LibreOffice 4.4リリースノート

From The Document Foundation Wiki
Jump to: navigation, search
本ページはGlobal Wikiからの有志による翻訳ページです。未翻訳があることや内容が古い場合があります。最新化、翻訳にご協力お願いします。
日本語独自の情報についてまとめることを目的として、日本語コミュニティによって運営されているページとして 日本語コミュニティ独自ページ があります。
URLが wiki.documentfoundation.org/JA で始まっていて、カテゴリーがJAのページです。
そちらもご利用ください。

Contents

このページについて

このページは4.4 リリースのリリースノートです。このページは 4.4 リリース がリリースされたことにより最終版になっているはずです。ただし、もし足りない情報を見つけたら、それを聞かせてもらえば幸いです。 どうかよろしく!


Writer

マスタードキュメントテンプレート

Writerには長いことマスタードキュメントの機能がありました。マスタードキュメントはとても大きな文書、たとえばいくつもの章を持つ本、などを管理するのに使われます。マスタードキュメントは複数の独立したLibreOffice Writerファイルのコンテナーのように見えます。LibreOffice 4.4には マスタードキュメントテンプレート が新たに加わります。マスタードキュメントテンプレートはテンプレートマネージャーに追加可能で、新規のドキュメントをマスタードキュメントテンプレートを元に作成した場合は、そのテンプレートの中身を初期の内容としてマスタードキュメントが作られます。 (Caolán McNamara, Red Hat)

テキストボックスを持てるようになったシェイプ

Writerのシェイプはテキストボックスを持てるようになりました。これは、複雑なWriterのコンテンツと、シェープの完全なドローイングレイヤージオメトリを同時に持てるということを意味します。 tdf#70942 ブログエントリー (Miklós Vajna, Collabora)

シェープ内の表と、角の丸いシェイプ。

変更追跡の改善

  • “変更を承認する”および“変更を却下する”で、次の変更まで自動的にジャンプするようになりました。tdf#83953 (Samuel Mehrbrodt)
  • 変更追跡ツールバーに新しいボタンが追加され、新規のアイコンが採用されました。tdf#83955, tdf#84405 (Yousuf Philips)
変更ツールバーの新しいアイコン
  • キーボードショートカット Ctrl+⇧ Shift+E が変更追跡の記録に割り当てられました。 tdf#86183 (Yousuf Philips)

スタイルのドロップダウン

スタイルのドロップダウンに、選択されたスタイルを編集、または更新するスプリットメニューが追加されました。tdf#62081 (Szymon Kłos, Samuel Mehrbrodt)

スタイルドロップダウンのスプリットメニュー


ヘッダーおよびフッターへの行番号付加が容易に

ヘッダーおよびフッターへの行番号付け(ヘッダー/フッターの段落スタイルを用いるもの)が、ツール ▸ 行番号付けと同じ場所で指定できるようになりました。スタイルダイアログで指定する今までの方法に追加されます。tdf#84504 (Charu Tyagi, Ericsson)

ヘッダー/フッターへの行番号付

ステータスバーの改善

  • ステータスバーのページ番号は、ページ番号スタイルが利用されているときにわかりやすくなりました。tdf#80617 (Yousuf Philips, Samuel Mehrbrodt)
変更前(左側)および変更後(右側)で対比させた改善されたステータスバーのページ番号
  • 低い解像度かつウィンドウサイズが小さいとき、要素間の空白のとり方がよりよくなりました。また、空白のステータスバーフィールドをダブルクリックしても「フィールド」ダイアログを表示しないようになりました。tdf#86018 (Yousuf Philips, Samuel Mehrbrodt)
  • クリックしたときの動作が、左クリックでなにかのアクションが生じるかダイアログの表示、右クリックはコンテクストメニューの表示、となるように統一されました。tdf#82707 (Yousuf Philips, Samuel Mehrbrodt)
  • ステータスバーのすべての要素にツールチップが追加されました。tdf#82708 (Yousuf Philips, Samuel Mehrbrodt)
  • 単語・文字数の表示で桁区切り子(訳注:日本語の場合「123,456」のコンマ)が付与されるようになりました。tdf#83308 (Yousuf Philips, Matthew J. Francis)

