LibreOfficeの翻訳

From The Document Foundation Wiki
Jump to: navigation, search
本ページはGlobal Wikiからの有志による翻訳ページです。未翻訳があることや内容が古い場合があります。最新化、翻訳にご協力お願いします。
日本語独自の情報についてまとめることを目的として、日本語コミュニティによって運営されているページとして 日本語コミュニティ独自ページ があります。
URLが wiki.documentfoundation.org/JA で始まっていて、カテゴリーがJAのページです。
そちらもご利用ください。

注: このページはLibreOfficeの翻訳プロセスについて一般的な内容が書かれたページの翻訳です。日本語翻訳プロジェクトについてはLibreOfficeの日本語UI/ヘルプの翻訳方法を参照してください。


LibreOfficeの翻訳プロセスは、とても簡単です。推奨されている方法は、Pootle(私たちのオンライン翻訳ポータル) の上で作業することです。この方法でローカライズするのに必要なものは、ブラウザとインターネット接続だけです。オフラインで作業したい場合は、それも可能です。以下を参照してください。

締め切り

リリース計画をご覧ください。リリース計画には、Beta版、リリース候補やリリース版がソースコードにタグ付けされる日付が載っています。翻訳の締め切りは常に、発表されたタグ付け日の2日前です。

For every builds:

  • Translations are extracted from Pootle on Tuesday
  • They are committed to Git before tagging, deadline for each tag is Monday

So please, add your changes to Pootle on Monday to make sure they will be included.

Pootle

TDFのPootle は常に最新のローカライズ可能な文字列が収容されています。Pootleの管理者は高い頻度で更新してください。

Pootleホームページの右側に、現在翻訳可能なプロジェクトの一覧が表示されます。それらの名前は一目瞭然です。LibreOfficeの翻訳をするには、 LibreOffice master – UILibreOffice master – HelpLibreOffice x.x.x – UILibreOffice x.x.x – Help のプロジェクトで作業する必要があります。一般的に、あなたがちょうど開始する場合、おそらく master で作業するのがよいでしょう。しかし、現在のバージョンでのLibreOfficeのたちの悪い翻訳バグを修正したい場合、古いブランチで作業することができます。


master での翻訳とはどういう意味か:

作業の流れは 4.4 と 5.0 の間で変更されました。ブランチ毎に作業する代わりに、master で作業することによって、より早く仕事をスタートできます。コードのブランチがあった時点で、その次にPootleのブランチに反映され、master でなされた仕事は新しく作られたブランチにコピーされます:

いつものコードの作業の流れ:

______________________________________________ master
\ \ \ \
\ \ \ \__libreoffice-5-0
\ \ \__libreoffice-4-4
\ \__libreoffice-4-3
\__libreoffice-4-2

全てのブランチはかつては "master" でした、そしてそれから、内容に磨きをかけるために分離されたのです。翻訳は特別な作業で、基本的に "中間の" アップデートはありません。 翻訳は 4-2 から 4-3へ、 4-3 から 4-4へ飛び飛びにその間での何らかの中間的なアップデートなしに実行されました。

master based workflow とは、libreoffice-5-0 が作られた時点でmasterの翻訳がそちらにコピーして再利用され、masterは次の libreoffice-5-1に向けて翻訳が継続されるということです。Christianの説明の全体は このスレッドを見てください。

あなたがオフラインでの翻訳を好むなら、 あなたは Pootle からPOファイル(または、分割されたPOファイル)をZIP形式書庫で全て又は一部をダウンロードできます、そしてその作業に自分の気に入ったツールを使うことができます。あなたは求める言語やプロジェクトの連携に関する翻訳や概観のタブでリンクを見つけることができるでしょう。あなたが自分の言語についての適正な正確さを持っていると仮定すれば、いつでもPOやZIPファイルをアップロードして戻すことができます。(ZIPの場合、イニシャルディレクトリの構造を完全に保っていなければなりません)

