのツールバーモードが追加されました。それは 表示 ▸ ツールバーレイアウトで行えます。 tdf#101249 (Szymon Kłos, GSoC 2016; Yousuf Philips)
  • 拡張ツールバーフレームワークが実装されました。 (参考 blog entry) (Szymon Kłos, GSoC 2016; Jan Holešovský, Collabora; Samuel Mehrbrodt, CIB; Yousuf Philips)
  • 拡張ツールバーに3つのレイアウトが実装されました。 (Szymon Kłos, GSoC 2016; Yousuf Philips; Heiko Tietze)
  • Impressに「標準 (シングルモード)」ツールバーが追加されました。標準(ダブル)ツールバーのアレンジ版として提供され、最も利用頻度の高い機能・挿入・書式設定が含まれます。有効化するには 表示 ▸ ツールバーレイアウト ▸ Single Toolbar. tdf#92218 (Yousuf Philips)
Impress 5.3の新しい標準(シングルモード)ツールバー

サイドバー

  • Writerで、サイドバーにセクション変更履歴が追加されました。
新しい変更履歴のサイドバー
  • Drawに新たに追加された図形デッキ(実験的機能)に基本図形パネルが追加されました。 (see this blog entry). tdf#87643 (Susobhan Ghosh, GSoC 2016; Katarina Behrens, CIB; Yousuf Philips)
新しい図形デッキでの基本図形パネル

その他

  • 絵文字を挿入するツールバーコントロールが追加されました tdf#100100 (Akshay Deep, GSoC; Samuel Mehrbrodt, CIB)
    • Still experimental and requires to activate Tools ▸ Options ▸ LibreOffice ▸ Advanced ▸ Enable experimental features (may be unstable)
    • Currently not working on windows see tdf#105689)

絵文字ダイアログ

除去される/廃止される機能

一般

  • 'Human'のアイコンテーマは削除されました (Samuel Mehrbrodt, CIB) commit
  • Windowsのビットマップのみのフォントのサポートは削除されました (Khaled Hosny) tdf#103514
  • Type 1 フォントのサポートは削除されました (Khaled Hosny) commit 48304cb
  • ActiveX support is considered deprecated and may be removed in the future. If this change negatively affects your Windows application please email the LibreOffice development list with your use case and plan for moving off of ActiveX. We specifically want feedback if you use ActiveX to embed LibreOffice components into your application.

Impress

  • ファイル ▸ ウィザード ▸ プレゼンテーション のウイザードは削除されました。その代わりにImpressの起動時にテンプレートを選択する新しいダイアログが使えます。 (#Template_Selectorをご覧ください。) (Akshay Deep) commit
  • シンプルなグラディエーションの AbstractGreenAbstractRedAbstractYellow は削除されました。 (Yousuf Philips)

目に見えない部分

目に見えない部分で何が変わったのかをご覧ください。

API の変更

削除された設定オプション

  • The /org.openoffice.Office/Substitution configuration schema is removed, and the com.sun.star.util.PathSubstitution service no longer supports substitutions defined via the /org.openoffice.Office/Substitution/SharePoints configuration set tdf#102630
  • The /org.openoffice.Office/Common/View/Localisation/AutoMnemonic configuration schema is removed commit
  • The /org.openoffice.Office/Common/View/Localisation/DialogScale configuration schema is removed commit
  • The /org.openoffice.Office/Common/View/FontScaling configuration schema is removed commit
  • The /org.openoffice.Office/Common/FirstStartWizard configuration schema is removed

commit

UNO API の変更

com.sun.star.frame.status.LeftRightMarginScale 構造体が取り込まれた (Szymon Kłos) commit

  • New templates for the file picker (Interface com.sun.star.ui.dialogs.TemplateDescription) (Samuel Mehrbrodt, CIB):
    • Preview only (no link option) FILEOPEN_PREVIEW commit
    • Link & play FILEOPEN_LINK_PLAY commit
  • For extensions, it is now possible to bind to the XNotifyingDispatch for results (e.g. when uno.Save, was it okay or not) (Juergen Funk, CIB) tdf#99815
  • TerminationVetoException no longer prevents closing frames. If you throw the TerminationVetoException during shutdown, all frames will be closed, but the process will be kept alive. To restore the old behavior, use the CloseVetoException. (Samuel Mehrbrodt, CIB) tdf#102288
  • Some new properties are added to pivot table related services commit (Tamás Zolnai)
    • DataPilotField: Function2, Subtotals2
    • DataPilotSourceLevel: Subtotals2
    • DataPilotSourceDimension: Function2
    • Additionally new constants are added as GeneralFunction2
  • Removal of the NPAPI Plugin related interface com.sun.star.mozilla.XRemoteServiceManagerProvider had inadvertently been missing from LibreOffice 5.2 (see ReleaseNotes/5.2#UNO_API_changes). commit
  • The com.sun.star.xml.crypto.sax.XSecurityController interface was removed commit (Miklos Vajna, Collabora)
  • The com.sun.star.xml.crypto.sax.XSecuritySAXEventKeeper interface was modified commit
  • The com.sun.star.security.XDocumentDigitalSignatures interface was modified commit
  • The com.sun.star.awt.XStyleSettings interface was modified commit
  • The com.sun.star.chart2.XRegressionCurveCalculator interface was modified commit
  • The com.sun.star.xml.sax.XFastParser interface was modified commit
  • The com.sun.star.sheet.MemberResult struct was modified commit
  • The com.sun.star.sheet.DataPilotFieldFilter struct and com.sun.star.sheet.XMembersSupplier interface and com.sun.star.sheet.DataPilotSourceMembers service were modified commit
  • The com.sun.star.awt.XToolkitExperimental interface was modified commit commit

Java UNO language binding

  • Removal of some deprecated interfaces commit
    • com.sun.star.uno.IFieldDescription
    • com.sun.star.uno.IMemberDescription
    • com.sun.star.uno.IMethodDescription
    • com.sun.star.uno.ITypeDescription

SDK の変更

  • The various GCC-based platforms no longer define a HAVE_GCC_VISIBILITY_FEATURE C/C++ macro in settings/settings.mk (but still set the -fvisibility=hidden compiler flag) commit