ツールバーの改善

  • 「標準」および「書式」ツールバーは、ほとんど使われないコマンドを削除し、より使われる機能と置き換えるように見なおされました。利用者がメニューを分け入ったり、ツールバーをカスタマイズしたりする必要を減らすのが目的です。これらツールバーにはいくつかボタンも追加されましたが、標準では非表示になっており、「カスタマイズ」オプションを利用することで有効にできます。tdf#81475 (Yousuf Philips, Samuel Mehrbrodt)
ツールバーの改善についての修正前(上)と修正後(下)の対比。


ナビゲーターブックマーク

ナビゲーターのブックマークに、 HTMLアンカー名として利用可能なあらゆる文字を利用して名前が付けられるようになりました。特に、ピリオド (.) とコロン (:) が新たにサポートされました。tdf#56116 (Brij Mohan Lal Srivastava)

オートコレクトの改善

ImpressやCalcやDrawで同様に含まれる、番号、初期値のオートコレクトリストのワイルドカードパターン、そして、新たな中間のオートコレクトワイルドカードパターン間のダッシュ置換 (László Németh):

  • “置換ダッシュ”の主要なオートコレクトが改善: 番号の間の二重ダッシュは全角ダッシュ(—)の代わりに半角ダッシュ (–)で置きかえられます、(年、ページ、番号、その他。)の値の領域の正字法に従って、例として、 1:15--2:15 p.m., for ages 3--5, pp. 38--55, 大統領ジミー・カーター (1977--81)1:15–2:15 p.m., for ages 3–5, pp. 38–55, 大統領ジミー・カーター (1977–81) で置きかえられます。 (関連項目 Dash Wikipedia logo v3.svg) tdf#62923
  • オートコレクトパターンの初期値で特殊記号の入力が簡易になった:
    • 商標、著作権、登録シンボル: 今後は初期値の (tm)、 (C)、 (R) オートコレクトパターンの前に空白を入力したり消したりする必要はありません: LibreOffice(tm)LibreOffice™に置換されます。 tdf#81571
    • 矢印: 初期値の“ASCII 矢印”オートコレクトパターンの周囲に空白を入力する必要はありません (->, <-): A->B->CA→B→C.
    • ** 添字/添字記号 (フランスとハンガリーの初期値オートコレクトパターンにおいて): ユニコード 添字/添字文字キャラクターのためのTeX風な入力: cm^2cm², H_2OH₂O, H^+H⁺. (注意: これらの記号はふつうは、より小さなサイズの添字/添字文字フォーマットよりも印刷上でよく使われます、 特にLibreOfficeの初期値の Graphite フォント、Libertine G において) [フランス語 (Olivier R.) と ハンガリー語].
  • * 中間のオートコレクトワイルドカードパターン: オートコレクトワイルドカードパターン (text.* と .*text) は後と前に合わせてのオートコレクトの置換として LibreOffice 4.2.x で導入されました。現在 LibreOffice 4.4 において、 .*text.*-のようなパターンを文字の中でよく起こるタイピングエラーを訂正するために追加することができます。 tdf#55292
例として、ひとつの要素で構成される .*laod.*load といったパターンのオートコレクト入力は 特定の文字配列を含む全ての文字を訂正します:
uplaoding → uploading
uplaoded → uploaded
downlaoding → downloading
downlaoded → downloaded
...
それに加えて、 .*text.* パターンは 同様に特定の文字配列を入力するのに使うことができます、例えば、 お手軽な f-合字の置換として:
.*fi.* -> fi (U-FB01)
.*fl.* -> fl (U-FB02)
(備考: いくつかの Graphite と OpenType フォントはLibreOfficeでは自動的に f-合字に置換します)。

Calc

こちらも参照: GUI: タブの変更

統計ウィザード(Excelの「分析ツール」の代替)

統計ウィザード データ ▸ 統計 において:

  • 基本統計量に四分位(Quartile)を追加 tdf#81801 (Tomaž Vajngerl, Collabora)
  • Z検定追加 tdf#74669 (Tomaž Vajngerl, Collabora)
  • カイ二乗検定追加 tdf#76868 (Tomaž Vajngerl, Collabora)

式から値への直接の変更

式が入ったセルから値に変更する新たな機能が追加されました(メニュー ツール ▸ セルの内容 ▸ 式から値へ)。以前はセルをコピーして、同じ場所に値として貼り付け直すしか方法がありませんでした。 (Kohei Yoshida, Collabora)

数式エンジン

  • AGGREGATE セル関数がExcelとの相互運用性のために追加されました。tdf#73148 (Winfried Donkers, Eike Rathke)

ツールバーの改善

  • 「標準」および「書式」ツールバーは、ほとんど使われないコマンドを削除し、より使われる機能と置き換えるように見なおされました。利用者がメニューを分け入ったり、ツールバーをカスタマイズしたりする必要を減らすのが目的です。これらツールバーにはいくつかボタンも追加されましたが、標準では非表示になっており、「カスタマイズ」オプションを利用することで有効にできます。tdf#85594 (Yousuf Philips)
ツールバーの改善についての修正前(上)と修正後(下)の対比。

シートコンテクストメニュー

シートの管理のための右クリックコンテクストメニューに、シート操作を表すアイコンが表示されるようになりました。tdf#86476 (Yousuf Philips)

Impress と Draw

こちらも参照: GUI: タブの変更

マスタービューオブジェクトプレビューのテキスト

  • スライドマスタービューにおいて、プレゼンテーションオブジェクトプレビューのテキストは読み取り専用になりました。このプレビューにおいてテキストを変更しても、オブジェクトプレビューにおけるスタイルが適用されたオブジェクトは影響を受けません。このプレビューでアウトライン番号付けのレベルを追加したり削除したりするに、最後の行で右クリックすることでレベルを追加/削除するためのメニューを表示できます。 (Caolán McNamara, Red Hat)
コンテキストメニューからのアウトラインレベルの表示/非表示
  • スライドマスタービューにおける「箇条書き オン/オフ」による箇条書きの切り替えは、ちゃんとアウトラインスタイルを反映した箇条書きオン/オフになりました。以前のバージョンではプレビュー自体にしか有効にならず、アウトラインスタイルは変更されませんでした。これからは通常ビューのアウトラインレベルでも反映されるようになります。(Caolán McNamara, Red Hat)

マスターエレメントを選択して Delete キーによる直接削除

スライドマスタービューにて、今までImpressで 表示 ▸ マスター ▸ マスターエレメント で削除していたマスターエレメントを、マスタービュープレビューの対応するプレースホルダーで直接削除可能になりました。要は、マスタービューにて、フッター、ヘッダー、スライド番号、日付/時刻など、対応するボックスを選択して Delete を押すだけです。 (Caolán McNamara, Red Hat)

マスターエレメントを選択して Delete キーによる直接削除

OpenGL ページ切り替え

  • Windowsへの実装が済み、有効になりました。(Markus Mohrhard, Collabora)
  • Linux、Window、OS Xにおいて、新しいVCL内のOpenGLフレームワークを元に実装が改善されました。(Markus Mohrhard, Collabora)

ページタイトルフィールド

新規のフィールド: ページタイトルが 挿入 ▸ フィールド ▸ ページタイトル で追加できます。 tdf#47302 (Jennifer Liebel)

表に列/行を挿入したときにセルの現在のスタイルを継承

Impressの表において、セルのスタイルを変更したあとで列または行を挿入した場合、デフォルトの設定ではなく、現在の行/列のスタイルを継承したもので新しく作られるようになりました。tdf#60712 (Hideki Ikeda)

編集用のパスワード

Impress/Drawのファイルを読み込み専用で保存し、修正するためにはパスワードを要求するようにできるようになりました。tdf#63483 (Katarína Behrens)

印刷: 指定された用紙サイズの利用

Drawは印刷のページフォーマットで指定された用紙サイズを利用するようになりました。tdf#63905 (Eilidh McAdam)

