LibreOfficeの翻訳

From The Document Foundation Wiki
Jump to: navigation, search
This page is a translated version of the page Translating LibreOffice and the translation is 67% complete.

Other languages:
العربية • ‎dansk • ‎Deutsch • ‎English • ‎español • ‎galego • ‎עברית • ‎hrvatski • ‎Bahasa Indonesia • ‎italiano • ‎日本語 • ‎Basa Jawa • ‎한국어 • ‎occitan • ‎中文(简体)‎ • ‎中文(台灣)‎

LibreOfficeの翻訳作業は、とても簡単です。おすすめする方法としては、Weblate(私たちのオンライン翻訳ポータルサイト)を使って作業することです。この方法での翻訳に必要な物はブラウザとインターネット接続だけです。オフラインで作業も可能ですが、その場合は以下を参照してください。翻訳を始める前には、翻訳がまだ存在していないか言語チームを確認してください。

締め切り

リリース計画を参照してください。リリース計画には、ソースコードがベータ版、RC版、リリース版、いずれかにタグ付けされる日程が記載されています。翻訳期限の締め切りは、常に発表されたタグ付けの日の2日前です。最後のx.y.0 リリース候補版(RC3)の翻訳期限締め切りは、x.y.0リリースの最終翻訳期限日であることも注意してください。

すべてのビルドは

  • 翻訳は、火曜日にWeblateから抽出されます
  • タグ付けされる前にGitにコミットされます。それぞれのタグの締め切りは月曜日です

ですので、月曜日にWeblateへ変更を追加して、変更が確実に反映されることを確認してください。


Weblate

ツール自体の詳細については https://weblate.org/en/ とドキュメントの https://docs.weblate.org/en/latest/ を参照してください。

TDFのWeblateインスタンスには、最新の翻訳可能な文字列が常にあり、Weblateの管理者は頻繁に更新をしています。

LibreOffice向けのWeblateの使い方については、こちらのガイドを参照してください。

Weblateホームページ上部にある「言語」をクリックし「すべての言語を閲覧」を選択します。現在、翻訳可能なプロジェクト一覧が表示されます。名前を見るとわかりますが、LibreOfficeを翻訳するには、LibreOffice master – UILibreOffice master – HelpLibreOffice x.x.x – UILibreOffice x.x.x – Helpといったプロジェクトで作業をする必要があります。一般的に始めたばかりの場合は、masterで作業をすることが理にかなっていますが、現在のバージョンのLibreOfficeで厄介なL10nバグ(翻訳間違い)を修正したい場合はブランチでも修正できます。

Masterで翻訳するとはどういう意味ですか?

ワークフローが4.4と5.0の間で変更になりました。ブランチのみだけで作業をするのではなく、Masterで作業することによりブランチ間の作業をより早く始められるようになりました。コードブランチがあると、Weblateのブランチにも反映され、Masterで行われた作業は新しく作成されたブランチにコピーされるようになります。

通常のコードワークフロー:

─────┬─────┬─────┬─────┬─────┬─────> master
     │     │     │     │     └─────> libreoffice-6-3
     │     │     │     └───────────> libreoffice-6-2
     │     │     └────────────────> libreoffice-6-1
     │     └─────────────────────> libreoffice-6-0
     └──────────────────────────> libreoffice-5-4

All branches were once "master", and then were split up to refine stuff. Translations were special project, as basically there was no "in between" updates. Translations did jump from 4-2 to 4-3, from 4-3 to 4-4 without any intermediate updates in between.

Master-based workflow would mean that when libreoffice-5-0 is created, the translations of master will be copied over and reused for that, and master then would be ongoing for libreoffice-5-1. See the whole explanation of Christian in this thread

If you prefer to translate offline, you can download PO files from Weblate and use your favourite tool(s) to work on them. You'll find the links in the “Files” dropdown menu of the desired language/project combination. Assuming you have the appropriate rights for your language, you should be able to upload PO or ZIP files back anytime (in case of ZIP, you must make sure to keep the initial directory structure intact).

You'll notice there are a few more projects available on Weblate. Here's a short overview of them:

  • Impress Remote: here you can localize the Impress Remote mobile applications.
  • Online: here are the LibreOffice Online web and mobile applications.
  • Website: this small project contains localization files that relate to websites. In particular, the mysite file contains our custom strings that appear in libreoffice.org websites (mostly related to the download page experience), the faqs file contains localization of the FAQs module that might (or might not) be used on local websites, extensionssite contains localization for extensions.libreoffice.org, and googleplay contains the strings we use in Google Play store. You don't have to translate all of these files, especially if you know you won't need some of them. Note that many generic things related to the CMS of libreoffice.org are being localized elsewhere. Also, please note that by completing this module, you don't get a "translated website". However, if you want to host a LibreOffice website in your language, you'll most likely want to translate at least the mysite file.

FAQ

  • ファイルをアップロードすると「フォームエラーを修正してください。パラメーターメソッドのエラー: このフィルドは必須です」というエラーが表示されます
「ファイルアップロードのモード」のどれかのフィールドにマークをつけていることを確認してください
  • KeyIDの検索方法は?
検索タイプで「完全一致」のチェックと「コメント文字列」になっている事を確認してください
  • 言語グループにメンバーを追加するにはどうしたらいいですか?
現在、Weblate管理者のみがメンバーを言語グループに追加することができます。追加をするには、l10nメーリングリストかSophie宛にメールを送ってください

POTとPOファイル

ソースコードから抽出された最新のPOTファイルは常にここにあります:

PO files for each supported language are stored in the source code repository in the module called 'translations'. This module is maintained by Andras Timar, who will get translations from Pootle (or alternative sources) before each release and will push them to git.

ヒント

  • You are encouraged to subscribe to l10n@global.libreoffice.org mailing list. Apart from being a support channel for localizers, it's also the medium where important information for translators (such as string updates and deadlines) is announced. You can also ask 'timar' on irc.freenode.net in the #libreoffice-dev channel.
  • You may edit new .ui files using Glade to see them in context. For that install Glade for your distribution (I only know for Linux, so fix it if you know for other distributions) and either a version from master or the last dev build you want to translate.
    • then enter in your terminal:
export GLADE_CATALOG_SEARCH_PATH=/opt/libreofficedev4.2/share/glade/** then enter the path of the file you want to display:
glade /opt/libreofficedev4.2/share/config/soffice.cfg/cui/ui/pageformatpage.ui

LibreOffice Online

There is a test server built from the master branch of LibreOffice and LibreOffice Online and with the latest translations from Weblate. TDF LDAP accounts can be used to log in.

その他のローカライゼーションについて

More aspects of LibreOffice localization are covered in the LibreOffice Localization Guide.

Some other aspects are covered in the UI and Help files Content Guide which details what has or has not to be translated, like variables or xml content.