言語とローカライゼーション

From The Document Foundation Wiki
Jump to: navigation, search
Im-jabber.svg

注意: こちらはグローバルでの翻訳やローカライズなどについて書かれたページです
日本語への翻訳についての情報は JA/Translation をご覧ください

ネイティブ言語チームとLibreOfficeローカリゼーションのページへようこそ!

この2つを簡単に説明をすると、ローカリゼーション(l10)は、LibreOffice(UIとヘルプ)と派生物(テンプレートや拡張機能など)を扱い、ネイティブ言語チームはWebサイトやドキュメント、マーケティング関係についてなど、翻訳プロセスを通さないコンテンツを扱います。

ローカライゼーション

母語への翻訳

ローカライゼーション QA

KeyIDについて

メジャーバージョンでは、アルファリリースとベータリリースでKeyIDビルドが利用できます。この特別なビルドでは、メニューやダイアログの各文字列に振られた参照用KeyIDを表示することができます。KeyIDは、言語パックの形で利用でき、バージョン名の言語はqtzに置き換えられています(例としては、LibreOfficeDev_4.3.0.0.alpha1_Linux_x86-64_deb_langpack_qtz.tar.gzやLibreOfficeDev_4.2.0.0.beta2_Linux_x86_deb_langpack_qtz.tar.gzのようにです)。

言語パックのインストール方法:

  • qtzパッケージをダウンロード
  • システムに応じて、メインパッケージをインストールした後、通常どおりqtzパッケージをインストール(訳注: Windowsは、言語パックではなくインストール中にカスタムを選択して言語を追加してください)
  • ツール ▸ オプション ▸ 言語設定 ▸ 言語に移動し、ユーザーインターフェースKeyIDに変更
  • LibreOfficeを再起動すると、各メニューやダイアログの前に参照文字列が表示されます

参照文字列を利用すると、コメントフィールドにある参照用文字列を検索することにより、Weblateで翻訳された文字列を素早く調べられます(例: 参照文字列がcM5esというフランス語翻訳)。

LibreOfficeの言語サポート: ローカライゼーションと執筆サポートの状況

Comprehensive table on Language support of LibreOffice: Localized user interface and help system, availability of AutoText, AutoCorrect, spell-check dictionaries, hyphenation patterns, thesaurus, grammar checker and other language-related resources (LibreOffice language extensions).

コンタクト

To ease the inter-projects communication (mostly marketing and website) please add a contact name to your language team.

Redmine

To ease the tracking, we now use Redmine for the requests we have concerning the websites or Pootle. That avoid our Infra team to have to monitor many mailing lists to answer your demands.

Our Redmine instance here is https://redmine.documentfoundation.org, file a request on the Infrastructure project. If you don't feel comfortable with Redmine, you can still ask Sophi (talk) to help you.