ズームモードボタン

ズームモードボタンが新設されました。Ctrl⇧ Shiftを使って、ズームイン、ズームアウトおよびパンができます。tdf#55903 tdf#83572 (Maxim Monastirsky, Yousuf Philips)

ツールバーの改善

  • 標準ツールバーは、利用頻度の高い機能を利用できるように再構築されました。tdf#84909 (Yousuf Philips)
Impressにおけるツールバーの改善の変更前(上)と変更後(下)の比較。

メニューバーの改善

  • 表示メニューの項目を、WriterやCalcと似たようになるように統合されました。tdf#86209 (Yousuf Philips)

Math

色のサポート

Mathによる色のサポート。

コア

含まれるフォント

自由なライセンスが摘要されたCaladeaフォント及びCarlitoフォントを追加しました(Huerta Tipográfica)。両フォントはマイクロソフト製のCambria・Calibriフォントと同じサイズ・形状を有し、次の様に使用できます。 drop-in replacements (András Tímár, Collabora)


電子署名されたPDFの作成

LibreOfficeからPDFを出力する際に電子署名を追加することが可能になりました。この機能はWindows、OS X、Linuxで使用できます。Windowsでは証明書を格納するためにビルトインの認証機能が使用されます。 (Gökçen Eraslan - GSoC 2012, Markus Wernig - Wilhelm Tux, fund raising, Tor Lillqvist - Collabora)

Windowsにおいて署名用の証明書を選択。
PDFエクスポートダイアログの「電子認証」タブ。

図形描画

「線吹き出し」の四角に隣接する吹き出し線の制御ポイントは、⇧ Shiftを押しながら操作することで単独で移動することが可能です。(Matúš Kukan, Collabora)

技術用語辞書

技術用語辞書で 幾つものアップデート が作られています。新しい Ubuntu と Devian リリースネームがオペレーティングシステムの名前と同様に追加されました。さらに、旧版の Ubuntu のリリースネーム ( Ubuntu 10.04LTS 以前) は技術用語辞書から削除されました。

LibreOfficeKit

Impressはモバイルデバイスにおける文書の閲覧のパフォーマンス向上のためタイルレンダリング Wikipedia logo v3.svgをサポートしました。(Andrzej Hunt, GSoC 2014)

ヘルプ コンテンツ

コード品質

ドイツ語コメントの翻訳

多くのソースコードのコメントが英語に翻訳されました。(Daniel Sikeler; Christian M. Heller; Tobias Madl; Thomas Viehmann; Philipp Riemer; Michael Jaumann; Laurent Balland-Poirier; Chris Sherlock; Philipp Weissenbacher; and Jennifer Liebel)

Coverity

Coverity scan 解析をもとに改善されたコード品質。

Coverity scan 解析にもとづいた結果。 (Data available after registration)


リファクタリング

Writerコードのかなりの部分で、大きなクラスを小さなインターフェースへ分割するリファクタリングが行われました。(Valentin Kettner, GSoC 2014)


フィルター

次も参照: Document Liberationライブラリー

追加のメディアファイル形式

挿入 ▸ メディア ▸ オーディオあるいはビデオにて挿入可能なメディアファイルに次のものが追加されました: Real Audio (.ra), Real Media (.rm), Digital Video (.dv), Audio Codec (.ac3), Ogg Opus (.opus), Advanced Systems (.asf), MPEG Audio (.m4a). tdf#82994 (Daniel Sikeler, Caolán McNamara)

新しいインポート・フィルター

  • Drawにlibpagemakerを通じてAdobe PageMaker(v.6-7)ファイルをインポートできるようになりました。(Anurag Kanungo, GSoC 2014)
PageMaker 7.0でサンプル文書を開いた
LibreOffice 4.4でサンプル文書を開いた
  • WriterおよびDrawはMacDraw、MacDraw II、およびRagTime for Mac (v. 2-3)ファイル形式を、libmwawを用いてインポートできるようになりました。(Alonso Laurent; Fridrich Štrba; David Tardon)
  • WriterはSony BroadBand eBook (LRF) ファイルを、libe-book ライブラリ経由で開けるようになりました。 (David Tardon)
サンプル電子ブックをLibreOfficeで開いたところ