もしあなたがPootleの使い方のさらなる情報が必要ならば、 Pootle ガイドを見てください。 私達はチェックセクションを見ることをお勧めします、これはローカライゼーションの品質について重要です。

もし、あなたがPootleであなたの言語と違うテンプレートをアップデートするならば、あなたは相当の他の文字列を見るでしょう、 その文字列を翻訳してはいけません 、 私達は常に以前の翻訳ファイルをGitで保っています、そしてあなた以前の作業に戻すことができます、あるいは、 あなたは以前のファイルをアップロードし、そして、テンプレートを再びアップデートできます。

あなたはPootleにいくつかのプロジェクトがあるのに気づくでしょう。 こちらはそれの簡単な概観です。

  • Terminology: これはローカライゼーションをいくらか簡単にするPootleヘルパープロジェクトです。もしあなたの言語でTerminologyプロジェクトが存在し空でないなら、他のプロジェクトを翻訳していてTerminologyファイルに入っている用語が出てきたとき、Pootleがヒントを示してくれます。
  • Website: この小さなプロジェクトはウェブサイトに関連する翻訳ファイルが入っています。具体的には、mysiteファイルはlibreoffice.orgウェブサイトで表示される固有な文字列(ほとんどはダウンロードページ関係)、 faqs ファイルはローカルウェブサイトで使われる(又は使われない)FAQモジュールの訳、extensionssite はextensions.libreoffice.orgの訳、googleplay はGoogle Play storeで使用されている文字列が入っています。もしあなたがそれらの幾つかは必要でないと分かっているのであれば、これらのファイル全てを翻訳する必要はありません。注意、libreoffice.orgのCMSに関連する多くの一般的なことは 他の場所 に集められています。同様に、注意してください、完全なこのモジュールによって、あなたは "翻訳されたウェブサイト"を得られません。しかし、もしあなたが あなたの言語の LibreOffice ウェブサイト を整えたいなら、多分少なくともmysite ファイルは翻訳する必要があるでしょう。

POT と PO ファイル

ソースから抽出された最新の POT ファイルはいつもここで見つけられます:

それぞれの言語でサポートされた PO ファイルは 'translations' と呼ばれるモジュールの中のソースコードリポジトリの中に収められています。 このモジュールは Andras Timar によって維持されています、彼は各リリースの前にPootle(又は、代わりのソース)から 翻訳 を入手するでしょう、また git にそれらを入れるでしょう。

ヒント

  • メーリングリストに登録 l10n@global.libreoffice.org することをおすすめします。ローカライザーのためのサポートチャンネルであり、翻訳者のための重要な情報(例えば、翻訳する文字列の更新や締め切りなど)が公開されています。irc.freenode.net 上の #libreoffice-dev チャンネルで 'timar' や 'RQ' を尋ねることができます。
  • Gladeを使って新しい .ui ファイルを、UIを見ながら編集できるかもしれません。その為には、Gladeと翻訳したいバージョン(masterか最新のdevビルド)をインストールします(私はLinux版しか知りません、知っているなら他のディストリビューション向けに修正してください)。
    • それから、ターミナルに次のコマンドを入力します。
export GLADE_CATALOG_SEARCH_PATH=/opt/libreofficedev4.2/share/glade/
    • それから、あなたが表示したいファイルのパスを入力します。
glade /opt/libreofficedev4.2/share/config/soffice.cfg/cui/ui/pageformatpage.ui

LibreOffice Online

LibreOffice、LibreOffice Onlineのマスターブランチと、Pootleでの最新の翻訳からビルドされたテストサーバーがあります。TDF LDAPアカウントでログインできます。アドレスは https://8de8bb4a-e089-44e4-9fc5-bc97b4c3eb89.pub.cloud.scaleway.com/nextcloud/ です。

ローカライゼーションの他の観点

LibreOfficeの翻訳の更なる側面は、LibreOffice Localization Guideで説明されています。

いくつかの他の観点は変数やxmlコンテンツのような翻訳するもの、しないものについて UI and Help files Content Guide で支援されています。