SharePointおよびOneDriveへの接続

  • LibreOfficeからSharePoint 2010/2013に直接接続できるようになりました。ブログエントリー (Mihai Varga, GSoC 2014)
版管理
チェックアウト
チェックイン
チェックイン完了
サーバーの設定
認証
ファイルの指定
チェックアウト

進化したOOXMLサポート

  • PPTXからメタデータがインポートされるようになりました。(Miklós Vajna, Collabora)
  • カスタム折り返し多角形がDOCXエクスポートされるようになりました。(Miklós Vajna, Collabora)
  • DOCXにトリミングされたイメージをエクスポートするとき、ビットマップ形式をサポートしました。(Miklós Vajna, Collabora)

進化したVisioサポート

  • VSDXからメタデータがインポートされるようになりました。tdf#86664 (Miklós Vajna, Collabora)
  • VSDからメタデータがインポートされるようになりました。tdf#86729 (Miklós Vajna, Collabora)

進化したHTMLエクスポートの目次

オプション ▸ 読み込みと保存 ▸ HTML互換性印刷レイアウトにて指定して、Writerの「名前をつけて保存」ダイアログでHTML文書をファイル形式として指定すると、CSS2の点線罫(dot leader)をエクスポートできるようになりました。(László Németh)
Firefox 32、Google Chrome 39、Internet Explorer 11で確認済。

以前のHTML文書の目次。
CSS2点罫線を用いた新しいHTML文書の目次。

ドキュメントサムネイル

サムネイル画像はPNG-24形式よりも容量が小さく画質も低下しない、PNG-8形式で圧縮されます。LibreOffice4.3で保存した場合と比較して、サムネイル画像の容量は概ね35%小さくなります。tdf#62104 (Tomaž Vajngerl, Collabora)

進化したMS Publisherサポート

  • 埋め込みフォントがインポートできるようになりました。(David Tardon)
  • 表がインポートできるようになりました。(David Tardon)
  • メタデータがインポートできるようになりました。(Miklós Vajna, Collabora)

進化したAbiwordサポート

  • テキスト言語が正しく設定されるようになりました。(David Tardon)
  • 大域的に定義された筆記様式が使われるようになりました。(David Tardon)
  • 見出しが認識されるようになりました。(David Tardon)
  • メタデータがインポートできるようになりました。(David Tardon)

進化したMS Works表計算サポート

  • 昔のLotus LICS文字エンコーディングを認識し、また変換できるようになりました。(Laurent Alonso)

進化したFictionBookサポート

  • テキスト言語が正しく設定されるようになりました(与えられた入力ファイルで正しく設定されている場合)。(David Tardon)
  • 見出しがインポートされるようになりました。(David Tardon)

GUI

ダイアログのWidgetLayoutへの移行完了

ユーザーインターフェースのダイアログおよびウィンドウをGtkBuilder/GladeにおけるXMLベースの .ui フォーマットでビルドできるようにしたインフラLibreOffice 4.0で導入されました。 元のダイアログおよびタブ(.src 形式)がこのバージョンで新しいフォーマットに変換されました。ブログエントリー (Caolán McNamara, Red Hat; Palenik Mihály, GSoC 2014; Szymon Kłos, GSoC 2014; and その他多くのヒーローたち)

OS X のデフォルトアイコンテーマ Sifr

LibreOffice 4.4 ではOS XのアイコンテーマがSifrになりました。

OS XのSifrアイコンテーマ。


ルーラーの変更

  • ルーラーの数字は小さなものに変更され、また初期状態では非表示になりました。(Jan Holešovský, Collabora)
LO 4.4のルーラー(右側)はよりはっきりと別れ、より気を散らさない見た目になった。
  • ルーラーはショートカットキーで表示・非表示を切替えできます。 Ctrl+⇧ Shift+R. tdf#87042 (Mattias Põldaru)
  • Writerは初期値では垂直のルーラーは隠されるようになりました、けれどもユーザーは ツール ▸ オプション ▸ LibreOffice Writer ▸ 表示でそれを再度利用可能にできます。 tdf#87923 (Jan Holešovský, Collabora)

スタートセンター

テンプレートはスタートセンターに直接表示され、選択することが可能になりました。 (Efe Gürkan Yalaman, GSoC 2014; and Jan Holešovský, Collabora)

スタートセンターでのテンプレート。

新しいデフォルトテンプレート

新しいテンプレートが作成され、標準のインストールに含まれるようになりました。(Alexander Wilms, Edmund Laugasson, Jun NOGATA, Michael Kovarik, Péter Szathmáry, Zirk)

スタートセンターでの新しいテンプレートたち


新しいカラーセレクター

  • ドキュメント内で使用されている色の表示
  • GIMPのパレット設定形式 .gplによるパレットの変更に対応しました。
  • カラーピッカーを素早く呼び出し、色を選択することが可能になりました。

(Krisztian Pinter, GSoC 2014; Tomaž Vajngerl, Collabora; Maxim Monastirsky; Adolfo Jayme Barrientos)

カスタムカラーにアクセスするためにメニューを深堀しなくてもよくなった新しいカラーセレクター

行間設定メニューの更新

サイドバーに表示されていた行間設定メニューがメインツールバーに追加され、常時使用できるようになりました。 tdf#83076 (Jan Holešovský, Collabora; Yousuf Philips)

改良された行間設定ドロップダウンの実行中。

箇条書き・番号付きリスト設定メニュー

ツールバーの箇条書き・番号付きリスト設定ボタンにドロップダウンメニューが追加され、設定ダイアログを開かずにリストのスタイルを変更可能になりました。tdf#85804 (Maxim Monastirsky; Yousuf Philips)

新しいドロップダウンメニュー表示中。

サイドバーの変更

サイドバーはSymphonyのソースを基にコミュニティの開発者によって機能強化が進められています。:

  • サイドバーはWriterで初期状態で有効となっており、Impressでは追加作業中です。 (where it was enabled since 4.2). また旧フローティングパネル「ギャラリー」および「スタイルと書式」の機能がサイドバー統合され、多くのUI重複が整理されました。 tdf#73151 (Samuel Mehrbrodt)
  • タブアイコンはサイドバーの表示・非表示切替えとして機能します。 tdf#67627 (Thomas Arnhold)
  • サイドバーのドロップダウンメニューに「サイドバーを閉じる」が追加されました。 tdf#85937 (Samuel Mehrbrodt)
  • Writer、Calc、Drawにおいてサイドバーが初期状態で有効となり、タブアイコンのみが見える形で表示されます。 tdf#85935 (Jan Holešovský, Collabora)
  • スタイルタブのアイコンが新しくなりました。 (Miroslav Mazel)
New icons for Style tabs

コンテキストメニューの変更

  • 切り取り・コピー・貼り付けのメニューはコンテキストメニューの上部に移動されました。 tdf#71770 tdf#84293 (Jeffrey Stedfast, Xamarin; Yousuf Philips)
  • Writerのコンテキストメニューに「形式を指定して貼り付け」が追加されました。これによりCalcと同等の機能に到達します。 tdf#62947 (Babu Vincent; Yousuf Philips)
  • フォント・フォントサイズ・配置・スタイルの各メニューはコンテキストメニューから削除されました。これらのメニューは統計的にあまり使用されておらず、削除によって視覚的な煩雑さが解消されます。 tdf#81132 (Yousuf Philips and Samuel Mehrbrodt)
カット、コピー、ペーストはコンテクストメニューの先頭に移動
形式を選択して貼り付けがコンテクストメニューから利用可能に
あまり使われない書式オプションが削除。
  • Writerのコンテキストメニューから、選択した画像を別の形式に変換することが可能になり、ImpressとDrawと同等の機能が使用可能となりました。 tdf#82496 (Jennifer Liebel)
コンテクストメニューからの「図の変更」。

編集/読み取り専用モード

ドキュメントが読み取り専用モードで開かれている場合、情報バーにその旨が表示されます。 この情報バーはメインツールバーの「ファイルの編集」アイコン(ラベルの文章と使用方法がユーザーを困惑させていた)を置き換えるものです。 読み取り専用モードの有効/無効はメニュー操作 Edit ▸ Edit Mode やショートカットキー Ctrl+⇧ Shift+Mからも切替えが可能です。 tdf#80538 tdf#80536 (Yousuf Philips, Samuel Mehrbrodt, Joren De Cuyper)

この利用状況で情報バーはよりわかりやすいガイドを提供します。

タブの変更

  • CalcのシートタブおよびDrawのレイヤータブは、スクロールバーから独立する形でその直下に移動されました。Linuxの多くの表示スタイル(OS Xの標準設定を含む)ではスクロールバーが非常に細くなっていることに伴ってこれらのタブも小さく表示され、操作性や特に視認性の確保が課題でした。tdf#36772 (Tomaž Vajngerl and Samuel Mehrbrodt)
  • タブのデザインはフラットなものに置き換えられました。 (Tomaž Vajngerl, Collabora)
変更前。
変更後。

Firefox テーマ

  • Firefoxテーマ用の新ブラウザにより、検索とプレビューが可能になりました。 (Rachit Gupta, GSoC 2014)
Firefoxテーマを検索・適用できる新しいダイアログ。
  • Firefoxテーマが下側のでも有効になりました。 tdf#59299 (Michael Jaumann, LHM)
Firefoxテーマが上と下のツールバー両方に適用できるようになりました。

画像のサイズ変更

Writerと同様に、Calc、Impress、Drawにおいて、画像のサイズを変更する際に縦横の比率が保たれる様になりました。tdf#83808 (Samuel Mehrbrodt)

記号と特殊文字ダイアログの簡素化

「記号と特殊文字」ダイアログに編集可能なフィールドが追加され、特殊文字をカーソルの位置に挿入または削除することが可能になりました。 tdf#64302 tdf#85907 (Szymon Kłos; Adolfo Jayme Barrientos)

入力フィールドがついたシンプルな特殊文字入力ダイアログ。

アイコンの改良

  • 進化した新しいアイコンが、Tango・Sifr・Oxygenの各テーマに追加されました。 tdf#75256 tdf#75359 (Mirek Mazel; Yousuf Philips; Matthias Freund; Alexander Wilms; and Adolfo Jayme Barrientos)
  • LinuxやMac OSと同様に、Windowsでも大型のアイコンが初期状態から表示される様になりました。 tdf#82309 (Jan Holešovský, Collabora; and Yousuf Philips)

ダイアログのロケール表示

「LibreOfficeについて」ダイアログで現在使用中の ロケール情報 Wikipedia logo v3.svg が表示される様になりました。 tdf#85432 (Brij Mohan Lal Srivastava)

ロケール情報が、ビルドIDの下に表示されるようになり、何かの言語依存の問題をデバッグする手助けになるでしょう。

UIテキストの改善

次を参照: Documentation/RecentStringChanges#4.4 (訳注:LibreOffice 4.4.0での原文の修正に伴う日本語訳の変更も併せて参照のこと)。

ローカライゼーション

ロケールデータによる新しい言語/ロケール

文書の標準言語やロケール固有の書式として利用できます。

  • カタロニア語(バレンシア) [ca-ES-valencia] ロケールデータが追加されました. tdf#83292 (Andras Timar)

language ツールの改善 (スペルチェック辞書、類義語事典、ハイフンネーション・パターン)

  • ポルトガル語のスペルチェック辞書が更新されました。
  • フランス語のスペくチェック辞書が更新されました。 (Olivier R.)
  • スロベニア語の類義語事典が更新されました。 (Martin Srebotnjak)
  • ロシア語のプループリードルールが更新されました。 (Yakov Reztsov)
  • スペイン語のオートコレクト・パターンに、一般的なミススペルや多くのtypographical rulesを追加しました。(Adolfo Jayme Barrientos)

性能

  • オートコレクトの大きなリストのローディングは今では少なくとも2倍の速さになりました、なぜなら、そのリストは高速構文解釈でスレッドを解釈したり、避けられている変化のないファイルの構文解釈を繰り返されたりしています。 tdf#79761 (Daniel Sikeler)
  • 不必要な画像のスワップの入力・出力は、不必要な画像のロード・セーブを避けるように有意的にクリーンアップが行われます。 (Tamas Zolnai, Collabora)
  • 全てのOpenXMLエクスポートで使用される FastSerializerクラスはシステムコールをたたくことを減らすことで非常に有意的に速く、より効果的になりました。 (Matus Kukan, Collabora)
  • JPEG-ターボ - 我々は現在このprovidesライブラリー を使用しバンドルして画像のローディングと展開において2倍の性能改善をしています (Matúš Kukan, Collabora)
  • Writerでの差し込み印刷は多くの数の記録の処理が現在有意的に速くなりました (Luboš Luňák, Collabora)

スクリプト記述 / Basic

  • It's now possible to export a Basic library from an Excel document. tdf#60904 (Caolán McNamara, Red Hat)
  • Changed the value returned from GetSolarVersion. Before this change the returned value was one number for version major, minor and micro. So, for version 4.4.0, the returned value was 440. Now we're using two decimals for version major, two for version minor and one for version micro. The new format is 40400, for version 4.4.0. tdf#60689 (Marcos Paulo de Souza)
  • Add an (un-published: be careful) processEventsToIdle() method to the com.sun.star.awt.Toolkit service - calling this causes all pending rendering to be completed. (Michael Meeks, Collabora)

Access2Base のアップデート

The bundled Access2Base Basic library is upgraded to version 1.2.0. (Jean-Pierre Ledure)

  • All the methods which can meaningfully be used without a database connection (error handling, dialogs manipulations, status bar and window handling, commands launch...) have been reviewed to become executable before any OpenConnection call.
  • A CloseConnection method has been added to free resources.
  • To pass values from one open document to another, use the TempVars collection of TempVar objects.
  • New properties added for forms and subforms: OrderBy and OrderByOn.
  • The ApplyFilter and SetOrderBy actions are now applicable on table or query datasheets, and on forms or subforms as well.
  • The GoTorecord method has been extended to table and query datasheets.

Details here

主要な削除 / 廃止予定

The feature to embed LibreOffice in certain web browsers via the deprecated NPAPI Wikipedia logo v3.svg (enabled through the Internet ▸ Browser Plug-in ▸ Display documents in browser option) has been removed. (Bryan Quigley, blog)

API の変更

設定オプションの削除

C++ UNO 言語の統合と URE ライブラリー

  • Add default value for Context param in UNO C++ exception class constructors which makes it possible to use UNO exceptions with less code verbosity.


OSL マクロを一掃

IReference と ReferenceObject

  • ReferenceObject in include/salhelper/refobj.hxx no longer extends IReference.
  • IReference has been removed from include/rtl/ref.hxx, it is no longer in use.

Java UNO 言語を統合

  • Add extra constructors for UNO Java exception classes that take a "Throwable cause" parameter, allowing us to store the original cause when rethrowing exceptions.

Java Office Bean

Windows

  • 既知の不具合;WindowsにてSSE命令セットをサポートしていない古いCPUで実行すると問題が生じます。tdf#82430 参照。対象となるCPUはIntel Pentium III以前、AMD 32-ビット CPU群 (Athlon XP 以前)。

OS X

  • LibreOffice 4.4 の動作には OS X 10.8 かそれ以降のバージョンが必要です。提供されるバイナリーパッケージは64-bit版のみです。
  • 既知の事柄: LibreOffice言語パックは現在電子署名されていません。それらはGatekeeperのセキュリティーチェックによってLibreOfficeインストールの失敗をひきおこします。回避方法はインストールの後に一度、認証された4.4.x LibreOfficeインストールを起動する事です。そしてそれから、Gatekeeper の上書きを <Ctrl>+開く によって言語パックをインストールするだけです。

非常に面倒なバグ

The following annoying bugs were not fixed in time and will be addressed in the regular bug fix releases: